> > > 審査が通りやすい銀行はある!?見極める方法教えます

審査が通りやすい銀行はある!?見極める方法教えます

カードローンを利用するとすれば何を重要視するか、当然安心と信用、そして条件の良さという事になるはずです。それをすべてクリアすることが出来るのが銀行カードローンなのですが、銀行は審査が厳しいから利用するのは簡単ではありません。
(⇒銀行の審査に通れないのは家族構成が原因?

しかし、銀行の中でも審査が通りやすいところはあるのです。それを見極める方法を知っておくことで、銀行カードローンを利用することが可能となるかもしれません。銀行カードローンを利用したいけど不安、そんなとき、意外と便利で利用しやすいのは実はネット銀行のカードローンなのです。

銀行にも種類がある!

銀行と言っても1つではなく、その規模や営業形態、経営者によっていくつか種類分けすることが出来ます。

種類 特徴 主な銀行
メガバンク 都市銀行の中でも預金残高が莫大な銀行 みずほ銀行、三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
都市銀行 大都市に本店があり全国的に支店・営業所がある りそな銀行等
地方銀行 地方に本店がありその地域での営業を主とする
元々相互銀行だったところは第二地方銀行と呼ばれている
地方銀行協会、第二地方銀行協会加盟の銀行
新しいタイプの銀行 ネット銀行、スーパーなどが経営している銀行 新生銀行、セブン銀行
イオン銀行等
信託銀行 財産管理、財産の運用が主 三井住友信託銀行等
信用金庫 協同組合形態の銀行で会員・組合員の相互扶助を目的 全国の信用金庫

このように、銀行と言っても多くの種類があるわけです。これらの銀行それぞれが個人向けの融資商品を取り扱っています。銀行の種類が多い分、取り扱われているカードローンの商品も様々なのです。

ネット銀行の魅力とは

ネット銀行は有人店舗を多く設けているという事ではなく、ネット上で申し込み・手続き・利用全てを行う事が出来ます。ネット環境さえあれば利用できるという便利さ、収益性を生かすことでコストを低くすることに成功しているのです。

ですから、借り入れ商品は比較的低金利で利用することが出来るようになっています。利用可能なATMもコンビニやゆうちょ銀行のATMと提携することでATMの設置コストを抑えることにも成功しています。まずは時間や場所を選ばずにやり取りが出来るというのが最大の魅力だと言えるでしょう。

ネット銀行はネット上で手続き、やり取りができるため
場所や時間を選ばないというメリットがある
また、店舗経費、人件費を節約できるため金利もお得

ただし、ネット銀行にもデメリットはあります。通帳が発行されない銀行がある、ID・パスワードを知られてしまえば誰でも利用可能といった点ですね。特に、IDとパスワードの管理はしっかり行っておく必要があります。

もちろん、不正に利用されてしまった場合は補償が行われるようにはなっていますが、不正利用後30日以内に銀行に申告しなければいけないなどの制約もありますので、不正な利用が行われないよう注意しておくことが大切です。

ネット銀行カードローン比較

ネット銀行のカードローンにはどのようなものがあるか、いくつか紹介しましょう。

銀行名 融資可能額 金利
ソニー銀行 300万円 6.5~12.0%
住信SBIネット銀行
(Myカードローンプレミアムコース)
1,000万円 1.990~7.990%
ジャパンネット銀行 500万円 2.5~18.0%

やはり注目すべきは驚きの低金利ですね。地方銀行のカードローンと比較しても5~8%程度お得な設定となっています。消費者金融と比較すれば10%以上得をすることだってあるのです。ネット銀行にはデメリットもありますが、十分な金利メリットもありますのでカードローンを選ぶ参考にしてみてください。

審査に通る銀行・通らない銀行の違いは?

審査に通る銀行、そして通らない銀行の違いは審査ハードルだと言えます。審査のハードルは銀行によって違います。明確な基準を公表しているわけではありませんが、年収がいくらあれば他社借り入れは○万円あってもOK、○万円以上で数社の利用があればNGといった基準が違っていれば当然通るか通らないかも違ってきます。

延滞経験があっても年収がいくらあればOK、勤務先や勤続年数に不安がなければOKといった銀行もあるかもしれませんね。この審査ハードルがどうなっているのかはっきり知ることが出来れば申し込む先を決めやすいのですが、公表されているものではありませんから自分が審査に通るかどうかは申し込んでみなければわかりません。(こちらもご参考に→審査が緩いカードローンの審査基準を教えて!

ですが、銀行の中でも審査の厳しさの傾向目安はあります。審査の厳しい順に、メガバンク、都市銀行、地方銀行、小売業主体の銀行・ネット銀行となるようですね。メガバンクのような大手銀行は金利もかなり低くお得になっている分、しっかり信用できる人物を選んで利用してもらう傾向が強いようです。

逆に、小売業主体の銀行(イオン銀行等)やネット銀行は大手に対抗するために低金利かつ利用のしやすさを武器にしているとも言えますので審査にも通りやすい傾向にあるのです。この傾向を知ることが、審査が通りやすい銀行を見極めることに繋がります。

低金利で高額融資を可能とする大手になればなるほど
信用できる人物を吟味する必要がある
大手に流れがちの利用者を獲得するために地方銀行やネット銀行は
比較的審査ハードルを下げて利用しやすくしている

ただ、結局は申し込んでみないと分からないという事になりますし、少しでも不安要素は無い方が有利となりますので、自分で改善できる要素があるなら改善しておくようにしましょう。

意外と安心、便利な消費者金融

安心して利用するなら銀行!そう考えるのも分かりますが、大手消費者金融であれば知名度、利用者数、そして実績も含めて地方銀行のカードローンと変わらない条件で利用することが可能となってきます。そして、銀行よりも審査は甘い傾向にありますから少し信用状況に不安を感じている人でも利用できる可能性が出てきます。

消費者金融に不安を感じている人の多くは、騙される心配、そしてもしかしたら怖い目に合うかもしれないという不安を感じているからでしょう。消費者金融の中には悪質な行為を行っているところがあります。それは事実なのですが、みんなが名前を知っているような大手消費者金融であれば騙され心配や怖い思いをする心配はありません。

高金利だというイメージを持っているかもしれませんが、銀行の金利と大きく変わらず、即日融資が可能となっているところも多いので、急いでいるときも安心だというメリットもあるんですよ。消費者金融=怖い・悪と決めつけるわけではなく、色々と情報収集を行って判断をするようにすると良いでしょう。

【参考ページはこちら】
銀行カードローンは審査が厳しいってホント?

新着記事
TOPICS