> > > カードローンの利用限度額は条件を満たせば変更してもらえる

カードローンの利用限度額は条件を満たせば変更してもらえる

カードローンの申込みを考えている人は最近では大概金融機関に行こうとはせず、インターネット上で金融機関のホームページを見て良さそうなところを探します。さてそこで気になるのがいくらくらい借りられるのかと言う事でしょう。目的にもよりますが、借りられる枠は大きい方が良いと考えてしまうのが人間というものです。

そこでまず確認するのがそのカードローンの貸出限度額です。この貸出限度額はカードローンごとに違い300万円の場合もあるし、場合によっては800万円というようなところもあります。実はこの金額を見て自分も申し込めば例えば300万円と言うお金を借りられると考える人がいます。そういう人は自分の利用限度額にがっかりするわけです。

利用限度額とは

もちろんご存知の方のほうが多いと思いますが、誰でもみんなこの貸出限度額いっぱいに借りられるわけではありません。

貸出限度額と言うのはそのカードローンでの最大融資額を示したものでカードローンごとに1つしかありません。各利用者にはこの枠内で信用に応じて個別に利用限度額と言うものが決められます。つまりこの枠は複数ある訳です。

この利用限度額は審査で決められることになり、金融機関が信頼できると考えれば最大で貸出限度額いっぱいにもなる可能性がありますし、信用できるかわからないという場合には決められている最低額と言う事もあります。その金融機関を初めて利用するというような場合には信用力は未知数ですから、利用限度額は小さく設定されます。

したがって300万円借りられると思って申込んだとしても、実際には10万円までしか借りられないというケースも珍しいことではありません。最初からあまり多大な期待をして300万円が借りられると思って計画していると計画が狂ってしまうので、借りる前にカードローンと言うものの仕掛けについてよく理解しておくことが必要です。

ちなみに利用限度額は設定される金利にも大きく関係していて、通常では大きな利用限度額が有る場合には金利は低くなり、利用限度額が低い場合には金利は高くなります。この金利は予め利用限度額ごとに明示されている金融機関も有れば、審査で決まると言っている金融機関もあります。しかし利用限度額と金利の関係はそう変わることはありません。

したがって初めて利用する金融機関のカードローンの場合であれば利用限度額が小さいだけではなく、金利はそのカードローンで決められている金利の幅のうちの最大値が設定されます。利用者にしてみれば貸出限度額いっぱいのお金を最低金利で借りられるとなんとなく思っているかもしれませんが、最初は期待に反することになりそうですね。

利用限度額は見直してもらえる

この点がわかってしまうと、では貸出限度額なんて誰も借りられないんじゃないのと考えてしまうかもしれません。確かに申込時に貸出限度額いっぱいの利用限度額が設定されるような人はまずいませんね。しかしこの利用限度額と言うのは見直してもらう事ができるのです。最初は信用力がなくても見直し時に信用力があれば利用限度額は大きくなります。

ここまで説明すればお分かりいただけた人もいるかもしれませんが、申込み時に設定される利用限度額と言うのは金融機関的にみると、あくまでお試しという位置付けです。金融機関と言うのはお金を貸して利息を取り、その利息が利益につながるわけですから、本当はたくさん貸したいので、まずは信頼できる人どうかを確認する意味があるのです。

利用限度額を増やすメリット

このように利用限度額は増やしてもらうことができるのですが、もちろんこれによるメリットと言うのは利用できる金額が多くなるわけですから、カードローンをそれまでよりももっといろいろな面で利用することができるようになると言う事です。それまで生活費程度しか利用していなくても趣味やあるいは冠婚葬祭などにも利用できる訳です。

中には逆に考えていて自分は生活費の補てん程度にしか利用しないので増やす必要はないと考えている利用者もいます。しかし、この説明を最初から読んでいる人は気が付いているかもしれませんが、それは損をしていると言う事になるのです。利用限度額というものは金利と連動していると言う事を忘れていてはいけません。大損になってしまいます。

つまり大きなお金を借りようが借りまいが利用限度額が大きくなれば金利は下げてもらえるのです。つまりこれまで例えば15%の金利で利息を支払っていたものが、10%になったら、同じ借り方をしても利息は3分の2にできる訳です。したがって利用限度額など自分には関係ないと思っているような場合にはもう一度よく考え直してみましょう。

