> > > 銀行の審査が通らない!その理由、家族構成かもしれないんです

銀行の審査が通らない!その理由、家族構成かもしれないんです

カードローンを申し込んでも審査が通らない!利用できない!銀行であれば尚更そういう事は起こるかもしれません。銀行のカードローン審査は厳しいと言われていますから、不安要素があると判断されれば審査が通らないんですね。審査が通らない原因はいくつかありますが、実は家族構成もチェックされるポイントになっているという事は知らないのではないでしょうか。

カードローン審査で家族構成がどう判断されるのか、どういう家族構成がベストなのか、他にも実は知られていない審査ポイントがあるのか気になりますよね。独身や共働きなら有利、既婚家庭は不利と言われているその理由、紹介しましょう。

家族構成がどうして重要?

銀行の審査が通らない原因は、自分の収入面が不安定であると判断された、現在利用しているクレジットカードの所持枚数や利用、他社の借り入れに問題があると判断されたから、そう考える人がほとんどでしょう。ですが、審査されて融資の可否を判断する材料の1つとして家族構成がある、という事はあまり知られていないのではないでしょうか。

家族構成がどうして重要なのか、審査をする上で必要となるのか、その理由は契約者が自由に利用できるお金がどの程度あるのかを判断する目安となるからなんですね。

  • 独身者の方が既婚者より自由にできるお金が多い
  • 一本柱で働いているより共働きの方がお金に余裕が出る
  • 教育が必要な年代の子供がいる家庭は必要なお金が多い

このように、独身なのか、既婚なのか、子供がいるのか、その状況で返済に充てることが出来るお金がどの程度あるのか目安をつけることが出来るわけですね。いかに返済するお金を無理なく準備できるか、それがカードローンを審査するにあたって重要になるのです。

家族構成を知ることで返済できるお金、余力を判断することが出来る
どの程度世帯での収入があるか、どのような支出が考えられるのか
融資可否を判断する材料の1つとなっている

家族構成は申し込み時に記載することもありますが、個人信用情報に登録されているものですから聞かれた場合は正直に申告しなければいけません。ここで虚偽の申告をすればかえって審査で不利になってしまう事もありますので注意しましょう。

審査で有利・不利な家族構成

では、カードローンの審査で有利な家族構成、不利な家族構成について紹介しましょう。

家族構成 有利/不利 理由
独身 有利 自分の裁量で生活費を決めることが可
返済資金を準備することが比較的容易
既婚
(共働きではない)
不利 収入が必要な支出でいっぱいになる可能性が高い
共働き 有利 比較的お金に余裕があると考えられる
また、一方が怪我や病気になっても他方の収入が見込まれる
親と同居 有利 生活する、返済するにあたって
親の援助等が見込まれる
子供がいる
(すでに手を離れている)
有利 子供にかけていた分のお金が余裕分となり得る
子供がいる
(まだ教育・養育が必要)
不利 支出が多くなり返済資金を安定して用意できるか不安

審査で有利な家族構成は返済資金を準備することが比較的容易だと考えられるものとなっています。また、不利だと言われている家族構成は支出が多くなってしまったり、収入が支出でいっぱいになる事が考えられるものだという事です。ただし、これが絶対という事ではありませんからあくまでも一例、目安として捉えておいて下さい。

家族構成だけが原因で落とされる!?

家族構成は銀行を始めとして、カードローンの審査をするところであれば必ずチェックするポイントとなっています。そして、上記のような有利な家族構成、不利な家族構成があるというのは事実です。ですが、実際家族構成のみが原因で落とされてしまうようなことはまずないと考えて良いでしょう。

家族構成はあくまでも審査項目の1つであり、審査で最大のポイントとなるわけではありません。ただし、他にも微妙な要素があって家族構成にも不安視されるようなポイントがあるようであれば結果的に審査に落ちてしまう可能性があります。また、どちらかと言えば家族構成は審査よりも限度額の設定に大きく影響してきます

年齢や年齢、債務状態など他のスペックが全て同じ人でも、有利な家族構成の人の方が設定される限度額が高くなる可能性があるのです。家族構成が審査でどのように判断されるのか、それは審査をする先で異なりますが、審査でチェックされる1つのポイントであるという事は知っておきたいですね。

ココも審査でチェックされる!

銀行だけではなく、カードローンの審査では家が持ち家か、貸家か、という事も聞かれます。聞かれる以上、審査に影響するわけです。有利なのは持ち家である人ですね。万が一返済できなくなったとしても処分可能な資産があるというのは審査で有利になるのです。
(⇒カードローン審査が緩いのはどんなところ?

カードローンは基本的に担保や保証人不要ですから、もちろん持ち家ではない人だって利用することは可能となっています。ただ、利用希望額が高額になれば銀行側も貸し倒れのリスクを考えなければいけません。そんなとき、持ち家であれば多少高い限度額を設定したとしても回収する見込みが出る為OKを出しやすいという事ですね。

審査で大きく有利になる、不利になる、ということではなく、参考程度になるという事です。そして、限度額設定の上でも参考になるという事は確かだと言えるでしょう。

審査で見られるのは年収の安定性や債務に問題があるかだけじゃない
自分の家族の状況、そして家が所有なのかどうかも
融資可否や限度額の決定に関わってくる

様々な情報を元に融資可否、そして限度額をいくらにするかどうかが決められているという事になります。逆に言えば、何か1つの条件がダメでも他の条件でカバーできる可能性があるという事です。銀行によっても審査基準が違うため、利用出来る銀行、出来ない銀行があるんですね。

審査基準は銀行によって異なります。その基準が公表されているわけではないのですが、基本的に大手銀行の方が中小の地方銀行よりも審査が厳しく、ネット銀行は比較的銀行の中でも利用しやすいと言われていますから審査基準が少し低めなのかもしれません。

どの項目の基準が低いのか、それは分かりませんので、銀行の審査に不安がある場合は一度カードローン担当者に相談をしてみるという事をしてみても良いでしょう。

銀行の審査に通るのは不可能ではない

銀行カードローンは審査が厳しい、通るのが難しい、そう言われていますが多くの人が利用できないというような状態にはなっていません。特に今まで借金をしたことが無く、毎月一定の収入を得ている人であれば問題なく利用できることも多いのです。

普段給与振り込みで利用している銀行があれば、毎月の振込状況から銀行が審査を行い、カードローンを利用しませんかという打診が来るケースもあります。メガバンクでも、毎月6~8万円前後の収入が1年続けば30万円程度の限度額でカードローン利用を打診されるという事もあるのです。

すでに銀行側は必要な審査を終えている状況ですから、申し込みをすればすぐに利用できるようになりますね。銀行カードローンを利用するにあたって毎月数十万円の収入や正社員であるというスペックが必要であるという事ではないのです。その他の状況を審査して利用可能だという判断になれば良いわけです。

初めてのカードローン申し込みで怖い、不安だ、などあまり難しく考えずに申し込んでみても良いかもしれません。

【参考ページはこちら】
主婦は三井住友銀行カードローンで借りられない?

新着記事
TOPICS