> > > 審査が甘い緩いカードローンならブラックでも利用可?

審査が甘い緩いカードローンならブラックでも利用可?

借金の経験がある人で、返済が遅れてしまったなどの金融事故を起こした人はブラックと呼ばれています。これに該当する人はカードローンなど、借金をすることができなくなってしまいます。

では、審査が甘い緩いところでならどうなのでしょうか?やはり常識的に考えると、ブラックの人はお金を借りることは不可能なのでしょうか。

ブラックでカードローンは使える

ブラックの人でもカードローンやキャッシングでお金を借りることは可能です。審査が甘いところやゆるいところでならより確実に借金を作ることができるでしょう。

ただし、中には闇金と呼ばれる会社もあるので、その辺は自己責任となるのでブラックでも借りられるローンを利用する場合はそれなりの覚悟が必要です。

悪質な業者には気をつける

ブラックの人は通常では借金を作ることができませんが、中には金融事故を起こした人でも利用できるものも存在します。

中には闇金と呼ばれるところもあり、このようなところを利用すると悪質な利息を取られたり、過剰な取り立てにあったりすることもあるといえます。

最近は闇金と呼ばれる悪質な業者は少なくなっているようですが、まだまだ悪質な業者に引っかかってしまうという人もいます。ニュース記事を見ていると、たまに違法な利息を取られる、といったようなものを見かけることもある。

ブラックOKとなっているカードローンを利用する場合は十分注意するようにしましょう。

大手では借りられません

大手と呼ばれるカードローンはたとえ審査が甘いといわれているところであってもブラックでは借金を作ることができません。審査の申請はすることができても、ブラックというだけで断られるので金融事故を起こした人が申し込みをしてもあまり意味がありません。

ブラックになってしまったら、大手のカードローンを利用するのはあきらめましょう。
(⇒審査が緩いカードローン会社を教えて!

一生無理になるの?

ブラックになると大手のカードローンを利用することは不可能ですが、一生利用することができないというわけではありません

ブラックの情報は、原因を解消することができれば5年から10年という年月がたてば消えるようになっています。情報が消えれば大手のカードローンでもまた利用できる可能性があるのです。

一度ブラックになった人はもう一度同じ過ちをくりかえすことも考えられるので借金することはあまりオススメできません。

お金の使い方をよく考えて、自分の収入・貯金で生活できるようによく計画を立てることが大切です。

ブラックOKのカードローン

ブラックの人でも利用できるカードローンは名前を聞いたことがないマイナーな消費者金融の場合が多いです。何回も言っている通り、マイナーのところには悪徳な業者もあるので注意するようにしてください。

また、このような業者では大手の業者にはないような独自の決まりごとがあることが多いといえる。

たとえばどんなものか?というと自営業やアルバイトの人は利用できないだとか、来店しないと契約することができないなどこのようなルールが決められていることがあるのです。

そのほかにも地域限定になっていたり、振込のみでしか借りることができなかったりといったような場合もあります。

大手と違うところがいくつかあるので、詳細はよく確認しておかなければいけません。

借りられるお金も少ない

ブラックでも借金できるカードローンでは借りられるお金が少ないことが多いです。10万円以下という場合も多いので、大きな額を借りたいという人には向いていないといえます。

まあ、ブラックの人・信用情報にキズが付いている人に貸すわけですから、多額を借りられないという点は仕方のないことといってよいでしょう。通常ブラックの人には貸してくれないので、貸してくれるだけありがたいと思うべきといえます。

提出する書類が多い

大手と違うところは、提出する書類の量で、大手と比べると提出する書類が多いです。

借りられる金額と同様に、ブラックの人に貸すわけですから、慎重に審査を行うのは当然のことです。必要な書類が多いということも仕方ないことなので、全部そろえて提出するようにしましょう。

こんな人は利用できない

ブラックOKのカードローンといっても利用できない人も中にはいます。

たとえば現在借金があり、返済をしていないで放置しているとか返済が遅れているという人は利用することができません。このような人はブラックOKの業者だけでなく、大手の業者でも借金を作ることはできないでしょう。

また、自己破産をしている人も借金することはできない場合もあるので、頭に入れておくとよいといえる。

このような情報は公式サイトに書いてないこともありますが、カードローンを紹介しているサイトを確認してみるとわかります。ブラックOKのところを利用するのであれば公式サイトだけでなく、さまざまなサイトを参考にしてみるとよいでしょう。

ブラックでも大手で借りれた!?

