> > > 誰でも作れるカードローンはあるのか?カードローンの落とし穴

誰でも作れるカードローンはあるのか?カードローンの落とし穴

誰でも作れるカードローンがあれば、初めて申し込みをする人や他社借入れ件数が多い人、専業主婦、無職、ブラックなど、どんな状況の人でも気軽に申し込みができちゃいますね。
(⇒ブラックでも借りられる審査の緩いところある?

まさに理想的でとっても嬉しいコトですが、誰でも作れるカードローンって実際にあるのでしょうか。

もちろんカードローン会社も商売ですから意味も無く審査を厳しくすることは無いでしょう。例えば他社借入れ件数が3件以内で年収も300万円以上で安定していたら問題なく審査に通ります。

しかし、初めて申し込みをする人は審査が不安だったり、属性に自信が無くて申し込みを諦めたりする事は有りませんか?

申し込みを躊躇しがちな人

  • 初めての申し込み
  • 借入れ件数が多い
  • 信用情報がブラック
  • 専業主婦
  • 無職

こういった人が申し込みをしやすい誰でも作れるカードローンを見ていきましょう。

初めての申し込みならカードローンは誰でも作れる

初めて申し込みをするというなら、他社借入れ件数がなくブラックでもないので申込み条件さえクリアしていたら審査に通ります。

  • 20歳以上である
  • 安定した収入がある

この申込み条件はたいていどこのカードローン会社でも同じです。初めて申し込みをする人には安定した収入とは、どんなことを言うのか分かりづらいですよね。これは正社員と言う意味ではなく、継続して収入があれば契約社員やパート・アルバイトでも良いのです。

それでもアルバイトで不安と言う時には「アルバイトでも申込み可」とハッキリ書いてあるところを選ぶとアルバイトを理由に審査に落ちることはありませんよね。

アルバイトでも審査に通るのですから年収の制限はありません。学生アルバイトで収入が100万円未満で申し込みにくい…という場合も大丈夫です!

ただし年収が低いと借りれる金額が少なくなります。貸金業法で年収の1/3を超える金額の借入れは出来ないことになっていますので借入れ金額が年収に比例するのは仕方がないことですね。

借入れ件数が多くてもカードローンは作れる

借入れ件数が多い目安は4件以上です。4件以上借入がある場合では新たに申し込みをするのは、さすがに躊躇しますよね。そんな時には申込むところを選びましょう。銀行や大手消費者金融では借入れ件数が多いとカードローンは作れません。

借入れ件数が4件以上となると中堅や中小規模の消費者金融なら審査に通る希望が持てます。
(⇒カードローンの審査が緩いのはどんなところ?

借入れ件数が4件以上となると多重債務者として見られるので返済のための借金と考えられます。いわゆる自転車操業ですね。これでは本当に返済してもらえるのか貸す側も不安になるので大手ではコンピューターの自動審査で審査に通らないようになっています。

一方で中堅・中小規模の消費者金融では自動審査を取りいれずに担当者が判断します。そのため大手では借りれない人でも審査に通る可能性があるのです。借入れ件数が不安な時には中堅や中小規模を検討しましょう。

信用情報がブラックでもカードローンは作れる

ブラックには申込みブラックと返済が遅れる遅滞によるブラック、債務整理などのブラックなど種類があります。

中でも申込みブラックは半年すると信用情報機関の登録情報が消えるので半年後に申し込みをすると問題なく銀行や大手消費者金融でも申し込み審査に通ることができます。

しかし、返済が遅れたり債務整理をした場合のブラックでは5年を超えない期間の登録がされます。そのため5年間は情報が残っていると考えた方が良いでしょう。新たに申し込みをする時に信用情報がキレイになる5年後の申し込みなら銀行や大手消費者金融でも審査に通る可能性はあります。

「5年も待てない。今すぐお金を借りたい!」という時には中堅や中小規模の消費者金融に申し込むと審査に通る可能性があります。この場合では中堅ならどこでも良いという訳ではなく「ブラックでもOK」と書いてあるところや過去にブラックにも貸した実績があるところを選ぶ必要がありますね。