利用限度額は徐々に上がっていく

ただしここでまた人間としての欲と言うものがでてきて、利用限度額を見直してもらえば今度こそ貸出限度額まで借りられると考えてしまうのです。しかし世の中そんなに甘くはありません。あくまで信用力に見合った額にしかなりません。すぐに最高の信用が得られる人などほんの一握りだと言う事は誰でも実感としてわかりますよね。

また大きな金額になってくると法的な規制もあります。消費者金融を管理している貸金業法には総量規制と言うものがあってこの規定によれば貸出できるのは年収の3分の1までと決められています。したがって例えば300万円の貸出限度額があっても利用限度額を300万円にするには年収900万円以上になっていなければならないことになります。

銀行の場合にはこの貸金業法は適用になりませんので年収の3分の1と言う法的な枠と言うものは有りませんから、各行の考え方次第なのですが、それでも多くても年収の半分を超えるような貸出には応じてくれません。したがってどちらの場合であっても大きな金額を希望するのであればそれに見合う収入がなければならないということになります。

したがって利用限度額を貸出限度額まで持っていくには何度か見直しをしてもらって、収入も徐々に上げていかなければならないと言う事になります。ですから若いうちにはそれに見合う少額の利用を行い年齢が進み収入も徐々に上がっていくにしたがって信用力も上がり少しづつ大きな金額の利用限度額になっていくというように考えることが必要です。

どうすれば変更できるか

ではどうすればこの利用限度額を変更してもらえるのでしょうか、説明したように利用限度額と言うのは利用者ごとに審査で決められます。したがってこれを増額してもらう場合も増額の申込みを行って、やはり申込時と同じように審査を受けなければなりません。審査と言うと嫌がる人もいるかもしれませんが、お金を借りる訳ですから当たり前です。

しかもいやな話かもしれませんが審査と言うものは借入金額が大きくなればなるほど内容も厳しくなります。要するにその厳しい審査でも通過できるほど大きな信用力があると言う事になるのです。このため申込時には簡単に通った審査も、増額のための審査では通過は難しいという人も少なくはありません。増額を申し込んでも通るとは限らないのです。

よくあるのが自分は社会的に信用のある地位にいるので金融機関でもそれなりの対応をしてもらえるだろうと勝手に思っている場合です。もちろん社会的地位が高く収入が大きければ利用限度額に反映される可能性は高まりますが、そうかといって金融機関が大きな信用を感じてくれるかどうかは分かりません。金融機関とはお付き合いが必要なのです。

例えば利用開始から1か月の高給取りと、収入はそれほど高いわけではないが、利用開始から10年の人であれば後者のほうが金融機関から見たら信用力は高いはずです。要するに長い期間少額でもよいのでお付き合いを続けていた方が、どういう利用者かがよくわかっている分信用して貰えると言う事になるのです。勘違いしないようにしましょう。

変更できる条件

では私も申込時の利用限度額には不満があるのですぐにでも利用限度額変更の申込みをしてみようと考えてしまう人がいるかもしれませんが、残念ながら誰でもすぐに変更の申し込みができるわけではありません。申込自体を受け付けてくれない場合もありますし、受け付けてくれても審査に落とす場合もあります。しっかり条件を整えて申込みましょう。
(⇒限度額の範囲内で上手に借りるコツ

まず申込みの条件としては利用期間があります。例えば利用開始後すぐに変更の申し込みをしたとしても無理と言う事です。そもそもすぐでは信用力も最初と変わっていませんから駄目だと言う事は分かりますよね。要するに信用力を上げるための期間が必要と言う事になるのです。ではどの程度の期間があれば信用力は上がってくるのでしょうか。

この期間については金融機関ごとで違いがあって一概には言えませんが、これまでは概ね最短6か月程度と言われていました。しかし最近では徐々にこの期間が延びる傾向があって1年程度になっている金融機関も出てきています。

この間は小さな利用限度額であっても利用を続けていれば信用力の点で金融機関の評価も上がってくるというわけです。

ただしもう一つの条件としてこの期間の間適正な利用を続けることが必要です。要するに金融機関の評価として信用力の向上につながらないような利用方法を続けていても駄目だと言う事です。ただしこれは特殊なことではなく、普通に利用を繰り返していれば特に問題はなく、信用力に繋がっていくことになるので考えすぎないようにしましょう。