ブラックだと大手から借りることは通常ありえませんが、ブラックでも大手から借りられた、という場合もあるかもしれません。

この場合の多くは自分がブラックだと思っていたが実はブラックではなかったという場合ですね。このようなことは少ないともいますが、大手から借りられたのであればブラックということではないので覚えておきましょう。

ブラックは判断が難しい?

ブラックリストなのか?ということは判断することが難しい場合があります。知らないうちにブラックになってしまうということもよくあるのです。逆に上記に書いたとおりブラックだと思っていたけどそうではなかった、ということもあります。

利用明細書があれば借金の管理もすぐに確認することができますが、そうでない場合管理することが難しいといえます。たまたま返済額が足りなくて引き落とされなかったということもあるので、この辺にも注意しないといけません。

一回の遅れでブラックになることはありませんが、何回も続くようだと危ないので返済できているのか、よく確認しておくようにしましょう。

ブラックになる理由で多いのは

ブラックになる理由としては、返済が遅れてしまうということが多いようです。カードローンは使ったら必ずきちんと返済しないといけないので、借金をする場合は返済が遅れることがないように気をつけなければいけません。

返済ができないからといって、別のカードローンからお金を借りて返済にあてる、ということをする人もいるようですが、一時的にしのぐことはできるかもしれませんが、また返済しなければいけないものが増えるので逆効果といえます。

複数のカードローンを持つことはできますが、借りたお金を返済にあてるということはしないようにしましょう。

公共料金の遅延でブラック?

公共料金を期日までに支払わないという人もいると思いますが、これはカードローンとは関係ありません。公共料金を支払っていないからブラックに載るということではないので、まずは安心できます。

ただ公共料金をクレジットカードなどで返済している場合、支払いが遅れてしまうとブラックになってしまう可能性があります。クレジットカードで支払いをしている場合には注意するようにしましょう。

申し込みブラックというのがある

金融事故を起こしたブラックリストとは別に申し込みブラックというものがあります。これは金融事故を起こしたということではないのですが、申し込みブラックになるとカードローンに申し込みをしても審査で落とされることになるのです。

申し込みブラックというのは

申し込みブラックというのは、短期間に複数のカードローンやキャッシングに申し込みを大量にすることでなる状態のこと。この状態になると、ほぼ審査に落ちるといってもよいでしょう。

この状態にならないために

申し込みブラックにならないためには、申し込みを少なくする、限られたところに絞って申し込みをするようにするとよいでしょう。もしこの状態になってしまっても、半年経てばこの情報は消えるので、ブラックリストよりは短い期間で借金できるようになります。

短期間に複数のところに申し込みを行う場合は、2社から3社程度に絞って申し込みをするようにしましょう。

使うところを絞るメリット

使うところを絞ればいくつかのメリットに期待することができます。1つからの借金だけなので、管理が楽という点と金利が低くなるという点といえます。

また、多重債務を避けられるというところも良いところです。

カードローンは複数持つことは可能ですが、複数のところからそれぞれ細かいお金を借りているよりも、一つのところから集中的に借りているほうが業者からの信頼が高いです。

申し込みブラックはブラックリストとは違いますが、この状態になると審査で落とされる確率が高いのでならないように注意しましょう。

ブラックでも利用可能

カードローンはブラックでも利用可能となっています。ただし大手での借入はほぼできないので、地域に密着型の業者やマイナーな消費者金融を使うこととなるでしょう。

このような業者は審査も柔軟で、審査が緩いといってもよいでしょう。もちろん借りられる可能性が100%というわけではないので勘違いはしないでおきましょう。

利用する場合は、詐欺や悪質な利息、取り立てに合う可能性があるので自己責任となります。ブラックで借りる場合は、マイナーな業者が正規の業者なのか、悪質ではないのかよく調べてから利用するようにしましょう。

借金で悩んでいる

ブラックの人は返済が困難になっていて、とても悩んでいるという人も中にはいるでしょう。このような人はカードローンなどでお金を借りることをやめて返済することだけを考えるようにしましょう。

自己破産や任意整理、民事再生といったような債務整理の手続きを行ってみてはどうでしょうか。

デメリットしかないように思えるかもしれませんが、実際に借金が無くなったり返済する額が減らせたりするのでメリットに期待することもできます。

自己破産では自宅などを処分されてしまいますが、借金はなくすことができるので、どうしても返済ができないのであれば、このような債務整理の手続きを行うとよいでしょう。

【参考ページはこちら】
ブラックでも融資可能な審査の緩いカードローンは?

新着記事
TOPICS