> > > 審査ゆるい海外カードローンを選ぶときには何を優先すればいい?

審査ゆるい海外カードローンを選ぶときには何を優先すればいい?

海外でも使えるカードローンは、よく海外へ出かける人でなくても、いざという時にどこであっても使えるという安心感から、1枚は持っておきたいと考える人が多いです。現在、日本で契約することができる海外使用可能なカードローンのサービスを提供している金融業者は、大手金融機関がほとんどです。

その一番の理由は、決済の煩雑さと、中小の金融業者の場合、顧客の多様化に対応しきれないという点が挙げられます。ここでは、海外で利用できるカードローンの概要と使い道、そして実際に契約する時に何を重視するのがいいのかについて解説していきます。
(⇒審査が緩いカードローンが使える金融会社はどこ?

海外カードローンの考え方

海外で利用できるカードローンというと、なんだか使うのが難しそうといったイメージや、実際に現地の通貨で取引する方が簡単なんじゃないかと思う人もいます。海外カードローンとは、大雑把に言えば、海外でお金が必要になった時、現地のATMなどから、その場所で使用できる通貨を引き出し、その分の額を日本の口座から引き落とすというのが基本的な流れです。

海外カードローンといっても、借入した分の利息は、日本の通貨に換算され、発生する金利も日本のカードローンと同じだけになります。そのため、海外カードローンの考え方としては、「海外の通貨を引き出せる日本と同様の仕組みのキャッシング」ということになります。

この時に重要なのが、海外のATMを利用することによって、どのくらいのコストがかかるかということです。日本の決済手数料のことです。実際のところ、海外のキャッシングやカードローンを利用した時にかかる手数料は、日本の他銀行を介してキャッシングした時とほとんど変わりません。そのため、海外のカードローンだからといって、必要以上に余計なお金を取られるということはなく、いざという時に1枚持っていると、非常に便利な存在でもあるのです。

海外カードローンの使い道

海外カードローンとは言っても、それはあくまで海外であっても使えるという意味でしかなく、国内でも問題なく使えるカードがほとんどです。そのため、普段は国内に住んでおり、仕事や旅行などで海外によく行く人が海外カードローンを使うことが多いです。

海外カードローンの使い道についてですが、基本的にカードローンは買い物の時などに重宝します。また、海外でトラブルに遭遇し、急にお金が必要になった時などにも便利なのがこのカードです。海外対応のクレジットカードと違うのは、カードローンは現金を直接手に入れることが出来る点にあります。クレジットカードの使い道は買い物のみですが、カードローンであれば、現金を使うあらゆる場面に対応できるので、クレジットカードより使い勝手がいいのが利点です。

カードローンの注意点

使い方によっては便利な海外カードローンですが、当然のことながら、使用上の注意があります。まず、決済のトラブルを避けるため、カードローンを利用して何に使ったかは必ず控えておきましょう。買い物なら領収書を、食事の場合も同様に領収書、証明書などがない場合は、自分の手元でいいので、覚書をしておきましょう。

カードローンの返済の際の注意点ですが、引き落とし口座にある程度のお金を入れておかないと返済の際に引き落としができなくて滞納扱いになってしまう危険性があります。海外に長期行く場合は、万が一の出費のことも考えて、カードの口座に、大きなお金を入れておくことを勧めます。

カードローン会社の選び方

さて、いざカードローンを契約するとなって、どの金融業者を選べばいいのか迷ってしまうということもあるでしょう。カードローン審査は、消費者金融と銀行では、それほど難易度に差があるわけではありません。収入がある程度安定していれば、基本的には自分の好きなカード会社または金融機関と契約できます。

海外で利用できるカードローンなので、当然ですが海外のATMで使えなくては話になりません。一番安心して使えるのはVISA系列のカードローンでしょう。最も広い範囲で利用でき、規模も大きく信頼も高いので、どれを利用すればいいのか全くわからないという人は、銀行系カードローンのVISAが使えるものを選んでおけば間違いありません。

自分はこの金融業者と契約したいと強く思う対象がある場合は、その金融業者に問い合わせしていつくかの事を聞いておくことほうがいいでしょう。質問する内容としては、カードローンのトラブルについてです。特に、返済時と、記録の称号の段階でトラブルが発生すると面倒なことになるので、最低でも支払いが遅れた場合の対応と、紛失した時にどう対処すればいいのかについては聞いておきましょう。

