> > > ブラックでも借りたい!審査が緩い金融会社の探し方のコツ

ブラックでも借りたい!審査が緩い金融会社の探し方のコツ

ブラックでも借りたい?審査が緩い金融会社を探したい人のための情報満載です。是非、一読ください!

ズバリ、ブラックとは?!

人間毎日生きていると急にお金が必要になることというのは多々あります。急に大金が必要になったりすることも少なくないですよね。

正直、貯金などがあってなんとかその場を切り抜けることができるのならば問題はないのですが、貯金があまりなく、どうしても誰かからお金を借りなければならない状況にある人は、正直辛いところです。

消費者金融などでお金を借りられればすんなりと解決するのでしょうが、どうしても自分は審査に通らないかもしれないという思い当たる節があると、なかなか申し込むのにも勇気が必要です。

申し込んだのに審査に落とされてしまったら、辛いですからね。そもそも金融会社にブラックリストというものは本当に存在するのでしょうか。

基本的にブラックリストというものは存在しないのです。ただ、申し込んだ時に審査に落とされるのはその人の属性が悪いからであって、それは申し込んだ金融会社が判断して最終的な判断をするわけです。

審査に通りにくい人をブラックであるという言い方はするかもしれませんが、ブラックリストなんてものは存在しません。基本的にブラックというのは属性が悪い人のことであるのですが、以下に該当する人はブラック扱いとなる場合が多いようです。

  • 消費者金融など他社の借入が多い
  • ここ最近、ほかの消費者金融に数件の申し込みをして断られている
  • 過去に金融会社の返済を滞ったことがある年収の1/3以上の借り入れを既に行っている
  • 他社の元金の返済がなかなか減らない

このような条件の人たちはどうしても審査に通らない人たちが多くいわゆるブラックという扱いになりがちです。今から消費者金融など金融会社にお金を借り入れを申し込みたいと思っている人は、自分がブラックに該当しているのかどうか、改めて判断する必要があります。

審査の緩い金融会社の探し方は?

恐らく、自分はブラックであるだろうと判断ができたら、次は審査の緩い金融会社をなんとかして探し出してお金を借りなければならないと思うでしょう。それでは審査が緩めの金融会社の探し方はどんなものがあるのでしょうか。

インターネットを活用!

これは絶対に必須です!審査が緩かったり、人の評判を聞いたり、金融会社で借りた人の体験談を読んだり、これからお金を借りたいなと思っている人は、インターネットでの検索は絶対に必須です。

いろいろな情報できるだけたくさん取り込んで、この会社ならば自分が申し込んでもきっと審査に通過するだろうという予測を立てることができます。

インターネットの情報はとても多いですので、自分と同じような状況で、お金を借りる事の出来た体験談などを読むことができます。

それらをもとに、自分ならこの会社に申し込めば借り入れできるかもしれないという、ある程度の希望を持つ事が出来ます。

自分が申し込んだ際に、絶対に審査に通るとは言い切れないのも事実なのですが、ただ、参考にすることができますので、あちらこちらの消費者金融などに闇雲に申し込むことを避けることができます。

同時期にたくさんの消費者金融などに申し込むとこの人は相当お金に困っている人だという見方をされてしまい、足元を見られてしまう傾向が強く、金融会社側から見ればこの人にお金を貸すのは危険だという判断を下されてしまう可能性が高くなります。

そんな事がないように手当り次第にいろいろな消費者金融に申し込むことを避けるためにも、インターネットなどの新鮮な情報は絶対に必須と言えるでしょう。

広告欄に注目!

インターネットなどすぐに使えないような状況にあり、すぐにでもお金を借りたいと思う人は新聞や雑誌などの金融広告欄に注目してみましょう。

スポーツ新聞奈良の広告欄にはたくさんの金融会社が広告を出しているのですが、その中でもできるだけ大きく掲載されている金融会社を選ぶことで、うまく借りることができたという体験談の書き込みを見たことがあります。

新聞や雑誌などの広告欄に掲載されている消費者金融は、正直、大きな会社は少ないでしょう。しかしそれ故に、審査が甘く、借りやすいと言えます。

ただ、あまりにも広告が小さく、宣伝にお金をかけていないような金融会社は闇金融の可能性もありますので、その点においては慎重にならなくてはなりません。

闇金融にハマってしまったら、悲惨な状況になりかねません。絶対そのような金融会社に申し込まないように、注意が必要となります。

探せば絶対に見付かるもの?!

