> > > 「在確」ってなに?主婦が知りたいカードローン審査のアレコレ

「在確」ってなに?主婦が知りたいカードローン審査のアレコレ

お金を借りることがどうしても必要になったときに使えるのがキャッシングやローンシステムですよね。特に手軽に借りることが出来ることで話題のカードローンは、さまざまなひとが利用しています。

主婦はローンの利用対象者?

キャッシングを申し込むときに必須なことと言ったら、やはり職種を問われることではないでしょうか。カードローンを使うときに審査に通りやすいと言われているのは安定感がある職業の「公務員」や「会社員」といったサラリーマンのひとたちです。
(⇒職業別に見る利用しやすいカードローン

しかし、キャッシングを利用したいと思うひとたちはサラリーマンとして働いているひとたちばかりではありません。むしろサラリーマンではなく契約社員やアルバイトのひとたちのほうが収入が少なめで何かとお金が必要になることが多いのが現実であると思います。

家事が重要な仕事である主婦

主に家の中で働いている「主婦」のひとたちもお金が必要になる場面は多いと思います。

買い物のときに少しお金が足りなかったり、毎月の遣り繰りの中で捻出しなければいけない出費があったり、家庭内でお金の管理を一任されている場合が多い主婦としてはお金の問題には頭を悩ませることも多いものですね。

お金に困ったときに頼れるキャッシングやローン。サラリーマンだけでなく主婦のひとだって使いたいと思う場面があるはずです。そんなときに主婦のひとは申し込んでカードローンなどを使うことは出来るのでしょうか?

その答えは、なんと「イエス」なのです。

主婦でも収入があれば可

ひとことに「主婦」と言っても、生活スタイルはさまざまなものがあります。

掃除や洗濯、食事を作り、家族の健康に気遣いながら、主に家の中の仕事をこなしている「専業主婦」と呼ばれるひとたちと、家庭の中の仕事もこなしつつ外でパートとしても働いている「主婦」などです。

キャッシングやカードローンを利用できるのは、パートやアルバイトなどで一定の収入を得ることが出来ている主婦のひとたちです。

そう、例え結婚などを契機に仕事をやめて家庭を守っている主婦でも、近くのスーパーやコンビニなどで働いていたりすればキャッシングやカードローンを使うことが可能なのです。

重要な審査内容を網羅せよ!

「だったら私もカードローン使える!」と思っても、いきなり申し込みに行くのは何となくハードルが高いと感じてしまう主婦のひとも多いはずですよね。そんなときには審査内容など事前にしっかりチェックしたいものです。

「収入」と「在確」が重要点!

パートやアルバイトで収入を得ている主婦のひとが審査に通りやすいということからも分かる通り、毎月一定の収入が継続的に得ることが出来ているというのは審査を通るうえで非常に重視されるポイントです。

書類上で年収を書き込むのですが、正直それだけで「毎月○○万円の収入がありますね」と納得してはくれないのが審査です。これだけの収入を得るために申告している会社にきちんと籍を置いているのかも審査する側としては確認しなければなりません。

これが「在確」こと、在籍確認です。在籍確認は、書類上などで申告した勤務先に「申込者の籍があるか確かめること」です。担当者が会社に電話を掛けてくるというスタイルなので嫌がるひとも多いのが、この行為です。
(⇒在籍確認なしでもカードローン契約できる?

しかし、この在籍確認では担当者の会社名をわざわざ名乗ったりせずに名前だけを告げて「○○さんはいらっしゃいますか?」と聞くだけのものなので、キャッシングやカードローンを申し込んだと、周りに知られてしまうようなことは無いと言ってもいいでしょう。

在籍確認は確実にその会社に勤めていることの証明にも収入の証明にもなるものなので、やはり審査では欠かせないものなのです。

提出書類はきっちりと

申し込みの段階で提出しなければならないのが、たくさんの書類。免許証などの本人確認書類、収入が分かる収入証明書。最近ではカードローンやキャッシングの申し込みなら、担保や保証人を用意する必要はなくなりましたが、必要書類は案外多いのです。

