> > > 審査の緩いカードローンにおける、限度額の相場が知りたい方へ

審査の緩いカードローンにおける、限度額の相場が知りたい方へ

今日も今日とて、お金に困っている方はたくさんいらっしゃいます。

そんな迷える子羊の方達が、疑問に思っている、または知りたいと思っている情報、それを色々と紹介していきたいと思います。

特に、審査の緩いカードローンを探している人は必見です!今回のテーマは「審査の緩いカードローンの限度額の相場」です!

そもそも審査が緩いってどういう事?

まず、改めてカードローンの基本的な事をおさらいしてみましょう。

良く、カードローンやキャッシングを行う人が言う「あそこのカードローンは審査が甘い。俺でも審査通った!」なんて話。実際にはどんな意味なんでしょうか?

審査が緩いと言う言葉の意味

例えば、年収が低かったり、債務を複数抱えている様な人が、新しく融資を受けたいと思った際に、その人が消費者金融のカードローンの申込みをして、簡単にお金を借りる事が出来るか?と、言ったら勿論違います。

大抵の、低い年収や多重債務を抱えている人は、自分に融資をしてくれる会社を探す事になります。そんな人でも、融資を受けさせてくれる、そんな会社が「審査の緩い会社」と言う事になります。
(⇒審査が緩くても生活保護だと借り入れできない?

勿論、その辺を歩いていて適当に入った消費者金融会社にいきなり申込んでも、審査が通ると言う事はなかなかありません。ある程度、ネットなどの情報網を駆使して、自分が借りる事の出来る可能性のある会社を探す事になります。

審査の緩いカードローン会社とは?

では、一般的に審査が緩い会社と言うのは、どんな会社でしょうか?

実は、大手の消費者金融のカードローン会社は、審査が緩いと言われています。その理由を、紐解いてみましょう。

何故、大手は審査が緩いと言われているか?

大手消費者金融のカードローン会社に、申し込んだ人が100%融資を受けられるとは、勿論限りません。

特に先ほど書きました、「多重債務を抱えている人」は大手カードローン会社で融資を受けようと思っても、なかなか審査が通る事は無いでしょう。

しかし、派遣社員や、低収入の方、主婦、パートの方などの、収入などに若干の不安がある人でも、大手の消費者金融のカードローン会社は融資をする場合が多いのです。

それは、大手の消費者金融のカードローン会社が、それらの人に適したカードローンの商品をある程度準備しているからです。

逆に、中小のカードローン会社の場合、年収等の理由で、多重債務を抱えてない人でも審査に落ちる場合があります。中小のカードローン会社は、商品のバリエーションが少なく、前述した収入に不安にある方に対応していない事があるからです。

つまり、条件によっては、大手の消費者金融カードローン会社は審査の緩いカードローン会社、と言う事になる訳です。

多重債務者が融資を受けやすいのは?

では、大手のカードローン会社以外に目を向けた場合、どう言った条件が審査の緩い会社、と言う事になるのでしょうか?(こちらもご参考に→様々な金融会社のカードローン情報はこちら

先に書いた通り、多重債務を抱えている人が融資を受けたいと考えた場合、大手の消費者金融カードローン会社に申し込むのは、あまり良い手段とは言えません。

理由は、そう言った多重債務の情報などは「個人信用情報」と言う名目で、大手の消費者金融カードローン会社各社で、情報を共有しているからです。

年収などの条件で、多重債務を抱えている全ての人が融資を新しく受けられない訳ではありませんが、大手の消費者金融カードローン会社に新たな融資を申し込む多重債務者はあまりいない傾向があります。

そこで、登場するのが、情報共有の外にあるカードローン会社、と言う事になります。これは、大手ではなく、中小の消費者金融カードローン会社や、地方などで独自の審査基準を設けているカードローン会社が該当します。

当然、それらのカードローン会社に申し込みをしても、多重債務者が100%新しい融資を受けられる訳ではありませんが、普通に大手のカードローン会社を利用するよりかは、確率が上がる、と考えた方が良いでしょう。

限度額が低い=審査に通りやすい?