変更の申し込み方法

では実際にはどのようにすれば変更して貰えるのでしょうか。変更は変更の申込みを金融機関に行うことによって始まります。要するに利用の申込みをするのと同じで変更の申込みをすれば利用限度額の変更のための審査が始まるという仕掛けです。まずは自分が利用している金融機関にホームページで増額申込みという所を確認してみましょう。

申込みの方法には2つの方法があります。まず以前は主流だった方法として、金融機関側から増額することができますがどうしますかという案内が来るものがあります。最近では郵送による案内や、ATM利用時に現れるボタン、インターネット上に割り当てられた利用者ごとのページに現れるリンクなどによって案内されることになります。

申込む場合にはそれぞれの案内に従って操作などをすればすぐに審査してくれることになっています。最初の申込時と同じで非常に手軽に行ってもらう事ができます。しかし最近ではこのように案内が来たり出たりする金融機関は少数派になってきており、現在の主流は特に案内はなくて自分の方から変更の申込みをする方法になって来ています。

自分から申し込む場合の方法はやはり金融機関によって違い、最初の申込み時点と同じようにホームページから申し込みができるようになっている所もありますが、電話でなければ申込みを受け付けていないような場合もあります。ホームページ上に方法が書かれていても扱いが小さくなかなか探せない場合もあるので注意して下さい。

金融機関によっては両方の方法で受付している所もあります。金融機関が案内を出す前に自分からでも変更の申込みができると言う事です。ただし、どの方法で申し込むにしろ審査が行われると言う事は当然審査に落ちる人もいると言う事です。自分では十分信用力ができていると考えていても様々な理由で落とされることは十分考えられます。

申込み方法として金融機関側から案内が出る場合と自分から申し込む場合では審査に通る確率は金融機関から案内が出る方が高くなっています。金融機関が案内を出すにはそれなりの利用実績を見てからと言う事になるため、通りやすいのは当たり前かもしれませんね。ですから両方の申込み方法がある場合でも案内が来るまで待った方が良いでしょう。

もし審査に落ちてしまった場合には、後で説明するような適正利用がされておらず、金融機関としてはまだ時期尚早と判断したと考えられます。したがって、適正利用に注意していましばらくの間は小さい利用限度額で利用を続けるしかありません。こういう事は焦ってもしかたがないので、後のことを楽しみに待つようにしたら良いのではないでしょうか。

適正な利用に注意

では利用限度額の変更に必要な適正な利用とはどういうことなのでしょうか。もちろん適正な利用に定義のようなものがあるわけではありません。常識的な範囲で利用を続けていればそれが自然に適正な利用につながっていくものです。しかし利用方法、利用状況によっては金融機関的に見ればちょっと問題があるのではないかと思われることがあるのです。

このため利用限度額の増額を前提にカードローンを利用するためにはそういった金融機関が気にする点をよく理解したうえで、利用することが重要になります。長く使っているとどうしてもいろいろな場面に遭遇することになるので、よく理解しておいて思わず不味い利用法をしてしまう事の無いように十分注意するようにしてください。

低調な利用は評価されない

まず一つの利用方法の例を挙げます。最初の申込み時点の利用限度額に不満があり、増額ができるまでは利用しないで放っておこうと考える人がいます。そうして例えば6か月が経過してそろそろ増額して貰える時期だからと言う事で利用限度額増額の申込みをしたところ、審査で落とされてしまいました。さてこの例のどこが不味いのでしょうか。

この例ではカードローンの申込みをしてもほとんど利用しなかったと言う事ですから、金融機関も最初の審査の時点と何ら状態は変わっていないことになります。要するに信用を評価しようにも何も新しい情報が入って来ていないという状態のわけです。評価しようにもできないのですから、金融機関としては現状維持とするしかありません。

ですからもし増額を狙うのであれば使い過ぎには注意が必要ですが、ある程度の回数の利用を行わなければ評価されないと言う事になります。したがって最初は利用限度額に不満があるかもしれませんが、まずは自分でも利用方法を勉強するつもりで利用を始めてみることが必要です。少ない金額で良いので利用を続けてみてください。

利用上の問題があってはいけない

次にお金を借りるという場合完済するまでの間にはいろいろと問題が発生することがあります。問題の多くは返済時に発生します。要するに返済が滞ることがあると言う事です。この場合少し遅れた程度であれば、金融機関の方も問題にすることはありませんが、なかなか入金できないと言う事になると滞納と判断されて問題になってしまいます。

