> > > どういうこと?借り入れ限度額が10万の訳

どういうこと?借り入れ限度額が10万の訳

カードローンを利用したのに、限度額がたったの10万円だった!もっとたくさん借入れしたかったのに、どうして10万円なの?と、困惑気味の人もいるかもしれませんよね。実はカードローンの限度額は、金融機関独自の判断で決定しています。

金融機関独自の判断とは、ずばり審査内容によりけり、ということになります。では、実際限度額が10万円だった人の場合は、どのように判断されたのでしょうか。考えられる可能性はこれです!

カードローンっていったいなに

カードローンってよく聞くけど、いったいどういう仕組みで、どうなっているの?と、思っている人もいることでしょう。簡単に言うと、カードローンとは、契約した限度額内であれば、専用のカードを使って、何度でも借入れができるローンのことです。

一度申し込んでおけば、限度額の範囲内であれば、自分の口座からお金を引き出す感覚で、借入れができるとあって、昨今人気のあるローン形態です。お金が必要になったときに、その都度申し込まなくていいという気軽さが人気の秘訣なんでしょうね。

もちろん、借金なので、きちんと返済しないと、継続してカードローンの利用はできませんが、返済さえしていれば、いつでもどこでも利用できるので、今はお金が必要でなくても、いざというときのために、カードローンに申し込む人が増えています。

カードローンが利用できるところ

そんな便利なカードローンですが、どこで申し込めばいいのでしょうか。大きく分けて、「消費者金融」「銀行」に分類されます。この二つは、メリットとデメリットがそれぞれにあるので、自分の目的や用途に合わせて選択しましょう。

消費者金融と銀行のメリットとデメリットをご紹介しましょう!

消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンは、お手軽に誰でも簡単に借入れができることで有名です。初めてカードローンを利用する人にとっておすすめといえるでしょう。

消費者金融は、貸金業といって、お金を貸すことに長けているので、とにかく担当者の対応が良いことで有名です。初めてカードローンを利用しようとしている人にとって、不安はつきものですよね。そんな不安を吹き飛ばしてくれるのが消費者金融でしょう。

まず大きなメリットは、「審査が甘い」ということに尽きるでしょうね。カードローンの利用で誰もが気にすること、それが審査です。審査に通らないと、元も子もないわけで、誰しも何が何でも通りたいと思っているはずです。
(⇒審査が甘いカードローンならブラックでも借りられる?

そんな希望を叶えてくれるようなところが、ズバリ消費者金融といえるでしょう。消費者金融は対応が良いだけではなく、とにかく審査が柔軟、すなわち甘いことで有名です。審査に少しでも不安がある人は、消費者金融を選ぶべきでしょうね。

もうひとつのメリット、それは「融資までスピーディ」ということです。消費者金融は、とにかく融資までの時間が短いことで有名です。「審査に最短30分、融資は即日融資」なんてところは当たり前なほど、スピーディな融資が可能です。

ただし、消費者金融は、貸金業に課せられている、総量規制の対象になるため、あまり高額な融資は期待できません。総量規制とは、「個人年収の1/3までしか融資してはダメ」という法律なので、それ以上の融資はしてもらえません。

デメリットとしては、銀行にくらべて金利が高めの設定になっていることですね。少額を借りて、すぐに返済できるのであればいいのですが、長期で返済を考えている人にとって、やはり負担が増すのは否めません。

しかし、消費者金融の中には、「無利息期間」というサービスをおこなっているところが3社あります。ある一定の期間内に返済すれば「利息はゼロ」という、嬉しいサービスなので、これらを利用することで、高金利というデメリットは解消されます。

銀行のカードローン

銀行カードローンのメリットは、「高額融資が可能」「低金利」の二つでしょう。銀行は、貸金業である消費者金融と違って、総量規制の対象外なので、融資の限度額に上限がありません。自分の年収の1/3以上を希望している人は銀行で決まりですね。(こちらもご参考に→総量規制対象外のカードローンにあるメリット

もうひとつ、とにかく金利が低いということも大きなメリットといえるでしょう。特に、長期に渡って返済を考えている人にとって、金利というのは大きな負担になってくるはずです。少しでも金利が低いところを選択すべきといえるでしょう。

逆に、デメリットは、「融資までに時間がかかる」「審査が厳しい傾向にある」ということでしょう。融資までに時間がかかるのは、昔ながらのお役所気質が残っているのと、貸金業でないため、お金を貸すことのノウハウがないのかもしれませんね。

審査は、やはり消費者金融にくらべると、厳しい傾向にあります。高額融資を可能としていることが原因かもしれませんが、ある程度の厳しさは覚悟しておくべきでしょうね。

カードローンの審査内容とは

そんな消費者金融と銀行、カードローンの審査内容とはいったいどのようなものなのでしょうか。各金融機関の審査内容は、公開されていませんが、どこも同じような審査内容だと思ってください。どちらも同じような内容、ということですね。

カードローンを利用するときの審査内容は、最低限の条件というのが、各金融機関で決まっています。それに加えて、個人の信用情報を元に判断します。信用情報には、借り手側の人間性なども含まれることになるでしょう。

