> > > 金融ブラックでも借りられる銀行はある?ない場合の対処法はとは

金融ブラックでも借りられる銀行はある?ない場合の対処法はとは

クレジットカードやカードローンの支払いで滞納や不払いなどを起こした人は金融ブラック或いは単にブラックと呼ばれることがあります。そのブラックと呼ばれるような状態になっているとカードローンに申し込んでも多くの場合審査に通ることが非常に難しくなるといわれているのです。

特に審査の厳しいといわれている銀行カードローンではブラックがその審査を通過することは困難であるとみられています。ブラックとしては借入条件の良い銀行からお金を借りたいところでしょうが、現実的にはその可能性はかなり低くなっているわけです。

しかし、銀行だけでなく消費者金融でもそう簡単には融資に応じてくれるところは少ないと考えられています。それではブラックが銀行カードローンを利用できない場合はどうしたらよいのでしょうか。そのような場合に、ブラックがどのようなローンや調達先を選び、どのような方法でお金を調達したらよいのかをこれから紹介していきましょう。

ブラックは銀行と契約できないか

一般的には金融ブラックは銀行カードローンからお金を借りることができないといわれることが多いですが本当にそうなのでしょうか。しかし、実際にはそうした定説と異なり、インターネット上では自称ブラックといっている方が銀行ローンからの融資に成功している情報をわずかながらみることができます。

そこでどのようなケースならブラックでも銀行からお金を借りることができるのかを考えていくことにします。ブラックにとって厳しいといわれる銀行の審査が消費者金融などとどう違うのか、どうすれば銀行の審査に通りやすくなるのかなどを確認していきましょう。

本当にブラックなのか?

ブラックが銀行ローンの審査に通過しているケースの一つとして、その人が実際にはブラックではない、或いは非常にブラックの程度が低い場合があります。つまり、本当はブラックではないのに本人がブラックと勝手に思い込み勘違いしているケースです。ブラックでないなら審査に通過しても不思議ではありませんね。
(⇒ブラックでも借りられる金融機関は?

しかし、このような勘違いのケースは以外と多いとみられているので心当たりのある方は信用情報機関から自分の信用情報を照会して確認することをオススメします。

そもそもブラック自体が制度的な定義がなく利用者やローンの申請者が勝手に悪いイメージを持ち必要以上に審査で不利になると考えているのです。ブラックとはカードローンのような信用取引において長期の滞納、不払い、債務整理などの信用事故を起こしその記録が信用情報機関に残っている人と業界では一般的に認識されています。

さらに限定していうとその記録がもとでカードローンなどの審査で落とされるような方がブラックということになるでしょう。例えば、信用情報機関のCISでは3か月以上の返済遅延などがあると「異動」と表示し、返済が完了した後も一定期間保存されますが、金融会社ではこの異動情報を重大な信用事故と捉え審査で厳しい評価を与えているといわれています。

つまり、異動情報があればブラックとして扱われ、2週間ほどの支払い遅れなどがあったとしてもブラックとして扱われない、ということになるわけです。また、異動以外にも「貸倒」、「本人以外弁済」や「法的免責(破産など)」などが記録されていればブラックとして扱われる可能性が高いでしょう。

こうした異動情報などが信用情報機関に残っていなければ、自身をブラックとして認識する必要はなく信用面の評価をあまり心配する必要はないといえるわけです。

ブラックには銀行審査は厳しいか

銀行は個人向けの無担保・無保証人のカードローン事業に進出して日が浅いので、信用リスクに対応するノウハウが不足しています。そのため、長年培ってきた担保主義、保証人主義の融資スタイルがカードローン事業にも影響しているようです。つまり、確率の高い資金回収、貸倒れを可能な限り少なくする融資姿勢がカードローンの方にも適用されるわけです。

したがって、そのような融資姿勢をとると自ずと審査は消費者金融などよりも厳しくなり、銀行カードローンは消費者金融よりもお金が借りにくいといわれることになるわけです。特に信用事故に対する評価が消費者金融よりも厳しいといわれるので、利用を検討している方は銀行の信用事故に関する口コミなどをチェックしておいたほうがよいでしょうね。

しかし、その銀行もカードローン事業のノウハウが少ないため審査や保証を消費者金融や信販会社などに委託しているケースも多くなっています。そういうケースでは独自の審査を厳格にして利用者を絞り過ぎる必要がないため、消費者金融ほどではないですが審査も幾分優しくなっていると思われます。

