> > > 枠内いっぱい使えるカードローン、その限度額の決め方知ってる?

枠内いっぱい使えるカードローン、その限度額の決め方知ってる?

カードローンは自由に利用できるキャッシングとして人気です。ただし、いくらでも利用できるというわけではなく利用できる枠、つまり限度額が決められています。限度額が大きければ利用できる金額も大きくなるわけです。

限度額は自分で希望することもできますが、希望通りの限度額にならないケースもあります。カードローンの限度額はカードローン会社が審査によって決めるわけですが、その基準となるのは、「その人がどのくらい信用できるか」という点なのです。

いつ、いくら、どうやって利用する?

カードローンの利用方法、ちゃんと知っていますか?カードローンは契約して利用できるようになればいつでも、いくらでも、好きな時に、好きな目的で利用することが出来るわけです。ですが、利用できる金額には上限が決められています。それが限度額です。(こちらもご参考に→カードローン限度額いっぱい借りるのは邪道?

限度額の枠内であれば、その枠内いっぱいの金額まで自由にキャッシング出来るわけです。カードローンは目的に制限がありません。基本的に事業資金以外であればレジャーでも生活費でも教育費でもOKです。そして、使うタイミングについても特に決まりはありません。

カードローンの利用方法は大きく2つです。

  • ローンカードを使ってATMからキャッシング
  • 自分の指定口座への直接振り込み

一般的な利用方法はローンカードを使ってATMに暗証番号を入力し必要金額をキャッシングするというものです。そのATMの営業時間であればいつでもキャッシングが可能ですから、困った時に直ぐにお金を用意することが出来ます。

限度額いっぱいキャッシングをしてしまったらもうキャッシングすることはできないのか、そうではありません。キャッシングした金額を返済すれば、返済した金額分再度キャッシングが可能となります。

  • 限度額30万円
  • 利用額30万円
  • 返済額10万円

このケースで考えてみましょう。返済した10万円分の利用枠が復活していることになるわけです。キャッシングした金額は確実に返済するようにすれば、繰り返しキャッシングを利用できるというわけですね。キャッシングした元金を返済しなければ新しいキャッシングが出来ないので、早目にしっかり返済するようにしましょう。

限度額の設定はどうやって決めるの?

限度額設定はどのように行われるのか紹介しておきましょう。限度額の設定は申し込み時の審査の際に行われます。審査の結果、この限度額であれば返済可能だろうという金額を限度額とするわけです。つまり、申し込み者の信用度によって限度額が決められるという事ですね。

高い限度額の設定をするためには、それだけの信用を得る必要があります。信用度を判断する材料となるものには、次のようなものがあります。

  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤務先、勤続年数
  • 債務状況

年収は高い方が良いですし、雇用形態も安定している正規雇用が望ましくなります。勤務先は公務員などリストラの心配がない職業や、大手企業であれば収入が安定していて返済も大丈夫だろう、という判断になる可能性は高くなります。ただし、これらの条件を満たしていても債務状況に問題があれば希望する限度額の設定が行われない可能性があるのです。

債務状況、つまり現在多重債務状態にないか、ブラックとなっていないか、延滞をしていないかなどですね。ここに問題があれば、審査に通らない可能性も出てきます。信用に欠けるという判断になる大きな要素が、債務状況に問題がある場合なのです

正規雇用で大手企業の方が高い限度額設定が見込める、とお話ししましたが、この条件でなければカードローン審査に通らないという事ではありません。パートやアルバイトでも利用できるカードローンは多くあります。高い限度額設定を希望するのであれば、より信用できるという判断が可能なスペックがある、ということを紹介したにすぎません。

限度額を決定するのは自身の信用度
年収や勤務先の条件がいくら良くても
債務状況に問題があれば低い限度額になる事もある

自分が希望する限度額を認めてもらうためには、その限度額に見合うだけの信用が必要になる、ということを覚えておきましょう。

カードローン限度額は変更可能!?

