> > > 主婦でも借入したい!その場合在籍確認はどうなる?

主婦でも借入したい!その場合在籍確認はどうなる?

主婦は家族のためにお金が必要です。主婦がカードローンの借入をした場合は在籍確認はどうなるのでしょうか?

主婦こそお金が必要です。カードローンを利用した場合在籍確認はどうなる?

主婦はほとんど家にいるのでお金はあまり必要ないと思っている人がいるようですがそんなことはありません。主婦は家族を守るためにお金が必要です。たとえば子供がいれば教育費やレジャー費が必要になりますし、その他にも医療費や交通費、社交費なども必要です。夫に十分な収入があればいいのですが不景気が続く中、会社が倒産したり、リストラされたり、ボーナスカットや給与カットなどの話もよく耳にします。

毎月の出費が収入をオーバーしてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか。実家からお金を借りる人もいるようですが実家が遠かったり、疎遠になっていればなかなかそうもいきません。その場合には他からお金を調達しなければなりませんが一番手軽にそして早く借入できるのがカードローンです。

気になるのが主婦でも利用できるのかということです。カードローンはおもに会社員などを対象としているイメージがありますが主婦でも借入は可能です。ただし、主婦でも原則アルバイトやパートなどで安定した収入があることが借入条件となっています。カードローンは手軽になったとはいえ、安定した収入があることが最低限の条件となっています。主婦でもパートなどで収入があれば問題ありません。

カードローン審査について

そもそもカードローンの審査ではどのようなことを審査するのでしょうか。

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 過去の借入歴

現在は総量規制という法律があって年収の1/3が借入限度額となっています。そのため年収がゼロの場合は限度額もゼロとなってしまいます。そういう意味で安定した収入があることはとても重要です。勤務先に関しては申告された内容が本当かどうか在籍確認を行って確認します。(こちらもご参考に→在籍確認なしで借りられるカードローンはある?

在籍確認とはカードローン会社のスタッフが申告された勤務先に電話して本当に在籍しているかどうか確認する作業です。ただし、在籍確認の際には社名を名乗ることはなく、スタッフが個人名で電話しますのでカードローンの利用を疑われることはありません。

主婦の場合在籍確認はどうなるのかと気になる人もいるようですが、通常カードローンは仕事をしている主婦を対象としているので在籍確認は必ずあります。ただ、主婦の中には在籍確認を敬遠する人もいます。在籍確認によってカードローンの利用がばれ、パートをクビになるかもしれないと不安になるようですがそのようなことはまずありませんので安心してください。それでもどうしても気になるのであれば在籍確認のないカードローンもあります。

在籍確認のないカードローン

業界で唯一カードローンがないのは三井住友系のカードローン会社モビットです。赤のイメージカラーとタレントを起用したテレビCMなどが記憶に新しいと思います。唯一在籍確認がないということで注目されているモビットにはどのような特徴があるのでしょうか。

モビットWEB完結

  • 金利4.8%~18.0%
  • 最大500万円まで借入可能
  • 返済は借入後残高スライド元利定額返済方式
  • PCやモバイルから24時間利用可能
  • 返済方法は口座振替もしくはATM

申込に必要な書類など

  • 身分証明証
  • 三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の口座
  • 会社発行の社会保険証
  • 直近の給与明細
  • 収入証明書

モビットのWEB完結は在籍確認がないことで人気がありますが、銀行のカードローンなども含めて考えると金利は高めだと言わざるをえません。在籍確認の有無は重要ですが、その他の点についても確認し自分に合ったカードローンを探しましょう。

主婦におすすめ銀行カードローン

もしどうしても在籍確認を避けたいのであれば銀行のカードローンも検討するべきです。なぜなら銀行のカードローンは総量規制対象外なので収入のない専業主婦でも借入できるものもあります。銀行カードローンの中でも専業主婦本人のみで借入できるものと安定した収入がある配偶者の承諾が必要になるものがあります。配偶者の同意なしで借入できるのが楽天銀行のカードローンです。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンの特徴

  • 金利14.5%
  • 最大で50万円まで借入可能
  • 入会金・年会費永久無料
  • ネット・コンビニATM利用可能
  • 収入証明提出不要
  • 入会・利用でポイント進呈

専業主婦の場合はどうしても限度額が低くなってしまいますが借り過ぎても返済の負担が大きくなるので50万円までと制限がある方が安心して利用できます。もちろん専業主婦の場合、勤務先などはありませんから在籍確認もありません。

一般的に銀行のカードローンは消費者金融に比べると厳しいと言われています。信用情報に問題がある場合にはとくに審査に通りにくい傾向にあるようです。

しかし、銀行の中でもネット銀行は大手都市銀行に比べると審査が通りやすいと言われています。ネット銀行はメガバンクに比べるとまだまだ知名度も低く、利用者も少ないので、審査のハードルを下げることでお客を集めていると言えるでしょう。

とくに楽天銀行は金利が低いことと、審査が緩いことで人気があります。また楽天と言えばプロ野球や楽天市場がよく知られていて、楽天銀行カードローンを利用することで楽天市場で利用できるポイントが貯まります。その他にも随時様々なキャンペーンを行っていて、金利半額キャンペーンなどはとても魅力的です。

配偶者の勤務先へ在籍確認はあるのか?

専業主婦でも配偶者に収入があれば利用できるカードローンの種類もぐっと増えます。銀行のカードローンの多くが専業主婦でも夫に収入があれば借入可能です。その際には夫の勤務先について詳しく申告する必要がありますが、気になるのが夫の会社へ在籍確認があるかどうかということです。

口コミをチェックすると原則配偶者の勤務先への在籍確認はないようです。ただし、書類の不備があったり、申告内容に不審点などがあれば在籍確認を行う場合もあります。

みずほ銀行カードローン

配偶者に収入があれば借入できるカードローンといえばみずほ銀行カードローンです。本人に収入がなく配偶者に収入がある場合は限度額30万円で利用可能です。

みずほ銀行カードローンの特徴

  • 金利4.0%~14.0%
  • 限度額200万円以下の場合は収入証明不要
  • 専業主婦の限度額は30万円
  • 保証会社は株式会社オリエントコーポレーション
  • 返済は残高スライド方式
  • 手数料無料
  • ご利用はみずほダイレクト、ATM、自動引き落とし

主婦がカードローンを利用する際の注意点

主婦でもカードローンが必要、利用したいという人が大勢いるということはご理解いただけたと思います。そして、主婦でもパートやアルバイトで安定した収入があれば利用できるカードローンの数も増えますが、専業主婦だと収入のある配偶者の同意を得て借入することになります。また主婦向けのカードローンの特徴は限度額が30万から50万円と低めに設定されています。

専業主婦がカードローンを利用する際に注意してほしいのは借り過ぎないということです。専業主婦の場合は収入はありませんし、パートやアルバイトをしている場合でも収入は限られます。借入額がが多くなると毎月の返済の負担が重くのしかかります。借入前に返済シュミレーションなどを利用して返済計画を立てることはとても大切です。

【参考ページはこちら】
女性の場合、カードローン審査は厳しい?

新着記事
TOPICS