> > > カードローン使ったことがありますか?注意点とおすすめする理由

カードローン使ったことがありますか?注意点とおすすめする理由

お金の借り入れ方法として「カードローン」というものがありますが、使ったことはあるでしょうか?最近は定職についていなくても利用できる可能性もあるので、幅広い人が利用できる可能性がある借金の方法です。

そのカードローンの詳細や使う時の注意点にはどのようなものがあるのか。

利用してみたいけど、

  • 「注意点はないのか?」
  • 「どんなメリットがあるのか」

など気になってなかなか手を出すことができない人もいるのではないかと思います。今回はカードローンのメリット・デメリット使う時の注意点などを紹介していきます。また使ったことがないのであれば、参考程度に。

カードローンってなんなの?

最初に書いた通りなのですが、カードローンはお金の借り入れ方法となっていて、担保なし・保証人なしで利用できるものも存在します。その分本人の信用情報が重要で、申し込みをした人の情報によっては借り入れを断られてしまう、ということもあるのです。

とはいえ、最近は審査に通りやすいところもあるので、定職に就いていたりアルバイトやパートで収入を得ていたりすれば借りられる可能性もあります。
(⇒職業別利用しやすいカードローン会社

一度契約ができてしまえば、限度額の範囲までなら自由に借り入れや返済が行える、さらにコンビニに設置してあるATMからも利用できる場合もあり大変便利なお金の借り入れ方法となっています。

利用用途も特に決められていなく、生活費として使うこともできるし、趣味に使うことだってできてしまいます。借りたお金は上記にも書きましたが、コンビニ等から返済することも可能です。カードローンの返済方法は「リボルビング方式」といった方法もあり、これもとても魅力的です。

リボルビング方式とは

カードローンの支払いは「リボルビング方式」となっている場合もあります。「リボ払い」と呼ばれていることもあり、こっちは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

この返済方法にもいろいろあって、「月一定の額を支払うもの」「借り入れ金額によって返済額が変わる」といったものが存在します。一定の額を支払うものなら、いくら借りても返済額は一定なので、管理もしやすいです。

借り入れや返済も自由に行えるし、返済方法もとても魅力的。そんなメリットがたくさんあるカードローンですが、注意することもあるのです。

便利なだけでなく注意点もある

大変便利なカードローンですが、利用するときには注意しなければいけないこともあって、利用方法を守らないと、借り入れができなくなってしまうこともあるのです。

注意することは「借りすぎ」には注意するということで、お金の借り入れをしすぎて返済が手に負えなくなってしまう、ということが起こることもあります。返済方法も「リボルビング方式」と便利なものになっており、「カードローンが借金である」ということを忘れてしまい、借りすぎてしまうということもあります。

借りたり返済したりが自由で返済方法も魅力的といったメリットがカードローンにはありますが、利用方法を間違えてしまうと、メリットがデメリットにかわることもあるので、借りすぎないようにしたり計画的に利用するということがとても大切になってきます。

返済ができなくなってしまい、それが3か月かくらい続くとブラックリストに名前が載ってしまうことになります。

ブラックリストとは?

カードローンも借金なので、借りたお金は利息を付けて返済する必要があり、遅延してしまったりすると事故情報になります。3か月遅延が続くようだと、ブラックリストに名前が載ってしまい借り入れや申し込みをしても審査に通らない、といったことになることもあるのです。

「3か月」続くと載ってしまうわけで、「1回くらいの遅延なら大丈夫だろう」とか思うかもしれませんが、返済は毎回しっかりと行い利用方法を守ることが大切。ブラックリストというリストは正確には金融業界には無いようですが、事故の情報は残ってしまうので注意してください。

利息が高いことがある?

アルバイトやパートと、幅広い人が利用できるようになっているカードローンですが、借りやすくなっているのはいいのですが、その分金利が高くなってしまうこともあります。金利は○○%~○○%と幅があることがおおいのですが、限度額によって利息は変わってきて、限度額が高いほど安くなるということが多いです。

少額なら借りやすいですがその反面利息も高くついてしまうので、借り入れたお金に対して利息はどのくらい付くのか、よく計算してから利用することも重要になってきます。

カードローンの支払方法は「リボルビング方式」と書いたと思いますが、これは毎月一定の額を支払うだけでいいので、借金ということを忘れてしまいついつい利用しすぎてしまう人も少なくないようです。そうなると、リボ払いで返済をしていてもなかなか返済が終わらずに、金利がどんどん高くなっていくので注意。

リボ払いは便利ですが、利用したらできるだけすぐに返済をして、できるだけ利息は安く済ませるように計画を立てるようにしましょう。

カードローンのメリットは?