それら書類を用意したはいいけれど、記入ミスなどがあったりすると、その時点で審査を弾かれてしまう可能性が高いです。せっかく苦労して集めた書類や時間を無駄にしないためにも、必要謝類の記入などは真にがえないように気をつけましょう。

また、本人確認書類で免許証を出すのか、パスポートを出すのかも良く決めておきましょう。免許証などは更新しなければならないものだったりするので有効期限が切れていたりしないように使う前にチェックすることも大事です。

主婦も歓迎のカードローン

審査に通るための大事なポイントをチェックしたところで、次は実際に主婦のひとがキャッシングやカードローンの申し込みができるところを紹介しましょう。

ネットで有名で安心の楽天銀行

キャッシングやカードローンを申し込むときにどこがいいかを考えると思いますが、やはり銀行のカードローンは金利も低いので安心できますよね。インターネットで有名な楽天銀行のカードローンは主婦のひとも申し込めるプランがあります。

融資の限度額が50万円までのプランですが、金利が14,5%ととても低く、返済計画が立てやすいのが魅力です。また配偶者も申し込みが可能です。融資が完了するまでに2日ほど待たなければならないのは銀行ゆえですね。

インターネットでは、シュミレーションすることも可能なので、実際に借り入れをする前にいろいろと計算してみたりすることが出来ます。

聞いたことがない言葉が多い

審査やさまざまなカードローンのことを知ることが出来ましたが、実はキャッシングに関することというのは、普段では耳にしたことがないような言葉に遭遇したりします。そういう言葉を見たり聞いたりしたときにそれを知らないままにしておくのは危険行為です。

代表的な「金利について」

お金を借りるとき、そして返済する段階において必ず確認しなければならないのが、「金利」です。金利は一定額のお金をすぐに返さずに期間を設けて返済していく代わりに、お金を借りた側が貸してくれた側に支払わなければならないものです。

一般的な金利設定は、低いものだと4,0%から、少々高めのものだと18,0%ほどが普通です。また返済期限が過ぎているのに返済し終えていなかったりすると遅延金が発生します。

法律では20,0%以上の金利設定をしてはいけないことになっているので、法外な金利を要求してくる会社に十分気をつけましょう。

リボルビング方式と繰上返済

返済方法についても難しい言葉があります。「キャッシングやローンって、毎月コツコツ決められた額を返せばいいんでしょ?」と思っているひとも多いとは思います。確かにそれは間違いではありません。

しかし、キャッシングの返済方法には、さまざまなものがあるので知っておくととても便利なのです。

まずは、「リボルビング方式」です。これはキャッシングやローンの返済方法として有名な毎月決められた一定の額を支払っていく方法です。クレジットカードの支払い方法のひとつとしても知られているものです。

次に「繰上返済」です。この方法は、分割で返す方法ではなく、借り入れた分をまとまった金額で返済することです。いっぺんに返すことができる場合を一括完済と呼びます。この方法を使えば返済を完了するまでに発生する金利をある程度、抑えることが出来ます。

また、「一部繰上返済」や「全額繰上返済」と言ったりもします。

生活スタイルで選ぶように

毎月の収入の中からコツコツ返していくときはリボルビング方式を利用したほうが生活に金銭的な問題が響かないで済みますが、それと同時に金利が付いて回るので返済期間が長期に及ぶと苦しくなってしまう場合があります。

反対に繰上返済は、一定額以上の金額を返済に費やすことになるので、毎月の一定の収入の中から出すと生活が苦しくなってしまうので、臨時収入があったときなどに利用すると良いでしょう。

返済方法は、自身の生活スタイルを考えたうえで決めていくことが重要です。また低金利でも長く返済をしていると返済総額が膨らんだりするので、完済できるタイミングを見極めることも大事です。

早く返済したい気持ちは誰にでもあるものですが、焦るが故に生活を苦しくしてしまわないようにしましょう。

【参考ページはこちら】
主婦でも借りやすいカードローン会社が重視していること

新着記事
TOPICS