> > > 限度額下がるの!?転職後のカードローン利用について

限度額下がるの!?転職後のカードローン利用について

カードローンを利用する時は、急にまとまったお金が必要になった場合が多いと思います。突然のローン申し込みでも、最短1日程度で借入できるのをウリにしている消費者金融が増えました。大手、中堅とさまざまな消費者金融が有りますが、各社、サービス内容も充実しており、格差が無くなってきているので、利用者としては迷うところです。

インターネットなどでいろんな意見を閲覧しつつ、自分にあった消費者金融を見つける事が大切ですが、それと併せて、申込みをするタイミングにも気をつける必要があります。特に、転職直後のカードローン申し込みは、審査が通らないことがあるので、注意したいものです。転ばぬ先の杖として、是非ご覧ください。

転職って審査に影響あるの?

転職する理由は様々ですが、金融の審査においては、転職したばかりだと不利になります。安定した収入があるかを判断する材料として、勤続年数は年収と共に、非常に重要な審査事項となります。同じ会社に長期間勤めていると言うだけで、安定収入があると客観的に判断しやすいからです。

勤続年数が長期の人=安定した収入アリと把握される

永年勤続者は、それだけで安定した人物と把握される為、カードローン審査の場合は、非常に有利です。では、新入社員などの若年層はカードローン審査に不利かというと、そうでもありません。

新社会人の新入社員の場合などは、当然、勤続年数で審査できませんので、その場合は、金融事故の有無などを中心に、審査されることになります。初めは貸付金額も低めに設定される事になり、利用実績に応じて、増額できるようになります。比較的、審査は通過しやすいと思います。

転職の前に、カードローンを組む

既に転職を予定している人であれば、転職の前にカードローンを組んでおくのも、一つの方法です。また、カードローン、クレジットカードなどを今までに一度も利用したことが無く、このたび転職する予定の人は、強くおススメします。カードローン、クレジットカードは、急場に本当に便利です。あればいつでも利用できます。

しかし、持っていない場合は、新規で申し込む時点で無職は当然ですが、転職直後であると、融資を受けられないことが多々あります。カードローン審査では、直近の源泉徴収票や、在籍確認の必要な場合がほとんどです。離職後では、源泉徴収票も無効ですし、当然のことながら在籍確認もできません。

カードローンは、限度枠を全部利用する必要は無いので、必要な金額だけ利用して、利用しない時は眠らせておけば良いのです。長期勤務していたという肩書を何も利用せず、失ってしまうくらいなら、お守り代わりに一つぐらい、カードローンを組んでおくのも良いと思います。

転職後に限度額が下がった!

転職後に、今まで使っていたカードローンが50万まで利用可能だったのに、ある時から30万に限度額が引き下げられていた!っていう人いませんか?これは、貸金業法の総量規制に引っ掛かって、減額されたと考えられます。

金融会社では、定期的に収入証明の確認を行っています。大体、利用してから3年が経過すると、収入証明の再提出を求められることがあります。その際に、転職の有無や収入金額が分かり、減額されるパターンがあります。

また、信用情報機関で照会すれば、他社での申込み状況なども把握出来るので、そこで借り過ぎと判断されれば、限度枠を引き下げられる場合があるのです。転職前にカードローンを申込みする方が何かと有利なのですが、どうしても転職後にしかカードローンを組む事が出来ないと言う場合、注意しておきたい点は以下の通りです。

  • 勤続年数が短い為、審査否決しやすい
  • 審査に通過しても、限度額は少額になる場合がある

貸金業法の総量規制とは

貸金業法という法律に基づいて、貸金業者から借入出来る金額に限度額が設けられている規制のことを言います。この限度額は個人によって違っており、年収の3分の1以下を超えない範囲で設定されます。この金額を超えて借入はできない仕組みになっています。

複数社借入が有る場合でも、その合計額が超えないように貸されることになります。ではなぜ、他社でどれだけ借入しているのか分かるのかと言うと、各金融会社は、信用情報機関の会員となっているからです。

