> > > 在籍確認なしで借り入れできる簡単審査でオススメの金融業者は?

在籍確認なしで借り入れできる簡単審査でオススメの金融業者は?

消費者金融からお金を借り入れしようとした時に、意外と忘れられているのが在籍確認です。在籍確認とは、簡単に言えば、借り入れの申し込みをした本人が、契約書に記入した勤務先や自宅に本当に属しているかを確認するということです。

在籍確認がない消費者金融は、最近では少なくなりました。通常、在籍確認というのは、情報の確認作業なので、省略することはできないのですが、いくつかの金融業者は、特定の行動をすることで、この在籍確認を回避することができます。

在籍確認をされたくない理由としては、その場所にいることが少なく、在籍確認が完了しない恐れがあるということや、周囲に借金があると知られてしまうのではないかという不安が拭えないでいるといったことが挙げられます。

今回は、在籍確認をしないで済む金融業者の中から、その方法が簡単で、かつ優秀な金利で借り入れができる候補について紹介していきます。また、在籍確認というものそのものの誤解を解消していきます。(こちらもご参考に→金利が低くて在籍確認なしのカードローンはある?

在籍確認を行う意味とは何か

まず、金融業者がなぜ、わざわざ面倒な手間をかけてまで契約者の勤務先に電話をかける必要があるのかについて、解説していきたいと思います。

在籍確認の役割は、本人の返済能力の裏づけを取ると同時に、情報詐称を防止する意味合いがあります。金融業者でお金を借りようと契約を申し込むと、当然審査を受けることになります。この時、重要になるのは契約者がちゃんと収入を得ているかということです。

しかし、実際には、収入の証明書を提出されれば、返済能力の保証は可能なので問題ありません。それよりも、借り入れ金額が少ない場合の方が問題なのです。消費者金融の多くは、契約者の借り入れ金額が100万円未満の時、収入の証明は求めません。

しかし、収入の証明がないとは言っても、収入自体が全くないのでは困ります。返済するには、契約者に収入があることが条件なので仕事をしているかということはどうしても確認しなくてはいけません。その時に確認の役割を果たすのが、在籍確認なのです。

つまり、在籍確認を消費者金融が行う本来の意味とは、低額の借り入れにおいて収入の証明を省いた分のリスクを回避するための予防策ということになるのです。そして、契約者が情報詐称などをせずに、本当に誠実な取引をしているかの確認作業でもあるのです。

在籍確認を回避できる金融業者

在籍確認をしなくてもいい消費者金融はいくつかあります。その代表的な会社として、大手では、消費者金融のレイク、アコム、モビットなどがあります。銀行では、主にカードローンのバンクイックを展開している金融業者では、在籍確認が必要ないことが多いです。
(⇒新生銀行レイクのカードローンでお得に借り入れ

これらの金融業者を利用するときに勘違いしてはいけないのは、「在籍確認自体が全く無いということではない」ということです。

自分が勤めている企業の証明はどうしても必要になりますが、その手段が在籍確認という消費者金融からの電話ではなくなるということに過ぎません。従って、会社に勤めている証明をしなくてもいいということではないのです。

そもそも、身も蓋もない話をしてしまうと、金融業者は、契約申し込みの時点で、利用者を全く信用してはいません。審査をして、在籍確認をとって、初めて契約者として最低限の信用をするのです。信用してない人にはお金を貸したくないのは、人も企業も同じです。

最初にとりあげたこれらの金融業者は、契約者を信頼する別の方法を用意しているに過ぎません。決して「甘いだけ」という認識を持ってはいけません。

ちなみに、借り入れ金額が高額になった場合、在籍確認を回避する方法はほとんどありません。どの金融業者でも審査が厳しくなるので、この点に関しては諦めましょう。回避できるのは、あくまで借り入れ金額が少ない時だけです。

消費者金融ではなく、銀行からの借り入れで在籍確認をしなくてもいい場所が良いというのであれば、オリックス銀行カードローンなどは比較的借り入れがしやすく、しかも在籍確認がないことが知られています。

ですが、在籍確認というものは、そもそも消費者金融や銀行側が進んで行っているものであるため、非常に細やかな気配りをしてあります。よく知らない人が想像するような「電話で借金していることが周囲にバレた」といったようなことは、実際にはまず起こりません。

そんな評判が発覚すれば、たちまち利用者は敬遠してしまい、金融業者にとって良いことはひとつもないのですから、この電話には非常に注意して連絡してきます。ですから、それほど神経質になることはないでしょう。

在籍確認を回避する具体的な方法

在籍確認が消費者金融などにとて重要な要素になっていることはわかりましたが、肝心のそれを回避する方法については、取れる方法があまり多くありません。しかし、知っておけば、勤務先に電話をされることがないので、使える機会はあると思います。

大手消費者金融で在籍確認を回避する一番確実な方法は、自分が特定の会社に属しているということがはっきりと証明できる書類を審査の時に消費者金融に提出することです。在籍確認の目的を考えれば、この方法が一番確実性が高いとわかるでしょう。

自分が特定の企業に勤務していることを最も確実に証明するのは、社員証です。ただし、社員証は、情報漏えいを防ぐために、複製などが禁じられている企業のあるので、この方法を採る場合には、勤務先に確認する必要があります。

社員証が使えないのであれば、これと同等の信頼性のあるものとしては、契約を申し込んだ月のすぐ前の月に受け取った給与明細書が最も信頼性の硬い書類になります。これがかなり前ものもだと、現在でも勤務しているか判断できないので、認められません。

この二つのうち、どちらかを用意することができれば、その提出を条件に、企業に対しての在籍確認は免除してもらうことができます。しかし、これはあくまで借り入れ金額が少ない場合です。それを留意しておきましょう。

自宅に確認の電話は来るのか

勤務先にかかってくる在籍確認の電話は、上記の物を用意すれば回避できる可能性があることは述べました。ですが在籍確認は勤務先にかかってくるだけではありません。場合によっては自宅にもかかってきます。これを避けるにはどうすればいいのでしょうか。

自宅にかかってくる在籍確認の電話には、いくつかのルールがあります。まず、勤務先の在籍確認が取れないこと。自宅にかかってくる前には、必ず勤務先に電話が行き、そこで確認が取れた場合には、自宅にかかってくることは、ほとんどありません。

次に、情報詐称の疑い、もしくは、契約書の不備があった場合です。一番多い例としては、契約の申込書に勤務先の電話番号を間違えて記入してしまい、消費者金融の担当者が電話下にも関わらず、繋がらなかったというケースです。

そして、自宅に電話がかかってくるサイドのケースが、返済時の金融トラブルです。これは在籍確認とは異なりますが、滞納をした時や、期日までに指定の金額の支払いができていない場合、勤務先ではなく、自宅に電話がかかってきます。

これらのことからまとめると、自宅に消費者金融から電話して欲しくない場合、契約時に記入する勤務先の連絡先を間違えないことと、勤務先にかかってきた在籍確認を確実にクリアすることが重要なのです。無論、在籍確認を免除されていれば、自宅にも電話は来ません。

【参考ページはこちら】
在籍確認後、審査に落ちることはあるの?

新着記事
TOPICS