> > > 無職でも借り入れできる!?そんな伊予銀行のカードローンとは?

無職でも借り入れできる!?そんな伊予銀行のカードローンとは?

最近のカードローンは利用できる人の幅が広がっており、正社員だけでなくアルバイトやパート、派遣社員といった定職についていない人でも利用することができるようになりました。正社員でなくても利用することができるなら、では「無職」だと借り入れすることは可能なのだろうか。

よくネットなどで「無職でも借りられる」などといったものを見かけることもありますが、詐欺ではないのか?とか思ってしまい正直手を出しづらい。

調べてみると、基本的には無職だとカードローンを利用することは不可能と言われています。利用するには職についていて、毎月の一定の収入がないと保証を受けることができなく利用することができないのだとか。なら「無職」でお金が必要になった場合にはどうすればよいのだろうか。

基本的には利用できないようですが、無職でも利用できる方法があるそうです。

無職だと借り入れはできない

カードローンは無職では利用することができません。無職でもお金は必要になることがあり、ネット等で調べてみると「無職でも借りられる」のような業者を見かけることもあります。

無職での借り入れ方法は、

  • 「架空の店で働いているように偽装する」
  • 「収入がないが自営業として申し込みをする」

といったことも書いてあることがあります。無職の人には魅力的な方法ですが、このような詐欺的な方法を使っても無職で利用することはできないのです。

カードローンを利用したいのであれば、仕事を見つけて毎月の安定した収入が必ず必要になってきます。ただし例外もあるのです。

こんな人は無職でも利用できる

基本的に無職だとカードローンを利用することができませんが、「専業主婦」結婚しているこのような人は利用することができるのです。申し込みをする際に、配偶者の収入を証明しなくてはいけませんが。中には利用できないところもあるので、専業主婦でも利用できるのか確認する必要があります。

ほかにもこんな人も利用することが可能です。

  • 在宅ワーク
  • アフィリエイト
  • オークション など

といった「無職でも安定した収入がある」という人はカードローンを利用することができます。ただこのような人が利用するには、収入を証明するために書類を提出する必要があるのです。書類を提出して、在宅ワークなどで得ている収入が「安定している」と認めてもらうことができれば利用できてしまいます。

ネットが普及していることもあり在宅ワーク等で収入を得ている人もいるはず。無職で収入があり、お金に困っているならカードローンに申し込みをしてみてはどうでしょうか。

無職で利用するならどこがいい?

安定した収入がある無職ならカードローンを利用することができますが、審査で不利になることもあります。借りやすくするコツは結構ありますが、少額の借り入れだったら審査にも通りやすく借り入れもしやすいです。

伊予銀、地方銀行大手の伊予銀行のカードローンは最高限度額自体は低いのですが、利用しやすいものとなっています。種類がいくつかあって、ものにもよりますが。

伊予銀のカードローン

伊予銀には3種類のカードローンがあって、それぞれ特徴が異なるのです。

  • いよぎん新スピードカードローン
  • さっとカードローン
  • ほっとカードローン

無職で収入があるといっても中にはあまり収入が多くない人も多いのではないでしょうか。そのような人が利用しやすいのが「さっとカードローン」。このカードローンの最大の限度額は50万と低めに設定されているのですが、借りたお金の返済日が決められていないのです。

自分自身で返せるという時に返済することができるので、「無職で収入がある」といった人には利用しやすいものとなっています。ただ注意しなければいけないことは、利息が毎月10日に自動で引き落とされる。

ということでしょうか。返済日が特に決められていないローンですが、返済はできるだけ早く行うようにしたほうがいいかもしれませんね。

限度額は50万までで、審査の結果によって変わってくるので結果がくるまでどのくらいに設定されるかわかりません。自分の収入に見合った限度額に設定してくれるのでしょう。

そのほかの伊予銀カードローン

伊予銀「さっとカードローン」のほかの2種類のカードローンについてです。残りの2つはどのようなものになっているのでしょうか。

いよぎん新スピードカードローン

・このカードローンは限度額が500万円と高く設定されていて、高額の借り入れに期待することも可能です。金利は年4.5%から14.5%と幅があり、利息は自分の限度額によって変わってきます。申し込みはネットからできるし、コンビニに設置されているATMからの利用も可能となっているので大変便利です。

またこのローン「返済額」が月一定額になっているところが魅力的。借り入れした額によって返済額は変わってくるのですがね。たとえば借り入れした額が10万円以下だった場合だと返済する額は2000円となります。ちなみに最大の返済額は5万円です。