そのため銀行の審査が一律に厳しいとは思わないほうがよいのではないでしょうか。審査を依頼する消費者金融などの審査に影響を少なからず受けることになるので、そうした提携先の審査難易度も考慮したほうがよいですね。

ブラックは借入れできないのか

先ほど信用情報機関の記録情報を取り上げましたが、ブラックとみられるような状況にはさまざまな内容がありますね。それらの状況に対してどれが審査で落とされるほどの要素となるかは、各ローン事業者の審査基準により決まります。

そのため、ブラックといってもさまざまな状態の方がおられ、また銀行によっても審査基準は異なるため審査結果に違いが生じてもおかしくはないのです。つまり、ある状態のブラックであってもA銀行では審査は否決だったが、B銀行では可決ということもあり得るわけです。

実際にそうした事例がネットの口コミで確認できます。例えば、「5年前に任意整理し2年前に完済した人が、A銀行とC消費者金融は否決だったが、B銀行では20万円の可決となった」といった情報などを見られます。こうした情報と自分のブラックの状況を照らし合わせていけば審査通過の可能性も見えてくるのではないでしょうか。

借りられそうな銀行とは

先ほどブラック自身の状況と銀行の審査基準によっては借入れできる可能性があることを確認しましたが、ここではそうした点も踏まえてブラックが利用できそうな銀行についてみていきます。どのような審査体制や審査基準をとっていれば借入れできそうなのか、どんなローン運営をしていると審査が優しいと考えられそうかといった点を紹介していきましょう。

提携先の審査に依存する銀行

銀行が提携している消費者金融などの審査に大きく依存している場合は銀行の審査レベルはその提携先のそれに近くなることが予想されます。大手都市銀行の中には保証業務を委託しているグループ会社の消費者金融にかなりの部分で審査を任せている、という情報がネットで流れたことがあります。

つまり、銀行カードローンであっても審査は消費者金融レベルに近いということであり、そうしたケースではブラックの状況次第で審査通過できる可能性もあるわけです。希望している銀行の提携先を確認しその銀行と提携先のブラックの通過状況をネットで確認していけば、自分の審査通過の可能性もみえてくるかもしれません。(こちらもご参考に→審査がゆるいカードローンの限度額相場

借入条件がよくない銀行

ローン事業者が貸倒れの損失をカバーする方法として、金利を高くして利息収入を増やし損失に備えるという方法と、融資額を少なくして損失額を抑えるという方法があります。つまり、借入条件として金利を高く融資限度額を低く設定すれば貸倒れの備えができて、その結果審査を緩くして利用者を増やすことができるわけです。

銀行によっては利用者を増やすために金利を少し高くしていると表明しているところもあるので、そうしたところや実際にそのような借入条件にしている銀行をチェックしてみてはどうでしょうか。

利用者の拡大を図る銀行が狙い目

銀行の審査難易度に影響するものとしてその時の事業方針が挙げられます。ローン事業に力を入れようとしている銀行などでは利用者数を伸ばすために審査の難易度を緩めることが予想されます。そのため広告を活発にしたりキャンペーンを盛んに行ったりしているところは利用者の拡大を狙っていると考えられ審査が甘くなっている可能性がありますね。

例えば、全国ネットのCMを盛んに行っている大手都市銀行やローカルのCMでアピールしている地方銀行があります。また、低金利キャンペーンを定期的に行っている銀行などもあります。こうした銀行はカードローンの利用者を増やそうとしているので狙い目になるかもしれませんね。

リスクを取ろうとする銀行も有望

審査を緩くすると貸倒れが増加するというリスクが銀行側に生じやすくなります。つまり、リスクになりそうな条件を揃えている銀行の審査は甘めになっている可能性があるわけです。そのリスクとなるものとして、利用対象者の要件が挙げられます。

例えば学生、主婦や高齢者など収入が少ないと思われる人を対象に含めるほどリスクは高くなるはずです。特に仕事をしていない専業主婦や年金受給者などを対象者とする場合はより大きなリスクをとるということであり、それだけ審査基準が甘めであると考えられるわけです。

銀行 学生(20歳以上) 専業主婦(夫) 年金受給者
三井住友
三菱東京UFJ ○(10万円以内、
親権者の同意)
○(30万円以内、
配偶者に収入)
みずほ ○(30万円以内、
配偶者に収入)
りそな × × ×
新生 ×

*○は可能、×は不可能、-は不明、を意味します。

上記の表の銀行の場合、三菱東京UFJ銀行が最もリスクをとっていて、りそな銀行があまり取っていないと考えられます。つまり、三菱東京UFJ銀行の審査が甘いという可能性が考えられます。しかし、これだけでは判断ができにくいのでネットでの口コミ情報などを確認してみる必要がありますね。

