> > > レイクの利用では他から借りてると調べられるかもしれない

レイクの利用では他から借りてると調べられるかもしれない

現在どこかの金融機関からお金を借りていると言う人は多いと思います。こういう場合には普通に考えればまずは借りたお金を返してしまおうとするでしょう。しかし人生そううまくいくとは限りませんから、人によっては借りたお金を返す前に、再度お金が必要になる事も有ります。そういった時に取る対応としては2種類に別れるようです。

まず第一は何とかやりくりして借りなくて済むようにすることを考える人、第2はやむを得ずあるいは特に考え込むことも無く、別の金融機関からお金を借りようとする人です。もし借入する場合問題になるのは既に他から借入しているためそれがどう扱われるのかという事です。ここではレイクを例に借入が調べられる可能性などを探っていく事にします。

レイクとはどの様な金融機関か

取り敢えずレイクを金融機関として説明していきますが、レイクと言うのはかなり面白い歴史を持っている金融機関で、当初は大手消費者金融一角を占めていました。しかし紆余曲折の末に現在は新生銀行のカードローンのブランド名になっているのです。つまり現在レイクは消費者金融ではなくて銀行の一商品なのです。びっくりですよね。
(⇒レイクのカードローンは審査が甘いってホント?

現在大手消費者金融は大手銀行の子会社になっていて当初は消費者金融のレイクも新生銀行の子会社になり、その会社自体は現在も残っていますが、レイクは名乗っていません。つまり新生銀行がレイクと言う名前を貰ったと言う訳です。したがって現在レイクといえばそれ自体が金融機関ではなのです。ではまずレイクについて理解しておきましょう。

銀行のカードローンになった訳

借入についての話からちょっと離れることになりますが、現在の消費者金融の置かれている状況が良く分かるので、なぜレイクが銀行のカードローンになったのか説明しておきましょう。切っ掛けは近年行われた貸金業法の改正でした。この改正では適用金利のグレーゾーンの撤廃と総量規制が大きな改正点として挙げられています。

グレーゾーン金利と言うのは従来法律間に食い違いにより、金利の上限に差が有ったためこの差の部分をグレーゾーン金利と言っていたのですが、この改正で低い方に合わせることになりました。それだけでも消費者金融は打撃だったのですが、それまでの金利で計算された分は取り過ぎと解釈されその分を過払金として返還しなければならなくなりました。

さらに総量規制と言うのは基本的に融資は年収の3分の1までと規定されてしまったために従来はもっと多額の融資を行っていた人でも、上限が決められてしまい貸せなくなってしまいました。これ等によって消費者金融は従来のような利益を出すことが出来なくなってしまったのです。消費者金融にとってはまさに青天の霹靂だったはずです。

なら銀行にも相当大きな影響が有ったのではないかと考える人も多いかもしれませんが実はこの貸金業法は銀行には適用になりません。銀行は銀行法で管理されるものです。したがってこの時点で銀行の方が圧倒的に有利な環境になったのです。この効果はすぐに現れます。消費者金融は大手も含めて殆どの業者の経営が傾くことになります。

しかし困ったのは消費者金融だけではありませんでした。銀行も大いに困ったのです。このままいけば消費者金融は総崩れになります。この頃銀行でも消費者金融と同じような無担保、無保証人のカードローンを始めたばかりで、信用保証のノウハウの無かった銀行はこの業務を消費者金融に委託していたのです。潰れてもらっては困るのです。

そこで銀行は提携している消費者金融を子会社化して、経営を安定させることにしたのです。現在も残っている大手消費者金融は一部を除いて殆どが銀行の子会社になっています。この時点でレイクも新生銀行の子会社になったのですが、新生銀行はそこで止まりませんでした。自分の所のカードローンにレイクのネームバリューを使おうと考えたのです。

