> > > ちゃんと探せばこんなにある!手に入りやすいカードローンの数々

ちゃんと探せばこんなにある!手に入りやすいカードローンの数々

手に入りやすいカードというだけならいくらでもあります。本当に欲しいのは安心できて、安全で、しかもお得なカードです。そして借りやすくて便利、そんなカードローンに徹底的にこだわって探して見ました。

銀行は安心感がありますがカードができるまでに数日かかります。でも銀行でもすぐに手に入りやすいカードがあります。手に入りやすい銀行のカードローンと同じくらい安全で、すぐに手に入るカードローンの情報です。

銀行でも即日融資が可能?

銀行のカードローンが金利が安いというのはよく言われている事です。でも審査がちょっと厳しいという印象があります。確かに消費者金融会社よりは銀行の審査は厳しいです。でも借金とかカードローンのトラブルが過去になければ銀行の審査も、そう心配する事はありません。

ところが問題はカードができるまでの日数がかかるのが銀行のカードローンのデメリットです。でもそんな銀行の中にも即日融資を可能にしている銀行があります。全体的に見れば確かに数は少ないです。その即日融資可能な銀行をご紹介します。

新生銀行レイク

会社名 商品名 年利率 利用限度額
新生銀行レイク カードローン 年4.5%~年18.0% 500万円

30日無利息ローンと180日無利息ローンという2つの無利息ローンが特徴のレイクですが、消費者金融会社と思われている方が入るかも知れません。それほど消費者金融会社のレイクは有名でしたが、現在は新生銀行の子会社でレイクの名前だけは残しています。
(⇒レイクのカードローンが突然使えなくなった!

レイクは銀行の中では数少ない即日融資可能なカードローンです。また年齢基準が20歳から70歳までで金融業者の中では一番上限年齢の高いのが新生銀行レイクです。銀行の安心感と消費者金融会社の借りやすさを見事に実現している銀行です。

三菱東京UFJ銀行

会社名 商品名 年利率 利用限度額
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 年4.6%~年14.6% 500万円

銀行のカードローンなのにインターネットとテレビ窓口の併用で最短30分でキャッシングできるという事で口コミ情報でも人気の高いカードローンです。100万円以内の利用限度額なら収入を証明する書類の提出は必要ありません。

必要な書類は運転免許証だけです。平日ならばネットで申し込んで運転免許証を持ってテレビ窓口にいけば、最短で即日キャッシングが可能です。(テレビ窓口で利用出来る本人確認証は運転免許証のみです。)

・バンクイックのテレビ窓口の営業時間

曜日 受付時間
平日 09:00~20:00
土曜・祝日 10:00~18:00
日曜 10:00~17:00

オリックス銀行

会社名 商品名 年利率 利用限度額
オリックス銀行 カードローン 年3.0%~年17.8% 800万円

利用限度額300万円までなら収入証明書不要です。パソコンや携帯電話からいつで申し込む事ができます。30万円以下の希望限度額程度なら即日で審査が終了し最短で即日も可能です。ただしオリックス銀行は審査結果によっては1週間程度かかる場合もあります。

オリックス銀行で最短融資が可能になるにはかなり好条件が必要です。でも全てのATMで1,000円からキャッシング可能というのは魅力的です。ほんの少しお金が足りない。そういう時に本当に必要な金額だけ手軽にキャッシングする事ができます。

即日といえば消費者金融!

即日審査と、即日融資は、つい同じようなものと感じてしまいます。でも実際は全然違います。『即日審査』その日のうちに審査結果が分りますという事です。『即日融資』は、その日のうちに銀行振り込みされる。あるいはカードが発行されてキャッシングが可能になるという意味です。

銀行に多いのは『即日審査』です。意地悪い見方をすると『即日融資できないという事』を『即日審査でごまかしている』いるのではと思いたくもなります。その点、消費者金融会社は即日融資はむしろ当たり前です。それが消費者金融会社の大きな強みなのです。

モビット

会社名 年利率 利用限度額
モビット 年4.8%~年18% 500万円

モビットの特徴は、なんと言っても『WEB完結』です。三菱東京UFJ銀行か三井三友銀行に預金口座がある事と、社会保険証があれば申し込む事ができます。パソコンの前でいながらにして、申し込みから審査そして融資までが完了します。

しかも在籍確認は書類審査でカードを発行しません。ですから自分から言わない限りカードローンを利用している事は絶対に誰にも分りません。世の中には他人の事に必要以上に興味を持つ人は入るものです。モビットならどういう環境でも安心して利用できます。

アイフル

会社名 年利率 利用限度額
アイフル 年4.5%~年18.0% 500万円

パソコン・携帯電話から24時間、申し込み可能です。100万円以内の利用額なら必要書類は、運転免許証だけで審査に特に問題がなければ即日融資を受ける事ができます。純粋な消費者金融会社として、手に入りやすいカードローンがそのまま当てはまるのがアイフルです。

アイフルは返済方法に特徴があります。それは約定返済日制とサイクル制の二種類の返済方法があって約定返済日制は毎月一定日に返済日を指定できます。サイクル制は返済日から35日周期で次の返済日が決まって行くという物でもちろんお客様の都合のいい返済方法を選べます。

