> > > 【退職とカードローンの関係】退職後も使えるカードローン一覧

【退職とカードローンの関係】退職後も使えるカードローン一覧

仕事を退職した後、今現在利用してるカードローンがある場合にはどうなってしまうのか、不安になってしまう方も多いのでは無いでしょうか。

カードローンの返済もまだ済んでないのに、結構ピンチなのかな…と思ってる方がいましたら、是非読んでいただきたい記事となってます。

退職とカードローンの関係とは

仕事を退職した後、今現在利用中のカードローンの行方について、不安になってしまう方はかなり多いようです。

結論から言いますと、基本的に今現在契約中のカードローンに関しては、返済が出来ない状況にならない限り、そのまま借りていることが出来る所が多いです。

もし、遅延などを何度か行ってしまったりすると、借りられる限度額を減らされてしまったりする恐れも出てきますので、返済の遅延には必ず気をつけるべきですね。

退職後のカード会社への申告は必要?

カードローンの規則的に説明していきます。

カードローンの会社の規則からすると、退職した場合には、借りてる会社に連絡する事になってる所が殆どなようです。

連絡をしたからと言って、カードローンのカードがその後使えなくなると言う事は、ほぼありません。

限度額が減ると言う事はあったとしても、使用出来なくなると言う事はありませんので、返済の遅延をしない限り特に問題は無いでしょう。

また、現在借りてる借金をすべて返済してと言われる事もありませんので、退職したからと言って、焦る事はありません。

人の心理としては、退職したからと言って、カード会社に言わなければわからないだろう。と言うものがあります。

実際の所、退職してもカード会社に伝える人と言うのはごくわずかです。

なぜかと言うと、利用の停止や利用の制限を恐れる為です。

退職後に、カードローンまで利用の制限をされてしまったら、もう生活していけない。と考える人も多いでしょう。

また、何かの時の為の保険の為に、カードローンがあれば安心と言う方も、中にはいるでしょう。

何かの時の保険の為に、カードローンを持っておくのは、賢い選択と言えます。

必ず返済の期限を守っていれば、退職したからと言ってカードローンの利用を制限される事は無いので、そこまで不安にならなくても大丈夫でしょう。

退職と信用情報機関について

それでは、会社を退職した事を、カード会社に申告した場合はどうなるのでしょうか。

まずはじめに、カード会社に退職の連絡をすると、カード会社に登録されている情報が書き換えられます。

更に、信用情報機関の情報も変えられる事になります。

どういう事かと言いますと、信用情報機関には、個人情報の他に、勤め先などの情報も記載されてる為です。

勤め先などの情報が、一度削除される事になります。

また、新たに仕事についた時に、カードローンの会社に連絡する事によって、新たな勤め先の情報が記載される事になります。

就職先が万が一アルバイトだったとしても、カードローンの会社には、申告しておく事をお勧めします。

なぜなら、無職の状態よりも、アルバイトの状態の方が増額融資などの時に有利に働く為です。

個人事業主になる場合も同様で、屋号などを申し出る事によって、そのまま信用情報機関に登録される事になります。

退職した事を申し出る方は、先述の通りあまりいないようですが、カードローンには契約の更新がある為、その時にわかってしまう場合もあります。

カードローンの契約更新とは

何か契約事項に変更があったとしても、借りてる側からは、殆どの場合カード会社に連絡をしないのが常です。

その為、カードローンの会社側で契約の更新を行い、借りてる方の情報に変更が無いかを確認する事を契約の更新と言います。

  • 住所や電話番号などの個人情報に変更は無いか
  • 職場を変わっていないか
  • 新たに他社から借入をしてないか

これらの事を確認する為に行うのが、契約の更新です。

住所や電話番号を変更しても、カード会社に連絡しない方が殆どです。

その為、カード会社側から連絡を取りたくても取れない場合があったりします。

そうならない為にも、なるべく頻繁にカード会社側から契約の更新などを行い、情報の確認を取る事になります。