このため現在ではレイクは新生銀行のカードローンになり、以前消費者金融レイクだった会社は新生ファイナンシャルという消費者金融になりました。こういう歴史があるため、以前のレイクの過払金請求は現在のレイクを持つ新生銀行にではなく、かつてレイクであった新生ファインンシャルに行うことになります。ちょっと複雑ですね。

レイクの特徴

レイクはこのようにユニークな歴史を持っていますが、元々消費者金融の名前を継いでいるためかどうかはっきりしませんが、他の銀行のカードローンの最高金利が概ね14%台程度になっているのに、レイクの場合には最高金利は消費者金融並みの18%となっています。したがって申し込み直後の金利はちょっと高めになる事が予想されます。

ただし他にはない特徴として2種類の無利息期間が用意されています。両方とも契約翌日からの日数によるものですが、一つは5万円まで180日間無利息、もう一つは金額の制限なく30日間無利息と言うものです。何方が得かは借入金額などによって変ってきますので注意が必要です。他の銀行にもありますがここまで長いものはレイクだけです。

もう一つの特徴としては最近では利用できるATMを増やすために、様々な金融機関が提携しており、中でもコンビニATMが利用できるようにしている金融機関が増えています。しかし提携ATMを利用するうえで問題なのは利用手数料が掛るという事です。利用方法によっては手数料が利息を上回ってしまうようなケースも出てくるのです。

しかしレイクの場合にはこの提携ATMでも利用手数料が掛りません。利用するにはATMが多い方が便利ですので、よくコンビニを利用する人で小額づつ頻繁に借入を行うような人にとっては大変使い勝手の良いカードローンと考えて良いでしょう。他の金融機関を使っているにしても、次の申込先としてはレイクは大変魅力的に映ると思います。

レイクの申込

このようにレイクには良さそうな特徴が多いのでお勧めではあるのですが、やはり問題は自分が利用する上での使い勝手です。自分の条件を明確にしたうえで金融機関を選ばなければ、良さそうに見えたからと言っても実際には使い勝手の悪い所だったという事も有ります。ですからレイクに決める前に様々な金融機関を比較検討するようにして下さい。(こちらもご参考に→カードローン審査が緩い金融会社を教えて!

さていろいろと検討したうえでレイクに決めたら申込をしてみましょう。レイクでも他の金融機関と同じように様々な申込方法が提供されていますので、自分が申込みやすいもので申込んでください。他社からの借入が有る場合はその旨も申し込み情報で入力していくようにします。この情報は後々利用されることになります。

申込での審査

申込の後には、もちろんレイクにも審査は有ります。審査で行なわれるのは他の金融機関と同じで

  • 本人の確認
  • 返済能力の確認
  • 信用情報の確認

の三点です。既に他の金融機関を利用していることで問題が複雑になるのは2つ目の返済能力の確認です。

カードローンはレイクでも他でも安定収入を前提にして融資されます。したがって通常会社員などは審査には大変有利と言って良いでしょう。ただし他からの借入が考慮されると、話はそう簡単ではありません、返済能力の点で厳しい評価になってきます。

他社からの借入情報も審査される

返済能力の審査では当然ですが他社からの借入が考慮されることになります。返済能力の評価で例えば月々2万円までは返済に回せると判断されたとしても、他の金融機関への返済が1万円有った場合には、審査で弾き出される返済能力は月々残りの1万円だけという事になってします。つまり返済能力は当然ですが小さくなるのです。

したがってレイクでの借入の返済が返済能力の評価よりも大きくなる場合には、当然審査を通ることが出来ません。3件目になると更に条件は厳しくなってきて審査に落ちる可能性も大きくなります。そこでまず確認してほしいのは自分はどの程度返済に回せるお金が有るのかという点です。収入だけ多くても支出も多ければ返済は難しいかもしれません。

またレイクは説明した通り銀行のカードローンですから消費者金融の様に総量規制は適用されませんが、実際には銀行であっても年収の半分を超えるような融資は行ってくれません。前の借入がどの程度有るのかは分かりませんが、レイクからの借入希望額を加えると年収のどの程度の割合になってしまうのか良く計算してみる事が必要です。

