> > > 銀行系カードローンは多重債務の人でも借りれる程に緩い!?

銀行系カードローンは多重債務の人でも借りれる程に緩い!?

借金は複数のカードローンやキャッシングで同時に行うことができます。この状態で、また新たに借金を作ることができるのか?このような質問をしている人を見かけることも多いです。

実際のところ、複数の会社から借金をしている人は、また新たにお金を借りることはできるのでしょうか?多重債務でも借りられるのか?多重債務で返済ができなくなってしまったらどうすればいいのか?など紹介していきます。

多重債務でも借りることは可能?

カードローンは一人で複数持つことができるので、いくつかの金融業者から借金しているという人も中にはいるでしょう。このような人は多重債務と呼ばれ自分の属性や借金の状況によっては新たにお金を借りることは不可能となってしまいます。

ただ、多重債務であったとしても返済が問題なく期日に行えているのであれば借金することは当然可能です。お金を借りるなら、借金を返済できるのか?ということが重要になってきます。

  • 多重債務でも借りられるのか?

というようなことを見かけますが、現在の借金を返済できていれば借りられるし、返済できていないようであればほぼ100%審査を行った時点で断られてしまうでしょう。

銀行系ならどうなのか?

銀行系は審査が厳しいということをよく見かけますが、多重債務でも返済ができているのであれば、借りられる可能性はあります。返済していく自信があるのであれば、新たに申し込みをしてお金を借りるのもよいでしょう。

カードローンは審査が緩い?

複数の業者から借金できることを知ると、多重債務ができるカードローンは審査が緩いのではないのか?このような疑問が出てきます。よく審査が厳しいとかゆるいとか見かけるところがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

銀行系はよく審査が厳しいということが言われて言いますが、多重債務でも借りられるくらいだから、審査が緩いのではないのか、と思うかもしれませんが審査が緩いとはちょっと違うような気がします。
(⇒カードローン審査が緩い所はどこ?

多重債務の人でも返済の見込みがある人なら貸してくれるだろうし、返済の見込みがない人には貸してくれないといえます。

結局どうなのか?

すでに何回も書いていますが、多重債務でお金を借りる場合、現在の借金の状況が重要で、これによって借りられるのか、借りられないのか?ということが決まってきます。

銀行系はよく審査が厳しいとか言われているので、多重債務の人はそれなりの審査が行われると思うのでゆるいとは言えないでしょう。借りられないということではないので、多重債務での借入をあきらめる必要な別にありません。

多重債務は注意が必要

返済状況によっては多重債務が可能ですが、複数のカードローンを持つことはあまりよいこととは言えません。

今は返済ができていたとしても、時間が経過していくと返済が厳しくなっていくということも考えられます。返済が困難になってしまうこともあるので、多重債務を考えているのであればよく計画を立てておくようにしましょう。

返済が困難になるとどうなる?

多重債務をしていて、返済が困難になってしまうとどうなるのか?当然ですが新たにお金を借りることができなくなってしまいます。同時にブラックリストに情報が載ることになることもあるので、覚えておきましょう。

複数のカードローンを持っており多重債務によって返済がこんな人は「多重債務者」と呼ばれています。

多重債務と違うところは、返済ができている多重債務の人はお金を借りることができますが、多重債務者になってしまうとお金を借りることができなくなってしまいます。

多重債務者になったら

多重債務者になってしまうと、新たにお金を借りることは不可能なので、返済することだけを考えるようにしましょう。返済が困難にならないためにもよく計画を立てておく必要がありますが、多重債務者になってしまうことも少なくありません。

カードローンは便利になっていて、ついついお金を借りてしまうという人がよくいますが、借金する場合よく考えてからお金を借りるようにしないといけません。

多重債務者になったらどうする

多重債務をしていて返済が困難になってしまった時の対処方法ですが、債務整理をするという手段があります。返済が困難ということが分かったらお金を借りるのをやめて債務整理手続きをするか、返済することを考えるようにしましょう。

債務整理にもいくつかありますが、自己破産や民事再生・任意整理といった方法があります。債務整理と聞くとよくない印象があるかもしれませんが、何も悪いことばかりではないので、返済が困難で悩んでいるのであれば手続きするのもよいでしょう。

債務整理のメリットは?

債務整理するメリットはやはり、借金が減るとか金利がなくなる、借金そのものがなくなるといったところです。借金そのものがなくなる手続きは「自己破産」なので一番メリットが大きい手続きといってもよいでしょう。

どうしても返済ができない、と悩んでいるのであれば自己破産手続きの検討をしてみるとよいでしょう。

民事再生については、これは借金が減らされる手続き、任意整理というのは利息が少なくなって支払期間が延長となる手続きとなっています。

債務整理にはもちろんデメリットもあるので、こちらも忘れずに覚えておかなければいけません。

債務整理のデメリットとは?

