> > > キャンペーン期間が狙い目!低金利でカードローンを利用するコツ

キャンペーン期間が狙い目!低金利でカードローンを利用するコツ

お金がないときの助けになるカードローン。できることなら損せずに上手に使いこなせたほうが良いですよね。どんなことをすれば、カードローンなどのキャッシングシステムと上手に付き合うことができるのでしょうか。

返済しているだけの計画はダメ

キャッシングやカードローンを利用するときに大事なのは堅実で無理のない返済計画を立てることです。

自身の収入はいくらあるのか、そこからどのくらいを返済分にあてればいいか、実際の金利を含めた返済金額は毎月どのくらいになるのか、など考慮して実際の融資金額を決めることがキャッシングと上手く付き合っていくためには欠かせません。

「コツコツと確実に」は基本

後で何とかなるだろう、ここで臨時収入があるだろう、などという気持ちでキャッシングをすると実際に返済を始めるときに、困ったことになりかねません。

あてにしていた臨時収入がないという可能性もありますし、実際に借り入れをしてみたら思った以上の返済金額になってしまったりすると、たちまち返済計画は上手く進まなくなってしまい、自身が非常に苦しい思いをすることになります。

そうならないためには、どうすればよいのかというと毎月コツコツ返済していくような「無理のない返済計画を立てること」これが一番であると言えるでしょう。

しかし、それでは返済総額が膨れてしまったり借りた金額が大きいほど返済期間が長期的になるので精神的にも負担が大きくなってしまう、というひとが多いものですよね

たまには繰上返済を使おう

最初から臨時収入があることを当てにして借り入れをするのは良くないことですが、本当に思いがけずに手にした収入を、返済金額にすることは賢明なことです。そんなときには「繰上返済」という返済システムを利用してみましょう。

キャッシングの基本的な返済方法はクレジットカードなどでもお馴染みの「リボルビング方式」です。

毎月の返済金額が一定ということもあり、いくらを返済金額にあてればいいかが決まっているので返済計画は立てやすいシステムですね。しかし、借りた金額が大きい場合には残りの返済すべき金額が減っていかないので計画が長期になってしまうものでもあります。

また、返済計画が長くなればその分の金利も上乗せされることになり、結果的に返済総額は大きくなります。

コツコツと返済していくことは非常に大事ですが、繰上返済などをして少しでも返済する期間を縮めたり、残りの返済金額を小さくしていくことが大切とも言えるのです。

知っているとお得なローン

返済方法を知っていると、ホームページなどを見たときにどんなものが自分に合っているか、お得に使うことができるのかということが良く分かるようになります。キャッシングやカードローンの種類が豊富にある時代なので、そういった目を養うことは大切です。

低金利な銀行系カードローン

低めの金利に設定されているカードローンは返済額を抑えたいなら選びたいプランです。有名な銀行系カードローンなら、金利が抑えめになっているものが多いので利用しない手はありません。

「りそな銀行」でのカードローンプランのひとつである「りそな銀行プレミアムカードローン」が特に低金利で有名です。

「りそな銀行プレミアムカードローン」は申し込みをしたその日に融資が受けられる便利なカードローンです。融資金額は小口で1万円からなので、お買い物のときに財布の中身が少し足りないなんてときにも活躍します。

大口の融資は800万円まであり、先々、大きな金額が必要という場合に安心できる金額です。

そんなに大きな金額を融資可能であるのに金利は最低で3,5%、最高で12,475%という設定になっており、とても低金利です。ただし、このカードローンの金利は、そのときそのときで割合の変わる変動金利になっています。(こちらもご参考に→カードローンの金利についてもっと詳しく!

