> > > 何故か知らないけど借入の審査に通らない!その理由とは

何故か知らないけど借入の審査に通らない!その理由とは

お金が必要になったから、キャッシングを申し込んではみたものの、いつも審査に通らない!何度申し込んでも審査に落とされる!いったいなぜ?と、不思議に思っている人もいることでしょう。

ここで大事なことは、キャッシングの審査に通らないというのは、「必ず理由がある」ということです。理由もなく審査に落とされている、なんてことはあり得ません。何度も審査に通らないとなれば、何かしら理由があるのは確かでしょう。

なぜだか理解していない人、必見ですよ。審査に通らないであろう理由を順番に見ていきたいと思います。

キャッシングってなに?

世の中には、キャッシングやカードローンという言葉がたくさん飛び交っていますよね。これらはすべて、「お金を借りる」ということになります。ひと昔前までは、物を担保にお金を借りていましたが、最近では、個人の信用を元にお金を貸す形に変わっています。

物を担保にしていたときは、物の価値を元にしていたので、わかりやすかったのですが、「個人の信用」は、はっきり形で見えるものではないため、判断が難しいといえるでしょう。そのため、金融機関は必ず審査というものをおこなうことになります。

お金を借入できるところ

お金を借りるには、どこで申し込めばいいのでしょうか。大きくわけると、貸金業である消費者金融と、誰でもおなじみの銀行の二つにわけられます。消費者金融と銀行は、お金を借りることができるということは同じですが、違いがあります。

消費者金融と銀行には、メリットとデメリットがあるので、お金を借りようとしている人は、きちんと確認しておくことが大事といえるでしょう。自分の目的に合ったところを選択するようにしましょう。

消費者金融

消費者金融とは、お金を貸すことを専門にしている貸金業です。消費者金融のメリットは、手軽に借りることができ、審査も柔軟で、とにかくスピーディです。急いでお金を手にしたい人にとっては、ありがたい存在といえるでしょう。

もちろんそれだけではありません。対応もピカイチで、丁寧で親切だと評判です。特にキャッシング初心者の人にとって、不安はつきものですが、その不安を吹き飛ばしてくれるような対応だといえるでしょう。

ただし、貸金業である消費者金融は、総量規制の対象なので、「借入れる融資の上限が年収の1/3まで」と決まっています。すなわち、自分の年収の1/3以上は借入できません。年収が300万円であれば、借りられる上限は100万円になります。

もうひとつ、消費者金融の金利は少し高めとなっているので、長期の返済を考えている人にとっては、少し厳しいかもしれません。少額融資を短期間で返済しようと考えている人にはおススメの場所だといえるでしょう。

短期間で返済を考えている人にさらにおススメなのは、消費者金融の無利息期間を利用することです。ある一定の期間内に返済すれば、利息がかからないというサービスなので、これはぜひ利用すべきだと思います。

消費者金融での借入は、「融資までの時間が短く、審査が甘め」ですが、「利息が高め、融資の上限が年収の1/3まで」という決まりがある、ということですね。

銀行

銀行でもお金を借りることはできます。銀行でお金を借りるメリットは、まず総量規制の対象外ということになります。総量規制の対象外なので、融資額に上限がありません。年収の1/3以上の融資を希望している人は銀行で借りるべきでしょう。
(⇒総量規制対象外のカードローンにあるメリット

さらに、銀行は利息が全体的に低めに設定されているのが、最大のメリットではないでしょうか。長期に渡って返済を考えている人にとってちょっとの利息の差は、返済額にかなり影響してきます。そのため、少しでも利息が低い銀行を選ぶべきでしょう。

銀行のデメリットは、融資までに時間がかかることですね。最近では、「即日融資」をサービスとして挙げている銀行もありますが、即日融資を受けるためには、「銀行の口座を持っている人が条件」など、いくつかの制限があります。

最近、増えてきているインターネット専用銀行では、即日融資を期待してはいけません。店舗や窓口がないので、やり取りが郵送になってしまいます。郵送になるということは、やはり時間がかかるということを覚えておきましょう。

そして、もうひとつのデメリットは、審査が若干厳しいところでしょう。審査が柔軟な消費者金融にくらべると、やはり厳しい傾向があります。これは、昔のお役所気質が残っているのと、融資するということを専門にしていないからだと思われます。

銀行での借入は、「高額融資が期待でき、利息も低め」ですが、「融資までには時間がかかること、そして審査が厳しめ」だということになります。

審査って何をしているの?

