> > > あきらめないで!ブラックで借りれる会社はまだある

あきらめないで!ブラックで借りれる会社はまだある

誰もがお金を借りたらきちんと返済日までに返したいと思っています。意図的に返済日を遅らせて返済する人などいません。しかし、悲しいかな、予想していなかったようなことが起きるのもまた事実。それで人によってはいわゆる「ブラック」になってしまうんですね。

では、いったんブラックになってしまったらそれで最後なのでしょうか?再起のチャンスを与えてくれる貸金業者はいないのでしょうか?

あきらめないでください!ブラックになってしまったとしても借りることができる会社はまだあります。以下の情報を是非、参考にしていただきたいと思います。

そもそも「ブラック」って何?

ブラックでも借りられる」という言葉はネット上にあふれていますが、そもそも「ブラック」について正しい理解が得られていない方たちがたくさんいらっしゃいますので、そこからまずスタートしてみましょう。その正しい理解がなければ、対策のしようもありませんよね。

「え、お金をきちんと返さなかったら、ブラックリストに載せられてしまうんでしょ?」

あなたもそんなイメージを持っておられるかもしれません。しかし、まず知っておいていただきたいことですが、ブラックリストなるものは存在しません。 つまり、貸金業者から目を付けられたら、あなたの名前がブラックリストに連ねられるというわけではないのです。

では、一般的にブラックというのはどういう状態のことをいうのでしょうか?結論から言いますと、信用情報機関に事故情報が登録された状態のこと です。

ここでいう事故情報とは交通事故のことではありません(笑)。取引上の事故、つまり借りたお金の返済が長期わたって遅滞した、とか最終的には返済不能に陥ったとか、それゆえに債務整理や自己破産をした、ということを指します。

また、一口に信用機関といっても、銀行、信販会社、消費者金融とそれぞれの会社が加盟している信用機関は異なります。例えば、銀行や農協、信用金庫といった金融機関が加盟しているのは、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という機関。1400社あまりの企業が加盟しており、約一億件の信用情報が保有されていると言われています。

それに対して、消費者金融が加盟しているのは、日本信用情報機構です。こうした機関にそれぞれの会社、業者が所属していることによって、それぞれの情報を共有することができる仕組みになっています。

そんな個人情報を勝手にやりとりしないでほしい!

なんて思われるかもしれませんね。しかし、実は勝手にやりとりなんかしていないんです。お金を借りるときにしろ、クレジットカードをつくるときにしろ、信用情報に登録することに同意する条項があるのです。「そんな記憶はない」と言う方は、申込書なり、契約書なりを取り出してみて確認してみてください。

信用情報には様々な個人情報が登録されています。氏名、生年月日、自宅住所、連絡先、勤務先の住所といった本人に関する情報がまず含まれます。それにくわえて、借り入れに関する情報、例えば締結した消費貸借契約の契約日、借入金額、支払形態、返済回数、残高などなどです。

そして、この信用情報に支払いに関するマイナス情報が載せられると、ブラックとなり、その情報は金融業者の間で共有されることになり、一気に総スカンを食らうことになるわけですね。

例えば、返済が少し遅れたくらいではブラックにはなりませんが、遅滞が3ヶ月を超えると、そのマイナス情報は信用情報に載せられ、すぐに金融業者に共有されるところとなります。

大手の銀行や消費者金融で借り入れは可能?

さて、この状態で、大手の銀行や消費者金融から借り入れようとして、なんとか借りる方法はあるのでしょうか?(こちらもご参考に→審査の緩いカードローン会社情報はこちら

結論からいいますと、大手からはまず借りられない、と言い切ってもよいでしょう。

理由は上で述べたように、銀行や消費者金融は間違いなく信用情報を審査の際に照会するからです。相手がブラックであることがわかっても、貸してあげよう、と思うような慈悲深い会社はまずありません(笑)

さらに言えば、銀行や大手の消費者金融は、貸金業者の中でもいわば「上流」にいるわけです。別にあえてブラックを相手に貸さなくても、借りたい人たちは山ほどいます。なにもリスクを冒してまで貸すメリットは何もありません。彼らにとっては、ブラックの人たちは「下流」に流れていけばいいだけの話なのです。

ブラックでも借りられる会社とは?

では、ブラックの人たちも借りられる「下流」に属する会社とはどんな会社でしょうか?それはズバリ、 街金と言われる貸金業者たちです。

彼らは大手の銀行や消費者金融では借りれなかった人たちが自分たちのところに「流れてくる」ことを知っています。ですから、そういう人たちを十把一絡げに「ブラックだから貸さない」と門前払いしていると、商売上がったりになってしまうんですね。

こうした中小の貸金業者、街金の審査基準は大手よりゆるいのが通常です。ブラックの人でもあっても、個別の事情を考慮して審査してくれるので、借りられる可能性が十分あるのです。

ただ、借りられるといっても、条件があることを忘れないでください。それは金利が高いこと、そして融資金額は少なめである ことです。

考えてみると、それもやむを得ないことがお分かりいただけると思います。お金を貸す側も、ブラックの人に貸す、ということはそれなりのリスクを背負うことになりますから、高めの金利をとることによって、リスクヘッジを行う、というわけですね。

ただ、中には大手の消費者金融なみの金利で貸している街金もありますから、ネットなどで口コミを見てみることが必要です。切羽詰まっているからといって、フラっと入った貸金業者から借りる、なんてことがくれぐれもないようにしてください。なぜなら、下に述べるように、街金を装った違法な業者もたくさんあるからです。

ヤミ金だけには気をつけて!

違法な貸金業者、俗にいう「闇金融」だけには気をつけてください。ネットなどでは、見ただけでは違いが分からないようなホームページがたくさんありますし、街金の名前を使って、借りる側を惑わすヤミ金も存在します。

特にどこからも借りられず、精神的にもプレッシャーを感じており、追い詰められている時は、うっかりと借りてしまう可能性があります。

「でも、どうやったらきちんとヤミ金を見分けることができるの?」

とおっしゃる方がおられます。方法は簡単です。合法的な街金はちゃんと貸金業者としての登録番号をもっています。それは店頭であっても、ホームページであっても同じです。まずはどんな場合でもその登録番号をチェック するようにしてください。そして、その登録番号を金融庁のホームページに登録されているかチェックすれば確実です。

ブラックになってしまうことは決して褒められたことではありませんが、再起は可能です。あきらめないでください。借りられるところは必ずあるからです。

【参考ページはこちら】
ブラックの人にもおすすめのカードローンはこちら

新着記事
TOPICS