職場についても同様です。

退職して無職の状況になっていれば、返済に滞りが生じてしまう恐れも出てきます。

また、銀行系のカードローンであれば大丈夫ですが、消費者金融系の場合は無職の方にお金を貸す事は出来ない規制があります。

その為、消費者金融系の場合は特に念入りなチェックが必要になってきます。

新たに他社からの借入があるかどうかも重要になってきます。

こちらも、消費者金融系の場合には、年収の3分の1までしかお金を貸す事が出来ない為です。

一箇所のカードローンだけでは無く、すべてのカード会社を合わせて年収の3分の1までなので、情報の確認が重要になってきます。

他社からの借入額などの情報は、すべて信用情報機関で情報が共有されている為、すぐにわかってしまう事になります。

基本的にカードローンの契約の更新は、1年に1回の場合が多いようです。

その際に、職場などの変更は無いのかの確認がされたりする事になります。

退職後も利用可能なカードローンとは

それでは、退職後であっても利用可能なカードローンは、どのようなカードローンになるのでしょうか。

消費者金融系のカードローンと言うのは、仕事をしていない方は契約する事ができませんので、無職の方は消費者金融系からは借りられないと思って良いでしょう。

総量規制と言う法律があり、総量規制により無職の方は消費者金融からお金を借入出来ない仕組みになってる為です。

退職後に、カードローンを契約したいと言う場合には、消費者金融系では無く、銀行系のカードローンの審査の申し込みをする事で、利用可能となります。

勿論、100パーセント誰であっても利用可能と言う訳ではありませんが、利用出来る可能性もありますので、銀行系のカードローンの中から探すと良いでしょう。

銀行系カードローンの選びかたとして、一番おすすめの方法は、安心して借りられる会社を選ぶ事です。

なぜなら、一度借りたら、まとめて返済しない限り、しばらくの間カードローンとのお付き合いが続く事になりますので、カード会社選びはとても重要になってきます。

安心して借りる事が出来る所じゃないと、色々な不安がつきまとう事にもなってしまう為です。

大手のカードローンなどは、実際に借りた人の間で安心して利用する事が出来ると大変有名だったりします。

それもその筈、大手のカードローンであれば、きちんと法律を遵守して営業されてますので、法外な利息を請求される事もありませんし、秘密厳守で借入する事が出来ます。

また、

返済も数千円からで良かったりと、楽な返済金額が設定されてたりする為、大変安心です。

返済シミュレーションなども事前にする事ができ、インターネット上から自分の返済について確認する事も可能です。

たとえば、今月○円返済した分の元本はいくらになってるのか、利息分はいくらなのか、そして、残り残債はいくらになるのか、などを確認する事が可能なのです。

返済も、いろいろな銀行などのATMと提携されてる場合が多く、返済しやすいと言う事が話題にされています。

審査なども甘めの所が多いので、大手のカードローンを利用する事で、退職後でも安心してカードローンの審査の申し込みも可能となるでしょう。

  • 大手の銀行系カードローン会社
  • 審査も甘めのところ
  • 金利も低めの所
  • 返済が楽な所
  • 安心して借入出来る所

これらの条件を満たしてるのが、大手の銀行系カードローンと言えるでしょう。

退職後にお勧めのカードローン一覧

それでは、退職後にお勧めのカードローンの会社をご紹介します。

実際に退職後にカードローンを利用するなら、ここがおすすめのカードローン会社です。

会社 系統 特徴
三菱東京UFJ銀行バンクイック 銀行系カードローン 最短即日融資が可能
オリックス銀行カードローン 銀行系カードローン 最高800万円まで融資可能
新生銀行カードローンレイク 銀行系カードローン 審査結果を画面上に表示

これらのカードローンであれば、総量規制の範囲外になる為、安心して借入する事が可能です。

退職後であっても、無職の方でも借りる事が出来る為、カードローンを利用したいという方は、まず審査からでも受けてみてはいかがでしょうか。

【参考ページはこちら】
銀行カードローンなら無職でも借りられる?

新着記事
TOPICS