では、金融機関でお金を借りるにあたっての審査とは、いったい何をしているのでしょうか。現在の融資は、個人の信用情報を元に貸し出すわけなので、申し込んできた人の信用情報を元に審査をおこないます。

審査の内容に関しては、各金融機関で異なるでしょうが、どこも非公開なのが現実です。すなわち、どのような条件で、何をクリアしていれば審査に通るか、という明確な決まりはわかっていません。

ただ、現在の信用情報を元にしている審査というのは、白黒の線引きが難しいといえるはずです。「まったく同じ条件の人でも、審査に落ちる人と通る人がいる」なんてこともあります。言い換えれば、かなり抽象的な内容なのかもしれませんね。

審査をおこなうのは、各金融機関の担当者ですが、担当者の判断次第で審査結果が違ってくることも、もちろん考えられます。そして、審査結果がNGだった場合、原因はいくら問い合わせても教えてくれません。

すなわち、審査に落ちたとしても、原因がはっきりとわからないため、何度申し込んでも審査に落ちるというスパイラルにはまってしまっているのかもしれませんね。

申し込むための条件とは

各金融機関では、融資を申し込める人の条件というのが必ずあります。金融機関によって、細かい内容の差はあれど、たいていは同じような条件になっているはずです。まずは自分が条件に当てはまっているのか、確認しておくことが大事といえるでしょう。

内容 条件
対象年齢 20歳~65歳程度(70歳までもあり)
年収 継続して安定した収入がある人
勤務形態 正社員が望ましいが、パート・アルバイトも可
勤続年数 1年以上が望ましい
個人の信用情報 なるべく傷がないことが望ましい
他社からの借入状況 少ないほうが望ましい
他社への返済状況 きちんと返済している人

いかがですか?今まで、何も考えずに適当に申し込んでいませんか?金融機関には必ず「貸付条件」というものが公開されています。自分が貸付条件を満たしているのか、今一度確認してみてください。

審査に通らないのはなぜ?

金融機関によって、申し込むための条件があることはわかったと思いますが、何度申し込んでも審査に通らないのには、いくつかの理由が考えられます。以下のようなことに思い当たるフシはありませんか?まずは、確認してみましょう。
  • 対象年齢を満たしていない
  • 収入がない
  • 収入が不安定
  • 継続年数が短い
  • 希望融資額が高すぎる
  • 虚偽の報告をした
  • 信用情報に傷がある
  • 他社からの借入が多い
  • 他社への返済をしていない
  • 申込書に間違いがあった
  • 一度に複数申込んだ

対象年齢を満たしていない

お金を借りられる年齢として、たいていの金融機関では、20歳~65歳程度までを、対象年齢としています。まず、20歳に達していない、未成年は基本的に借りることはできません。

実は、未成年は法律で守られています。未成年と知って融資してしまったとしても、未成年には「未成年者の取消権」という執行権があります。この権利は、「未成年者なので返済の義務がない」ということになり、返済しなくてもいいわけです。

保護者の同意があれば、未成年者でも借り入れることは可能な場合がありますが、金融機関にしてみれば、トラブルに巻き込まれるのは、ごめんだということもあるのでしょう、未成年者への融資はほとんどおこなっていないのが現状です。

逆にあまりにも高齢の人に対しても融資はおこなっていません。65歳を過ぎると、たいていの人は年金暮らしで、仕事をしていない人が多いというが理由でしょう。収入がないということ、返済がいつまでできるのか不安ということもあるようですね。

収入がない

「収入がない人=無職の人」も、お金を借りるのは厳しいでしょう。無職で収入がないので、融資したとしても返すアテがあるのかどうか、貸す側としては不安になりますよね。貸したとしても返ってくる可能性が低い人には、どこも融資はしないでしょう。

収入がないのに借りようとするのではなく、単発のアルバイトでも何でもいいので、とにかく少しでも働いて、収入を得る道を探すようにしてください。少しでも収入があれば、審査に通る可能性はグッと高くなりますよ。

収入が不安定

収入はあるけれど、不安定な人というのも厳しいかもしれません。金融機関としては、「高収入だけど不安定」な人より、「低収入だけど安定」している人のほうを優遇する傾向があります。すなわち、収入の金額ではなく、安定性を重視するということですね。

「年収は高額だけど、フリーターだから来月はどうなるかわからない」という条件より、「年収は低いけれど、正社員として毎月安定した収入がある」という条件のほうが有利だということですね。

継続年数が短い

勤続年数は、最低でも1年程度は勤めておいたほうがいいでしょう。理由として、まず1年経過していないと、その人の年収がはっきりとはわかりません。借入を申し込むとき、たいていは「年収」を記入する欄がありますよね。

年収がわからないことには、申告するにも想像での記入となってしまいますよね。そして、勤続1年経っていない人は、すぐに辞めてしまうのでは?と、思われても仕方ありません。本当に継続して働けるのか、疑問に思われてしまうわけです。

そのため、借入れを申し込む際は、最低でも1年程度は継続して働いてからのほうがいいでしょう。勤続1年未満の人、もうちょっと我慢してみてはどうですか?

