> > カードローンの年齢制限について知りたい人はこちら

カードローンを利用するのに、年齢制限ってあるんですか?

カードローンで一般的に一番気にされるのは審査についてですが、もうひとつ大切なことがあります。それは年齢制限。

“誰でも借りられる!”なんて広告もありますが、それでも安定した収入が条件に含まれているので同様に、年齢にも制限はあるのです。

カードローンを含む、一般的な借り入れの場合は満20歳?満59歳までというのが平均的。特に利用開始できる年齢は満20歳というのは、どこも一緒です。上限年齢は、利用する金融会社によっては60代前半くらいにまで設定されていることもあります。
(⇒69歳でも借りられるカードローンはある?

この年齢制限というのは、社会的に安定した職業に就けて、収入も安定していて、社会的責任能力も問える年齢だからというのが大きな理由です。カードローンの中には、“アルバイトの学生でもOK!”としてるものもありますが、それでも年齢設定は満20歳から。何か問題があった時、10代の学生では社会的責任能力を問えなくなる可能性もあるからです。

ただ、中小消費者金融の中には学生向け専門ローンを扱っている消費者金融もあります。この場合、満18歳から利用可能です。融資限度枠は非常に低く、アルバイトをしていることが条件となります。利用目的も、学業に関するものなので、一般的な使途自由なカードローンとは、少し異なります。

「じゃあ、アルバイトやパートで仕事を持っていても、10代ではカードローンは利用できないということですか?」

はい、そういうことになりますね。

カードローンを申し込む時には審査を受けることになりますが、その時に提出する内容で年齢をごまかすことは、当然ですがやってはいけません。運転免許証や健康保険証、パスポートなどのいずれかの本人証明書類も提出するので、書類でごまかしてもすぐにバレます。もしもその証明書もごまかしても、知られた場合には詐称となりますから、あっという間にブラックリスト決定です。
(⇒ブラックでも銀行カードローン借りられる?

ブラックになってしまいますと、数年は借り入れが出来ない状況になりますから、カードローンが組みたいからと、軽い気持ちで年齢をごまかそうとするのはやめましょう。大人になって、本当に必要なときに利用出来なくては困りますよね?

上限年齢の60代にしても、理由はあります。安定した収入がある人にしか融資しないので、定年を迎える可能性がある60代前半が利用年齢の上限になっているのです。

「年金があってもダメなんですか?」

ダメです。年金は借り入れの返済に充ててはいけないという法律があるので、金融会社は年金受給者に対して融資が行えないのです。

年金受給者で借り入れを希望の人は、国が設けた【独立行政法人 福祉医療機構】で、年金を担保に借り入れすることが出来ますよ。

【参考ページはこちら】
65歳からでもカードローンを利用できる?

消費者金融を利用できる年齢は、たいていが20歳以上となっています。すなわち、成人していないと利用することはできない、ということですね。18歳は未成年だから、消費者金融は利用できない・・と、頭から決めてかかっていませんか? 確かに18歳は、言うまでもなく未成年者です。未成年者は消費者金融を、基本的に利用できません。「基本的に利用できません」というのが、ミソです。実はいくつかの条件を備えていれば、利用できる場合もある、ということになります。 (⇒未成年の大学...

家族との旅行や可愛い孫のお祝いなど、たとえ80歳だってまとまったお金が必要なときはあるもの。そんなとき、「カードローンが利用できれば…」なんて思う高齢者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、基本的にカードローンは安定した収入がある60代までというのがほとんど。ここでは高齢者向けのカードローンが存在するのかどうかを調べてみたので、お話ししましょう。 カードローンの利用条件 銀行であれ、消費者金融であれ、借り入れにはそれぞれ利用条件というものが...

