> > > 徹底的に比較!審査が厳しいカードはドコ?

徹底的に比較!審査が厳しいカードはドコ?

何かと便利に使うことができるカードローン。いろいろな出費に対応できるので住宅ローンやフリーローンなど数あるキャッシングの中でも利用者が多いことが特徴です。しかし、カードローンを使うにはそれなりの審査を受けなければなりません。

カードローンの審査あれこれ

「審査が厳しいと申し込みが心配」などという声をよく耳にしますが、審査はお金を借りる前にきちんとお金を返せるひとかということを判断するために行うものです。なので、ある程度の厳しさがあるというのは普通のことなのです。

カードローンの審査と基準

審査をして返済に関して問題のない申込者であるという判断を下されるには、ある程度の収入を安定して得ている必要があります。

ある程度の額を借りたら、一定の期間の中で毎月すこしずつ返済していかなければなりません。返済金額には借り入れた分の金額だけではなく、金利の分も含まれて返さなければならないので、借りるためには返せるだけの収入が必要なのです。

なので、審査の基準としては、借りた分のお金を分割した金額とその日数分の金利を合わせた額を毎月確実に返済していく能力があるかどうか、がポイントです。

在籍確認も大事な審査のひとつ

カードローンの審査といって多くのひとが頭に浮かべるのが「在籍確認」。銀行などから会社に電話が掛かってくるものが一般的なので、会社のひとにキャッシングを申し込んだのが知られてしまうのではと、敬遠するひとが多い審査のひとつです。(こちらもご参考に→審査基準が緩いカードローンを教えて!

この在籍確認が大切な審査となっている理由は収入に関係があります。

必要書類に収入を記入する欄があり、審査の担当者はその申告してきた収入や勤務先を総合して返済能力があるのかどうかを判断するという形をとりますが、収入も勤務先も書類の時点ではあくまでも自己申告の段階。本当かどうかの確認が必要なのです。

その確認作業の段階まで来たのが「在籍確認」です。ここでは申告された会社に籍があるかどうかを確認出来たら、あとは本人の名前、住所、そして確かにカードローンを申し込んだのが本人であるかどうかの確認をします。

中には家族の名前を勝手に使って多額のお金を借りるというケースも存在するので、そんなトラブルを未然に防ぐためにも在籍確認を行っているのです。

在籍確認の際の周りへの配慮については担当者も徹底しているので、あえて会社名を名乗ったりはしません。あくまでも自身の名前だけを告げて、申込者がその会社にいるのかどうかを確認するだけなのです。

銀行系カードローンの特徴

審査が厳しいと言われているカードローンといえば銀行です。カードローンには種類があり、銀行で扱いのあるものを一般的に「銀行系カードローン」と呼んでいます・

銀行が厳しいワケは?

銀行系カードローンの特徴は、その安全性と低金利であることですね。しかし、審査に対して慎重に進めるため、多少の厳しさがあるカードローンでもあります。銀行のカードローンは何故、審査が厳しいのでしょうか。

その答えは、融資金額の大きさにあります。

カードローンに限らず、キャッシングやローンには融資可能金額というものが設定されています。それが銀行系カードローンの場合はとても大きい金額に設定されているのです。

みずほ銀行カードローン

例えば、カードローンの中でも特に融資金額が大きいとされている「みずほ銀行カードローン」ですが、このカードローンの最大融資可能金額は1000万円。しかし、これだけの融資を可能にするには借り入れる側にもそれなりの収入がなければならないものです。

この融資可能金額が大きいカードローンの審査基準が緩くなってしまったら、ということを想像してみて下さい。借入可能になるひとは増えますが、それだけ返済に困るひとも増えてしまうということになり兼ねないのです。

1000万円のお金が借りることが簡単にできたとしても返済は簡単には行きません。期間を設けて返済していくということは1000万円以上の返済総額が必要ということになります。