希望融資額が高すぎる

どんなに条件を満たしていたとしても、初めての利用でいきなり高額な融資を希望してきた場合、審査に落とされることがあります。初めての利用ということは、金融機関にとって「未知の顧客」ということになりますよね。

まだよくわかっていない人に対して、いきなり高額な融資はしてくれません。通常は、少額融資からスタートします。取引が1年程度経って、信頼できれば「初めて融資の限度額を引き上げていく」というやり方が多いようです。

そのため、初めての人は、融資の希望限度額は少額にしておくべきでしょう。欲をだして、高額で申し込んでしまったがために、審査で落とされてしまったのでは、元も子もありませんよね。まずは少額で審査に通ることが先決ですよ!

虚偽の報告をした

申し込み時に、正直に報告するのは当たり前のことですが、審査に通りたいがために、虚偽の報告をする人がまれにいます。「アルバイトだと審査に通らないだろうから、正社員だとウソをついた」場合などです。

これらの虚偽の報告は、必ずばれるものだと思っておきましょう。金融機関は、個人の信用情報を徹底的に調べるプロ集団です。このプロ集団を相手に、ウソをついたとしても絶対にばれてしまいます。ウソがばれた時点で審査は終了です。

目先のことだけを考えて、ウソをつくようなことは絶対にしてはいけません。ウソをつく人は信用そのものが崩れたことになるので、お金を貸してくれるなんてことはありませんよ。虚偽の報告は絶対にNGだと心得ておきましょう。

信用情報に傷がある

個人の金融に関する情報は、信用情報機関というところに細かく登録されています。この機関には、銀行・消費者金融・信販会社などが加盟しており、加盟していればいつでも個人の信用情報を閲覧することが可能です。

個人の信用情報とは、金融に関する事柄がすべて登録されています。キャッシングやクレジットカードなどの利用状況から、返済状況、支払い状況などです。返済を滞った場合などは、「金融事故」として記載されることになります。

この金融事故をおこしている人は、信用情報に傷がついたことになり、金融機関が最も警戒するタイプの人、ということになります。「お金に関してだらしない」という、レッテルを貼られてしまった、ということにもなります。

過去に金融関係でトラブルを起こした人や、問題があった人は、申し込んだ金融機関に筒抜けだと思っておいたほうがいいでしょう。

他社からの借入が多い

他社からの借入れが多い人も、金融機関は警戒します。あまりにも借入れが多いと、「他社への返済のために新たな借金をしているのでは?」と、思われてしまっても仕方ありませんよ。すなわち、自転車操業ですね。

そして、消費者金融には、総量規制という法律があるため、年収の1/3までしか貸付ができません。これは、消費者金融すべての借入れ合計が、年収の1/3ということなので、他の消費者金融でいくら借りているのか、必ず調べます。

他の消費者金融での借入れが、年収の1/3に達してしまっている人に対しては、新たな消費者金融での借入れはできません。現在複数から借入れている人は、消費者金融の合計額を今一度確認してみるといいでしょう。

他社への返済をしていない

他社からり借り入れたものの、返済をまったくしていない人、というのも金融機関にとっては、警戒する人物だといえるでしょう。他社で返済できていないのに、新たに借りたところで返済するとはとうてい思えませんよね。

返済状況は、個人の信用情報機関を確認すれば、すぐにわかります。そのため、新たに借入れを希望している人は、他社への返済をきちんとしておく必要があります。返済ができていない人は、門前払いだと思ってもいいかもしれません。

申込書に間違いがあった

意外かもしれませんが、申込書の記入ミスで審査に通らなかったというのは、よくあることです。特にネットで一方的に申込書を申請した場合、受け取った側としては、記入ミスなのかどうなのかはわかりませんよね。

担当者にもよりけりですが、記入ミスかな?と、思った時点で問い合わせてくれればラッキーだと思ってください。申し込みが多い場合、金融機関は数をこなさないといけないので、問い合わせずに審査落ちとされてしまうことがあります。