この信用情報機関には、借入申込履歴、借入金額、事故情報などが信用情報として登録されています。この情報を金融会社は照会する事ができるのです。会社同士での繋がりは無くとも、信用情報機関を通して情報は筒抜けになっているので、年収の3分の1を超えない様に、調整出来るのです。

また、総量規制対象外として、住宅ローン、自動車ローン、銀行ローンなどは年収の3分の1を超えていても借入することができます。

前向きであっても転職は転職

転職にも理由はいろいろありますよね。夢を実現させるべく、転職する人。会社が自分に合わなくて、転職する人。特に、夢を持って転職する人には、時として、先行投資としてお金が必要な時があると思います。そんな時に思い立ってカードローンを申込んでみたら「否決!」なんてショックですよね。
(⇒カードローン審査に通らなかった場合はどうする?

せっかくのヤル気も失せてしまうかもしれません。転職とは、金融会社の査定では、マイナスイメージ以外の何物でも無いのです。前向きだろうが、キャリアアップに向けてだろうが、転職は転職なのです。急な出費は誰にでもあります。その際に、カードローンの審査が通る収入証明、勤続年数を持っていることは大切です。

この先、転職を考えている人で、利用しているカードローンが無い人は、どの様なところが良いか、この際申込みするつもりで、検討してみるのも得策だと思います。

転職しても、再審査で増額できる

転職は、カードローンにとってマイナス情報でありますが、一定期間経過後に、借入れ限度額の増額を申込むことが出来ます。転職後すぐはムリでも、半年程度経過すれば増額出来る場合があります。この場合は、収入明細を提出して、現状の収入を明示する必要が有ります。

転職前のカードローン申し込みが一番便利でお得だと思いますが、転職後であっても、半年を超えて継続的に勤務していれば、限度額アップは困難な事ではありません。

おススメキャッシングはココ!

数ある消費者金融でキャッシングするなら、楽ちんなのはやっぱり大手ですね。CMなども多く出ている金融会社は、親しみやすく、初心者でも抵抗感が少ないと思います。私がおススメする消費者金融はこちらです。

借入限度額 審査時間 備考
アコム 500万 30分 収入証明不要※
アイフル 500万 30分 収入証明不要※
プロミス 1~500万円 最短30分 収入証明不要※

※50万以上の借入の場合は、収入証明が必要です。

大手は、膨大な情報を持っていると言われます。それを証明するかのように、独自審査がとてもスピーディーです。それに加えて、50万までの借入者には収入証明も不要としている為、即日キャッシングが可能になります。ただし、複数借入が有る場合などは、50万以下であっても収入証明の提出を求められたり、時間がかかるケースがあります。

ローン申込みはタイミングが大切

カードローンを利用したことが無い人にとっては、申込み自体が難しく感じたり、金利がとても高く感じる人もいると思います。大手3社を比較してみるとこんな感じです。

アコム アイフル プロミス
金利 4.7%~18.0% 4.5%~18.0% 4.5%~17.8%

見て分かるように、金利は大きな差が有りません。これは、金利が比較的安いと言われる銀行ローンとほぼ変わらないか、0.2%高の違いとなります。以前は金利の高かった消費者金融ですが、現在では軒並み銀行と同等程度の金利で営業しています。このことより、カードローン申し込みを難しく捉える必要は無いと言えます。

カードローンをしなくて済む財力が「いつどんな時でも」あれば文句なしなのですが、日常生活の中で、突然の出来事は起こりうるものです。その時に、助けてくれるのは、隣人では無く、カードローンだったりします。

何度も言いますが、カードローンを申込めるのは安定した収入がある時に限っています。タイミングを逃すことなく、カードローンを準備しておきましょう。もしもの時に役立ちますよ。

【参考ページはこちら】
求職中でもカードローンって使えるの?

新着記事
TOPICS