> > > 限度額アップを狙いたい!?金融会社の審査についての豆知識

限度額アップを狙いたい!?金融会社の審査についての豆知識

消費者金融を利用するにあたってやはり限度額をアップすることってとても重要ですよね。すぐに使いきってしまう人の多い中、限度額をアップすることを希望する人も多い筈。

限度額アップしやすい会社、審査とはどんなものなのかまとめました。参考にしてください。

消費者金融の審査は厳しいもの?

お金が足らなくなり、消費者金融に申し込みをしている人って結構たくさんいるんですよね。

午前中までに申し込めば、その日のうちに借り入れが出来たりしますので、すぐにお金が必要な人にとってはとてもありがたい存在になることは間違いないと思います。

しかし、案外、消費者金融も審査が厳しいのではないかと思っている人も多いんですよね。特に大手の消費者金融になるとなかなか審査に可決しないイメージを持つ人が少なくありません。

銀行系のカードローンに比べたら消費者金融の審査は若干、緩めで借りやすいと言えるでしょう。

しかし、大手の消費者金融となると無名な消費者金融に比べてどうしても審査が厳し目となります。

他社の借り入れが多かったり、申し込んだ時点でその人の信用が低ければ審査に落ちてしまう可能性が高くなります。そして大手の消費者金融となると、限度額増額の場合もやはり、若干、審査が厳し目となることは間違いありません。

返済遅延などが無くても、他社での借り入れが多い人は増額融資が難しくなる場合があります。

仮に大手の消費者金融で借り入れが出来たとしても、増額となれば難しいケースもあるぐらいで、その会社の審査に可決して、契約が出来たからといって絶対に増額融資までこぎつけるとは限らないと言う事になります。

つまりは大手消費者金融側から見て「増額融資を是非してほしい!」と思わせる人でないと、増額融資審査の可決は難航する可能性があります。

ただし、これは大手の消費者金融を例にとった場合です。大手でない消費者金融はまた独自の審査方法があったりしまうので、増額融資も比較的簡単に行う会社も結構あります。
(⇒カードローンの限度額ってどうやって決まる?

限度額アップを狙うには?

すぐに限度額頭打ちまで利用してしまいがちの消費者金融。やっぱり、限度額アップって魅力ですよね。しかし、限度額アップってどうやったら狙えるのでしょうか。

一つは、借り入れした消費者金融自体の特性によると言えるでしょう。つまり、審査が厳し目の消費者金融ならば、増額融資を希望してもなかなか審査可決はしない可能性が高くなります。

インターネットの金融掲示板で以前、さほど他社の借り入れもせず、返済の延滞などもないのに増額融資の審査に通らないと嘆いていた人の書き込みを見たことがあります。

なぜ、審査に落ちてしまうのか心当たりが無い時は困りますよね。聞いても教えてくれるわけではありませんので、審査結果に納得して諦めるしかないわけです。

そうなってくると、やはり、限度額アップを狙いやすい会社に最初から申し込み、契約するほうが後々楽に利用できると言えるでしょう。

つまりはやはり大手よりもあまり有名でない消費者金融に申し込むということが限度額アップを狙いやすくなります。

どんな会社であっても必ず審査はありますが、その審査も甘い会社、厳しい会社、いろいろ存在しているわけです。(こちらもご参考に→カードローン審査が甘いところはどこ?

今ではインターネットの消費者金融口コミ掲示板などが多数存在しますので、みんなが借り入れに関しての体験談を書き込みしていたりします。

それを参考にすると借り入れしやすい、増額しやすい会社がわかったりするんですよね。

限度額アップを狙いたいと思ったらそのような掲示板内の書き込み内容をよく読んで、最初からどの会社に申し込めば比較的簡単に増額まで出来るのかを自分の属性を考えながら申し込むとスムーズにいく可能性があります。

契約してから半年ぐらいは増額が無理な会社もあれば、あまり知名度はなく、審査が比較的緩い会社ということで名を馳せている消費者金融ならば、三ヶ月ぐらいで増額融資してくれる会社もあるので、申し込む前にはやはり下調べは絶対に重要となってきます。

限度額が上がらない人の特徴は?

