> > > 金融ブラックでも借りられる銀行ある?審査の仕組み教えます

金融ブラックでも借りられる銀行ある?審査の仕組み教えます

数あるカードローン業者の中でも、最近人気を集めているのが銀行カードローンです。消費者金融などに比べて金利条件などがよいことが多いのに加えて、『銀行なら大丈夫』という安心感もありますよね。

ただ、気になるのが銀行カードローンは審査が厳しめだと言われていることです。銀行でお金を借りてみたいけど、審査が不安で…という人も少なくないのではないでしょうか?

特に何らかの事情でブラックだったり、自分がブラックかも…という心配がある人にとっては、カードローンの審査は大きな関門ですよね。(こちらもご参考に→金融ブラックでも借りられる銀行はある?

金融ブラックでもお金は借りられるのか?審査に通る可能性はどのくらいあるのか?そんな人にはちょっと聞きにくい疑問について、ここでは考えてみましょう。

金融ブラックとは

そもそも『金融ブラック』とはなんなのでしょうか?聞いたことはあるけど、その実態はよくわからない…という人もいると思います。

ブラック、あるいはブラックリストなどというキーワードから、なんとなく『お金を借りることができない人をまとめたリスト』のようなものが一般的には思い浮かびますよね。でも実際には、ブラックリストなどという名簿は存在しません。

俗にいうブラックを正式な形で表現すると、信用情報上に事故履歴のある人ということになります。

信用情報とは、金銭契約に必要な個人の社会的信用に関するデータを取りまとめたものです。カードローンなどの過去の借入歴はその主な情報源となります。

もしも過去に借りたお金を完済できていなかったり、あるいは何らかの事情で返済不可能になって債務整理などの法律的救済を利用したとすると、それらはすべて事故履歴として信用情報に残ってしまうことになります。

この信用情報に事故履歴のある状態がいわゆるブラックなのです。

ブラックは一生ブラック?

一度ブラックになってしまうと、もしかして一生ブラックという称号が付きまとうのでは…と不安になりますよね。でも悲観する必要はありません。

信用情報に登録された事故情報は、一定の年数を経過すると消えるようになっています。

内容 年数
延滞 1~5年
任意整理 5年
自己破産 5~10年

このように事故の内容や情報を管理している機関によって少なからず差がありますが、最終的には必ず事故情報は消えます。

ただし年数の計算は問題が完全に解消したところからのスタートになります。つまり、延滞であれば完済した時点、債務整理ならば法律的な手続きがすべて完了した時点でのスタートということです。その点は注意してください。

自分自身の信用情報であれば、調査機関に照会することが可能なので、気になる人はぜひ一度問い合わせてみることをおすすめします。

カードローンの審査の仕組み

カードローンの審査というのは、基本的に外部からはその基準や仕組みをうかがい知ることができません。そのこともカードローン審査への不安を掻き立てる要因となっていますよね。

業者のサイトを見ても『保証会社の基準を満たす人』などという曖昧な表記にとどまっており、自分が審査に通るのかどうかさっぱりわからないというケースがほとんどです。

実際のところ、カードローン審査の基準というのは、業者ごとに大きく異なるものではありません。というのも、審査の目的というのはどこの業者でも同じだからです。

カードローンの審査の目的は、申込者の返済能力を見極めることです。そしてそのために審査で重視されるポイントというのは、大きく分けて2つあります。

  • 本人の申告をもとにした現在の生活状況
  • 信用情報から見たその人の信用度

この2つの条件がその業者で設けている一定のラインを満たしていれば、審査に通り、そうでなければ通らないというわけです。そう考えると非常に単純ですよね。

よく言われる『審査の緩い業者』、『審査の厳しい業者』という違いが出てくるのは、この条件の対する許容度合いの違いということになります。重視する条件自体が全く違うわけではないので、そのことは心得ておきましょう。

ブラックでも借りれる銀行ある?

さて、それでは本題の金融ブラックでも借りれる銀行カードローンはあるのか?という問題です。

結論から言ってしまうと、金融ブラックの人が銀行カードローンの審査に通る可能性は非常に低いでしょう。

上でも述べたとおり、個人の信用情報は審査で非常に重要な条件になるため、必ずその時点でチェックされます。そして信用情報に事故履歴があるというのは、カードローン審査において致命的に不利なファクターの1つなのです。

どんな事情であれ信用情報に事故履歴が残っているということは、過去に借金に関する問題を起こした経験があるということに他なりません。それは返済能力に不安ありとみなされてしまうには十分な要素となってしまうわけです。

銀行カードローンに限らずほとんどのカードローン業者において、金融ブラックはそれだけで審査に通らない原因となります。収入など他の条件がどんなに良くても、です。

ブラックOKな業者、大丈夫?

ネットなどを見ていると『ブラックでもOK!』というような広告を打っているカードローン業者を見かけることがあります。これは『ブラックだと審査に通らない』というここまでの話とは矛盾していますよね。

とはいえ、ブラックでも本当に借りれるのであればありがたいけど、ちょっと心配…という人が大半だと思います。こうしたブラックOKのカードローン業者というのは、信用しても大丈夫なものなのでしょうか?

正直なところ、こうしたブラックOKを謳っているカードローン業者というのはほとんどが違法営業の闇金融か、それに近いグレーな業者です。

こうした業者では確かにブラックでもお金を借りることはできるかもしれませんが、

  • 法外な高金利
  • 保証料など違法な名目での支払い
  • 強引かつ無理な取り立て

といった返済時のトラブルにつながる恐れがあります。お金を借りれたけど利子が膨らみ経済的にかえって追い込まれた…というケースも少なくないので、絶対に利用してはいけません。

繰り返しになりますが、

信用情報上の事故履歴は一定期間を経過すれば消え、ブラックではなくなります。そうなればカードローン審査の障害はなくなり、正規の業者を堂々と利用できるのです。

むやみと違法な闇金融などを利用することは避けましょう。

まとめ

金融ブラックとカードローン審査の仕組みについてまとめてみましょう。

  • 金融ブラックとは、信用情報に事故履歴がある状態のこと
  • カードローンの審査の目的はその人の返済能力を見極めること
  • 金融ブラックは返済能力に不安ありとみなされ、カードローン審査に通らない可能性が高い
  • 信用情報上の事故履歴は一定期間を経ると消え、その後はカードローン審査の障害にはならない

カードローンを利用するうえで、審査について正しい知識を持っておくこと、ブラックとはどういうものか知っておくこと、どちらも非常に大事なことです。ぜひ賢いカードローンユーザーになってくださいね。

【参考ページはこちら】
審査のリアル・即日融資・カードローンのレビューはこちら

新着記事
TOPICS