次に、審査の緩い会社について考えた時に、限度額に関して着目してみましょう。

今は、大手の消費者金融カードローン会社であれば、限度額はそう会社による差は目立ってありません。

稀に、消費者金融カードローン会社なのに、銀行系のカードローン会社と同じ様な限度額を提示しているところもありますが、あくまでそれは少数の会社であると言って良いでしょう。

消費者金融カードローン会社で、中小な部類に入ったり、地方で地域密着系のカードローン会社をやっているところの一部では、限度額が極端に低い商品を持つところがあります。これらの会社について検証してみましょう。

限度額の低さが逆に強みです

そうした会社の場合、逆にその限度額の低さが強みになる事があります。と、言うのは、今の世の中、消費者金融のカードローン会社は経営がキツイと言われています。

そうなってくると、各社、何かしらの強みを持たなくてはなりません。そこで、一部のカードローン会社では、限度額をあえて低い設定にしているのです。

限度額が低いと、「もっと高い金額を借りたい!」と思う人は多数います。そう言った人には、そのカードローン会社は融資を受ける選択肢として外されてしまい、経営が厳しくなります。

しかし、これらの会社の強みは審査の緩さです。限度額が低いカードローン会社は、高い金額を借りようと考えている人には対象外ですが、その限度額で問題ない、それよりも何としてもお金を借りたい!と考える人をターゲットにしている様です。

一般的な相場として、10万円~50万円程度が、それらの審査の緩いと言われるカードローン会社が設定している限度額です。多重債務者にとっては、焼け石に水、と言った金額の人達も大勢います。

ところが、金額的に多少不満でも、融資をしてくれる会社はありがたい!と言う事で、多重債務者が返済の足しにこう言った会社を利用するというケースが結構あるんです。

そう言った人達から、「限度額が低いカードローン会社は、審査が緩い」と言う見解が生まれた様です。審査の緩いカードローン会社の限度額の相場は50万円以下、と認識すれば良さそうです。

審査に通らない人の救世主?おまとめローン!

以上で述べてきた、お話は、基本的に消費者金融のカードローン会社のお話です。審査の緩いカードローン会社として、限度額の低い会社がそれに該当する事を伝えてきました。

しかし、銀行系のローン会社に目を向けると、多重債務者にとっての救世主的存在とも言える、ローンの商品がある事をご存知でしょうか?

その名は「おまとめローン」

あまり、カードローンの知識が無い方でも、聞いた事があるであろう、商品。それが「おまとめローン」です。

主に銀行系のカードローン会社が行っているサービスで、多重債務を抱えている人や、クレジットカードなどでのショッピングで、月々の支払いがキツイ人が基本的に対象です。

文字通りのサービスで、多重債務を抱えている人が、債務を一本化する事で、返済の金額を抑える事が出来る様になります。

例えば3社にお金を借りているAさんの借金総額が150万円とします。3社それぞれで、返済の際の利息も変わり、毎月の支払いにAさんは追われています。

そこで、Aさんは友人の勧めもあって、とある銀行のおまとめローンを利用する事にしました。Aさんは、かなり返済がキツくなっており、別の消費者金融のカードローンで新たな融資もこの時、考えていました。

しかし、その行為は典型的な自転車操業的借金の仕方になり、このままでは、Aさんは破産への道を歩んでしまう事になりそうでした。

ところが、とある銀行のカードローンの商品の一つである、おまとめローンの申込みをしたところ、あっさりと審査に通ってしまいます。友人の勧めで申込んだおまとめローンでしたが、多重債務が一本化した事で、月々の支払いが激減したのです。

以上の例の様な、おまとめローンの利用で、多重債務者はかなりの数、路頭に迷わずに済んだと言う話です。

おまとめローンのメリットとは?

おまとめローンは、基本的に、銀行の商品として扱われている事がほとんどです。

その為、これらのおまとめローンは、まず、金利が通常の消費者金融のカードローンと較べてかなり安くなっています。

また、消費者金融のカードローンには、「総量規制」と言う法律が存在し、「年収の3分の1以上の金額は融資されない」と言う制限があるのです。

しかし、これは銀行のカードローン等には適用されない為に、多重債務の結果、利子を含めて自分の収入の3分の1以上の金額だとしても、融資を受ける事が出来るのです。

この、年収の3分の1以上の金額が融資されるのは、おまとめローンのメリットの一つと言えるでしょう。

そして、おまとめローンは、銀行系のカードローンの商品ですので、限度額も驚きの高さです。先に書いた通り、消費者金融カードローンは「総量規制」の制限を受ける為に、年収の3分の1以上の金額を借りる事が出来ません。

ですので、消費者金融カードローンでいくら限度額が高くても実際に融資を受ける金額は決まっていました。ところが、おまとめローンは「総量規制」の対象外の為、限度額がそのままあなたがお金を借りる事の出来る金額となります。

「おまとめローン」の限度額の相場は、低くて500万円程度、高くて1000万円と言ったところが相場の様です。

以上、審査の緩い消費者金融のお話と、「おまとめローン」のお話をしてきました。あなたがお金を借りたいと思った時に、今回の記事が何らかのお役に立てられる事を望みます。

【参考ページはこちら】
審査が簡単で早い!りそなのクイックカードローン

新着記事
TOPICS