> > 無職の人のためのカードローンについての記事集

無職の人が本当に困った時に…カードローンを組めるのはここ

無職=収入がない。ということは、カードローンを組もうと思っても組めない。現実問題として、無職だからこそお金に困っているのに借りられない。

五体満足で健康なのに、就職活動もせずにただダラダラと過ごしているなら、まあ当然だともいいたくなりますが…必ずしも無職者すべてがだらしない毎日を過ごしているわけでもありません。

一生懸命働いていたのに会社経営状況が悪くてリストラされたり、会社そのものが倒産して仕事がなくなってしまったり。

病気になってしまって、やむ終えない状況で退職したものの、回復後の就職活動が上手くいかない。

年老いた親の介護をするため、仕事を辞めるしかなかった。

本人の意としない状況での無職状態だって、今の日本にはたくさんあるのが現状です。

そんな時でも、まとまったお金が必要な時があります。例えば冠婚葬祭。特に相手だ親しければ親しいほど、お金がないからと無視するわけにはいきません。

こんな風に、何かしら困った状況になった時、無職者はどうしたらいいのでしょう?

実は、ほんの一部ですが無職の人を対象に融資をしている金融会社があるんです。

大手金融会社では、無職の人が申し込みして利用するなんてことはまず無理なことですが、中小消費者金融の中には、無職者の就職活動や社会復帰を支援するような意味で融資をしている会社もあります。
(⇒無職でもカードローンで借入できるの?

少額融資プランなので、大きな借り入れは出来ませんが、冠婚葬祭や就職準備などには十分なサポートになるくらいにはなるはずです。

しかし、どんなに少額でも借金は借金です。単純に「無職でも借りられるんだ?」なんていう気持ちで利用してはいけません。働く気もないのにお金を借りたりなんかしたら、延滞・滞納を続けて、挙げ句には債務整理なんてことにもなりかねません。これで個人信用情報にマイナス記録が残れば、数年は借り入れなんて出来なくなります。本当に必要になった時に利用出来ないと、それこそ大変ですよ。

誰かから借りればいいなんて思う人もいるようですが、債務整理をしたような人に、喜んでお金を貸すような人はなかなかいませんよ。だって、お金が返って来ないかもしれないんですもの。

例え無職でも利用出来るカードローンでも、本当に必要かどうかをしっかりと考えて、どのくらいの借り入れが必要なのかをしっかりと考えてから利用しましょう。

良い助けとするのも、悪い状況にしてしむものとするのも、すべては利用する本人次第ですよ。

【参考ページはこちら】
無職で収入がない人が融資を受ける方法とは

私たちが金融業者からお金を借りたいと思ったときに、その借り入れ先として思いつくのは、大きく分けて、銀行の借り入れと消費者金融を利用することの二つでしょう。 銀行の借り入れは、消費者金融に比べて、審査の際に収入などの求められる条件が若干厳しい代わりに、消費者金融から借り入れをした時に比べて、金利を低く抑えることができるメリットがあることが多いです。 消費者金融の借り入れは、銀行に比べて、金利こそ割高ですが、申し込みをしてからお金を借りるまでの期間が短く、...

無職でも、お金が必要な時はあるに決まっています。それがまとまったお金となると、なかなか身近な人には相談しにくいものですよね。しかし、一般的には金融会社の借入を利用できるのは「安定した収入のある人」まあつまり、定職を持っている前提の話になってきますよね? 「じゃあ、無職の人間が借入したい場合はどうしたらいい?」無職者が借入することは可能なのか?ここでは無職者の借入か可能な金融会社について、徹底的に調べてみました! 無職者の借入が難しいのは何故? 安定...

急に会社が倒産した、会社が嫌になって辞めた、この仕事は自分に向いていない、体の調子が悪く働けない、などさまざまな理由で無職の状態になってしまうこともありますね。その時に次の仕事が決まらず十分な蓄えがない場合の生活は大丈夫でしょうか。 貯金が底をつき働けない状態が続けば生活が維持できなくなっていきますが、そんな時にお金が借りられたらどれだけ助かるでしょうか。しかし、現実的には無職の状態ではお金を借りることは難しいですね。 消費者金融や銀行などの金融機関も...

お金に困った時に利用したいのがカードローンという存在ですが、どんな場合でも利用できるとは限りませんよね。例えば、仕事を失い無職で収入がないようなケースではローンと契約することは難しいといわれています。 それでは無職で生活保護を受けていたり、受けようとしたりする場合でもローンの利用はできないのでしょうか。生活保護として給付金が支給されればその間は安定した収入が得られるので少ないながらもローンの利用要件をクリヤできるような気がしますよね。 しかし、生活保護...

仕事を退職した後、今現在利用してるカードローンがある場合にはどうなってしまうのか、不安になってしまう方も多いのでは無いでしょうか。 カードローンの返済もまだ済んでないのに、結構ピンチなのかな…と思ってる方がいましたら、是非読んでいただきたい記事となってます。 退職とカードローンの関係とは 仕事を退職した後、今現在利用中のカードローンの行方について、不安になってしまう方はかなり多いようです。 結論から言いますと、基本的に今現在契約中のカードローンに関...

年金暮らし、その上無職なら尚更日々の生活は大変です。充分な蓄えがあれば良いけれど、みんながそういう状況ではありませんよね。もしも急な出費があったらと考えると不安になりますね。無職の年金受給者でも融資してくれる所があれば…にお答えしましょう。 年金受給者への融資について まず無職の年金受給者への融資を行っている金融業者があるのかどうかについてお話ししましょう。消費者金融と銀行ではその対応に少し違いがあります。 消費者金融では総量規制があります。この規制に...

求職中の方で、生活費が足りなくなったからカードローンを借りられないか、と考える方がいらっしゃるようです。確かに、求職中で仕事がないと、貯金を崩して生活することになりますし、お金を借りたいと思う気持ちも、わからないではないです。 ただ、お金を借りるということは、返済しなければならないということでもあります。お金を貸す側としても、お金を返してもらわなければ、商売になりません。 求職中の方でも、お金を借りられるのでしょうか。 カードローンを利用するための条...

皆さんはカードローンを利用しようと思ったことがありますか?お給料日前の厳しい時など、近くのコンビニでさっと現金が引き出せるのはありがたいですよね。しかもカードローンというのは誰でも気軽に申し込みが出来るので、幅広い方々に利用されています。 しかし、誰もが利用出来るカードローンにも、唯一の申し込み条件があります。それは「安定した収入があること」です。どのカードローンでも、年齢制限の他にこの条件は必須です。返済能力が無い人には貸せませんから、これは当然の条件...

無担保で、保証人の必要もなくお金を借りる方法があります。それを無担保ローンと呼んでいます。無担保ローンを利用する為には「安定した収入」という条件が必要です。その為に無職の方の場合は原則として無担保ローンの利用はできません。 ところがカードローンには様々な特例があって実に面白い仕組みなんです。たとえば年金受給者の収入も安定した収入とみなされます。あるいは無職の専業主婦の方もご主人の年収と合計して計算できます。そんなカードローンの面白いしくみを徹底解説し...

無職でも借りたい!そう思って探してみても、なかなかそんなカードローンは見つかりません。でも実は一部、何とかなるケースも…。本音で探して見つけてみました!是非ご一読ください。 カードローンと職業との関係 カードローン審査において職業は大切に決まってますよね。何故ならば職業は収入と直結しているからです。では収入はどうして、そしてどのように審査と関わっているのでしょうか。 (⇒職業別に見る利用しやすいカードローン) 返済能力としての収入 ...

1 / 212
新着記事
TOPICS