もう一つ重要なことはレイクだけでなく他の金融機関も含めて金融機関と言うものは他社からの借入を歓迎しません。このため金融機関によっては2社目からは無条件で審査に落とす場合も有ります。これは金融機関毎に考え方が違い3社目までは受け入れる場合も有りますが、4社目となると返済に問題が無さそうでも殆ど無理と言って良いでしょう。

しかもレイクとの契約が成立したら、現在借り入れしている他社での評価も下がることになりますから、例えばそちらのカードローンの増額審査を行なっても審査に落ちる可能性は非常に高くなることも覚悟しなければなりません。つまり新たな借入先を得たとしてもその影響で蒙るリスクも色々と出てくることが有るという事を忘れないようにしましょう。

他社からの借入で嘘をついたら

ではいっそのこと申込時に他社からの借入など無いと言ってしまえば良いではないかと考える人もいます。そうやって申込んだとしても、残念ながら分かってしまうのが落ちですから、印象を悪くするだけです。誠実さを疑われることになって良い方には働きません。

何故わかってしまうかと言うと信用情報と言うデータベースが存在するからです。

この信用情報中にはどの様な借入が有るかも情報が残っているのです。したがって申込時に正しい情報を入力しようがしまいが、レイク側はお見通しなのです。したがってたとえそれが原因で審査に落ちるとしても、嘘をつく理由は全くありません。そんなことで評価を落とすよりも、申込時は正直に情報を入力したほうがずっと良いと思いますよ。

こう説明すると自分は消費者金融からの借入は有るが銀行からの借入は無いから、悪い情報以外は新生銀行のカードローンであるレイクで利用している信用情報では確認できないはずだと言う人もいるかもしれません。確かに業界によって利用している信用情報は違い消費者金融と銀行間でも通常は情報を共有していません。しかし駄目なのです。

前の方で説明しましたが、銀行には信用保証業務のノウハウがありません。新生銀行でも同じなのです。このため実質的な審査は委託先の新生ファイナンシャルという以前レイクを名乗っていた消費者金融が担っています。したがって消費者金融から借入していたとしても情報は筒抜けという事なのです。やはり嘘はすぐ分かってしまうのです。

したがって、どうあがいても、ありのままを見せて審査をしてもらう以外に方法は無いのです。もしレイクではとても審査には通らないだろうと分かっている場合には、それでも敢て申込をしてみるか、或は別のもっと審査の緩そうなところを探すのか良く考えてみてください。急いでいてもあまり焦らずに業者を選定するのは重要なことです。

新たな借り入れをする前に考える事

このように現在既に借入をしていて新たにレイクを申込んで審査に通る為には様々な問題が有ることが分かりました。もし無理を承知で申し込んで審査に落とされたとしたら、更に次を申込むことになり、悪くすると申込ブラックになってしまう可能性も高くなります。そこでそういったリスクを冒す前に新たな申込をしなくて済む方法を考えてみましょう。

そんなうまい方法が有ればとっくにやっていると言う人もいるかもしれませんが、金融機関には様々なサービスが有りますから、新たな借り入れをしなくても済む方法や、もっとうまい借り方を提供している場合も考えられます。ですからこういった方法を探すためにも一度金融機関のホームページをよく読んでみることも必要なのではないでしょうか。

複数借入の問題点

もしレイクの審査が通ったとしても、今度は複数借入にまつわる問題が有るのです。これは以前からよく言われていることですから知っている人もいるかもしれませんが、ここでそういう問題についておさらいしておく事にしましょう。問題の1つ目は返済日が月に複数回になると言う点と、もう一つは返済が複数になって返済額が膨らむことです。

まず1つ目の返済日が複数になると言うのは、主に管理が難しくなることによって問題が発生します。要するに返済日を忘れてしまう事によって、遅延してしまう事が出てくるようになるのです。口座引き落としだから大丈夫だと考えている人は考えが甘く残高不足によって引落しが出来ない事も考慮に入れやはり返済前に口座の確認が必要になるのです。

