> > > 転職直前のカードローン申し込み、申告は必要?不要?

転職直前のカードローン申し込み、申告は必要?不要?

カードローンを申し込むときには勤務先を記載します。そして、今の勤務先にどのくらいの期間勤めているかということについても申告しなければいけません。それが当然審査のときに参考にされるという事は知っている事でしょう。そして、勤続年数が長くなれば審査で有利になるという事も知っているかもしれません。

今の勤務先に長く勤めていても転職が決まっていてすぐに今の勤務先を辞める状態にある、そのタイミングでカードローンを申し込む場合転職することについて申告する必要があるのでは?そして審査で不利になるのでは?と不安に感じているかもしれませんが、すでに決まっている転職について申し込み時に申告する必要は無いのです。

勤務先の記入はなぜ必要?

カードローンを申し込む際に氏名や住所、電話番号等の連絡先を記入しなければいけないという事について、疑問を持つ人はいないでしょう。どこの誰にお金を貸すのか、確認したことが出てきたとき、もしくは万が一返済が滞ってしまえばどこに連絡を取れば良いのか、それを知るために必要な情報だと言えます。

ですが、申し込み書には勤務先の記入も必須となっています。年収さえ申告していればどこに勤めているかなんて気しなくても良いのではないか、そう思ってはいませんか?実はカードローンを扱っている会社にとって勤務先を把握することは重要な事項の1つになるのです。
(⇒職業別に考える!利用できるカードローン

勤務先、そして勤務形態を知ることの重要性はいくつかあります。

  • 勤務先の業種・業界から収入の安定度を把握する
  • 勤務形態から収入の安定度を把握する
  • 勤続年数から収入の安定度を把握する
  • 万が一の際の連絡先として把握する

勤務先がどこなのか、どの業種・業界なのかを知ることで経営状態、景気、生涯賃金等をざっくり把握することが可能となります。公務員であればリストラの不安はありませんし、大企業なら勤続年数が高収入が見込めます。カードローンを利用するにあたって収入の安定というのは重要です。返済能力を判断するもっとも重要な要素だと言えるでしょう。

また、通常は自宅や携帯電話等にカードローン会社から連絡をすることになりますが、どうしても連絡がつかないという場合は勤務先を知っていることで本人と連絡を取る手段がある、という事にもなります。

勤務先を知る事は収入の安定性を判断するために重要である
また、万が一の時の連絡先として把握しておくことで
本人と連絡が取れないという事態を避けることも可能

カードローンを利用するにあたってカードローン会社が勤務先を把握しておくことは必須であると言って良いでしょう。

転職直前なこと伝えるべき?

もしカードローンを申し込む時期が転職直前、つまり今の勤務先を辞める直前である場合は、申し込み時に申告する必要があるような気もします。収入を得る先が変わるわけですからカードローン会社にとっても重要な事であることに変わりはありません。ですが、転職直前という点についてカードローン申し込み時に申告する必要は無いのです。

転職してしまえば収入も変わってしまうでしょうし、勤続年数が長い=安定という判断になったのであればその勤続年数も0になってしまいます。審査で参考にする要素が変わってしまうという事なので事前の申告が必要な気もしますよね。ですが、カードローンの申し込みに当たって重要なのは「虚偽の申告をしない」という点です。

今の勤務先、勤続年数、そして年収が事実であるのであれば問題ないというわけですね。ただし、勤務先は在籍確認で電話をする機会がありますし、万が一の時の連絡先として利用される可能性もゼロではありません。

転職後はタイミングを見てカードローン会社に勤務先変更の連絡をしておくようにするのが望ましいでしょう。最初に設定された限度額は転職したからと言ってすぐに引き下げられるということはないでしょうが、更新時に限度額の見直しが行われる可能性はあります。

カードローンを利用できるようになるのは、あくまでも今のスペックで審査が行われた結果であるということを認識しておきましょう。転職後のスペックで審査を行うことになれば、現在無職の人が就職内定を得たという条件でも利用できる可能性が出てきてしまいます。それは難しいですよね。

カードローンの審査時に転職直前であることを申告する必要は無い
ただし、転職後は転職したことをカードローン会社に連絡する必要はある
集乳や勤続年数が変わることで更新時に限度額が見直される可能性はある

更新時の審査とは

カードローンの更新時に限度額が変更となる可能性があるという事はお話ししました。しかし、更新時の審査についてどの様なことが行われるのかという事は知っていますか?まず、カードローンには利用期間というものが設定されています。この利用期間内であれば自由に利用できるというものです。