10万以下の少額の借り入れだったら月に2000円返済するだけでいいので、このローンも「無職で収入がある」人に向いているかもしれませんね。

ほっとカードローン

・こっちは「さっとカードローン」と同じく最大限度額が50万と低めに設定されています。違いは、「毎月1万円返済」「口座が必要」といったところです。

それなりの収入を得ているなら「月一万」というのは魅力的かもしれませんが、収入が少ない人にとっては痛いかもしれませんね。金利について書いていませんでしたが、それぞれのカードローンでの金利は以下の通りになっています。

カードローン名 金利
さっとカードローン 14%
ほっとカードローン 13%
いよぎん新スピードカードローン 4.5%から14.5%

限度額最大50万と少額の借り入れに向いている2つのローンでは「ほっとローン」のほうが少しだけ金利が安く設定されています。伊予銀の3つのカードローンにはそれぞれ特徴あるので、自分に合ったものを選んで申し込みをしてみるといいでしょう。

無職で借り入れする時の注意点

無職でも何らかの方法で収入があるのであればカードローンを利用できますが、注意点もあるので覚えておかないといけません。

  • 借りられないこともある
  • 限度額について
  • 闇金に気を付ける

といった注意点があげられます。

借りられない場合

カードローンを利用するには、審査を行ってもらわないといけないわけですが、審査で落ちてしまい、借りられないということもあるのです。今回は無職でも在宅ワークなどで収入があれば借りられると書いていますが、収入が低すぎたりすると借り入れができない場合もあります。

また銀行や地方銀行の総量規制の対象にならないカードローンなら無職でも利用することは可能ですが、消費者金融など総量規制になるところだと無職の人は利用することができません

収入がある無職の人がカードローンを利用するなら、総量規制の対象にならない「銀行」や「地方銀行」といったところのものを使うことになりますね。

次に限度額について

限度額は必ず最大の額に設定されるわけではなく、自分の年収などを審査してもらい、それによって変わってくるものなのです。たとえば無職の人でも借りやすいといった伊予銀の「さっとカードローン」。

この場合だと最大限度額は50万となっていますが、この最大額50万という額を最初からカードの限度額に設定されることは少ないということです。

カードローンはとても便利なので使いすぎてしまうというケースも多いので、限度額が低いと借りすぎてしまうということを防ぐことができるので、メリットにもなるしデメリットにもなりますね。

闇金には気を付ける

最後に無職でカードローンの利用を考えているなら闇金には気を付けるようにしましょう。ネットなどで「無職でも借りられる」のようなことも見かけることもあるかもしれませんが、利用する場合はよく調べてから利用するようにしないといけません。

決められた利息以上を取られたりと、悪質なところもあったりするので大手でない名前の知らないカードローンを利用する場合には注意しましょう。

利用できるのか、できないのか

無職でカードローン借り入れできるかできないか、と言われると答えるのは難しいですが、できる場合もあるし、できない場合もあるのです。

  • 利用できるのは無職でも収入を得ている

という人が利用することができます。「収入がある無職」というのは以下のようなもので収入を得ている人です。

  • 在宅ワーク
  • アフィリエイト
  • オークション

といったもので毎月の収入があるのであれば可能。最近はネットが普及していることもあって在宅ワークなどで自宅にいながら収入を得ている人もいるのではないでしょうか。何かしらの方法で収入を得ているのであれば無職でカードローンを利用できる可能性があります。

また、自身に収入がなくても専業主婦なら利用できる場合があります。審査の時に配偶者の収入を証明することができれば収入がなくても利用することができるのです。

利用できない場合についてですが、無職で収入があっても

  • 「消費者金融のカードローンは利用できない」

知っている人もいるかもしれませんが、消費者金融は総量規制というものがあるのです。これは年収の3分の1以上の借り入れができないというものになっていて、年収が0の「無職」だと借り入れができないということになります。

無職でカードローンを利用する場合は、総量規制にならない銀行系・地方銀行などといったところを利用することになるのです。

  • 「銀行系は審査が厳しいのではないのか?」

そう思うかもしれませんが、少額だったら借り入れもしやすいです。または限度額の最大額が低く設定されているところ。

伊予銀のカードローンは種類が豊富で限度額も低めになっているものがあるので利用もしやすいかと思います。しかも返済も「随時」で行うことができるので、自分の都合がいい時に返済することができるのです。ただ利息は毎月自動引き落としされるのでそこは注意が必要ですが。

  • いよぎん新スピードカードローン
  • さっとカードローン
  • ほっとカードローン

といった3種類のカードローンを伊予銀は扱っています。上記に書いた「返済を都合のいい日に行える」というのは「さっとカードローン」になります。

大手の地方銀行となっているので総量規制の対象にならず、無職の収入がある人でも利用できる可能性があります。カードローンの利用を検討しているのであれば一度詳細を確認してみてはどうでしょうか。

【参考ページはこちら】
無職でも相続収入があればカードローン利用できる?

新着記事
TOPICS