> > > 転職間もない人はキャッシング利用可能?

転職間もない人はキャッシング利用可能?

一般的に、転職直後のキャッシングは難しいと言われています。住宅ローンなどの高額ローンは、申込すら受け付けてもらえない場合だってあるくらいです。

しかし、転職直後だからこそお金を借りたいと言う人もいるはず。今回は転職直後の審査が厳しい理由と、その解決法をお伝えしていきたいと思います。

転職直後はどうして審査が厳しくなるの?

転職直後のキャッシングが難しくなってしまうその理由は、ずばり【社会的信用度が低くなるから】です。

職歴は長ければ長いほど信用度は高く、逆に短ければ短いほど信用度は低くなります。と言うのも、職歴が長い人ほど仕事を辞める可能性が低く、安定した収入があると考えられているからです。また、職歴が長い人は、これからの昇進の可能性もあると判断され、将来性も込みで信用度が高まるのです。

逆に、職歴が短い上に、転職をしている場合、金融会社は、「この人はまたすぐやめるかもしれない、そうなったら返済はどうなるんだろう」と警戒してしまいます。金融会社がお金を貸すのはあくまでも商売のため。返済をしてもらえないと、利益が出ないばかりか赤字になってしまい、商売が成り立ちません。

貸した後すぐに会社を辞められると、次の職に就くまでに無収入となり、返済が滞る可能性が出てきますし、就職難の現代では、そうそううまく転職できる保証がないのが現状ですので、そういうことが起こる可能性のある人と判断された場合、消費者金融側からすると、転職直後の人への貸し付けに関して、かなり慎重になるのは当たり前と言えば当たり前のことなのかもしれませんね。

先述したように、転職したての人はいつまた、転職をするかわからないため、金融会社側からするとあまり良い顧客とはなりえない、そのため、どうしても審査が厳しくなってしまうのです。

そうは言ってもお金が借りたいんだけど…。何とかして借りれる方法ってないかなあ?

もちろん、転職したてでも絶対に借りれないということはありません。ポイントを押さえて申し込めば借り入れることができる可能性はぐんとアップします。

そのポイントの一つに【申し込みは少額にする】と言うものがあります。少額に比べ、大金を借りる時は、金融会社もとても慎重に審査をします。つまり、ただでさえ、信用は低くなり審査が厳しい状況であるのに、さらに厳しい審査を受けなければならなくなるということです。

すこしでも、審査を緩くするためには、高額のキャッシングは避け、せいぜい10万円くらいまでの申し込みにとどめるようにしましょう。

また、消費者金融でなく、銀行などで借り入れる高額ローンの場合、転職直後だとほぼ確実に断られます。

あらかじめ、住宅ローンやカーローンなどの大金を借り入れる予定がある場合は、転職前に申し込んでおくようにすると良いでしょう。

ただし、転職の際に告知義務がある場合があります。そのあたりは約款などをきちんと読んでおくことが大切です。ローン申し込み時に転職の予定を言ってしまうと、ローンが通らない可能性が出てきますので、言うのはやめておいた方が良いでしょう。

とはいえ、筆者の意見を申し上げますと、高額ローンを組んだ後は転職はやめたほうが良いと思われます。

キャリアアップをし、高収入を見込める、職が安定するというのが明確になっていない場合、

多くのケースでは転職後、収入が低下することになります。

そうなると、ローンの返済も滞ったりしますので、出来る限り、ローンを組んだ時の収入を維持するよう、心がけるべきでしょう。

借りたものはきちんと返す。この気持ちで動くようにしてくださいね。

もう一つの転職直後の借り入れポイントは【なるべく審査基準が緩いところに申し込む】です。

審査基準は金融会社によって違い、一般的には銀行よりも消費者金融、大きい消費者金融よりも小さめの消費者金融のほうが審査基準は緩い傾向にあります。当然、審査基準が高いよりも低い方が審査に通りやすくなるのでできる限り審査が緩いところに申し込みましょう。

注意したいのは、

中小タイプの無名の消費者金融の場合は【闇金】が混じっていることもあるということです。

闇金は法律に沿った営業をしているわけではないので、こういったところで借り入れをしてしまった場合、法外な利息の請求や恫喝にも近い取り立てなど、とても面倒なことになりかねません。きちんと自治体に認められた消費者金融であるということが確認できる消費者金融を選ぶようにしてください。

転職はキャリアアップしたととらえられることもある!

ここまで、転職によるデメリットを書いてきました。しかし、転職によってキャリアアップしたととらえられるケースもあり、その場合は、より借り入れがしやすくなる傾向にあります。

一昔前までは、一つの会社に就職したら転職せず、勤め上げるのが普通と見られていました。転職後に信用が低くなるのは、そのころの影響でしょう。転職する=不真面目な人と言うイメージがあるからこそ、信用度が下がってしまうのです。

しかし、現代社会では転職することは不自然なことではなく、むしろ当たり前であるという風潮になってきています。。実際に、身の回りに倒産やキャリアアップのための転職を経験している人は、ちょっと探しただけでもたくさん見つかるのではないでしょうか?

転職したおかげで、将来の見通しが良くなった、給与が上がった、安定したなんてこともざらにある世の中です。

もし、キャリアアップを目的とした転職であるのであれば申込時に受付で転職理由を言っておくと良いでしょう。社会的に転職自体が悪いイメージではなくなっている今、転職理由が明らかになっていればそれほど問題視されなくなる可能性が高くなってきている今ならチャンスですよ。

転職前に借り入れたお金は大丈夫?

転職前にキャッシングをしていた場合、気を付けないといけないことがあります。それは返済。転職前と後では、給与などが変わってきているはず。良くなった場合はいいとして、もし、給与が下がった、安定しない、そんな場合は返済はどうなるのでしょうか?特にマイホームなどの高額ローンの支払いは厳しいものとなる可能性がありますので、ご注意ください。

転職前にローンを組んでいる場合は、完済するか、確実に返せるめどがつくまで転職は見合わせたほうが良いでしょう。

転職は確かに社会的信用度を低くする行為です。しかし、その転職のおかげで、キャリアアップできるというケースだってあるのです。借りたお金をきちんと返済できるだけの収入を維持することさえできれば、転職も悪いことではありません。転職のメリットデメリットをよく考えてから、辞表を出すようにしてみましょう。

借りたお金は返さなければなりません。キャッシングを利用するつもりがあるのであれば、返済金もライフプランの中に組み込み、無理のない返済ができるようにいろいろとシミュレートすることも大切ですよ。

きちんと返済できるということを証明できればきっと、消費者金融も貸し付けしてくれますので、転職時のキャッシングは慎重に行ってください!それでは良いキャッシングライフをお送りくださいね!

【参考ページはこちら】
転職まもない人必見の借り入れ術をご紹介

新着記事
TOPICS