しかし、他の銀行の最高の金利設定は14%台がほとんどなので、それを考慮してもそれでも低金利であると言えます。

またりそな銀行のキャッシュカードをローンカードにできるという特徴もあるので、りそな銀行で口座を持っているひとには大変重宝するプランであると言えるでしょう。

期間限定で借りるなら無利息も

借入金額が大きくなく、返済計画が長期にならないということが分かっていたり、借り入れたとしても次に支払われる収入の中で返済金額を問題なくカバーできるというひとには「一定期間なら金利が発生しない」というプランがおすすめです。

「新生銀行」のカードローンとして扱われている「新生銀行カードローン・レイク」なら銀行系カードローンで、しかも無利息で契約ができることでも知られています。

レイクの融資金額は最高で500万円で、必要金額を考えても申し分なしの金額設定です。しかも90日間と180日間とそれぞれの期間なら金利が発生しないというプランが用意されているので、上手に使うことで金利をゼロにできるのです。

初回の申込者のみという制限はありますが、金利が掛からないプランはやはり魅力的です。

キャンペーンあれこれ

りそな銀行や新生銀行カードローン・レイク以外にもお得に利用できるカードローンは案外あります。それぞれの銀行のキャンペーン期間なども、低金利でカードローンを利用するコツです。

人気の銀行はキャンペーン豊富

過去に行っていたキャンペーンが好評だと、また同じキャンペーンを実施する場合もあるので、キャンペーンはどんなものなのかチェックすることも大切です。

低金利に関わるキャンペーンはやっていなかったとしても、元々が低金利の銀行で入会金や年会費が無料になるカードローンを使うことができれば、他のカードローンを使うよりも金利は掛からないし、費用も浮くことになります。

また、クレジットカードも融資の金額は大きくはありませんが、キャッシングすることができるカード。大半が入会金と年会費が発生しますが、キャンペーン期間だと入会費が無料になることも多くあります。

そういったときに入会しておくのも、お得に利用していくためのコツだと言えるでしょう。

無利息キャンペーンがある

新生銀行カードローン・レイクは初回なら無利息期間を設けると言うのが、スタンダードなプランとして用意されていますが、期間限定のキャンペーンで金利が発生しないプランを用意するところもあります。

有名なクレジットカード会社の「セディナ」でも無利息期間を設けるキャンペーンを実施していることもあります。

銀行だけでなく各クレジットカード会社でも、このようなキャンペーンを行っていることは多いですのでホームページなどを定期的にチェックしたりすることも、良いプランに出逢えるコツでしょう。

カードローンは工夫して利用!

申し込みしやすく、便利なカードローン。特に銀行系のカードローンの場合は非常に金利が低いというのが魅力です。しかし、銀行よりも金利が高めであると言われる消費者金融も少しの工夫で金利を抑えることが可能です。

消費者金融の金利を抑えるには

消費者金融の金利は正直、銀行よりは高めであると言えます。しかし、その代わりに審査が通りやすいので突然の出費にも対応できるというメリットも持っています。

返済計画が上手く回らない原因になるひとつの金利の高さをカバーするには、返済方法を見直してみる必要があります。長期にわたる返済は金利に費やす金額が増えるもとなので、消費者金融でカードローンを使うときはなるべく短めの期間で完済しましょう。

返済方法ひとつでローンがお得

消費者金融など少々金利が高めのカードローンを使うときには、なるべく返済期間を短くするように努力しましょう。

例えば、あまり大きな金額は借りずに必要最低限の金額に留めるようにする、次の給与の範囲で完済できるような金額に留めるという具合です。金利の低い銀行で同じ金額を借りたとしても、返済が長引けば返済の総額は大きくなってしまうもの。

逆に言えば、金利の高めな消費者金融でも一括完済などで返済期間を極力短くすることで、金利が抑えられ、銀行で長期間借り入れをするよりも結果的に負担が少なく済んだりすることが可能なのです。

プランの低金利に拘るべからず

誰でもお金を借りるときには発生するのが金利。その金利を抑えたいがために少しでも低金利のところに拘りたい気持ちはあるでしょう。

しかし、低金利に拘りすぎて評判の良くない会社の扉を叩いてしまうということもあります。

低金利ばかりが目につき、本来、カードローンを利用するうえで大切なこととされている自身の収入と借入のバランスを考え、自身に合った返済計画を立てるということを怠らないようにしたいものです。

返済方法や返済期間を見つめ直すことで、カードローンを上手に利用していきましょう。そのときそのときの状況に応じて、対応していくということがカードローンにはもっとも大切なコツなのです。

新着記事
TOPICS