ブラックが借りられるところとは

やはり銀行ではローンの利用が厳しいとなれば他のローン事業者を検討しなければなりませんが、お金を調達する先は公的な機関も考えられます。一般的には民間でお金が借りられない者が国などの公的な機関を利用できるはずないと思っている方が少なくないようですが、実際には利用できることもあるのです。

ここではローン事業者をはじめブラックでも利用できそうな調達先を紹介することにしましょう。

大手消費者金融

大手消費者金融も銀行と並んで信用事故に対する評価は厳しく、ブラックがその審査に通過することは簡単ではないとみられています。しかし、銀行と同様に大手消費者金融も各々審査基準は多少なりとも異なるのでブラックの状況により審査通過の可能性も違ってくるものと考えられます。

実際にネットの口コミをみていると、ブラックの内容が異なれば審査通過できる事業者とそうでない事業者があります。また、過去のブラックの状況だけでなく現在の状況を確認して評価してくれるケースもあります。過去に滞納や個人再生などがあってもその返済状況や、今後の収入や仕事の見通しを確認して現状を把握し評価しようとするところもあります。

つまり、信用力の改善や現在から将来にかけての返済能力も踏まえてより正確な評価をしてくれる事業者なら審査に通過できる可能性もでてくるわけです。そうした事業者を見分けるためには、正式な審査に申し込む前に目当ての事業者に相談するのがよいでしょう。

信用情報機関からの信用情報と自社の審査時に入手する(申込時の入力情報など)情報だけでなく、現状に関する情報をしっかり確認しようとするのか、申請者がそうした情報を提供する機会があるのかどうかを相談の折に確認してみて下さい。もしそうした傾向がなさそうならその事業者は諦めたほうがよいかもしれませんね。

中小の消費者金融

ローンを運営する事業者の中でもブラックが最も利用できる可能性が高いと思われるのが中小の消費者金融でしょう。彼らは大手ローン事業者と違って申込者数が相対的に少ないためもともと審査を厳しくすることができないのです。

さらに最近では金融機関の多くがカードローン事業に参入していて中小事業者としては利用者の確保がより一層難しくなっています。また、借入条件のよい金融機関や大手消費者金融のローンから消費者は申し込みを始める傾向があるので、中小へはそうした事業者の審査に落ちた方の申し込みも多いのです。

つまり、中小は審査を甘めにせざるを得ない状況にあり、ブラックの中には利用できている方も少なくないようです。例えば、ネット上では次のような事例が確認できます。

●中小消費者金融でのブラックの審査通過状況

ローン事業者 審査通過したブラックの内容
アロー(名古屋) 長期滞納の経験者、6年前に自己破産の経験者、4年前に自己破産の免責者
ライオンズリース(名古屋) 2年前に自己破産の経験者、3年前に任意整理の経験者、任意整理中の者
AZ(京都) 6年前に個人再生の経験者、任意整理中の者、4年前に自己破産の経験者
フクホー(大阪) 任意整理の経験者、2年前に自己破産の経験者、個人再生中の者

以上のようにいわゆるブラックと呼ばれる方が中小の消費者金融からお金を借りることに成功していますが、借入額は10万円未満の少額となることが多いので多額の借入れを期待するのは難しいと考えていたほうがよいでしょうね。

公的貸付の利用

ブラックの方に限らず失業などにより生活が困窮している場合には国の貸付制度を利用できる場合があります。公的な貸付制度には様々な用件がありますが、過去の信用事故に影響を受けないケースも少なくないので該当する制度がないか検討する価値があるでしょう。

ただし、現在の借金を返済するためにお金を借りることは難しいです。これらの制度は生活を再建するためにお金を貸してくれるものですが、借金の返済を目的としていません。ただし、多くの債務を抱え返済が困難になっている場合に法的整理により清算すれば、その法的整理にかかる費用を借りることが可能な場合もあるので確認してください。

その公的な貸付制度として「生活福祉資金貸付制度」があります。本制度は低所得者、高齢者や障害者の生活を経済的にバックアップして、その福祉の向上や社会への参加を促すことを目的とする制度です。低所得、障害者、高齢者などの世帯単位に、その状況に対応した必要資金の貸付けが行われます。

例えば、就職の際に求められる知識や技術の習得や、高校、大学などへの就学、介護サービスを利用するための費用などが貸付けの対象となります。その貸付資金の種類(名称)としては、総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4種類があります。なお、貸付条件の基本内容は下表のようになっています。