もう一つの返済額が増える点は、申込む時点では返済可能と判断したからこそ借入したはずなのですが、残念ながら多くの人は返済計画など立てずに収入だけで安易に返済可能と判断してしまって入るのが現状です。そうした場合最初は良いかも知れませんが、返済途中で返済に行き詰ってしまう可能性も否定できず、苦しいと感じる人は非常に多いのです。

これ等の問題点を指摘する人は複数の借入している人では珍しくは無く、もし返済が出来ないようなことになると、さらに借入をしようと考えたり、多重債務者として自己破産などの道を歩まなければならない場合も出てくることになります。これ等の問題を考えると複数の借入が如何にリスクが高いか良く分かるのではないでしょうか。

利用限度額の増額を考えてみる

そこで新たな借り入れをしないでもすむ方法を考えてみましょう。まず方法の一つは現在利用しているカードローンの利用限度額を増額してもらうことが考えられます。この方法を使えば更に大きなお金を借りることが出来ますから、借り入れ枠いっぱいに使っていたとしても、さらに大きなお金を利用する事ができるようになります。

利用限度額と言うのは申込審査時に利用者ごとに設定されますが、その時の事を思い出してみてください。たぶん殆どの人は少ないと感じた筈です。カードローンでは貸出限度額と言うものが有って、これはそのカードローンで貸すことが出来る最高額の事で申込者の中には自分も申し込めばすぐにこの金額が借りられると錯覚している人さえいます。

このため自分の利用限度額を見て失望するのです。しかしこれは金融機関が利用者とのお付き合いを始めたばかりでどこまで信用して良いのか分からないために最初はお試しの意味もあって利用限度額を設定しているためです。ですから暫く利用を続けていれば、金融機関の評価も変ってくるようになるのです。そこで増額を申請するわけです。

増額してもらうためには、増額の申込みを行って再度審査を受ける必要があります。その審査に通れば利用限度額を増やしてもらうことが出来ます。この審査を受ける為にはまずは6カ月から最近では1年程度の利用期間が必要です。この間返済に問題なく利用を続けていれば通常は増額の申込みを行うことが出来るようになります。

申込みは金融機関の方から増額に関する案内が出る場合と、自分から申込む場合の2種類があります。ただしいずれの申込みでも審査が入りますから、必ず増額に応じてくれるとは限りません。可能性としては金融機関側から案内が来ている方が高いと言って良いでしょう。審査は大きなお金を利用するわけですからより厳しくなると考えて良いでしょう。

審査ではこれまでの利用状況が評価されます。例えば返済に遅れなどが有るとその分評価が下がることになり、増額は認められないかもしれません。また利用中に他の金融機関で借り入れなどを始めた場合も返済能力が下がると評価される可能性があるため、審査の結果利用限度額がかえって下がってしまう可能性も有るので申込みには注意が必要です。

複数の借入は纏めてしまう

またすでに複数の借入を抱えている場合には、これを纏めてしまう方法が有ります。これは要するに借り換えであって、新たにローンを借りることになるので、厳密には借りなくて済むと言う方法にはなりませんが、他の借入は無くなってしまう事になります。多くの銀行にはお纏めローンと言うような名称で案内が出ているので確認してみましょう。

お纏めローンは多重債務に陥ってしまったような人を救済するために用意されたものですから、返済が苦しく新たなお金を求めて別の借入をしようと考えている人の場合には利用価値が高いと言って良いでしょう。ただし問題も有ります。お纏めローンでは抱えているローンを全部まとめるわけですから、当然借入金額は大きくなります。

金額が大きいと言う場合、審査は厳しくなるわけです。したがってそれでも審査に通ると言う人しか利用する事はできません。既に何度も返済が滞っているような人の場合には信用情報に滞納などの問題が記載されている可能性も有るので、とても審査には通らないでしょう。そういうことが無ければ申込んでみる価値は十分あります。