カードローンには利用者にさまざまなメリットがあるので、お金を借り入れするならオススメの方法です。ではこのお金の借り入れ方法には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

やはり借り入れがしやすいということがカードローンのメリットにもあげられます。

申し込みをして審査で落ちてしまうこともあるのですが、比較的少額の借り入れ希望だったりすると借り入れもしやすいといったところがメリットです。

また少額なら定職についていなくても、アルバイトやパート、収入を得ていない専業主婦の人でも利用できる可能性もあります。さらに基本的には担保や保証人が必要にならない、というところもまた魅力的です。
(⇒主婦でも借りやすいところが重視している条件とは

手軽に利用することができるし、最近のものは銀行が開いていなくても借り入れすることができることもメリットとしてあげられます。もちろん返済も可能。「銀行が開いていなくても」というのは、コンビニに設置されているATMからもカードローンは利用することができるので、いつでも利用することができます。

知ってのとおり多くのコンビニは24時間営業といつでもやっているので、急にお金が必要になったときは、コンビニからいつでも利用することができてしまうのです。カードローンのほかにもお金の借入方法はいくつかありますが、最近のものはどれもとても便利になっていますね。

そのほかの借り入れ方法について

カードローンのほかにもお金の借り入れ方法はあると思いますが、どんなところが違うのでしょうか。そのほかのカードとしてあげられるものには以下のようなものがあります。

  • キャッシング
  • クレジットカード

まずはキャッシングについてですが、これはカードローンと一緒で用途が自由になっています。返済方法はリボルビング方式でなく、翌日で一括払いとなっている場合が多いです。最近ではリボ払いができるところもあるようで、カードローンと似ていますね。

クレジットカードはお買い物をする時に使うことができるカードです。支払方法を選ぶことができる、というところが違うところ。

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

といった支払方法の中から選ぶことができるようになっており、自分の金銭面に合わせて選ぶことも可能です。またカードによっては特典がついているところも。お買い物の時に使えるポイントだったり、商品が割引になったりとさまざまな特典が付くこともあるのです。

クレジットカードを使うのであれば、特典を確認してから申し込みをしてみるのもいいかもしれませんね。

これからカードローンを使うなら

カードローンは担保なしや保証人なしで利用できるし、少額なら借り入れもしやすいのでかなり身近な借金の方法となっています。定職についていなくても利用できるので、特にお金を借りる予定がなかったとしても、カードを1枚持っておけばいざという時の手段として便利です。

契約するだけならお金もかかる心配もないので、カードの発行だけでも行ってみてはどうでしょうか。

利用する場合には以下のような点には注意するようにしましょう。

  • 利息に気を付ける
  • 借りすぎに気を付ける

借りやすくなっていて、だれでも利用しやすいのがカードローンですが、借りやすくなっている分金利が高くなっていることがあるので、支払い時に余計にお金を支払うことになります。利息は日にちが経つごとに高くなってしまうので、できるだけ返済は日にちが立たないうちに行うようにして、賢く使うようにしましょう。

また限度額の範囲内であれば借りたり返したりが自由になっていて便利ですが、便利すぎるのが逆に「使いすぎてしまう」ということになりかねません。借り入れを行う場合には、

  • ホントに借りる必要があるのか?
  • 返済できる額なのか?

よく確認して、無駄に借金を増やさないように、借り入れはよく考えて計画的にして行うようにしましょう。返済ができなくなってしまうと、事故情報、いわゆる「ブラックリスト」になってしまうので、そうなってしまうとカード自体を使うことができなくなります。

お金を借りる場合には、「総量規制」というものがあるのですが、これは年収の3分の1以上の額を借り入れができないというものになっていて、借りすぎを防ぐこともできるのです。ただ銀行ではこの規制の対象にならないから、年収の3分の1を超えて借金を作ることができてしまうのです。

まあ審査を受けてみないとわかりませんが、銀行なら多額を借りることもできてしまうということです。年収の3分の1というのは、お金を借り入れても返済を行っていける範囲なのでこれを超えると返済も大変になってくるので、返済遅延を起こしてしまう可能性も高くなってきます。

限度額は自分の収入にあったものに設定されることが多く、自分の収入に見合ったものなら無理なく返済することも可能でしょう。あえて限度額を低くして、「借りすぎを防ぐ」といった賢い利用方法をとることも可能です。

カードローンにはメリットとデメリットがあり、利用方法を間違えてしまうといいところが、逆に悪いところにすぐ変わってしまうので利用する場合は十分注意してください。カードローンに注意しなくてはいけないデメリットもありますが、魅力的なメリットもあるし、利用方法を守ればオススメのお金の借入方法となるでしょう。

カードローンのメリット

  • 借りやすい
  • 借り入れが自由
  • 返済が自由
  • 返済が月一定の額
  • 用途自由

デメリット

  • 金利が高いことがある
  • 借りすぎてしまう
  • 返済遅延するとブラックリスト

【参考ページはこちら】
ブラックOKのカードローンってあるの?

新着記事
TOPICS