> > > お友達も使ってる?学生のためのカードローンはこれ!

お友達も使ってる?学生のためのカードローンはこれ!

カードローンを使っている人、使っていないけどカードだけは持っているという人はかなり増えてきているといえます。正社員で働いていないと借りられないような印象があるけど、最近のものはアルバイトやパートでもOKというところが増えてきている。

アルバイトでもOKということはそのほかの条件を満たしていれば学生でも借りられるのか?と学生の人は気になるのではないでしょうか。借りられるのか、借りられないのか紹介していきたいと思います。

カードローンは学生も使える

最近のカードローンは学生でも使えるようになっているので、金銭面で困ったときにお金を借りることができます。学生でも使えるとはいえ、若いうちから借金をすることはあまり良いこととは言えません。

カードローンはほんとに便利になっていて、お金を借りることが癖になってしまうこともあるので、学生で使う場合にも注意しなくてはいけません。もちろん、学生でない人もお金を借りる際は、返済できる範囲で借りるようにしましょう。
(⇒学生必見!銀行カードローンの申込み方法

学生でも使えるとはいえ

学生でも使えるとはいえ、すべての学生がカードローンを使えるとは限りません。当然ですが未成年の人は借りることはできないし、高校生も借りることは不可能となります。

学生でもアルバイトで収入があり、20歳を超えているという人だけがお金を借りることができるのです。この条件を満たしている人ならカードローンを契約できる可能性があるので、お金を借りたいのであれば最低限この条件は満たさなければいけません。

お金のことなので、「自らカードローンでお金を借りている」という人はいないと思いますが、友達が実際にお金を借りているということも考えられます。家庭の事情などで借りているという人も中にはいるかもしれませんね。

学生が使えるカードローンはどこ

カードローンは学生が使えるといっても、申し込み基準が決められているので使えるところは限られてきてしまいます。

「限られてしまう」というと間違えかもしれませんが、最近の大手カードローンは学生の人にもお金を貸してくれるところが多いです。

大手の銀行、消費者金融のカードローンなら学生でも契約できる可能性が高いといえます。

ショッピングに使えるクレジットカードにはカードローンの機能やキャッシング機能を付けることができるので、クレジットカードでもお金を借りることができます。

もちろん条件を満たしていれば学生でも作ることはできるので、クレジットカードを作るのもよいでしょう。学生であればお買い物も結構すると思うので、お買い物に使えるカードを持っておくのもよいかもしれませんね。

使うならどこがいいの?

学生が使えるカードローンというものは探してみると結構見かけることができますが、どこのカードを使えばいいのか?疑問に思うかもしれませんが、やはり自分で気に入ったところを使うのがよいでしょう。

ただ、中には闇金など悪質な業者もあるので、使うのであれば必ず大手の中から選ぶようにして詐欺の被害などに合わないようにしましょう。

大手のところなら安心して借りられるし、何かしら特典があるということもあるので、大手の中から使いたいカードローンを選ぶとよいでしょう。

学生ローンも使える

学生ならではのローンというものも存在します。「学生ローン」と呼ばれるものですが、学生の人だけが使うことができるものになっています。学生向けのローンとはいえ、誰でも使えるわけではないので注意しましょう。

カードローンと同様に収入が必要だし、年齢が20歳以上ということが申し込み条件になることがあるので、よく確認しておく必要があります。

お金を借りる際、親にばれることはないのか?と心配事があるかもしれませんが、使い方を間違えなければ親にばれることもありません。ただ、やはり学生でお金を借りることはあまり良くないといえます。

お金が必要なのであれば、カードローンや学生ローンなどでお金を借りる前に、両親などに相談してみてお金を貸してもらえないか聞いてみるとよいでしょう。

消費者金融か銀行系どっちが良い

学生がカードローンを使うのであれば消費者金融がよいのか?それとも銀行系がよいのか?またはカードローン機能もつけられるクレジットカードがよいのか?

正直この3つのから選ぶとなると、かなり迷うかもしれませんね。選んだとしてもその中にもいくつも金融業者はあるので、なかなか申請まで行けないという人もいるでしょう。

選ぶのであればそれぞれのメリットやデメリットなど、特徴を理解してから申し込みをしてみるのもよいでしょう。

消費者金融は学生に人気?

消費者金融は審査に通りやすいということが特徴で、借りやすいという点からすれば学生から人気といえるでしょう。

カードローンはアルバイトの人にもお金を貸してくれますが、正社員の人に比べてしまうと審査では不利になってしまいます。不利になってしまいますが、審査は通りやすいので、借りられる可能性も十分にあるでしょう。

アルバイトをしている学生であれば契約できる可能性があるので、とにかくお金を借りたいのであれば消費者金融を選ぶとよいでしょう。

消費者金融は金利が高い

審査では不利になる学生アルバイトの人でもお金を借りられる可能性がある消費者金融にもデメリットはあります。よく金利が高いということは言われていると思いますが、銀行系に比べると高い設定となっている。

金利は高くつくので、お金を借りる場合は利息までよく計算しておいて、アルバイトの収入でも問題なく返済していけるのか?計算しておくようにしましょう。

また消費者金融では総量規制の対象になり、年収の3分の1を超えてお金を貸してもらうことができません。

学生のアルバイトとなると、収入もあまり高くないという可能性も多いと思うので、収入が低いとそれだけ借りられるお金も少なくなる、ということも覚えておくとよいでしょう。

学生は銀行系でも借りられる?

