> > > 年金暮らしでも融資が受けられる事知ってますか?

年金暮らしでも融資が受けられる事知ってますか?

年金暮らし、その上無職なら尚更日々の生活は大変です。充分な蓄えがあれば良いけれど、みんながそういう状況ではありませんよね。もしも急な出費があったらと考えると不安になりますね。無職の年金受給者でも融資してくれる所があれば…にお答えしましょう。

年金受給者への融資について

まず無職の年金受給者への融資を行っている金融業者があるのかどうかについてお話ししましょう。消費者金融と銀行ではその対応に少し違いがあります。 消費者金融では総量規制があります。この規制により安定した収入のない無職の人には融資する事ができません。

年金収入のみの申込みは可能か

年金受給者への融資 年齢制限
アコム 年金受給者で無職の申込み不可 20~69歳
アイフル 年金収入のみの申込み不可 20~69歳
レイク 年金収入のみでも申込み可 20~70歳
みずほ銀行 年金収入のみの申込み可 20~66歳未満
バンクイック 年金収入のみの申込み可 20~65歳

上記のように消費者金融では年金収入のみの場合の申込みを受け付けていません。これは貸金業法の改正に伴って施行された総量規制の為、年収によって融資金額を規制されると共に年金が安定した収入として認められにくいと言う事が原因と思われます。

もしも年金の他にアルバイトでもパートでも安定した収入がある場合は消費者金融への申込みも可能です。また申込み可能としている銀行のカードローンも年齢制限ではレイクがたった1社70歳までの融資を受付ていますが、他は66歳未満の年齢制限です。(こちらもご参考に→レイクのカードローンでお得に借り入れ

現在、通常の年金受給は65歳からとなっていますから、年齢制限で言うと銀行系のカードローンでも少し厳しい状況ですね。今は70歳と言えども現役で仕事をしている人が多くいますが、65歳で定年後は年金生活を通常と捉えての年齢制限となるのでしょう。

年金収入のみでも申込めるとしながら、やはり出来るだけリスクは避けたいと言うのがカードローン会社の本音かもわかりません。それではやっぱり年金生活者には融資は無理と言う事?早まらないで下さい。年金受給者を対象にした年金担保融資制度 があります。

それとやはりシニア世代を対象に年金受給者への融資を行っている各地の信用金庫があります。年金担保融資制度 と、信用金庫のシニアカードローン について詳しくお話ししましょう。

年金担保融資制度とは

年金担保融資制度とは年金受給者の生活にかかわる事、冠婚葬祭、住宅のリフォーム、医療、福祉、介護などや生活必需品の購入に必要な一時金を年金を担保として融資すると言う、法律で唯一認められている融資制度です。

融資を受けられる対象者は

次の年金証書を所有し、支払いを受けている年金受給者

  • 厚生年金保険年金証書
  • 国民年金厚生年金保険年金証書
  • 船員保険年金証書
  • 国民年金証書
  • 労働者災害補償保険年金証書

年金受給者でも以下の人は融資を受ける事が出来ません。

  • 任意繰上返済をした人で融資決定時の完済予定日に至ってない人
  • 生活保護受給中の人
  • 融資利用中に生活保護を受給し、生活保護廃止後5年が経たない人
  • 融資金の使用用途がギャンブルなど本人の利益に明らかに反する
  • 年金受給が停止されている人
  • その他、独立行政法人福祉医療機構の定めによる

年金担保融資制度の融資条件

融資金額 返済方法 融資利率
10万~200万以内受給年金の0.8%以内1回の返済額の15倍以内 1回の返済額は上限年金額の3分の1以下下限1万円とし、支給年金より返済 年金担保 1.8% 労災年金担保 1.1%

融資金額については上記記載の3つの条件満たす範囲内で本人が必要とする額となります。ただし利用用途が生活必需品の購入の場合は10万~80万円までとなります。担保として年金証書を預かり「年金証書預かり証」を渡します。また連帯保証人が必要となります。

申込み方法と注意事項

年金を受け取っている銀行、信用金庫等の店舗での申込みとなります。店舗にある借入申込書に記載の上申し込んで下さい。もちろん本人の申込みでなくてはいけませんよ。申込みの際必要な書類などを記載しておきますね。

  • 借入申込書
  • 年金証書
  • 年金支給額を証明するもの
  • 本人確認書類(顔写真付きのもの)
  • 実印、印鑑証明書
  • 使用用途を確認出来る見積りなどの書類
大切な年金を担保にして受ける融資です。使用目的ももちろんですが、計画的に無理のない借入をするようにして下さい。担保となる年金は機構で一旦預かり、返済額を差し引いた後本人口座へ振り込まれます。当然ですが受け取る年金額がそれだけ少なくなるのです。

生活に大きな支障をきたさないか充分に検討した上で申込むようにして下さいね。もちろん追加での借入なども残金をすべて完済してから再度申込むと言う形になります。苦しくなったらまた借りれば良い…は通用しないのでそれもふまえて申込んで下さい。

信金の地域密着シルバーローン

最初の項目で年金収入のみで申込み可能な銀行でも年齢制限があるとお話ししました。通常の銀行のカードローンは年齢が65歳までと限られる場合が多いのです。ところが年金受給者は65歳以上がほとんどです。そこで銀行での借入は諦めざるを得なくなります。

実は65歳以上のシルバー世代の為のローンを扱っているところがあるのです。それが各地域で個別に展開している信用金庫のシルバーカードローンです。信用金庫での年金受取や会員に限られるなどの条件はありますが、80歳までの年金受給者への融資を行っています。

地域によって内容は様々ですが、シニアカードローンを扱っている帯広信用金庫とシニアライフローンの埼玉縣信用金庫を例に挙げて条件などを記載しましょう。

おびしんシニアカードローン さいしんシニアライフローン
申込条件 年金受給者、信用金庫会員 年金受給者、信用金庫会員
年齢制限 65~80歳 60~80歳以下(返済時)
融資金額 10、20、30、40、50万円 100万円まで
返済方法 偶数月の15日に口座引落 毎月元利均等返済、返済日15日

借入返済計画はしっかり立てる

各地域の信用金庫でそれぞれのシニアローンの用意があるようですが、条件の中には必ず年金をその信用金庫で受取っている事、信用金庫の会員もしくは会員になる資格がある事、そして年金担保融資を受けていない事が含まれています。

それでも年齢は80歳まで、埼玉縣信用金庫は申し込み時75歳まで、完済時が80歳以下となっていますがいずれも年金受給者には優しい条件となっています。各地方の信用金庫で同様なシニア向けローンを提供しているのでホームページを確認して下さい。
(⇒80歳でも借り入れできるカードローンはある?

無職の年金暮らしでも豊かな生活を送りたい、それは年齢を問わずに誰もが願う事です。急な出費で本当に困った時、介護の為に纏ったお金が必要になった時、冠婚葬祭など付き合いに思ったより出費が嵩んだ時、融資を受けられるのは助かります。

本当に必要な金額を把握し、返済計画もしっかりと立てた上で申込みの検討をされると良いですね。くれぐれも必要以上の金額を借入する事のないようにして下さい。大切な年金で返済しなくてはいけないのですから。

【参考ページはこちら】
無職の年金受給者はカードローン使えない?

新着記事
TOPICS