> > > 年金生活でも借りられる?お金を借りたい人の為のマニュアル

年金生活でも借りられる?お金を借りたい人の為のマニュアル

人間お金が必要なときって急にくるもので、予期せぬ時に大金が必要になったりします。そんな時に自分の貯金などがあれば対処できるのですが、十分な余力がない時に大金が必要になると非常に困りますよね。

なかなか借りる相手がいない時はやはり金融会社に融資の申し込みをする他、方法はなかなか見つかりません。特に年金受給者でまとまったお金が必要な時はどこに借りたら良いのか困りますよね。そんな時は是非こちらの記事を一読ください。

年金生活…でも貸してくれる?

年金生活者だって大金が必要になることってあります。人間は生きている限り突発的にお金が必要になることが何度かあるはずです。

しかし、消費者金融なり、銀行系カードローンなり、基本的にはしっかりと働いていないと融資の申し込みはできないというイメージがあるはずです。

しかしながら、年金を収入の一部として考える金融会社も結構存在するんです。必ず貰えるものですので、却って自分で収入を得ている状態より正確性があり、貸し付けやすいと判断する金融会社も少なくありません。

絶対に働いていないと貸付は行わないといった金融会社もある中で、年金生活者にも貸付けを行う金融会社も比較的多く存在していて、その考え方は金融会社によって考え方が二分していると言えます。

早い話、お金に困ったら年金受給者であっても貸付をおこなっている有名な金融会社もありますので、希望を捨てることなく、申し込みすることが可能だということです。

高年齢がネック?!

年金受給者であっても貸付けをおこなっている金融会社があることがわかりましたが、年金というものは生涯を全うするまで貰うことができます。

そうなってくると、非常に高年齢の状態であっても借入が可能になるのではないのかという疑問が出てきます。

しかしそこはそうではありません寿命が尽きるまで年金をもらえるとしてもやはり返済することが重要ポイントとなってきますので、借りられる年齢には制限があるのです。

たとえば、寝たきりの状態になってしまったら、返済の為、振込にいくことすらままならなくなってしまいます。

そうなってくると返済することも難しくなってきますので、やはりある程度健康を保障された年齢までしか借りることが出来ないということを覚えておかなくてはなりません。

可能性の高い会社はこちら!

それでは、年金受給者であっても借りやすいと言われている金融会社はどんな会社があるのでしょうか。次の表は年金受給者でも借りられる可能性のある金融会社ですので、是非参考にしてみてください。

カードローン名 年金受給者貸し付け 貸し付け最高年齢
バンクイック   可能 65歳まで
レイク   可能 65歳まで
みずほ銀行   可能 66歳まで

但し、年金受給者であっても貸付可能となってはいますが、審査によっては結果、否決してしまう可能性もありますので、絶対に借りることができるということではないということだけ覚えておいて申し込んでください。

借りにくい人というのも記しておきますので、自分がそれに該当しているのかいないのか参考にしてみてください。下記に該当している人は基本的になかなか金融会社の審査には通りにくくなっています。

  • 今現在他社での借り入れが多い
  • クレジットカードなどを利用してその際返済が遅れがちになっている
  • ここ最近他社への借り入れ申し込みを頻繁におこなっている
  • インターネットなどの買い物の後払いの際、支払いをうっかり忘れていたことがある

…これらに該当しているとなかなか審査には通りにくくなっています。安定した年金受給があったとしても金融会社側がこの人には貸付はできないと判断されてしまったらもうその会社では借りることができません。

自分がそれに該当しているかどうかをしっかり判断した上で申し込むことが大切となってきます。又、上記の表に年金受給者でも借入が可能な金融会社を表示しましたが、他にも借り入れ可能な金融会社は存在すると思います。

上記に記した会社は比較的大手の会社ですので、安心して借り入れすることができるでしょう。ただ、あまり有名でない規模の小さい金融会社ならば審査が緩く、借りやすい可能性が更に高くなるかもしれません。

辛い老後にならぬよう…

高齢化社会の今老人になってもある程度の貯蓄がなければ生きられないと言われています。しかしながら、金融会社にお金を借りないとやっていけないこともたくさんあるでしょう。上手に金融会社を利用できれば良いのですが、どうしても借り過ぎてしまう傾向にあるようです。

多重債務になってしまうと生活が苦しくなり、精神的にも殺伐とします。ある程度、若い年代ならばやり直しがきくのですが、高齢になってからの多重債務は悲惨な状態になります。そうならないよう日頃から使いすぎない環境を作っておく必要があります。

金利計算などに興味を持とう

どうしても借りることが出来た安堵感で、自分が借りられたお金に対してどれぐらいの金利がかかっているのかなどに興味を示すことなく、金融会社が提示する返済金額をそのまま返済して、それを毎月繰り返している人が大半だと思います。

それを繰り返すだけでももちろん元金も減っていきますし、返済は順調だと言えるのですが、金利計算などに興味を持つと改めてお金に対してシビアな見方をするようになります。お金に対してシビアな見方をするようにできれば無駄遣いすることがまず無くなります。

無駄遣いをすることが無くなるということは余計な借金を作らなくて済むということになるんです。そして思いの他、金利というものはたくさん取られているんだなぁと認識すると早く返済してしまおうという気持ちだって高まってきます。

高齢になればなるほどこれぐらいシビアな気持ちを持って、お金と接すると上手に金融会社ともやり取りが出来るはずです。大げさに臆病になったり、警戒したりする必要はまったくありませんが、高齢者となり、やり直しが効きにくい分、ちょっと慎重になるぐらいがちょうど良いでしょう。

賢く利用すると最強の味方!

使いすぎてしまうと金利で首を絞められ、返済することに追いこまれてしまい精神衛生上よくありません。

それは上記でも説明しましたが、金利計算をして、お金の管理を自分自身でしっかりすることができるのならば、金融会社にお金を借りてもさほど怖い事にはなりません。

お金を借り入れすることはどういうことなのかをしっかりと理解した上で利用すると、金融会社は自分のお金のピンチの時に大活躍してくれますし、これほど強い味方はないといっても良いでしょう。

どれぐらいのお金が必要なのか、あと何年ぐらいで返済していくのか、ある程度の目処を立てることができるのならば利用することを推奨したいと思います。どうしてもお金が必要になったら、それを回避することはなかなかできません。なんとかしてでもお金を工面しなければならないでしょう。

高齢になってからお金がなさすぎる状態が続くというのも辛いものです。人には様々な状況がありますし、その辛い状況から脱却するために金融会社を利用するのは快適に生きるための術だと感じます。

ただ、悪徳金融業者に引っかかったりなどは絶対にしないように気をつけてください。自分が借りたいなと思っている金融会社について自分が納得するまで調べてから、申し込むようにすることが大切です。

できるだけ借りている人たちの評判を参考にして、信頼できる金融業者に融資の申し込みをするようにしましょう。上手に利用することで自分の生活水準が上がる場合も多いですし、精神的に楽になることも多いでしょう。

お金を借りた事が生活スタイルのプラスになるように利用してみてくださいね。

【参考ページはこちら】
80歳でも融資可能なカードローンを教えて!

新着記事
TOPICS