最近の銀行系カードローンもアルバイトの人にもお金を貸してくれるので学生でも借りられる可能性はあります。

ただ、銀行系は審査の基準が高く、学生のアルバイトとなると借りられないという可能性も十分考えられます。審査に通ることができれば、消費者金融よりも低い金利で借りることができるので、好条件でお金を借りることができる。

審査が厳しく、学生アルバイトが審査で不利とは言え、借りられない確率が100%というわけではないので、自身があるのであれば銀行系に申し込みしてみるのもよいでしょう。

勤務年数には気をつける

カードローンは、アルバイトを始めたばかりの人でも申し込みすることは可能です。審査では勤務年数も影響してくるので、仕事を始めて間もないと審査に落とされてしまう可能性が高いといえます。

少なくとも半年くらいの勤務年数は必要と言われているので、申し込みするのであれば半年はそのアルバイトを辞めずに続けることがカードローンを使うために重要です。

学生でもお金に困っていて借金に頼る、ということが起こる人もいると思いますが、カードローンを使う場合には勤務年数には気をつけるようにしましょう。

クレジットカードは何歳から?

クレジットカードはカードローンと違って未成年でも使えるものが中にはあります。未成年といっても18歳以上となっている場合が多く、大学や専門学生といった人しか使うことはできないといえます。

クレジットカードにはカードローンの機能を付けられるので、学生の未成年でもクレジットカードを使えばお金を借りられる可能性があります。

クレジットカードをお買い物にも使えるし、使えばポイントもつくので買い物をする頻度が高い人にもうれしいカードと言えます。

クレジットカードでも審査が行われることがありますが、審査の通りやすさは銀行よりも通りやすくて消費者金融よりも通りにくいといった感じになります。金利も銀行系と同じような数値になっていることもあるので、なかなかにオススメです。

借りられる額が少ない

クレジットカードのカードローン機能を使えば、未成年の学生でもお金を借りられる可能性がありますが、借りられるお金が少ないことがほとんどです。

5万円とか10万、このくらいの額しか借りられないことがほとんどなので、借りられる額には注意しなければいけません。

まあ、借りられるお金が少ない、ということは借り過ぎて返済できなくなるということも少ないので悪い点とは言い難いです。

お買い物にも使えるし、お金も借りられる、1枚あれば2つの機能を使えるので、クレジットカードを作るのもよいでしょう。

大手ならどこも変わらない

銀行系や消費者金融、クレジットカードにも大手の業者というものがありますが、お金を借りるのであれば大手のところを選ぶようにしましょう。

  • 金利
  • 審査の基準
  • 融資額

などカードローンにはそれぞれ申し込み基準やローンの内容には違いがありますが、大手のところならあまり大差があるとは言えません。申し込みするなら、大手の中から好きなところを選んで審査を受けてみるとよいでしょう。

カードローンの扱いに気をつける

友達も使っているから、学生でも使えるからといってカードローンを使う場合には注意しないといけません。

アルバイトをしている学生では借りられるお金は5万とか10万とか比較的少ないことが多いですが、借金ということを忘れてはいけません。若いうちからお金を借りているとお金を借りることが癖になってしまうということも考えられます。

用途が自由になっているので、ギャンブルに使うお金を借りる、という人も中にはいるようですが、借りたお金をギャンブルに使うのはよくありません。お金を借りる場合は、ホントに借りる必要があるのかよく考えてから借りるようにしましょう。

よくわからないカードローン会社に申し込みしてしまうと詐欺などの被害にあることも考えられます。借りるのであれば大手の会社を使うようにして、安全にお金を借りるようにしましょう。

こんなところにも注意

カードローンを探していると、「審査なしですぐに借りられる」「金利が安い」などうまいことが書かれていることがありますが、このような所には注意しなくてはいけません。

すでに何回も書いている通り、悪質な金融業者ということもあるので違法な利息取られてしまう可能性もあるし、手を出すと痛い目にあいます。

カードローンを使う場合は、よく詳細を調べて、できるだけ大手のところからお金を借りるようにしましょう。

カードローン契約に必要なものは

何かしらの理由で学生でお金を借りたいということであれば、契約には必要な書類がいくつかあるので用意しておくとよいでしょう。

必要なものは本人を確認できる書類で、これには運転免許証やパスポート、保険証があれば問題ありません。また学生ということなら、学生証を持っていると思いますが、学生証のコピーを提出してもOKです。

必ず提出するものはこれだけですが、カードローンで契約したいのであればコピーを必ず用意しておきましょう。

当然ですが、カードローンを使いたい場合借りたお金を返済するために収入を得ている必要もあります。収入を得ていないと借りることはできないので、この点にも注意するようにしましょう。

事情がありカードローンを使うのは良いですが、使った分は期限を守って必ず返済するようにしましょう。

【参考ページはこちら】
学生は親権者同意無しでも借り入れできる?

新着記事
TOPICS