> > > 何歳まで借りられるのか?借り入れするための予備知識

何歳まで借りられるのか?借り入れするための予備知識

お金がピンチになるときって誰にでも訪れるものです。人との付き合いが激しい時もあったり、冠婚葬祭などが立て続けに続いて、出費が多かったり、その他、友達との旅行や家族との旅行、いろいろな場面で出費が重なるとどうしても財布の中のお金は底をついてくるようになります。

そんな時は手っ取り早く、消費者金融などで借り入れすることをお勧めしたいと思います。

しかし、その消費者金融の利用、実際は何歳まで借りられるのかそして、どんな人ならば契約しやすいのか…そのあたりが気になる人も多いのではないでしょうか。そのあたりのことをちょっと探っていきたいと思います。

消費者金融を利用できる年齢は?

消費者金融を利用するにあたって、申し込みすることができる年齢というのがある程度決まっています。

あまり年齢が低く過ぎても申し込むことができませんし、そしてあまりにも高齢になると返済が難しくなりますのでそれもまた利用することができません。

利用するにあたって自分が適正年齢であるのか知っておく必要があります。

契約開始年齢は?

消費者金融と契約出来る一番若い年齢というのは大体18歳から20歳ぐらいまでが多いと思います。

しっかりと働いていて、収入があり、ある程度、自分自身で全てにおいて責任が取れる年齢であると判断されないと契約することができませんので、それぐらいの年齢の人たちならば利用することが可能です。
(⇒大学生でもアルバイトしてれば借りられる?

18歳から20歳とばらつきがあるのは消費者金融によって若干の誤差があるためです。20歳からしか利用できない消費者金融も多くありますし、18歳から利用可能な消費者金融も結構あります。

それ以前になってしまうと、いくらアルバイトなどで収入があったとしても、契約することは不可能となります。たまに16歳ぐらいで、しっかりとアルバイトをして収入がありますので契約できますかなどという質問を見かけることがありますが、世間一般的にはまだ就学中の年齢となりますので、消費者金融への申し込みはできません。

仮に申込み出来る消費者金融があったとしても、絶対に手を出さないようにしてください。もしかしたら闇金融などの違法金融である可能性があります。

契約終了年齢は?

消費者金融では契約をすることができる最終年齢もきちんと設定されています。それも若干ばらつきがあるのですが、だいたい60歳ぐらいから、70歳ぐらいまでで、一番多いのが65才から68才ぐらいまでの間です。

つまりはその年齢を超えてから消費者金融に申し込んでも、返済する期間を考えると断られてしまう傾向が強いようです。特に銀行系カードローンになると、年齢制限については厳しくなりますので、そのあたりについても、前もってきちんと調べておく必要があります。

消費者金融に比べて金利が若干安くなりますので、銀行系カードローンを願う人も多いのですが、あまりにも高齢になると申し込んでも却下されてしまう可能性が高くなります。

断られてしまうと精神的ダメージも強くなりますので、自分の年齢でも申し込みすることが可能な金融会社を探して、うまく申し込むようにしてください。

年齢制限幅が狭いと借りにくい?

消費者金融にしても銀行系カードローンにしても利用できる年齢制限の幅が長いほど、審査は緩めの傾向が強いようです。例えば消費者金融などのカードローンになると、銀行系カードローンに比べて年齢制限が長めに設定されているところが若干多いようです。

そしてあまり有名でない消費者金融になると、70歳を過ぎても申し込み可能な会社もあり、審査が緩めでたくさんの人たちが利用しているようです。

しかしながら、銀行系のカードローンとなると利用できる年齢幅が若干、狭くなっているところが多いようですね。そして、消費者金融に比べてどうしても審査は厳しくなります。

すなわち、年齢制限に対して厳しい金融会社は、審査に関しても結構厳しいようで、そのあたりま踏まえて、自分自身で銀行系カードローンに申し込んだ方が良いのか、消費者金融系カードローンに申し込んだ方が良いのかを考えてから行動に移すようにしましょう。

審査の甘い金融会社の探し方は?

お金を借りたいと思っている人は切羽詰まっている人が多く、できるだけ早く借りたいと思っているはずです。最大の難関は審査であり、年齢制限にひっかかってなくても審査に可決しなければ、絶対に借りることは不可能です。

こんな人は借りられないかも?!

消費者金融利用するにあたって下記に当たる人は契約が不可能になる可能性がありますので、自分自身がそれに該当していないかどうか見極めてから申し込むようにしてください。

  • 今現在、延滞中の借金がある。
  • ここ最近、たくさんの金融会社に一気に申し込みをした。
  • ここ数年の間に金融事故を起こしたことがある。
  • 心当たりが多く、自分自身の信用情報に明らかに自信がない。今現在無職である。
  • あまりにも勤続年数が短すぎる。

金融会社は必ずその人の信用情報を見て判断します。たとえば嘘の報告をしたとしても、上記のような内容は信用情報開示するとすべてわかってしまうような内容もたくさんありますので、その結果、審査に落ちてしまう人もたくさんいます。

審査に落ちてしまうとそれもまた信用情報に記載されてしまいますので、次の消費者金融に申し込んだ時にバレてしまいます。

何度も金融会社の審査に落とされることを繰り返すと、この人はよほど信用がない人、切羽詰っている人なんだという目で見られてしまいますし、そうなってしまうと貸付る可能性が低くなり、ますます不利になってしまいます。
ネット情報を頼ろう!
今の時代、インターネットを利用している人はとても多いです。いろいろな情報が一度に手に入りますので大変便利ですし、新鮮な情報を手に入れることができます。

消費者金融や銀行系カードローンの情報にしても然りで、今どの会社が借りやすいのか、今どの会社でキャンペーンなどをしているのか、インターネットなどを見ると一目瞭然です。

また、金融掲示板などを見てみると、みんなの口コミがたくさんありますので、どの会社に申し込んだら即日借りられたなどという情報を即座に手に入れることができます。

それらを参考にして、自分ならこの会社に申し込んだら審査に可決されやすいだろうと思われる会社をピックアップし、その会社の評判などを徹底的に調べた上で自分なりに判断して申し込むようにしましょう。

しかし、この会社ならば審査に通るであろうと自信があったとしても、実際に審査を通してみなければ結果はわかりません。審査に絶対はないということだけ念頭において申し込むようにしてくださいね。

信用を積み重ねることが大事!

結局お金を借りる時に一番大事になってくることはその人の信用です。契約できない、借りることができない…その場合は何らかの原因が必ずあります。

それを取り除くことによって、契約することが可能となるわけです。それを取り除いて信用を重ねていくのは正直、時間がかかるかもしれません。

しかし、失われた信用も時間が解決してくれたりします。金融会社によって審査基準が違っていたりしますので一概には言えないのですが、審査に落とされてしまったらある程度、信頼回復するのに時間が必要かもしれません。

ただ、金融会社は千差万別、今の自分自身の状況であっても借り入れ可能な金融会社が見つかる可能性だって捨て切れません。

インターネットで情報をできるだけたくさん取得して申し込むようにすれば、借りられる可能性が高くなります。まずは情報収集をしっかりとして、自分の不利にならないような金融会社を探すことが一番重要かもしれませんね。

【参考ページはこちら】
審査の前後に転職するとカードローンはどうなる?

新着記事
TOPICS