デメリットとしてあげられるのは財産を手放さなければいけないということです。自己破産の場合だと20万円以下のものを手放す必要はありませんが、土地や自宅といったものを手放さなければいけません。

民事再生や任意整理は財産を手放さないといけないわけではありませんが、借金自体がなくなることではありません。返済は行っていかなければいけないので、返済の計画をよく立てて返済することを考えましょう。

債務整理するとブラックになる

多重債務で返済が困難になり、債務整理の手続きを行うと同時にブラックリスト登録されることになります。ブラックになるとお金を借りることはできないので、返済だけに集中するようにしましょう。

ブラックの情報は5年から7年、長くて10年間は消えることがありません。その間もお金を借りることはできないので、自分の収入に見合った生活をしていく必要があります。

債務整理でブラックになってしまったら、仕事をして収入を得てやり直しましょう。

ブラックだと一生借金できない?

ブラックの情報は5年から10年くらいは消えることがありませんが、期間が経過すれば消えます。消えれば、またカードローンなどのローンを組むことはできるので、ブラックは一生借金ができなくなるというわけではありません。

審査に影響を与えることはありますが、絶対に借りられないというわけではないので、お金に困ったときにカードローンを使うという手もあります。

とはいえ、一度債務整理をしていてまた同じ業者で契約するということは難しいので違うところの申し込みを考えるとよいでしょう。

再度使えるとはいえ

債務整理後、また新たにカードローンを使えるとはいえ、一度は返済が困難になったブラックの人がまた借りるとなるとまた同じことをくりかえすということも考えられます。

ブラックになったあともう一度ローンを組む際は、慎重に計画を立てて今度は返済が困難にならないよう十分に注意するようにしましょう。

多重債務をまとめておく

最近のローンにはおまとめローンというものがありますが、文字の通りローンをまとめておくことができます。どういうことかというと、多重債務を1つにまとめることができるのです。

銀行でも扱っているので、多重債務になっているのであれば1つのところにまとめておくとよいでしょう。

まとめておくメリットは?

メリットとしては、借金が1つのところにまとめられるので管理がしやすいということも挙げられます。複数あるとそれだけ管理も大変になると思うので、まとめておくとよいでしょう。

またまとめておけば1つのところに支払いするだけでいいので、支払いの管理も簡単になります。さらに金利もおまとめローンのところのみ支払えばよいので、利息が安くなるということもあります。

利息は意外に高くつくものなので、少しでも利息が減るのはうれしい点といえます。

まとめておくデメリットは?

1つにまとめておけるので管理がしやすいおまとめローンですがデメリットもあります。このローンは「まとめておく」だけなので借金自体が減るというわけではありません。

また、金利が低くなることもありますが、返済額自体は前よりも高くなってしまうということもあります。

まとめておけば支払いは1回だけでよいし、次の返済額は減るかもしれませんが、それだけ返済の期間も長くなるということになるのです。

返済期間が長くなれば、それだけ金利も高くついてしまうので前よりも返済額が高くなってしまう原因になってしまいます。

おまとめローンを使う場合は、以下の点には注意するようにしましょう。

  • 返済期間はどのくらいになるのか?
  • その期間の金利はどのくらいなのか?
  • 前と比べて金利は安くなるのか?

よく調べてから申し込みをしないと、あまり意味がないということもあります。おまとめローンを使う場合もよく計画を立ててから申し込みするようにしましょう。

多重債務でも借りられる

長くなってしまいましたが、多重債務であってもカードローンを組むことは可能です。審査が厳しいとか言われている銀行系でも借りられる可能性はあります。

多重債務でも借りられるからといって審査が緩いということではないのでここは間違えないようにしてください。すでに多額を借りていて、返済ができないと判断されれば借りることは不可能といってもよいでしょう。

多重債務の人でカードローンを組むのであれば、次の点に注意しましょう。

  • 今の返済は期日までに行えているのか?
  • 新たに借りて返済はしていけるのか?
  • どのくらい借りているのか?

多重債務の人でもカードローンを使えるとはいえ、使い方を守っている人のみが新たに契約できる可能性があります。返済が遅れていないとか、新たにお金を借りても返済してくれそう。

そう金融業者に判断してもらえないと借りることはできません。

現在自分がどのくらい借りているのか?収入と見合っているのかという点にも注意して、返済が困難にならないようにしましょう。

銀行は総量規制の対象外

消費者金融などが対象になる総量規制の対象にならないのが銀行系のカードローンです。対象にならないので多額を借りることができますが、借り過ぎてしまうと返済が困難になってしまいます。

総量規制の年収の3分の1というのは、返済が問題なく行えるという額になっているので、たとえ対象にならないといっても年収の3分の1以上を借りる場合には注意しないといけません。

さらに多重債務となると、返済ができなくなるというリスクが大きいので十分注意するようにしましょう。

【参考ページはこちら】
銀行の審査が通らないのは家族構成が原因なの?

新着記事
TOPICS