> > > 転職直後でも利用可能!カードローンの上手な使い方

転職直後でも利用可能!カードローンの上手な使い方

カードローンを考えている。でも転職も考えている。すでに転職してしまった。「もしも転職してをしてしまった場合、カードローンを申し込む時に勤続年数は影響するものなのでしょうか?」

「転職すると、しばらくはカードローンが組めないかもって本当なんですか?」退職前後・転職前後は何かとバタバタするものですよね。お金も意外に必要だったりもします。ここでは転職を考えている人のための、カードローンの上手な利用の仕方をお教えします!

転職は審査に不利になる?

転職を考えている中でカードローンも組みたいと考えている人が悩むのは、やはり審査のことでしょう。

しかも、人に依っては転職によって給料が下がってしまうため、収入と生活が安定するまでの間の繋ぎとして利用したいと考えている場合も。

こうなると、審査に通るかどうかは非常に気になるところです。

勤続年数も目安

極端に影響を与えるとはいいませんが、やはり勤続年数も重要な審査の目安の材料であるこということには違いはありません。

そもそもが「安定した一定の収入がある人」という条件をどこの金融会社が挙げている事実があります。つまり定職についていて安定した収入がある人ということになります。(こちらもご参考に→職業別に見る利用しやすいカードローン

また、どんなに短くても勤続年数は3ヶ月以上、もしくは半年や1年は経過していないと融資しないとしているところもあります。

これは返済能力を判断する材料になっているため、勤続年数は多少成りとも借入審査に影響を与えるといえます。

勤続年数で左右されること

審査では返済能力と信用度とのバランスで、融資やその貸付金額が決まります。短期間で転職を繰り返していたりすると、高額の借入をする場合などは、収入証明が必要なこともあります。

収入証明が給与明細でしか提出できない場合、直近2?3ヶ月分の給与明細のみが頼りです。こうなると、信用度の部分が重要視されるため、不利になることも。

そのため、たとえ審査には通ったとしても、借り入れ希望額よりも低い金額での融資となる可能性が高いです。

転職前にカードローンを組む

転職する前にカードローンを組むことを決めているのなら、話は早いです。

転職後よりも転職前のほうが、カードローンを組むには何かと有利です。

どうして転職前が有利なのか

よく考えてみて下さい。

各金融会社の利用条件で絶対に挙げられるのは以下の内容です。

  • 年齢制限
  • 安定した収入

借入した後の条件は返済時の利息や返済期日などの返済に関するものが主です。

転職の時期や契約後の転職については一切触れていません。つまり、転職する前に契約してしまえば、現在の職場の情報で審査を受けることが可能なのです。そうすれば、勤続年数も気にせずに申込ができます。

忙しさから転職活動がままならず、一旦退職をしてから次の就職先を探そうという人や、1ヶ月なり半年なり休んでから再就職しようという人はこの方法がいいでしょう。

決めたら早めに行動しよう!

いくら転職する前が有利だからといって、直前での申込は今後のためには、あまり好ましいやりかたとはいえません。

転職を考え始めたら即!がベスト。

審査の際には、職場への在籍確認が行われますから、職場に退職の意志を示している退職直前の時期に申し込むのはやめておきましょう。

もしも在籍確認時に、この情報が何かの形で伝わってしまった場合、審査に通らなくなる可能性もでてきます。

また、それだけには収まらず、この情報が記録されてしまえば、今後カードローンやクレジットカードなど、あらゆる借入に影響を及ぼすことが十分に考えられます。

え、どういうことかですって?

簡単にいえば、今後カードローンを新たに組もうとした時や、必要あってクレジットカードを作るなどというときに追加することができなくなる、ということです。

申込時に気をつけること

借入額の申請には気をつけなくてはいけません。

現状の収入がよくても、退職後の経済力や再就職での初期の給与がどの程度のものなのかを考慮しましょう。

「使わなければ大丈夫だから」と、大きく借入をすると、つい利用し過ぎてしまったなんてことになります。これは決して珍しいことではなく、度々見られるケースです。あると使ってしまうのが人間の心理というものなのでしょう。

退職後、転職直後などに金銭面の工面が厳しいと判断したときに補填する程度に考えて利用する金額設定が望ましいです。転職後のある程度の収入の目安が立ってるのであれば、それを基準に無理のない金額設定をしましょう。収入や生活も安定してきて、さらに上の金額で利用したいという時には、改めて申請すればいいことです。

転職後にやるべきこと

カードローンを転職する前に契約した場合、転職して再就職をした際にはやらなくてはいけないことがあります。

登録情報の更新

カードローンの申込をした際に、個人情報を申請しましたよね?

  • 氏名
  • 住所
  • 連絡先
  • 勤務先  など

この情報に変更がある場合、大半の金融会社では最新国を義務づけています。つまり、利用している金融会社へ届け出なくてはいけません。

利用規約を確認しておき、必要であれば転職後に適当な時期に再申告を行って下さい。もしくは電話などで問い合わせて直接確認するとよいでしょう。

すでに転職している場合

「すでに転職しちゃったんですが、今すぐカードローン組むのって無理なんですか!?」

転職直後もしくは半年以内という場合でも、絶対に審査に通らないというわけではありません。

これは利用する金融会社にもよりますが、あくまでも通りにくいということです。

転職後に借入するときのコツ

何よりも借り入れしたい希望額の申請がポイントです。

転職後は勤続年数がない分、収入の安定性に欠けるという判断をされがちです。ですから、申込時には低い借り入れ希望額を示す必要があります。

まあ、せいぜい5万円?15万円くらいの範囲が無難だと考えていた方がいいでしょう。

転職先が以前の会社よりも規模が大きく、収入もさほど変わらないとなれば、もう少し多めに借入できる可能性もありますが。

しかし、長期利用を考えているのであれば、利用限度額の引き上げは優良顧客となれば可能になりますから、最初から無理はしないことです。

1年以上のほぼ毎月の定期的な利用で返済事故歴が一切なければ、信用度の高い優良顧客として扱われます。その際に利用額引き上げの申込をして再審査を受ければいいのです。

特に優良だと判断され、返済能力も高いと判断されれば、利用している金融会社側から案内がくることもありますよ。

転職直後でも利用しやすい大手

借入するならやっぱり安心度の高い大手がいい!という人は多いはずです。

ここでは一例として、転職後でも利用しやすいされる大手消費者金融を挙げてみます。

無利息期間のある消費金融
SMBCコンシューマーファイナンス(株)/プロミス
新生銀行グループ/ノーローン
WEB完結で手続きが便利な消費金融
三井住友銀行グループ/モビット
審査時間が短い消費金融
三菱UFJフィナンシャルグループ/アコム

いずれの消費金融も即日審査・即日融資が可能です。

但し、申込時間帯によっては翌日に繰り越されることもありますから、急ぎの場合には午前中?昼時には申込を済まされたほうがいいでしょう。

中小消費者金融はどうか

基本的に審査基準が大手消費者金融よりも緩いので、契約自体はこちらのほうがしやすいです。

しかし、審査時間が大手消費金融よりも長いというデメリットもあります。利息もどちらかというと大手消費者金融のほうが低い可能性が高いですね。

まあ転職前の契約にしろ、転職後の契約にしろ。大手消費者金融を利用するにしろ、中小消費者金融を利用するにしろ。とにかくカードローンを組むときには無理のない金額で借入をしましょう。

お金を借りるということは、実際にはそう単純な問題ではありません。利用計画をしっかり立ててから申込して下さいね。

【参考ページはこちら】
転職したて、職に就いたばかりでもカードローン使える?

新着記事
TOPICS