> > > 絶対借りたい!審査のゆるい総量規制対象外の金融会社の見付け方

絶対借りたい!審査のゆるい総量規制対象外の金融会社の見付け方

お金をどうしても借りたい!…でも、消費者金融でお金を借り過ぎてしまって消費者金融の審査に通る自信がない…そんな人って結構たくさんいるんです。

消費者金融には総量規制というものがあり、年収の3分の1以上の借り入れはできないことになっています。年収の3分の1以上の借り入れをしてしまうと、返済に追われることになり、そうなると生活水準が下がってしまい、ごく一般的な生活すら送れなくなってきてしまいます。

そうならないためにも総量規制というものがあるのですが、これが邪魔をして、絶対に借り入れしなければならないのに借りられないなんて人もたくさんいるのが現実です。

それでは審査のゆるい総量規制対象外の金融会社というものは存在すのでしょうか。そのあたりをちょっと考えていきたいと思います。

総量規制対象の金融会社とは?

近年、多重債務者が増えてしまい、お金を返済できなくなり、結局は金融事故を起こしてしまう人がとてもたくさんいます。

総量規制はこれ以上お金を借りれなくして、金融事故を起こさせないようにするためにもとても重要なのですが、どうしても人生には総量規制を無視してでも、お金を借りたい時があります。しかし、総量規制が邪魔をしてしまうと審査に通らなくなってしまいます。

総量規制対象金融はこちら!

基本的に総量規制対象となる金融会社は貸金業限定となります。つまりは貸金業登録している会社が対象となるのです対象となる金融会社は以下のものになります。

  • 消費者金融業全般
  • クレジットカード、及び信販会社キャッシング枠
  • その他貸金業登録されている金融会社

以上の会社は総量規制を超えて金額を貸し付けることが基本的に難しくなるはずで、中には総量規制をとっくに超えているのに、貸付OKの金融会社などがあるようです。

その中には闇金融なのが含まれている場合がありますので、そのような会社には絶対に引っかからないように注意が必要です。

総量規制対象外金融は銀行のみ?!

消費者金融は総量規制対象になるのならば、総量規制対象外の金融会社というのはどのようなものがあるのでしょうか。先ほど貸金業登録している金融会社が総量規制の対象となる言いましたが、銀行は貸金業ではありません。

したがって、銀行からの借り入れは総量規制には触れないんです。つまりは銀行系カードローンは総量規制外となっていますので、消費者金融の総量規制が引っかかって申し込みできない人は銀行系カードローンを狙うと良いのです。

しかしながらここで問題が…。基本的に消費者金融に借り入れをしている人は銀行系カードローンに申し込んでも、審査に可決する自信がない人が多いと思うんです。

銀行系カードローンは消費者金融にくらべると審査が若干厳しくて、借り入れしにくいというイメージがあります。頼みの綱は銀行系カードローンしか選択肢がないということが分かると、落胆してしまう人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、銀行系カードローンも今は結構個性があります。銀行系カードローンの中でも審査が厳しいところ、審査がゆるいところ、いろいろな噂がありますので、それらをちょっと研究してみて、こちらの銀行系カードローンならばもしかしたら審査に通るかもしれないという可能性の高いカードローンを見つけ出して申し込んでみると案外、審査に通ったりする可能性がありますよ。

審査がゆるい会社の見付け方は?

審査のゆるい総量規制対象外の金融会社、つまりは銀行系カードローンなのですが、審査のゆるい会社を見つけるにはどのような方法で見つけるのが一番ベストなのでしょうか。

ただでさえ、審査が厳しいと言われている銀行系カードローン、その中でも審査がゆるめの会社を見つけるのは至難の技なのではないかと思っている人も少なくありません。
(⇒専業主婦でも借りられる審査の緩いカードローンはどれ?

ここは一つ、効率よく審査のゆるめの銀行系カードローンを見つけたいものです。

ネットで検索しまくろう!

審査のゆるい銀行系カードローンを見つけるにはやはり今の時代はインターネットの力を借りるのは必須と言ってもいいでしょう!インターネットは最新の情報を常に教えてくれます。

消費者金融や銀行系カードローンなどもインターネットから申し込みする人の方が圧倒的に多く、金融業もインターネットの力を大いに利用しているようです。

したがって、どの会社が借りやすいとか、借りにくいかなど最新の情報もインターネットから取得することをお勧めしたいと思います。

特にインターネットの掲示板には金融会社の口コミ掲示板など存在します。金融会社の口コミ掲示板にはお金を借りることができた!この会社では審査が通らなかった!などという赤裸々な体験談が多数書き込みされています。

中には今から申し込みます!などという実況中継を交えてる人もいるぐらいで、その人が借りられたのか、借りられなかったのか皆、固唾を飲んで実況を待っているパターンも結構あるくらいなんですよ。

借りることに成功したら、その人の今現在の借金の状況や、年収などの情報を教えてもらい、その人の属性が自分とよく似ていたらその人が申し込んだ銀行系カードローンに自ら申し込むことで審査が可決する可能性が高くなるわけです。

まぁ、審査に関しては正直申し込んでみないとなんともいえないのが現実であり、自分とよく似た属性の人が申し込んで審査が可決したからといって、自分も絶対に審査に可決するとは言い切れないのでそのあたりが辛いところではあるのですが…ただ、借り入れ出来る可能性が高くなりますので、インターネットなどで審査のゆるい銀行系カードローンについていろいろと情報を集めることが結局は、借入成功の近道となることは間違いありません。

信用情報はできるだけ守ろう!

個人の信用情報というのはお金を借りる時にとても重要になる事は皆さん、よく分かっていると思います。信用情報で全てが左右されると言っても過言はありませんよね。従って、できるだけ自分の信用情報は守ってあげないといけないわけです。

申し込み過ぎないで!

審査のゆるい銀行系カードローンが見つかったからといって審査に落ちた時の保険のために、何社も同時に申し込む人が結構います。気持ちはわからないでもないのですが、仮に全滅してしまったら、その旨が自分の信用情報に記載されてしまいます。

そうなると他の金融会社が貴方を審査した時に「この人は申し込んだ金融会社全ての審査に否決している」と即座に判断されてしまいます。

そうなると必然的に足元を見られる結果に繋がりますし、繰り返し契約できなかった人にお金を貸すことをためらいます。つまりは悪い連鎖となってしまいますので、何社も掛け持ちで申し込みする事だけは避けるようにしてください。

このような情報は案外早く伝わるようで、A社の審査に否決したから、B社に申し込んだら「先ほど、他社に申し込みしましたね?」と最速でバレることも少なくないんです。現にそれを指摘された人も結構いるんですよ。

消費者金融の総量規制に頭を悩ませ、銀行系カードローン審査に対して不安を感じると、ちょっとでも審査が緩いと聞いた金融会社に対して一度にたくさん申し込みたいという気持ちはとてもよく理解できます。

しかし結局それらの行動は自分の首を締める結果になってしまいますので、焦る気持ちを抑えて申し込みするしかありません。

できるだけ一回の申し込みで審査が可決するように、出来るだけたくさんの情報を取り入れて申し込むようにすることが大事になってきます。

借りたい金融会社の情報をこまめにたくさん取得するといった、「ちょっとした努力が借り入れ成功ための王道」なのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
審査がゆるい海外カードローンを教えて!

新着記事
TOPICS