> > > しんきんでお金を借りるメリットはこれだ!

しんきんでお金を借りるメリットはこれだ!

キャッシングが大人気の昨今、消費者金融だけでなく、銀行までもがカードローンに力を入れており、消費者金融と並んで人気のカードローン商品を提供しています。

そのためカードローンを選ぶ際の選択肢も広がりつつありますが、実はもうひとつ、カードローンの選択肢としてのおすすめがあるのです。

それはしんきんのカードローンです。銀行との区別がつきにくいしんきんですが、実は両者には大きな違いがあり、カードローンもそれぞれに違っているのです。

では、しんきんでお金を借りるメリットは何なのか?その理由に迫ってみたいと思います。

しんきんとは

そもそもしんきんこと信用金庫とは、地域の人々が利用者、もしくは会員となって協同で運営する組織であり、互いに地域繁栄のための総合扶助をすることを目的としています。

つまり、利益を目的とする銀行や消費者金融とは、根本的に経営理念が違っているのです。地域の人々による運営形態ですから、しんきんは地域ごとに全国に多数存在し、その地域限定での営業を行っているのです。

しかし、利用者のほとんどは、銀行と同じように日常的に利用をしていますよね。実際、口座を作ってお金を預けたり、引き落としや振り込みに利用したりと、日常的な利用法は銀行とほとんど変わりはありません。

利用者の意識も、そうした違いを感じることはまずないでしょう。

それはお金を借りるうえでも同じことがいえます。各ローン商品なども銀行と内容はほとんど変わりはありませんし、金融機関としての雰囲気も、地方銀行とほぼ同じといって良いでしょう。

では、銀行としんきんでは具体的に何がどのように違っているのか、それを次の項において詳しくご説明していきましょう。

銀行としんきんの違い

まずは両者の大きな違いを分かりやすく表で表してみると、次のようになります。

特徴
銀行
  • 営利法人の株式会社である
  • 銀行法を根拠としている
  • 取引先は主に企業である
しんきん
  • 非営利法人の協同組織である
  • 信用金庫法を根拠としている
  • 取引先は主に中小企業・個人である

おおまかにはお分かりいただけましたでしょうか。では、さらに詳しくご説明致しますと、銀行というのは普通の株式会社であり、営利目的とした営業を行っている一般企業です。

それに対し、しんきんというのは、地域の利用者・会員が地域繁栄のために総合扶助を目的として営業している協同組織の金融機関なのです。ここで銀行と大きく違うのは、しんきんは非営利法人であるということでしょう。

銀行が会社の利益のために営業しているのに対し、しんきんは地域社会の利益のために営業しているわけです。ですから営業地域はそれぞれの地域に限定されており、そのために全国各地に多数存在しているのです。

取引相手としても、銀行が企業を中心としているのに対し、しんきんは中小企業・個人を対象としているのです。

しんきんのカードローンの特徴

しかし、基本的に営業理念は違っても、預金などで利用するうえでは、銀行としんきんに大きな違いはありません。それでは、お金を借りるという面ではどうなのでしょうか。

都市銀行だけでなく、地方銀行にももちろんカードローンはありますが、しんきんにもそれぞれにカードローン商品があります。では全国のしんきんの中からランダムにピックアップし、おおまかなカードローン商品の内容を表にしてみましょう。

しんきん名 最大限度額 金利
世田谷信金 100万円 11.0%
湘南しんきん 500万円 4.8%~14.5%
愛知信金 50万円 13.0%
大阪信金 50万円 14.0%
広島信金 100万円 8.0%~12.5%

どうでしょう。しんきんというのはそれぞれに借入限度額や金利が違っています。そもそも地域に密着した金融機関ですから、ローン商品も多種多様で、バラエティに富んでいるのです。

カードローンだけをとってみても、この表に表したもの以外にも何種類ものカードローン商品を提供しているしんきんもあります。

また金利も、この表に載っていないしんきんでは、そのしんきんの所定利率という変動金利のカードローンも多く、その時々で金利が違ってくるのも大きな特徴といえるでしょう。

では、そんなしんきんのカードローンの特徴をまとめてみると、次のようなものになります。

  • 多種多様の商品
  • 固定金利・変動金利の両方がある
  • 各しんきんによってサービスが全く異なる
  • 審査が若干厳しい

といった感じでしょうか。

まず大きな特徴としては、銀行とも違うだけでなく、さらに各しんきんによってもカードローンの中身は全く違っていることでしょう。全体的なサービス面では地方銀行とよく似ており、地域密着型の商品が多いのも特徴です。

そして、消費者金融や銀行のカードローンが利用金額による固定金利であるのに対し、その時々で変わる変動金利を採用していたり、また利用金額に関わらず一定の固定金利を採用していたりと、金利面でもそれぞれのしんきんによって違っているのです。

そして、審査面では消費者金融などと比べて、若干厳しい傾向にあるようです。もっとも審査基準は変わりませんし、審査時間もそれほど長いわけではありません。

デメリットといえるほどではありませんが、これもしんきんの特徴として頭に入れておくと良いかもしれません。

しんきんでお金を借りるメリット

では、そうしたカードローンを含め、しんきんでお金を借りるメリットとは何なのでしょうか。その最も大きな理由は金利が低いということだといえるでしょう。

消費者金融に比べて銀行は低金利ですが、しんきんはそれと同じくらいか、もしくはそれ以上に金利が低いのが特徴です。そこにこそ、営利目的の銀行との違いが表れているといって良いでしょう。

しんきんはあくまでも地域社会のために非営利で営業していますから、あらゆる面で利用者に優しい金融機関なのです。

さらに地域密着型の金融機関なので、信頼性が高いのも大きなメリットですね。特に、窓口業務重視の対人の手続きなどが、年配の方々にとっては安心出来るのではないでしょうか。

もちろんお金を借りる際にも、地域に根付いたしんきんなら安心です。それがしんきんのカードローンを利用する大きなメリットなのです。

大手消費者金融や都市銀行といった人気のカードローンでは、知名度も高く、インターネットやコンビニといったツールを駆使した利用が出来ます。スピーディーで利便性が高いこと、またサービス面ではかなり充実しています。

しかし、そうした大手カードローンには無い魅力を持ち合わせているのがしんきんなのではないでしょうか。ですからカードローンを利用するのに、どこにしようか迷っている方には、しんきんという選択もおすすめしたいのです。

サービス面では大手に比べて多少劣るものの、低金利という大きなメリットもありますし、何より地域密着型の金融機関だという信頼性と、地域限定の営業ならではの柔軟な対応が魅力でしょう。

お金を借りる時のもうひとつの選択肢として、メリットの大きいしんきんも是非加えてみてはいかがでしょうか。ひとりひとりのそうした利用が、地域の発展へとつながり、さらに大きなメリットへとつながっていくことでしょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融会社の方が審査が緩いってホント?

新着記事
TOPICS