カードローンは限度額が設定されて、その範囲内で利用するという事になります。ただ、限度額が低ければ利用できる金額も低いということになりますから、不満がある人もいるかもしれません。ですが、ほとんどのカードローンの限度額は変更することが可能となっているんです。今の限度額では足りない、そう思ったら限度額を変更しても良いのです。

ただし、限度額の変更は申請を行って審査を受ける必要があります。限度額は増額の希望、減額の希望をすることが可能となっていますが、増額を希望するためにはその増額された金額を返済できるかどうか判断する必要があるのです。申請を受けた後、カードローン会社は現在の年収等の基本条件に加え、カードローンの利用・返済状況をチェックします。

利用と返済に問題がなく、限度額に見合った収入もあれば増額が認められる可能性は十分出てきますね。しかし、すでに利用しているカードローンの返済が遅れがちであるなど問題があれば、増額が認められることはありませんし逆に減額されてしまう可能性もあります。

将来的に限度額の増額を希望するのであれば、今利用している分をしっかり返済をするということが基本となるのです。

各社の増額申請方法

カードローンの限度額を変更するとき、多くの人は限度額を増やすことを目的としますよね。限度額を増やすために申し込みをすることを増額申請と言います。この増額申請の方法は各社で異なりますので、いくつか紹介しておきましょう。

カードローン名 増額申請方法 備考
アコム カードローンデスクへ電話
または会員ページでの申し込み
担当者電話対応時間は
平日の9~18時
ノーローン 問い合わせ窓口への電話 優良顧客の場合ノーローン側から
増額の案内が来ることもある
レイク 専用フリーダイアルへ電話 増額可能対象者は会員ページや
レイクATMに案内が表示
モビット コールセンターへ電話 営業時間9~21時

これを見ると分かる通り、増額申請をしたいなら基本的に担当窓口に電話をするという事になっています。ウェブサイトに会員ページがあれば、申し込みをする前に増額が可能かどうか知ることが出来たり会員ページから増額の申し込みをすることが出来たりすることもありますね。

会員ページで出来ることは増額の確認だけではありません。利用状況の確認や簡単な情報変更等も行う事が出来ますから、会員ページがあるカードローンは便利ですよ。増額を希望するのであれば、まずは電話をするということが確実なようですから、担当の電話番号・対応時間をチェックしておくと良いでしょう。

限度額=あなたの借金額なんです

カードローンで設定された限度額、これは限度額いっぱいいつでもキャッシングができるという状態にあります。実際キャッシングしていなければ返済すべきお金はゼロとなるわけですから、借金があるという認識はないかもしれません。ですが、カードローンを契約して限度額が設定されれば、その限度額分の借金があるという状態にあるという事を知っておきましょう。

借金の有無について自分で認識しておく他にも、第三者が情報を確認するという事もあります。個人信用情報を確認すればカードローンの契約をしていることが分かってしまうわけですが、その限度額分の借金があるということで情報確認が行われるわけです。つまり、新規ローンやクレジットカードの審査をする際に、実際利用はしていなくても借金があるという扱いになってしまうのです。

総量規制にも影響してきます。個人が貸金業者からキャッシングできる金額は総量規制によって上限金額が決められているわけですが、そのときにカードローンの限度額分借金があるという計算となってしまうのです。総量規制上限が50万円、カードローンで30万円の限度額があれば、あと20万円しかキャッシングの申し込みをすることは出来ないという事になります。

カードローンを利用している、いないに関わらず限度額が設定されていれば
その限度額があなたの借金額という扱いになってしまう
総量規制に影響してくるため新規ローン審査で不利になる可能性もある

カードローンを利用する機会がなくなったのであれば、一度解約をしておくことをオススメします。カードローンの限度額が新たなローンやクレジットカード申し込みの時にマイナス要素となる可能性がある、それを知っておきましょう。

【参考ページはこちら】
10年前とはこんなに違う?カードローン金利

新着記事
TOPICS