前年収が大事なりそな銀行

1000万円ほどではありませんが、「りそなプレミアムカードローン」も融資金額が大きいことで有名です。(こちらもご参考に→選べる10コース!りそな銀行カードローン

融資可能金額は最大で800万円。もちろん銀行ならではの低金利のカードローンです。しかし、こちらのカードローンの利用条件も、借入に見合った収入がないと借入ができません。

申込条件としては前年の年収が最低でも400万円あることが借入の条件です。他の銀行のカードローンを見ても前年の年収額を明確に示しているところは少ないので、りそな銀行を参考に他のカードローンの商品をチェックするのも良いと思います。

カードローンだからこそ厳しい

以前はお金を借りるには、保証人や担保を用意することが普通でした。しかし、カードローンは銀行で扱っているものでもその多くが「担保・保証人不要」です。

担保や保証人を用意する必要がないということは、返済が苦しい状態に陥ってしまったとしても代わりに借りたお金を清算してくれる存在がいないということです。借りたお金はすべて自分で何とかしなければならないので、それなりの審査は必要なのです。

銀行が低金利と言えど大きな金額を借りれば苦しい返済となることは目に見えています。

銀行も利用者が返済をしてくれなければ、金利で利益を出すことができません。返済が滞るような可能性があるひとにお金は貸すことができないというのは当たり前であると言えるでしょう。
みずほ銀行 りそな銀行
1000万円で担保・保証人不要 800万円で担保・保証人不要

消費者金融系カードローン

銀行系カードローンとは区別して扱われているのは、消費者金融系カードローンです。これは名前の通り所謂、消費者金融のカードローンです。

貸付額が大きな会社は厳しい

銀行より借りやすいとされている消費者金融系カードローンも貸付金額が大きいプランがたくさん用意されています。

貸付金額が大きいものだと、やはり銀行と同じく審査に通るのは厳しい場合があります。特に消費者金融に適用される「改正貸金業法」では、利用者の年収額に対しての決まりが設けられています。

「改正貸金業法」では「総量規制」が設けられており、消費者金融などといった貸金業者側が守らなければいけないことに、申込者に対して「年収の3分の1以上の貸付をしてはいけない」という決まりがあります。

これにより、消費者金融系カードローンは貸付金額の大きい大手の消費者金融であるほど、申込者自身にある程度の年収が得られていない状態では審査が厳しいと言えるでしょう。

小さな貸金業者ならば

大手ほど有名ではありませんが、その土地で営業をしている小さな消費者金融ならば、審査が通りやすいと言われています。しかし、貸付額は大手ほど大きくなく、また金利も少々高めに設定されているところがほとんどです。

厳しい審査を通過したいなら

審査が厳しいカードローンと言われているところでも、申込者の希望金額が最小限のものであれば審査を通れる可能性が高くなります。

大手消費者金融 小さな消費者金融
数百万円単位まで貸付可能 数十万円単位まで貸付可能

希望金額を見直してみましょう

審査が厳しくて結果的に希望金額を借りることができないというひとは、収入と借入希望金額のバランスが取れていないと審査の担当者が判断した場合がほとんどです。つまり、返済に困窮するような金額を希望している、ということ。

申し込む前に借り過ぎな金額かどうかを考えてから申し込みをすることで審査を通ることができる可能性が上がります。

希望金額に見合ったローン選び

みずほ銀行のカードローンも、りそな銀行のカードローンも、収入の希望金額のバランスが保たれていれば審査に通れないということにはなりません。

だた、自身が今欲しい金額が100万円単位のお金でなければ、他にも助けになってくれるカードローンはたくさんあります。少しの金額を希望すれば銀行でも審査に通りやすくなるので、あえて金利の高い小さな消費者金融を選ぶ必要はなくなります。

借入額を必要最低限に抑えることは返済計画を立てやすくすることにも繋がります。無理な借入は極力避け、バランス良くカードローンを利用していきましょう。

【参考ページはこちら】
りそな銀行カードローンをコンビニで活用!

新着記事
TOPICS