専業主婦でもカードローンを作れる

専業主婦の場合は申込み条件にある安定した収入がありませんね。貸金業法では本人の年収の1/3を超えない金額が借入れ上限額となっています。それなら収入のない専業主婦では借入れ上限額は0円となっていまします。

しかし、専業主婦の場合なら配偶者に収入があるなら配偶者の借入れと合わせて配偶者の年収の1/3まで借入れができるとなっています。

配偶者が年収300万円で借入れ可能額が100万円の場合

配偶者 専業主婦 合計借入金額
100万円 0円 100万円
50万円 50万円 100万円
0万円 100万円 100万円

この場合では、配偶者の同意が必要だったり、婚姻を証明する書類が必要だったり、用意する書類が多くなります。また専業主婦の申し込みには対応していない消費者金融もあるので申込み条件を事前にしっかり調べる必要があります。

他にも専業主婦なら銀行でも借入れができます。銀行の場合では配偶者の同意は不要なので消費者金融よりは気軽に借入れができますよ。専業主婦の借入れの場合には各銀行によって上限金額が決まっていますよ。

無職でもカードローンを作れる

借入れ件数が多かったり、ブラック情報があったり、専業主婦でも借りれるところがあるなら無職でもカードローンを作れるところがありそうですよね。

しかし、残念ながら収入のない無職では申込み条件を満たすことができません。カードローンには安定した収入が必要です。

つまり、誰でも作れるカードローンというのは無いのです。消費者金融などの貸金業者では法律によって申込み時に必ずチェックすることが決まっているのです。チェックに該当しなければカードローンを作ることはできません。

  • 本人確認を行う
  • 1社で50万円を超える貸付けを行う時には源泉徴収票などの収入証明書を確認する
  • 他社貸金業者と合わせて借入れ金額が100万円を超える場合では源泉徴収票などの収入証明書を確認する
  • 前回の確認から3年以上経過している場合は再度確認する

無職では収入証明書の提出ができませんよね。小額の借入れなら収入証明書は必要ないでしょ?と思うかもしれませんが、収入証明書は該当しないで通せても本人確認があります。本人確認には在籍確認もあります。

在籍確認とは申告してある勤務先に電話をして本当に申告している人が在籍しているのかを確認する作業ですね。無職ではこの在籍確認ができませんね。そのため無職でカードローンを作ることはできないのです。

カードローンの落とし穴?

しかし、中には「審査無し」「誰でも作れます」といった甘い言葉が書いてある金融機関もあります。これを見ると誰でもカードローンが作れると思いますよね。

こういった言葉には注意が必要です。先ほども述べた通りカードローンにはチェックすることが決まっているのです。このチェックが審査になります。そのため「審査無し」というコトは法律に違反していることになります。

つまり、闇金である可能性が高いのです。闇金では誰にでもお金を貸します。そのため借りやすいです。消費者金融のどこに申し込みをしても審査に通らなかった時にはついつい闇金でも良い!と思ってしまいがちですが、これは危険です。

闇金で借入れをすると法外な利息を付けて返済を求められます。毎月返済しても利息のみしか返済できず、いつまでたっても元本が減らず延々と利息を払い続けることにもなりかねません。

そこで「審査無し」「誰でも作れます」には裏が無いのか、どうしてそんなことができるのか、しっかり調べましょう。

闇金融か貸金業者かの見分け方は登録番号が表示してあるかが目安になります。また利息は明記してあるか、法外な利息の明記になっていないか確認をするのも有効ですよ。

10万円未満 10万円以上100万円未満 100万円以上
年20% 年18% 年15%

上記が法律で決まっている上限金利です。これを超える金利の場合は闇金の可能性が高いので注意が必要になります。カードローンの落とし穴に注意して安全にカードローンを利用しましょう。

【参考ページはこちら】
カードローン審査ってどんなことを調べているの?

新着記事
TOPICS