> > > 知りたい!自動車ローンがあるとカードローンが通らないか

知りたい!自動車ローンがあるとカードローンが通らないか

カードローンの審査の際にチェックされる項目はいろいろとありますが、その一つは他から借り入れがあるかどうか、という項目です。他からの借り入れにもいろいろな場合があると思いますが、意外に多いと思われるのが自動車ローンではないでしょうか?

よほどまとまったお金がある場合を除いて、普通のサラリーマンであれば、マイカーを購入する際にはローンを利用する、というが一般的。とりわけ車の頻繁な買い替えが当たり前になっている昨今の事情からすると、逆にローンという形態をとっていたほうが、手放すも楽です。

では、こうした自動車ローンを借りている人がカードローンを利用しようと思った時、簡単に借りることができるのでしょうか?言い換えると、自動車ローンの借り入れはカードローンの審査に影響するのでしょうか?

自動車ローンにもいろいろある

一口に自動車ローンといっても、いろいろあります。ただ、ざっくり分けるとすると2つに分けることができます。

信販系と銀行系のローン です。

もし、皆さんが車のディーラーに行って、車を買おうとすると、まず勧められるのは前者の信販系のローンかと思います。信販系のローンで審査に落ちることはほとんどと言ってないはずです。

その理由は車の所有権が留保されているという点、そして金利が高めに設定されている、という点です。十分すぎるほど、そのリスクはヘッジされている、というわけですね。

これに対して、銀行系のローンの場合は審査に通らない可能性も結構あります。ここでいう銀行には信用金庫や農協も含まれます。言い換えると、ディーラーで車を買う際に勧められるローンではないタイプのものです。

この種のローンを希望しているなら、自分でさまざまな書類を揃えて、店頭に足を運ばなければなりません。手間がかかってしまいます。

しかし、その分、審査に無事に通れば、車の所有権はきちんと保有することができるのです。

自動車ローンがあると総量規制がクリアできない?

では、こうした自動車ローンとカードローンの関係を知る上で避けて通ることができない一つの問題、それは総量規制の問題 です。

総量規制という制度は数年前に貸金業法が改正されてから導入された制度です。これはつまりどういうかと個人が借りることができるお金を年収の3分の1まで と制限するものです。

なぜこうした制度が生まれたのか、といいますと、貸金業者が債務者の返済能力をあまり考えることなく貸したり、あるいは本人自身も自分がどれだけ借りていて、どのようなペースで返済しなければならないのかなどを考えずに借りたりすることが増えた、という背景があります。

では、問題は自動車ローンからお金を借りていた場合に、それが総量規制の対象になるのか?ということです。

結論から言いますと、自動車ローンは総量規制の対象には含まれません。ですから、自動車ローンを組んでいるからといって、総量規制に引っかかって、カードローンが借りられない、ということはないのです。

また、カードローンにもいろいろあり、そもそも銀行カードローン、銀行系カードローンは、貸金業法の対象には含まれませんので、そもそも総量規制とは無関係、ということなのです。銀行は銀行法という別の法律によって規制を受けているので、まったく畑が違う、ということができるでしょう。

自動車ローンは信用情報に記録が残るのか

さて、自動車ローンが総量規制の対象外ということはわかりました。次に心配になるのは、自動車ローンからの借り入れが信用情報に記録として残るのか、という問題です。

このことを詳しく見る前に、そもそも信用情報とはなんぞや、ということをお話しておかなければなりません。

信用情報とは、あなたの個人情報、氏名、電話番号、住所、勤務先などに加えて、どこの会社からどれだけの借り入れをしているのか、また返済が遅れたり、支払わなかったことがあるかなど、負債に関する情報も記録されています。

個人情報、いつの間に?!

と思う方がおられるかもしれません。実は一度でもクレジットカードを作ったり、銀行などの金融機関からお金を借りたことがあれば、その際に記入した個人情報はすべて登録されているはずです。なぜなら、契約の際に、あるいは申込の際に、個人情報を信用情報機関に登録することに同意しているはずなのです。

そして、この信用情報は、銀行系、クレジットカード系、消費者金融系とやはりジャンルごとに分かれて、各担当の信用情報機関によってばっちり管理されています。さらに、CRINというネットワークにとって互いに共有されています。

ですから、信販系であろうが、銀行系であろうが、自動車ローンを組んだら、信用情報に登録され、それがすべての貸金業者によって照会可能である、ということなのです。

では、その記録が照会された結果、カードローンの借り入れが拒否される、というのはあり得るのでしょうか?

それはなんともいえない、というのが正直なところです。問題はどこからカードローンを借りるか ということになるでしょう。つまり、カードローンの借入先の審査基準が厳しいか、ゆるいかによって結果は変わってくる、ということなのです。

もし、あなたが大手の銀行や消費者金融から借りようと思っているなら、審査基準は厳しめになります。まして、カードローンの限度額を多めに設定したい、と思っているならなおさらのことです。

その場合のカードローンの金利は低めになりますので、銀行や消費者金融は貸し倒れになるリスクが低い人にしかお金を貸そうとはしません。ですから、もしかしたら、自動車ローンがカードローンの返済に大きな影響を与えると判断されれば、審査が否決される、という可能性はあるでしょう。

もし、自動車ローンを借りていて、カードローンへの影響が心配ならば、中小の業者にあたってみる のもひとつの手です。一般的にそうした会社の場合は金利が高いのが普通ですが、その分だけ審査がゆるくなります。

また、そうした会社の場合は借り入れることができる限度額も少なめに設定されています。そうしたデメリットはあることは覚えておいていただきたいと思います。

自動車ローンをかかえながらカードローンを借りるということ

ここまでの要点をまとめてみましょう。

  • 自動車ローン自体が総量規制の対象になることはない
  • 信用情報にはすべての自動車ローンは登録される
  • よって自動車ローンがあるからといってカードローンが借りられない、というとはないが、一定の関係は否定できない

ということになります。

しかし、ここで原点に立ち返ってみますと、確かにカードローンは便利なものですが、自動車ローンをかかえながら、さらに借金を重ねるべきなのか、という問題があります。

借金が複数になると、借金全体を把握することも容易でなくなってきますし、返済のストレスも増えます。

そうでなるなら、無理してカードローンを借りるよりも、まずは自動車ローンを返済することに注意を集中 したほうが良いのかもしれません。どうしてもカードローンを借りたいのであれば、それからでも遅くない、といえるのではないでしょうか?

【参考ページはこちら】
総量規制対象外のカードローンにはどんなメリットがある?

新着記事
TOPICS