インターネットにしろ、新聞や雑誌の広告にしろ、探す努力をすれば必ずブラックでも借りられる金融会社を見付けることは可能なのでしょうか?

…これについては残念ながら「絶対借りられる」ということは言い切れません。借りられるかもしれないという可能性には近づきますが、そこに絶対ということはないということを覚えておかなくてはなりません。

ここが一番辛く、気になるところだと思うのですが、基本的にその人に融資をするのかしないのかはその金融会社の最終的な判断に委ねられます。

その部分が緩い金融会社はとてもたくさんあるのですが、それでもその人の審査状況でやっぱり貸し付けることができないと判断をされる場合だってあるんです。

こんな悪い属性なのに借りることができました!などという体験談があるので、その会社に申し込んでみたとしても、その人には貸付はできても違う人には、同じような条件で申し込んでいたのにも関わらず、審査に落とされてしまうなんていうことはとてもたくさんあるんです。

どうして自分が審査に落ちてしまったのかその理由を尋ねても、まず教えてくれることはありません。絶対審査可決ということはありませんので、そのことだけは肝に銘じて申し込むようにしなければなりません。
(⇒審査に通れない…そうなる前に対策を!

ブラックに拍車をかけないで!

属性が悪くブラック扱い、つまり金融会社に申し込んでもなかなか審査に可決しない人たちは、それ以上自分の属性が悪くならないようにしなければなりません。

どうしても自分の属性が悪くなると金融会社に借りられなくなり、借りられない時のための保険として、たくさんの金融会社に申し込みを繰り返してしまうパターンがたくさんあります。

またインターネットなどで買い物をして後払いシステムを利用、結局は期日までにお金を払わず放置しているような人もたくさんいます。そうなってしまうと今は信用情報にその情報が掲載されてしまい、金融会社はそれらを確認することができます。

つまりは後払いによる支払いが滞っても今では信用がない人という見方をされてしまい、なかなか消費者金融などの金融会社に融資を申し込んでもそれが引っかかってしまって結局借りられないということが多いようです。

そういうこともあり、今ではインターネットで後払いの買い物をする時も信用情報見る場合があるようですので注意が必要です。つまりは軽い気持ちで後払いシステムなどを滞納している場合もあるようですが、結局それが、自分の信用に関わってきている…そんな時代になってきているんです。

誠意はブラック脱却の近道!

結局、自分がブラックなのでなかなかお金を借りられないと嘆いている人は、必ずどこかに原因があります。結局、ブラック扱いになることは、自分自身がその状況を作っていることが殆どなんです。

お金を借りようと思ったら早く自分自身のブラック状態から脱却する事が望ましいですので、何事においても誠意ある取引をしなくてはなりません。

インターネットでものを買ったり、携帯電話端末を分割払いする時も然りで、誠意ある対応をしてしっかりと期日までに支払をしなくてはなりません。

それらをきちんと積み上げることによって、ブラックからの脱却が見えてきます。一時的にお金を借りているような状態になっている物はすべて、その人の信用で繋がっていると考えている方が良いでしょう。

今現在属性が悪くブラック扱いであっても誠意ある取引を続け、信用回復し、時期がくればブラックから脱却する時が必ずやってきます。

それまでどうしてもお金が必要で待てないという人は、できるだけたくさんの情報を取得して、今の状態であっても借りる事が可能な金融会社を探し出し、申し込むように心がけてください。

そして借り入れに成功したら誠意のある取引を繰り返し、審査に可決してくれたその金融会社を大事にして、あちらこちらの金融会社に借り入れを繰り返したりしないように心がけることが大切です。

【参考ページはこちら】
カードローンブラックになっても審査に通れる?

新着記事
TOPICS