お纏めローンが利用できれば、複数のローンが一つに纏められますから返済は新たな別のローンを借りる必要も無くなるでしょう。ただし金利にもよりますが、大きなお金を借り入れることになりますから、返済期間は延びることになって、支払う利息は増える可能性があります。そこまで了解したら、現在の借入情報を持って銀行に相談に行きましょう。

債務整理を行なう

他の借入の返済が出来そうも無くて新たな借り入れを考えている場合で、お纏めローンも借りることが出来ない場合には、レイクで新たな借り入れをしたとしても、いずれは返済が出来なくなります。そうなる前に新たな借り入れで傷口を広げるのではなく、早目に弁護士に相談して債務整理をしてしまったほうが良いと思います。

債務整理には色々と方法が有りますが、最終手段としては自己破産が有ります。自己破産と言われると良い印象を持っている人はいないかもしれませんが、法律が用意した再出発の方法でもあるのです。金融機関にも迷惑をかけることになり、長期間信用も無くなりますが、抱えた債務は帳消しにできます。まずは弁護士に相談してみましょう。

レイク以外でも基本は同じ

レイクの審査が難しい場合、考えるのは別の金融機関という事になります。しかしここで説明したことは他の金融機関であっても基本的には同じです。違うとすれば審査基準という事になりますから、審査には通るかもしれません。しかし他の問題は残ります。最も大きな問題は借入したとして返済していけるのかどうかという点に集約されます。

返済能力が有る場合

返済能力はあるが信用情報に問題が有ってレイクの審査には通りそうもない場合には、中小の消費者金融であれば審査に通る可能性は残っています。特に最近ではブラック対応と言う消費者金融も有りますので、信用情報に過去の問題が有ったとしても返済能力を評価してくれる所は少なくは有りません。そういうところを探してみてください。

ただし気を付けなければならないのは、闇金の存在です。中小の消費者金融と闇金を見分けるのは大変難しいことです。特に現在ではインターネットが発達してホームページならどんな業者でも工夫次第でいくらでも立派に見せることが出来るようになっています。このため、闇金でも騙す手段に事欠かなくなってしまっているのが現状なのです。

そこでもし中小の業者を利用するのであれば、その業者が正規業者なのかどうかよく確認してから利用するようにして下さい。確認は金融庁のデータベースの登録情報で行うことが出来ます。このデータベースに登録されている名称と登録番号、電話番号が一致すれば正規業者と思って良いでしょう。名称だけでは騙っている場合も有って危険です。

審査に落ちた場合

レイク以外の更に審査の緩い金融機関でも審査に落ちてしまった場合には、すでに借入できそうな金融機関は無いと考えましょう。こうなってくると前に考えた増額審査もお纏めローンも審査には通りそうも有りませんので、あと残る方法としては債務整理しか残っていないでしょう。すぐに弁護士に相談して債務整理を始めることを勧めます。

借入できないことによって生活苦になると言うのであれば、一度行政に相談してみることも必要です。行政では生活苦の相談には随時乗ってくれますので、なるべく早く相談に行きましょう。必要なら生活保護を申請して急場を凌ぐ必要があるかもしれません。本当に生活苦であれば生活保護の申請は受理されるはずです。

生活保護と言うと嫌だと言う人もいますが、日本人であれば一定以上の生活が保障されている訳ですから、困った時には利用してもおかしなことではありません。これまでは怪しい外国人にいいように利用されていましたが最高裁の判決でも言っている通り日本人こそ利用する権利があるのです。困った時の社会保障ですから利用して下さい。

しばらく生活保護を利用してまずは生活を立て直すことを考えてください。考えなければいけないのは、なぜお金に行き詰ってしまったのかという事です。その反省が無ければ生活を立て直したとしてもまた同じような状態に戻ってしまう可能性も有るのです。時間は有りますから良く考える事が必要なのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
レイクで急に借りられなくなることってある?

新着記事
TOPICS