今後お金が必要になると分かっているときももちろん、急な出費のときにも役立ってくれるものと言ったら銀行のローンが有名です。その手軽さがいろいろな年齢のひとにも使いやすいと評判です。 キャッシングの対象年齢とは? 銀行や消費者金融などで手軽にお金を借りることができることで幅広い世代が利用しているキャッシングやローン。(こちらもご参考に→審査が緩いカードローン会社を教えて!) 特に銀行のキャッシングシステムは一般的な住宅ローンや教育ローン、車を買う資金にで...

よく、65歳を過ぎてからもカードローンを借りられるのか、と疑問を持たれる方がいらっしゃるようですね。実際、カードローンを借りる場合、上限の年齢も決まっています。 最初の質問への結論から申し上げると、65歳を超えても借りられます。ただ、借りられるローン会社は、65歳以下と比較して、限定されます。 ここでは、条件も含めて、69歳でカードローンを借りられる金融会社を、ご紹介していきたいと思います。 2つの条件の65歳以上 最初に、65歳以上といっても、大...

何かとお金が必要となる現代では、キャッシングを上手に利用する人が増えてきました。その背景には、カードローンが身近なものとなったことが大きいでしょう。 今はどのカードローンも、スマホやパソコンから気軽に申し込むことが出来ますし、借り入れもコンビニなどで気兼ねなく引き出せます。こうした現代人の生活にフィットした利用法によって、利用者も急増しているのです。 また、2010年の貸金業法改正によって、利息制限や闇金への取締りが厳しくなったことも、カードローンへの...

銀行のカードローンは、何歳から何歳まで利用できるのでしょうか?知らない人でも、なんとなく20歳以上じゃないかなと思っている人は多いでしょうが、それでは上限年齢が、何歳までかというとそんな細かい所まではほとんどの人は気にしません。 多くの人はすぐに借りられるかどうか、あるいは金利ばかりに目を取られて、細かなサービスや仕組みには意外と無頓着です。知らないと損をする事も多いのがカードローンのしくみです。年齢なども含めて、銀行のカードローンについて丸ごと解説しま...

日本人の平均寿命は年々長くなり、今では世界でも類を見ないほどの長命社会になっています。老人福祉も急激に発達し、民間でもシニア向けのサービスが充実するようになりました。大手の企業がシニアビジネスに参入し、新たなビジネスモデルの市場として賑わっています。そんな中、金融関連も注目しないはずがありません。 長生きすればどんな人にも訪れる老後。老後を豊かに送るために、今は年金や貯金だけではなく、資産運用によって資金調達をする人が増えています。しかし年金受給者では年...

65歳以上の高齢となると、消費者金融などはお金を貸してくれなくなるんじゃないかという不安を持っている人は多いと思われます。確かに、いくつかの消費者金融や銀行は、借り入れの年齢制限を設けており、その多くは65歳ないしは70歳を借り入れができる年齢の限度としており、それを越える場合、新規の契約および、新たな借り入れはできないようになっています。 また、貸金業の法律で、80歳を超える債務者の貸付け契約は不可能とされているので、高齢者が新規の借り入れに対してなか...

高齢者の借り入れは、ほとんどの場合、収入になるのは年金になります。最近では、65歳以上であっても現役で仕事をしている人もおり、彼らに対しての金融業者の扱いは、普通の会社員などと同じになります。 仕事をしていて収入がある高齢者の借り入れは、通常の人の借り入れと同じなので、ここでは詳しく取り上げません。今回話題の中心になるのは、仕事を退職し、現時点での収入が年金のみである高齢者の借り入れに関してとなります。 高齢者の借り入れでは、金融業者がどういった方法で...

お金を借りられるという点では、クレジットカードのキャッシングもカードローンも一緒。 特にクレジットの場合は銀行のキャッシュカードやお店のポイントカードなどにも、便利な機能として付加されていることが多いので、大半の人は利用しなくても、手元にお持ちではないでしょうか? でも、クレジットカードでもキャッシングはできるのが一般的ですが、カードローンも現金をキャッシングするという点では特に変わりはないですよね。 となると、湧いてくるのは「具体的な違いってどこに...

1 / 212
新着記事
TOPICS