カードローン機能以外で選ぶ場合

海外カードローンの選考基準は、何も海外で利用するときのことだけではありません。カードローンのすべての機能やサービスを総合的に判断して選ぶ必要があります。海外でお金を引き出すことしかしないと確信しているのであれば話は別ですが、多くの人は、海外カードローンを契約しても、国内でも使い回すのが一般的となっています。そのため、国内でも使い勝手も重要な判断要素となります。

国内のカードローン利用で一番優先したいのは、なんといっても金利と手数料でしょう。国内のカードローン・キャッシング市場は非常に激戦区で、あらゆる銀行や消費者金融が参入しているため、どの業者も生き残るために必死です。利用者にとって金利が低いのは十分強みになりますが、あまり金利を下げても、リスクばかりが増え、金融業者にとっては不利になります。

選ぶ際に特に重要なこととは?

私たち利用者が、金融業者を選ぶポイントは、自分の使用目的とスタイルにどれだけあっているかということです。上述したとおり、現在のカードローン市場は、非常に多くの業者が展開しています。そのため差別化が進んでおり、あらゆるニーズに対応したサービスがあります。その中から自分の利用スタイルに合っているものを選ぶのが賢い方法と言えるでしょう。

例えば、海外によく行き、一回の借り入れは少ないが、借り入れ回数は多く、移動することが多いため、広い範囲で使えるものが欲しいというなら、金利は多少高くても、手数料が少なく、全国展開している大手銀行を利用するのがいいでしょう。このようにいつくかの条件から、自分に合ったものを選んで候補を絞っていくのがいいでしょう。

海外カードローンの欠点と対策

一枚持っているとさまざまな場面に対応できるカードローンですが、当然これにも欠点があります。海外カードローンの欠点は、引き出し額が大きくなった場合、返済が長期化する反面、日本に戻れないと対処できないことがある点です。例を出して解説しましょう。

例えば、海外で大きな買い物をしたいと思い、カードローンでお金を引き出しました。カードローンの返済は、原則として一括返済かリボルビング払いです。また、毎月必ず返済の必要があり、その金額は借り入れの額によって変更されます。

海外で大きな出費のために多額の現金を引き出した場合、日本の口座に一括返済できるだけの余裕がないと、分割返済が自動的に選択されます。この時、返済方法は、毎月一定の額を返済していくリボルビング払いです。通常、この返済方法は、金利がかさみ、利用者にとっては不利な返済方法であるため、資金に余裕があるときにまとめて返済し、元金を減らす「繰り上げ返済(任意返済)」を併用することで金利を抑えるのですが、海外に居る場合、この方法が使えないことがあります。

カードローンの特徴として、自分が引き出した金額を把握しにくいという特徴があります。このため、ついつい借り過ぎてしまうという利用者が多いのです。海外は何かと出費がかさむものです。先程引き落とし口座に多めの資金を入れておくように勧めたのはこの為です。特に、返済ができなくなった場合、滞納扱いになってしまうので、できれば、カードローンを契約する際にその時の対応方法を聞いておく必要があるでしょう。

紛失・盗難時の対処法

そして、忘れてはならないのが紛失時の際の対処です。カードローンは利用するときに暗証番号を入力するだけで使えます。この暗証番号は、多くの場合4桁の数字で出来ており、これを解除すれば、誰でも限度額までお金を引き出すことが可能になります。

暗証番号で4桁の数字を入力するという形式は、暗号解析の専門家にとっては、「鍵がかかってない状態に等しい」と言われています。単純に考えて、整数4桁の組み合わせは0000から9999までの1万通りあり、その内の一つが正解となります。これをコンピューターの解析ソフトにかけた場合、正解を割り出すまでの時間は数分と言われています。

カードローンのカード自体を紛失した場合、暗証番号が分からなければ問題ないと考えるのは、非常に危険と言えます。万が一カードをなくしたら、すぐにカード会社に連絡を取り、契約を凍結させる手続きを取るべきです。そのため、カードローンを利用するときには、カード会社の連絡先を控えておくことを強く勧めます。

【参考ページはこちら】
りそなプレミアムカードローンは審査厳しい?

新着記事
TOPICS