利用期間が終了となれば利用停止になる、ということにもなるのですが、カードローンは基本的に利用期間は自動更新されることとなっています。つまり、何も問題が無ければずっと利用し続けることが可能というわけです。このとき、継続して利用できるかどうかを判断するのが更新時の審査なんですね。

更新時の審査は新規申し込みで行われた審査と同様のものです。現在の債務内容、収入、勤務先、勤続年数、そしてカードローンを問題なく利用することが出来ているかという点をチェックされます。

ここで信用度が下がっていると判断されれば利用限度額を引き下げられてしまう、もしくは利用停止となり契約終了となってしまうこともあるわけですね。更新時にどのようなスペックにあるのかという点が重要になるわけです。自動更新されるからとい気を抜かず、返済の遅れ等信用に欠けると判断される行為が無いよう十分注意するようにしましょう。

変更があったら連絡すべき事とは

申し込み時と状況が変わるという事は起こり得ます。勤務先の変更というのも1つですが、他にも自分のスペックが変更となる事はあるはずです。結婚、転勤、引越し、色々タイミングはありますよね。

もちろん、結婚しました、なんていうことをカードローン会社に連絡する必要はないわけですが、変更時には連絡すべき点というものもあります。どういう点があるかチェックしておきましょう。

  • 姓の変更
  • 住所の変更
  • 勤務先の変更

これらの変更があれば、出来るだけ早くカードローン会社に連絡をしてください。本人への郵送物が届かない、電話がつながらないということになればカードローン会社も困る場面が出てきます。

毎月しっかり返済しているつもりが何かの原因で返済していないことになってしまっている、そういった連絡・確認が一切出来ないことになってしまいます。また、ケースは少ないですが金利の変更、合併等の案内、貸し付け停止連絡等が来ないとは言い切れません。

何か変更があれば役所や金融機関での手続きはしっかり行う事かと思います。それと同様に、カードローン会社への変更連絡もするようにしておきたいですね。

トラブルなく利用するためには

カードローンを利用できるようになったわけですが、カードローン会社とトラブルを起こすようなことがあれば利用停止になる可能性が出てきます。せっかく利用できるようになったのにもったいないですよね。トラブルを起こさないようにするために注意すべき点がいくつかありますので、それをしっかりと認識しておきましょう。

  • 返済の遅れ、延滞をしないようにする
  • カードローン会社からの連絡を無視しない
  • 申し込み時から変更した事項があれば連絡をする
  • 利用明細をチェックし自分の利用履歴について把握しておく

最も重要なのは返済に遅れない、延滞をしないという点でしょう。カードローン会社は信用することでお金を貸してくれているわけですが、返済が遅れてしまうようなことがあれば信用できなくなってしまいます。延滞を繰り返すようなことがあれば利用停止とする権限もカードローン会社は持っているのです。

返済が自動引き落としでないのであれば、返済日、そして返済金額をしっかりと意識して遅れがないように十分気をつけておきましょう。そして、自身の情報に変更がある場合はカードローン会社に連絡をすることも忘れてはいけません。

連絡が取れないということになれば、きちんと返済をしていたとしても所在が取れない以上信用してお金を貸すことが出来なくなってしまいます。つまり、利用停止となってしまう可能性も出てきてしまうわけです。

利用明細の把握は重要!

カードローンはカードと暗証番号さえあれば自由に利用できるものですから、カード管理、そして暗証番号の管理もしっかりしておく必要があります。毎月の利用明細をしっかりと確認し、身に覚えがない利用が無いかどうかも把握しておきたいですね。

自分が利用していないことを証明するのは簡単ではありません。それでカードローン会社と争う、専門家を入れる、警察にも頼らなければいけないでしょう。そういう事態が起きないように、起こってしまった時に速やかに気付くことが出来るようにチェックしておいてください。

利用明細は自宅へ郵送されてくるという方法ではなく、ネット上で確認する、ATM画面で確認するという方法も増えてきています。郵送物が自宅に届けば確認する機会もあるでしょうが、自分でチェックしなければいけないようであれば面倒だと避けてしまいがちです。毎月1回は利用状況をチェックする、そう決めておくと良いですね。

【参考ページはこちら】
転職したて・就職したばかりでもカードローン使える?

新着記事
TOPICS