限度額アップを狙ってもなかなか上がらない…こんな人の特徴はどんな感じなのでしょうか?以下に該当する人は例え審査が甘い会社であったとしても、増額融資審査はなかなか可決しない可能性があります。

  • 他社の借り入れが極端に増えた。
  • 延滞が度々ある。
  • ここ数日間の間に色々な会社に借り入れの申し込みを繰り返している。
  • 返済はするものの、その後に返済した分をすぐに借り入れしている。
  • 転職して間もない。

他にもいろいろあるのですが、上記に該当する人はまず増額アップは見込めない事が多いでしょう。消費者金融から見て増額融資したい人は「信用のある人」です。

他社の借り入れが増えますとそれだけ返済も多くなりますし、お金に困っていると見られがちですので、当然、増額融資は却下される傾向にあります。

数日の間にいろいろな会社に借り入れの申し込みを繰り返しているのも又、お金にかなり困っているとみなされて、審査は否決となることが多いです。

また、最近ではインターネットでの買い物の際の後払いで期日までの支払いに遅れると、金融関連の審査に影響すると言われています。

従ってインターネットでの買い物の支払いに関しても、注意をしなければなりません。

ネット購入の際に後払い選択をして、断られて死まった場合、その時期に金融会社に増額なりの申し込みをしても却下されることが多いですので、この辺りについても覚えておくと良いでしょう。

つまりはすべては「その人の信用」がものを言いますので、増額融資の申し込みをして審査に通らないということは「申し込める時期ではない」と察して、暫くは返済をきちんと行い、自分の信頼回復に努めてから申し込むようにするしか方法は無いかもしれません。

審査が甘く、増額融資が可能になりやすい会社がたくさんあっても、無審査ということは絶対にありませんので、落とされる対象となる可能性があることも覚えておかなくてはならないでしょう。

審査が甘い会社の見付け方まとめ

さて、審査の甘い会社の見付け方は色々とあるのですが、今ではインターネットで見付けるのが一番手っ取り早いでしょう。

評判などもすぐさま知ることが出来ますし、借りやすそうな会社をじっくりと好きなときに調べあげて見付ける事が出来ます。

審査の甘い会社を見付けるということはとても大事で、審査に可決するのかどうかの結果などもすべて自分の個人の信用情報に掲載されてしまいます。

審査が厳しい会社は審査に否決する可能性が高くなり、その分、自分の個人信用情報が汚れる事になります。

審査が厳しい会社は増額融資の審査も厳しいのは目に見えていますので、出来るだけ審査が緩いと評判の会社をいくつかピックアップしてから申し込む事が結果的に増額融資にもつながりやすくなりますので、申し込む際には数カ月後の増額融資の事も考えて金融会社を見付けるようにしましょう。

属性に合った会社を見付けよう!

限度額アップの要求はどんな人でも必要となることが多いものです。

確かに無駄遣いはいけませんが、やっぱり折角消費者金融に申し込んで利用出来るようになったのですから、すぐに頭打ちで使えなくなるよりも、融資金額に余裕を持たせて利用するほうがいざという時に役に立ちますし、なんといっても心強いはずです。

「使えない消費者金融」よりも「使える消費者金融」と契約するほうが長く付き合っていけるものです。

大手の消費者金融に拘るのも良いのですが、無名であっても良心的で親身になってくれる金融会社は存在するものです。

増額融資などの今度の事も考えて、いざという時に頼りになる消費者金融を探して、契約したいものです。

大手の消費者金融は信頼度は高いかもしれませんが、自分の属性によっては使い勝手が悪かったりするので、自分なりに研究を重ねて、自分の生活スタイルに合った会社に申し込むようにすることが上手な使い方だと言えるでしょう。

【参考ページはこちら】
銀行でも審査が緩いカードローンはあるの?

新着記事
TOPICS