そのため、申し込みの際は、必ず間違いがないように記入することが、最も大事なことだと言えるでしょう。記入ミスで審査に落とされてしまったのでは、たまったもんじゃないですよね。身に覚えのある人は、今一度確認してみましょう。

一度に複数申込んだ

審査に通らないからと言って、数打ちゃ当たる方式を取るのは賢明だとは言えませんよ。複数同時に申し込んだ場合、各金融機関はその情報を必ずつかんでいます。「ウチだけじゃなくたくさん申し込んでいる」というのは、一目瞭然ですよ。

複数申込んでいると、「そんなにお金に困っているのかな?」と、取られてしまっても仕方ありませんよ。そこまでお金に困っている人、というのも金融機関から敬遠されるタイプであることは、間違いありませんからね。

まずは、自分の条件に合ったところ一社に絞って申し込むのが賢明だと思っておきましょう。何事もひとつずつ、丁寧に対応していく心がけが大事ですよ。

審査に通るにはどうすればいいの

審査に通るためには、まず借入れを希望している金融機関の「貸付条件」をしっかり確認しましょう。金融機関が提示している「貸付条件」を満たしていなければ、申し込んだとしても審査に通る確率は低いといっていいでしょう。

次に、審査に通らない理由を読破して、自分に当てはまっていないかどうか、確認してください。少しでも当てはまっている項目があれば、そこで引っかかっている可能性大!ということになります。

はっきりとわからない場合は、インターネットから一方的に申込書を送るのではなく、店舗の窓口まで行くことをおすすめします。窓口まで行って、担当者と直に話しをしてください。ここでもいきなり申し込むのではなく、不安なことをぶちまけて相談します。

担当者に自分が不安なことをぶちまけて、相談にのってもらうことで、金融に関してのプロである担当者から、良いアイデアがもらえるかもしれません。気をつけないといけないのは、絶対にウソをついてはいけない、ということですね。

すべて正直に話しをすることで、担当者の情をつかみましょう!相手も人間なので、顔を突き合わせて話しをすることで、情けをかけてくれる場合があります。かけてくれたらこっちのものですよ!

そこで初めて申し込めばいいわけです。もちろん、申込書への記入も、担当者に間違いがないかどうか、チェックしてもらうことを忘れずに!間違いがあれば、その場で訂正すればいいわけです。

審査に不安な人は、担当者の情をうまくつかむ方法で攻めてください!当たり前ですが、横柄な態度や偉そうな物言いは、厳禁ですよ。あくまでも「下手に、正直に」をモットーにしてくださいね。

ヤミ金には手をださないで!

何度も申し込んでも審査に通らない人が、取りがちな行動としてよくあるのが「ヤミ金」に手をだしてしまう、というパターンです。ヤミ金とは法外な利息を吹っかけてくる、いわゆる悪徳業者のことですね。

ヤミ金は、どの金融機関でも借りられなかった人をターゲットにしています。一度ヤミ金に手をだしてしまうと、抜けられないというのが、一般的のようです。なんだかんだ言って、いつまで経っても返済させてくれません。

返済してしまうと、利息が取れなくなるので、ヤミ金としては儲けがありません。そのため、返済しても、元金が減らないよう、小細工してきます。返済しようとしても、さらに借金をすすめてくるようなパターンが多いですね。

ヤミ金は、借りる前は、とても丁寧に優しい口調で勧誘してきます。しかし、一度借りてしまえば、取り立ては暴力的な言葉で仕掛けてくるのが特徴です。ヤミ金は、店舗やネットでのサイトを持っておらず、誰かの紹介というのが多いのが特徴です。

店舗やサイトを持っていないので、電話での対応のみというのも、ヤミ金の特徴です。その電話はたいていの場合、携帯電話となっています。固定電話やフリーダイヤルでない場合は、注意が必要ということになります。

結局どうすればいい?

審査に通らなかったとしても、金融機関はその理由を教えてはくれません。すなわち、本当の理由はわからないわけですよね。結局、自分で推測するしかないわけです。自分のことなので、何となくはわかるはずですが、どうですか?

審査に通らなかった人は、たいていの場合「審査に通らないであろう理由」のどれかに当てはまっているはずです。少しでも自分が当てはまっているかな?と、思ったのであれば、そこを改めるしかありませんよ。

「何故か知らないけど」なんて言っていないで、まずは自分自身のことを知ることからはじめてください。己を知って、申し込めば意外とすんなり審査に通るかもしれません。「適当に申し込む」ということだけは、絶対にやめましょう。

【参考ページはこちら】
無職の年金受給者でも借り入れはできるの?

新着記事
TOPICS