こういった返済時に問題があった場合には当然ですが、金融機関にとっては印象は良くありません。したがってお付き合いを続けて利用限度額の見直しの審査が申し込まれたとしても審査で問題になり、通ることはまずなくなってしまうでしょう。金融機関とお付き合いをする上では絶対にあってはならないことですので十分注意してください。

もしどうしても返済できそうになくなった場合には、問題がわかった時点ですぐに金融機関側に連絡して以後の対策について指示を受けてください。問題として認識されますが、何も連絡を入れておかないよりもすっと金融機関の受ける印象としては良いものになるはずです。ただし審査には通りにくくなることはやむを得ません。

他の金融機関の利用は避けよう

また最初に設定された利用限度額が低すぎる場合にはもう一件別の金融機関から足りない分の借入を行うためにカードローンを契約してしまう人がいます。しかし金融機関と言うのは他の金融機関を利用することはどうも気に障るようで好まれません。このためカードローン利用中に他のカードローンの契約をした場合には増額は無理だと思ってください。

利用したかどうかなど言わなければわからないと考える人もいるかもしれませんが金融機関は信用情報と言うデータベースを持っていますからどのような契約が行われているかは見ることができます。したがって隠したりするとさらに印象が悪くなってしまう可能性が出てくることになりますので十分注意してください。

もちろん他の金融機関の利用中にそちらの方で返済などの問題が発生したとしてもやはり信用情報で分かってしまいますから、隠しておくわけにはいきません。ですからこの点でも利用限度額が少ないからと言って、やはり他の金融機関を利用する事は後になって損になることも有るので止めにしておきましょう。お金が必要な時は節約で乗り切って下さい。

利用限度額が減らされる

他の金融機関を利用すると増額の審査は通らないと言いましたが、事はそれだけでは済まない可能性もあります。審査では利用者の収入から返済能力を判定することになり、これが利用限度額の決定に大きく関係してきます。他の金融機関からもカードローンを借入したとするとその分の返済を行わなければならなくなります。ここに問題があります。

審査では返済能力を判定すると言いましたが、他の返済があれば当然その分の返済額は返済能力から差し引かれてしまいますから、返済能力の評価は低くなってしまいます。そうするとどうなるでしょうか。金融機関ではもしかしたら最初の審査時よりも返済能力を低く算定することになるかもしれません。それで利用限度額を算定したらどうでしょう。

利用限度額を増額してもらおうと申込んだのに審査においては評価がかえって低くなってしまい、逆に利用限度額を減額されてしまう可能性があるのです。したがって他社の利用を始めてしまった場合には下手をするとこれまで以上に小さなお金しか貸してもらえなくなる事も考えられるわけです。こういう場合、下手に審査は申込まない方が良いのです。

審査に通らなかった時の注意

色々と注意していたとしても利用限度額を増額してもらう変更のための審査に落ちる人はどうしてもいます。そうしたときはまたしばらく利用して再度試してみれば良いと思うか、早くもっと大きなお金を利用したいと考えて別の金融機関のカードローンも併用するかのどちらかの対応になると思います。特にお金が足りない人は後者を選びそうですね。

しかしもし後者を選んだ場合には前節で説明した通り以後利用限度額の増額はなかなか望めなくなってしまう事を覚悟する必要があります。これは何も先に利用していた方のカードローンだけではなく、新しく利用を始める方のカードローンでもまったく同じ理由で増額してもらう事は難しくなることを覚悟しておいて下さい。

足りない時は遣り繰りで

ですから審査に落ちて、お金が必要と言う事になった場合には、借りることを考えるというのではなく、何とかやりくりして乗り越えることを考えることを勧めます。趣味に使おうと考えているお金が足りないのであれば、趣味は少し先に延ばせばよいですし、生活費が足りなければ、生活のレベルを見直すことから始めてみてください。

特に生活費のために借り入れをしている場合には、どのように借り入れしているかを見直してみることが必要です。もし月々借入額が少しづつ大きくなってしまっていて、それが原因で増額を希望しているのだとすれば、それは収入に見合った生活ができていないと言う事になります。まずは自分の支出と言うものを見直さなければなりません。

