> > > 経験者に学ぶ、カードローン借入失敗体験談をご紹介

経験者に学ぶ、カードローン借入失敗体験談をご紹介

カードローンは簡単にお金が借りられる便利なものではありますが、利用している全ての人が上手に活用できているわけではありません。カードローンに助けられた!という人もいれば、カードローンを利用したことで借金苦に追い込まれてしまう人もいるわけです。

カードローンの便利さから使いすぎてしまって気づいたときは膨大な負債ができてしまった、家族に内緒で利用していたのに利用がバレたことで一家離散の危機に…。どうしてそうなってしまったのか、何が原因だったのか、体験談を紹介しながら対策を考えていきましょう。
(⇒カードローンの体験談に関するおすすめ記事

借りすぎて失敗

カードローンの失敗で比較的多くなっているのは、考えていたよりも返済負担が大きくなってしまった、利用金額が大きくなってしまったというものです。1つ例を見ていきましょう。

  • 毎月問題なく返済できる3万円を目途にカードローンを利用していた
  • そのうち、もう少し借りても大丈夫だと思って4・5万円以上の利用をするようになった
  • 返済が厳しくなり返済日に不足分をカードローン利用で補う、自転車操業状態になってしまった

カードローンを予定よりも使ってしまう、時には乱用に近い形になってしまう、その原因はカードローンの便利さにあります。限度額までいくらでも自由に利用することが出来る、利用した金額は毎月少しずつ返済すれば良い、その手軽さが予定外の利用をしても大丈夫じゃないかと思わせてしまうんですね。

  • いつでも好きなときに好きな金額を借りられる
  • 利用目的は自由で都度の申告等は不要

この2点がカードローンの魅力でありメリットであることは確かです。使い勝手が良いために、最初は応急処置、緊急避難的な目的で利用を始めたはずのカードローンをちょこちょこ使うようになってしまうのです。

娯楽、ギャンブルなど、普段はしないようなことも、カードローンを利用することで資金を簡単に調達できてしまう為、気付けば予定よりも高額の借り入れをしてしまっているのです。

カードローンは簡単に利用できる便利な借り入れだが
計画的な利用をしなければ返って苦しむ結果になることもある
利用時に返済時のイメージをしておくことが重要

便利な返済シミュレーション

カードローンを利用したらいくら返済することななるのか、それが一瞬で簡単に分かれば計画的な利用が可能となりますよね。なかなかイメージしづらかったり面倒だったりすれば、いちいち考えたり確認するのも億劫になってしまいますが、返済シミュレーションを利用すれば問題解決です。

返済シミュレーションは利用する金額や金利を入力するだけで瞬時に返済総額、返済期間、毎月の返済金額を示してくれるというものです。簡単に、そしてタダで利用できるので、カードローン利用前にちょっと確認することができます。自分の返済がイメージできれば、無謀な利用をせずに済むかもしれませんよね。

返済シミュレーションは利用するカードローンの公式ホームページで利用できることが多いのですが、もし公式ホームページになかった場合は一般的な返済シミュレーションをネットで検索して利用することもできます。自分が使いやすいシミュレーターをチェックしておくことをオススメします。

利用がバレて失敗

カードローンは担保や保証人がいらないということが基本です。つまり、家族も含めて申し込み契約者以外の第三者に内緒で利用することができるようになっています。家族に知られずにお金を借りて欲しいものを買う、やりたいことをする、これが可能になるわけですね。

ですが、ちょっと油断すれば第三者にカードローンの利用を知られてしまう可能性は十分出てくるのです。カードローン利用がバレてしまったことで大変な目にあった、失敗した、そんな例を紹介しましょう。

  • 妻に内緒で欲しかったものを購入するためにカードローンを利用
  • 申し込みや契約、利用とバレずに進めることができたが、利用明細が自宅に届いてしまいカードローン利用がバレる
  • 勝手に借金をしてしまったこと、少し高額な買い物をしてしまったことで責められ、妻と子供が実家に帰ってしまうという事態が発生

カードローンの利用、つまり借金を内緒で行うという事は、バレたときのリスクを考えて十分に気をつけなければ大変なことになってしまうかもしれないのです。バレてしまう可能性があるとすれば以下の要素が考えられます。

  • カードローン会社からの連絡を見られる、聞かれる
  • 自分がカードローン会社に出入りしている姿を見られる
  • ローンカードを見られる

このようなケースですね。どうしても内緒で利用したいのであれば、この3点に注意すれば良いということです。ちょっと注意をすることで家族にもバレずにカードローンを利用することが可能となってきます。

利用明細書は郵送されないような形になっている所も増えてきましたし、相談すれば郵送しないよう配慮してくれるカードローンもあります。ローンカードを発行せずに口座振込で借り入れ出来るカードローンもありますから、いかにばれないように利用できるか、それを考えてみるのも大切かもしれません。

内容が合わなくて失敗

カードローンの内容が合わない失敗というのもあります。代表的なのは希望する限度額を設定してもらうことができなかった、または希望よりも高い金利になってしまった、というものです。カードローンは取り扱う会社や商品によって限度額や金利が異なります。その範囲の中で自分のスペックに見会うとされる限度額、金利の設定になるわけですね。

あくまでもカードローン側が審査によって決めることになりますから、利用可能限度額が大きいカードローンに申し込みをしてもその限度額になるという事ではないのです。限度額は総量規制にも影響されます。金融機関以外からの借り入れ、少額融資を受ける際は年収の3分の1までというのが法律で定められた上限です。

その上限を超えた限度額設定は出来ませんので、自分が利用できる上限金額というのはあらかじめ把握しておく必要があります。あとは借り入れ方法や返済方法をチェックしておくようにしておきたいですね。

利用可能なATMが極端に限られている、返済方法が振込のみ、それでは利用するにもなかなか使い勝手が悪いカードローンという事になってしまうかもしれません。カードローンは限度額や金利だけではなくその他の条件もしっかりと把握することがカードローンを上手に使うということに繋がります。

カードローンを選ぶときには金利などの数値的な部分だけではなく
実際の利用・返済をするときの事も考えて条件を確認しておくことが重要
それが失敗せず、より使いやすく便利なカードローンを選ぶことに繋がる

失敗しないコツとは

カードローンを失敗せずに利用するコツ、それは事前に商品内容をしっかり確認し計画的に利用するという事です。カードローンを利用するためには審査をクリアする必要があります。その審査をクリアしてせっかく利用できるようになったカードローン、失敗しては勿体ないですよね。

失敗しないために何をするか、簡単にまとめてみます。

失敗 対策
使いすぎる 返済シミュレーションを利用し
計画的な利用を心掛ける
第三者にばれてしまう 申し込みや契約、利用方法を確認しておく
郵送物が届かないよう手配をしておく
商品内容が合わない 申し込み前に商品内容、総量規制を確認する
自分の信用度によって希望限度額とならない可能性を知る

特に難しい事ではありませんよね。事前のチェックと理性的な利用、十分に対策することが出来るのです。万が一失敗してしまっても、すぐに立て直すことが出来るものもあります。ちょっと使いすぎてきた、利用金額が増えてきたと気づけば利用を控えてしっかり返済するようにすれば良いですよね。

カードローンの体験失敗談は検索すると多く目にすることが出来ます。どのような事で失敗してしまった人がいるのかを知ることがカードローンを上手に利用することに繋がる、それも確かですから色々と情報を集めるようにしてみてはどうでしょうか。

【参考ページはこちら】
徹底比較!オリックスとモビットどっちがいい?

新着記事
TOPICS