> > > 18歳大学生がお金を借りたいならこの方法が使える!

18歳大学生がお金を借りたいならこの方法が使える!

お金がない!そんなときはカードローンが便利だって聞いていたとします。ですが、18歳大学生という条件で利用できるカードローンを探すのは実はとても難しいのです。カードローンを利用するときには「20歳以上である」という条件を最低限クリアする必要が出てきます。

ですが、お金を借りる方法が全くないという事でもありません。18歳大学生がカードローンを利用したいならどうするか、お金を借りたいならどうするか、その裏技として使えるのがクレジットカードのキャッシングなんです。キャッシングとカードローンの違い、便利な点、申し込み方法などを紹介しましょう。

カードローンは20歳以上が基本!?

カードローンを利用するためには年齢制限をクリアする必要があります。この年齢制限は基本的にどこも20歳以上となっているのです。つまり、18歳で利用できるカードローンはほぼゼロ、という事になってしまいます。未成年だったとしても学生ではなく働いている人だっていますよね。そういう人でも、20歳以上という年齢制限をクリアできなければカードローンを利用することが出来ないのです。

どうしてカードローンの利用は20歳以上が基本となっているのか、当然理由があります。それは、金銭契約を結ぶ能力があると法的に認められているのが20歳以上であるためです。未成年の場合は親権者、保護者の同意が必要となりますが、この同意を得られないまま契約をしてしまえば親権者が契約破棄を求めることが出来るのです。(こちらもご参考に→親権者同意無しでもカードローンは借りられる?

契約が破棄されてしまうリスクがあるため、基本的な利用を20歳以上としているんですね。未成年でも結婚して言えれば契約能力は認められるわけですが、例外を認めていくとキリがないとも言えます。リスクを少しでも減らすために、20歳以上というくくりになっているのでしょう。18歳の大学生でカードローンを利用するというのは厳しいという事は確かなんです。

ですが、カードローンではなく通常のローンであれば学生ローンを利用することが可能です。学生であれば18歳以上で利用することが出来ますし、必要な都度お金を借りる使い勝手の良さはありませんが、比較的低金利でお金を借りることが出来る、18歳でもOKという魅力があります。

日本全国どこからでも申し込みOKという学生ローンもありますから、一度調べてみても良いでしょう。
(⇒学生だからダメはウソ!学生が使えるカードローン

キャッシングとカードローン

クレジットカードに設定されるキャッシング、そしてカードローンは同じなのか、違いがあるのか、ちゃんと認識できていますか?クレジットカードで行うキャッシングとカードローンは、決められた金額の範囲内で自由にいつでもお金を借りることが出来るという点では同じです。違いがあるとすればその限度額の設定、そして利用金額についてでしょう。

クレジットカードで設定される限度額は、ショッピング枠の範囲での利用可能金額という事になっています。ショッピング枠の利用限度額が30万円、キャッシング枠が10万円ということであればキャッシングを10万円まで利用することが出来るというのは確かです。しかし、これはショッピング枠30万円の中に含まれている限度額となります。例を挙げてみましょう。

ショッピング利用金額 キャッシング利用可能額 合計額
20万円 10万円 30万円
25万円 5万円 30万円
30万円 0万円 30万円

このように、ショッピング枠とキャッシング枠の兼ね合いを考えながら利用をする必要があるわけです。計画的に利用していなければ、利用したい時にキャッシングするだけの枠が残っていないという事になり得るわけですね。カードローンは限度額内いっぱい自由に利用出来ますから、この点が異なると言えるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠との兼ね合いが重要
ショッピング枠を使いすぎるとキャッシング出来なくなってしまう
カードローンは限度額いっぱい自由に利用することが可能

クレジットカードとカードローンはどちらもお金を借りることが出来るカードですが、まったく同じではない、利用限度額について違いがある、ということを把握しておきましょう。また、クレジットカードのキャッシングは返済が一括で求められる事も少なくなりません。返済方法についても確認しておきたいですね。

クレジットカードは18歳でOK?