アコム

会社名 年利率 利用限度額
アコム 年4.7%~年18.0% 500万円

テレビとインターネットの広告では知名度が抜群のアコムも手に入りやすいカードローンです。即日融資はインターネットから申し込んで申込み内容確認のメールが届いたら必要書類をアップロードして契約手続きのメールが来たら契約できます。

振込希望のお客様は振込手数料なしで即日融資を受ける事ができます。また自動契約機「むじんくん」なら即日のカード発行でキャッシングができます。そしてアコムが初めての方は、35日間返済を選択すれば、初回に限り30日間無利息ローンになります。

プロミス

会社名 年利率 利用限度額
プロミス 年4.5%~年17.8% 500万円

正式名称はSMBCコンシューマーファイナンスでプロミスはサービス名です。申込後に在籍確認についての相談ができるのも魅力。その為土日・祝日も最短で即日融資を可能にしたプロミスは柔軟な対応で人気の大手消費者金融会社です。WEB契約なら平日の振込融資も可能です。

キャッシングも返済も方法が多いもの特徴でパソコン・携帯電話・スマートフォン・プロミスATM・提携先ATM・コンビニ・三井住友銀行などお住いの近くに必ずいずれかの提携ATMがあるというわけです。借りやすくて返しやすい利便性の高さもプロミスの魅力です。

クレジットで即日もある!

クレジットカードはカード発行までに数日~数週間かかるのが普通です。場合によっては発行されるまでに1カ月かかるクレジットカードもあります。ところがクレジットカードの中には即日発行できるクレジットカードもあるんです。

もちろん、元々、発行するのに日数が掛かるのがクレジットカードです。そんなに多くのクレジットカード会社が対応している訳はありませんが探せばあるんです。そんな即日発行できるクレジットカードは、すぐに手に入りやすいカードとしては希少価値です。

セゾンは2枚!

会 社 カード名 年利率 利用限度額
セゾン セゾンパール・アメリカン・エキスプレス 年18% 30万円~150万円
(年会費1,000円)
※年利率はキャッシングの金利です。
※利用限度額はクレジット枠とキャッシング枠を合計したものです。

会 社 カード名 年利率 利用限度額
セゾン セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス 年18% 30万円~150万円
(年会費3,000円)
※年利率はキャッシングの金利です。
※利用限度額はクレジット枠とキャッシング枠を合計したものです。

通常発行はやはり3日かかります。ところがインターネットで申し込んで来店して手続きをすれば即日発行が可能です。 その手続きはまずインターネットで申込みます。次に申し込み確認メールを受け取ります。次に申し込み確認の電話を受けて審査結果を登録済みのメールアドレスに送付します。

そして、カード受取に必要な書類を持って来店すれば、その場でカードが発行できます。必要な書類は、1、受付番号、2.運転免許証、3.金融機関の届け出印、4.通帳の口座番号がわかるもの!以上4つです。ただし未成年者の場合は親権者の同意確認などの手続きの都合上数日かかる場合があります。

アコム

会 社 カード名 年利率 利用限度額
アコム アコムACマスターカード 年4.7%~年18% 10万円~500万円
※利用限度額はクレジット枠とキャッシング枠を合計したものです。

アコムのACマスターカードはクレジットカードとしても利用できます。利用できるのは国内のMasterCard加盟店でご利用になれます。最短30分で審査後即日発行できるカードです。クレジットカード機能をも持ちながらカードローンと同じ発行速度とは、さすがに消費者金融会社のカードです。

インターネットで申し込んでアコムから審査結果の申し込みを受け、アコムの自動契約機「むじんくん」(09:00~21:00)を利用すれば即日発行可能です。急な海外旅行用として最適です。

カードローンは多機能

カードローンはキャッシングだけではありません。うまく活用すれば想像以上に多機能なカードとして活用できます。たとえばクレジットカードは公共料金の自動引き落としにすれば意識しなくても自然にポイントを貯める事ができます。

また預金口座とカードローンが連動したカードを利用すれば、預金口座残高が少なくなった時も自動的に口座残高に充当できるので、他の取引などでうっかり引き落としできなくなるミスもなくなります。

対象も広がっています

かっては年金受給者への融資など考えられませんでした。ところが今は、年金受給者に融資をする金融会社もあります。またクレジットカード会社がキャッシング専用のカードを出しています。

逆にアコムのように消費者金融会社がクレジットカード機能のあるカードを発行しています。カードローンの活用方法に固定観念を持つのは非常にもったいない話です。

これはできないの?

カードローンでこういう事はできないだろうかと疑問を持ったら、あきらめずにとりあえず検索して見る事をおすすめします。今回の記事でクレジットカードで即日発行できるカードがある事に驚かれた方もいるでしょう。

カードローンは知らないと損する情報が満載です。カードローンを利用するしないに関わらず。知っているといざという時にきっと役に立つ知識や情報があります。特にこれから使ってみようと思っている方は、気軽に情報を得てください。

【参考ページはこちら】
金利ゼロのカードローンって大丈夫?

新着記事
TOPICS