カードローンで生活費を補填しても良いのは、普段は利用しなくても良いが時々大きな出費があるとか、収入が安定せず、借りなくても済む月が有ったり借りなければいけない月があって、その上下分を埋めるというような場合です。しかし毎月毎月足りなくなってしまうというような状態で利用したらいつか破綻してしまうことになります。

他からの借入の問題点

ではどうしても足りなくて他から借入してしまった場合を考えてみましょう。その場合には月々の返済が2回になることによる問題が出てくることになります。まず返済が複数になることで困ることに返済日が複数になって管理しにくいというものがあります。もちろんしっかり管理していれば良いのですが、どうしても返済忘れが出てくるようです。

自動引き落としで返済している場合でも残高不足と言う可能性も排除できないので、返済日の管理はどうしても必要になるのです。このため長い返済期間の中では返済忘れと言う事が現実に起こる事なのです。もう一つの問題は2つ分の返済が必要と言う事です。もし返済が苦しくてもっとお金が必要と言う事だったとすれば2件の返済は苦しいはずです。

また借入する時点では返済に問題がなさそうだったとしても返済を続けていくうちに返済に行き詰って来る可能性もあります。1件の借入でも返済に支障が出る可能性があるわけですから、2件になって返済額も増えてくると可能性としてはさらに大きなものになってくるのは目に見えています。安易な返済計画は自分の首を絞めますよ。

次々に借入先を増やす

2件目の利用を始めてしまった人は、どうも借りると言う事の歯止めが外れてしまうのかどうかは分かりませんが、その後も足りなくなってくると安易に別のカードローンの契約をしてしまうようになってしまう人がいます。そうなると更に返済が苦しくなるのは目に見えています。しかし借り入れできるうちはまだよいですが、もっと不味い事があります。

金融機関と言うのは他の金融機関を利用することを嫌うと言う話をしましたが、これは返済に支障が出る可能性が高まるというのも一つの理由です。このため3件目程度は借りられるかもしれませんが、もう4件目と言う事になると、どの金融機関も審査には通さなくなってしまいます。つまり借入を繰り返すにしてもそのあたりが限界になってしまうのです。

そうなってしまうと、それまで増額できなくても件数を増やすことで何とかお金をつないできた人もそれ以上の借入ができなくなるわけですから、それまでのような生活を繰り返すことは難しくなります。もちろん新たな借入ができなくなったとしても、それまで借り入れしていた分の返済は続きますから多重債務者となり破綻することになってしまいます。

お纏めローン

増額の審査に通らなかったところから、多くの借り入れをしてしまうようになってしまい、返済額が膨らんで返済に支障が出そうだというような人はどうすれば良いのでしょうか。もし増額が認められていたとしたらその借入は一件だけで借入額が膨らんだ状態になっていたかもしれません。実はそれと同じ形にできる方法が残っているのです。

銀行にはお纏めローンと言うものがあるのをご存知でしょうか。消費者金融でも自分のところのカードローンをお纏めローンとして利用できると言っている場合もあります。このお纏めローンは現在複数の借入をしていて返済に苦しんでいる人を対象にその借入を1つに纏めてしまう方法を提供するローンなのです。利用したいという人も多いでしょう。

ただし、お纏めローンで借り入れを纏めるわけですから、利用金額は大きくなりがちです。大きな金額を借りるときには審査はより厳しくなるというのは説明しましたが、この場合もそれは当てはまりますので、お纏めローンの審査は厳しいです。返済できるだけ能力があり、信用情報に問題がなければ、一度銀行に行って相談してみてはいかがでしょうか。

最終手段とは

利用限度額の変更からは話が多少離れますが、お纏めローンまで進んでも審査に落ちてしまった場合には、もう新たな借入をして多重債務を返済することは難しくなってきます。あとはどの程度返済能力があるかですが、既に返済がかなり苦しいと思われる状況ですから、借り入れ以外の方法で事態を打開するしかない状態ではないかと思われます。

それは債務整理と言う方法です。債務整理は法律に則って金融機関と話し合い返済方法を変更する方法です。まずは金融機関と利用者間で話し合う事から始まって、話し合いで決着がつかなければ裁判所の仲介あるいは裁判を経て利息の軽減や、最終手段としては自己破産と言う方法で債務を帳消しにしてもらうことになります。

【参考ページはこちら】
限度額がいっぱい!他の会社で借りる時の注意点

新着記事
TOPICS