クレジットカードが18歳以上で利用できるのは、本人に収入があれば支払い能力があると判断することが出来て親の同意も得ている為、また、働いていない場合は保護者の収入で支払われる見込みが十分であると判断できるためですね。未成年でクレジットカードを利用するためには親の同意が必要不可欠となっています。

親の同意が必ず得られる為、未成年との契約を結ぶことが出来るわけです。逆に言えば、親に内緒で勝手にクレジットカードを申し込み、利用することは未成年では不可能という事ですね。親の同意があるからこそ、未成年が利用できるという事は覚えておきましょう。

しかし、18歳以上で親の同意さえあれば必ずクレジットカードを利用できるという事でもありません。親の同意があったとしても、親に対しての信用が出来ないという判断になればクレジットカードを利用することは出来ないのです。親が破産者である、ブラックである、収入が不安定であるという場合は利用できない可能性も出て来るのです。

学生でキャッシング枠設定可

未成年、18歳以上であれば利用できるクレジットカードというのは意外と多くあります。そして、銀行が取り扱っているクレジットカードや学生専用のクレジットカードであれば学生、未成年でもキャッシングが可能となる場合もありますから、いくつか紹介しておきましょう。

クレジットカード名 キャッシング利用可能額 年会費
asita(愛媛銀行) 0~10万円 在学中無料
三井住友VISA
クラシックカード(学生)
0~5万円 在学中無料
学生専用ライフカード 0~10万円 永年無料
セディナカードファースト 新規申込時上限50万円 カード利用で年会費無料

このように、学生でもキャッシング出来るクレジットカードは色々あります。信販会社や銀行が取り扱っていますから安心して利用できるでしょう。どうしても学生で、未成年でキャッシングをしたいという事であればクレジットカードのキャッシングを検討してみても良いでしょう。

利用するためには審査が必須

カードローンにしろ、クレジットカードにしろ、利用するためには申し込みをするだけでOKという事にはなりません。申し込み後に審査を受ける必要があります。この審査はどうにかすれば免除されるというものではなく、申し込んだ全ての人が受けなければいけないものです。そして、審査の結果利用できないということも十分起こり得ます

審査に落ちてしまえば利用することは出来ないわけですから、まずはこの審査に通るために出来る準備をしておきましょう。審査でチェックされるポイントは主に2つ、過去も含めた債務状態、収入状況です。債務状態が良く、収入にも問題がないということであれば審査に通る可能性はグッと高くなります。

債務状態

債務状態が良好だと判断されるのは、過去も現在も債務トラブルが発生していないという場合です。債務トラブルというは、延滞や債務整理など借りたお金、支払わなければいけないお金をスムーズに完済することが出来なかったという状態です。過去に借金をしたことがあれば確実に不利になる、という事ではありません。

借金があったとしても常識的な金額であり、しっかり完済されていれば特に問題視しなくとも良いでしょう。ただし、現在も借りているお金があるとすれば、毎月スムーズに、きちんと、返済していたとしても審査で不利になる場合があります。すでに返済をしているという状態で返済負担を増やすというのは得策ではありません。貸す側にとってもリスクがあります。

ですから、現在は出来るだけお金を借りていない状態であり、過去の借金を問題なく完済しているという事が審査に通る可能性を高めると言えます。

収入状況

収入状況を問題ないものを判断するポイントは3つ、勤務先、勤続年数、そして年収です。収入が安定していること、という申し込み条件がある以上は年収がある一定額以上あることは必要となってきます。金融機関以外からお金を借りる場合は総量規制もあります。収入がある程度なければ借りることが出来る金額が限られてしまいまうのです。

ただし、年収が高ければ審査に通るということではありません。いくら年収が高かったとしても勤務先が不安定、勤続年数が極端に短い、こういった場合はその年収が安定しているものでは無い、信用できるものではないということで審査に通らない可能性も出てくるのです。勤務先が不安定だというのは、業界的に不安定であるということ、そして中小企業や自営業であるということなどが該当します。

もちろん、中小企業や自営業が全てNGということではなく、大手企業や公務員よりも信用度が低くなってしまうという程度です。審査に通っても利用できる金額、限度額が少なくなってしまう可能性もあります。

あとは勤続年数です。勤続年数は1年未満であれば審査で不利になる可能性が高くなります。長ければ長いほど安定した収入があるという判断になりますから、最低1年以上、出来れば3年以上の勤続年数があることが望ましいですね。

カードローンやクレジットカードを利用するためには審査に通る必要がある
審査に通るためには、債務状態や収入状況に問題がないことが大切
不利と言われる場合でも、総合的な判断で利用できる可能性もある

ただし、未成年であれば親の債務状態、収入状況が審査対象となる事が多くなっています。クレジットカードを未成年が利用できるのは、親に収入があり支払い能力が信用できるからということなんですね。いずれにしても、お金を借りる、立替払いをしてもらうという行為を行うためには審査を受けて、それをクリアしなければいけないという事は覚えておきましょう。

【参考ページはこちら】
未成年は借りられない?二十歳以下でもお金を借りるには

新着記事
TOPICS