●貸付条件

貸付条件 内容
連帯保証人 原則、必要。連帯保証人なしでの利用も可能
貸付利子 連帯保証人を用意できる場合は無利子
連帯保証を用意できない場合は年1.5%
*緊急小口資金と教育支援資金は無利子
*不動産担保型生活資金は年3%又は長期プライムレートのどちらか低い利率が適用される

貸付対象者は下表のような方になるので、該当しそうな場合は利用を検討してみてはどうでしょうか。

●貸付対象者

世帯内容 対象内容
低所得世帯 資金の貸付けによって必要な支援が受けられ独立して自活が可能な世帯で、
必要な資金を他から借りることが難しい世帯(市町村民税非課税のレベル)
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者が属している世帯
高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属している世帯(日常生活で療養または介護が必要な高齢者なども含む)

ローンを利用するための注意点

今までブラックがお金を調達するための借入先や利用するための方法などをみてきましたが、その中で気を付けておきたい点をいくつか紹介します。銀行や消費者金融でもブラックの状況によってはお金を借りることができ、また公的な貸付制度も受けられるかもしれません。

しかし、お金の調達先を誤るとブラックは結局利用できなかったり、必要な額を借りることができなかったりということになりかねません。ここではそうした注意点を確認していくことにしましょう。

金融機関にこだわり過ぎない!

ブラックが銀行などの金融機関のカードローンを利用することは基本的に難しいです。もちろんブラックの状況次第ですが、信用事故に対する評価が厳しいところでは審査通過は困難といえます。そのためどの程度のブラックなら利用できそうかを希望の金融機関ごとに調査しなければなりませんが容易ではなく時間もかかるでしょう。

あまり調査に時間をかけてはお金が必要な時期に借りることができなくなってしまいます。これではローンを利用する価値が下がってきますので、多少借入条件が悪くなっても利用可能性が高い消費者金融などの検討も並行して行うほうがよいのではないでしょうか。

もちろん安易に消費者金融からの借入れを勧めているわけではなく、本命と滑り止めといった候補を準備しておくことを提案しているにすぎません。「銀行ならA社とB社、大手消費者金融ならC社、中小ならD社」というように優先順位と利用可能性の点から利用先の候補を挙げてみてはどうでしょうか。

アピールすることも重要です

ブラックは信用事故を起こし信用力が低下している状況にあり、ローン審査ではいわばハンデを背負っているといえるでしょう。そのため普通にローンの審査を受けてもあっさり落とされる可能性が高いのです。金融機関や大手消費者金融の審査は信用情報と申込時の入力情報(主に返済能力に関する情報)に対して行われます。

それらの情報は決して多いものではなく、また申請者の過去の情報がほとんどで、今後の利用者の状況に関する情報が少ないのです。つまり、ブラックは現在の状況が改善して近い将来には好転しそうな状況にあっても過去の情報によって審査通過できない可能性が高いわけです。

そのため現在において改善できているならローン事業者に対してそのことをアピールしない手はないでしょう。特に日頃利用している顔見知りの金融機関などがあればその利用者の状況も理解してもらいやすいかもしれません。ローン側の審査手続の流れに身を任せるだけでなく、給料が上がるといったプラス面があればアピールしてみてはどうでしょうか。

悪徳業者にはご用心を!

最終的に利用できそうな事業者が中小の消費者金融になってしまった場合でも悪徳業者からの借入れは絶対に避けねばなりません。彼らは魅力的な借入条件を提示し最初から騙すつもりですり寄ってくるので、簡単に契約に応じてしまうとどんな罠にはめられるかもしれません。

例えば、最初のうちは良心的な金利と見せかけ、一定期間が過ぎると高利なるような契約を迫るようなこともあり得ます。また、ローンの紹介料や保証料などの内容で現金を出し取るようなことも考えられます。自分がまったく知らないような事業者の場合は、特に事業者の調査を行う必要があります。

貸金事業登録をしているか、それが本物であるか、連絡先に間違いがないか、貸金業務の実態があるのか、操業期間はある程度有するか、ホームページを開設しているか、といった内容を確認するべきです。また、財務局や日本貸金業協会の悪徳業者情報や検索サービスを利用して確認するのもよいでしょう。

お金に困っていそうな人の弱みに付け込み罠にかけようとする輩が存在していることを常に頭の中に入れて事業者をチェックしてほしいですね。

【参考ページはこちら】
審査が甘い・緩いカードローンならブラックでも借りられる?

新着記事
TOPICS