まずは最低限、審査に通るための条件をみていきましょう。

内容 条件
収入状況 安定した収入のある人
年齢 20歳~65歳程度(未成年不可)
勤続年数 (できれば)最低1年程度
他社の借入状況 なし、もしくは少ない
返済状況 きちんと返済している人
個人の信用情報 問題ない人

審査に通るためには

カードローンを利用するのは、何はさておき、審査に通らないと始まりません。では、審査に通るためには、どうすればいいのでしょうか。上記の条件をきちんと満たしている人であれば、まず間違いなく審査には通るはずです。

しかし、条件を見て、不安になった人、もしくは微妙なラインだからどうなのかな?と、考えてしまった人もいるかもしれませんね。ここでは、各審査条件を細かくみていきたいと思います。審査に通るためのアドバイスも満載ですよ。

収入状況

収入状況として、よく挙げられているのが「安定した収入のある人」ではないでしょうか。言い換えれば、安定した収入があれば、パート・アルバイト・派遣社員など、勤務形態はあまり問われることはありません。

意外と思われるかもしれませんが、年収の額というのは、実はあまり重要ではありません。高額な年収だとしても、毎月の収入が不安定な人より、年収は低くとも、毎月安定した収入の人のほうが審査には通りやすいものです。

従って、年収が低いことはあまり気にする必要はないでしょう。それより、毎月一定額が安定して入ってくることのほうが重要だと思っておきましょう。

年齢

年齢に関して言えば、まず未成年はNGだと思ってください。保護者の同意があれば、借入れられる場合もありますが、可能性でいえばかなり低いでしょう。いくら収入があったとしても、未成年は難しいと心得ておきましょう。

逆に、あまりにも年齢を重ねている人も難しいでしょう。たいていの金融機関は、65歳程度までしか融資してくれません。このくらいの年齢になると、年金暮らしの人が多いというのが理由のひとつとして挙げられます。

65歳程度だったとしても、現役で働いており、きちんとした収入があれば、借りられる可能性は高くなります。ただし、金融機関の年齢制限のリミットは70歳が最高です。それ以上はほぼムリ、ということになります。

勤続年数

意外と知られていませんが、勤続年数も審査の大きなポイントとなります。どんなに大企業に就職したとしても、入社後すぐというのはなかなか厳しいものがあります。

なぜ?と、思うかもしれませんが、理由は簡単です。最低でも1年程度継続して働いていないと、「年収」が不明ですよね。カードローンの申し込み時には、必ず年収を申請しますが、この年収がわからないことには審査のしようがないわけです。

さらには、継続して勤めていないということは、仕事に慣れていない、すなわち続けられるかどうかわからない、ということにつながります。本人すらわからないことなのに、金融機関にわかるはずもありませんよね。

よって、勤続年数があまりにも短いということは、信頼に結び付かないということになるため、審査に通りにくいということになってしまいます。

他社の借入状況

他社からの借入状況というのは、金融機関が最も気にする項目のひとつと言っていいでしょう。他社からの借入を知ることで、その人の「借金癖」がわかるわけです。あまりにも多数から借金している人というのは、厳しいかもしれません。

なぜかというと、金融機関は「自転車操業に陥っているのでは?」と、考えてしまうわけです。すなわち、他社への返済のために、新たな借金を重ねている、と判断されても仕方ありませんよね。

ただし、他社からの借入があるからといって、必ず審査に通らないわけではありません。何社以上借金があるのか、借入れ金は合計いくらなのか、はっきりとした定義はないので、このあたりの判断は、金融機関の担当者のみ知る、ということになるでしょう。

返済状況

返済状況も、他社からの借入と並んで、金融機関が重要視する項目といっていいでしょう。他社からの借金はまだいいとして、きちんと返済できていない人というのは、言語道断と思われてしまっても仕方ありませんよね。

借りたお金を返していないわけなので、そんな人に貸してくれる金融機関があるとは思えませんよね。借りたお金をきちんと返す、当たり前のことができていて、はじめて信頼してもらえるものだと思っておきましょう。

個人の信用情報

個人の信用情報というのは、各金融機関が加盟している、情報を登録しておく機関のことになります。加盟している金融機関であれば、いつでも開示できるので、自分の金融に関する情報は、すべての金融機関に筒抜けだと思っておきましょう。

金融に関する情報というのは、借金に関することだけではありません。クレジットカードに関することなど、すべての金融に関しての情報だと思ってください。借入金額はもちろんのこと、返済状況、審査に落ちた履歴まで、すべての情報が登録されています。

そのため、他社の借入状況や、個人に関する情報を偽って申請したとしても、必ずばれてしまうということになります。虚偽の報告がばれてしまうと、審査に落ちるだけではなく、その旨も信用情報として登録されてしまうので、要注意ですよ。

カードローンの限度額とは

無事に審査に通過したとして、カードローンの限度額はいったいどのように決まるのでしょうか。その人の信用情報はもちろんのこと、収入などによって左右されると思っていいでしょう。そのためにあるのが審査、ということですね。

収入が少ない人に、高額融資をしたとしても、返済できるだけの収入がないと、返済は厳しくなりますよね。すなわち、その人の身の丈にあった金額というものを、金融機関は算出し、限度額として設定してくるわけです。

自分が希望した限度額をOKとしてくれる場合もありますが、ダメな場合もあります。金融機関は、お金を貸し出すプロです。そんなプロなりの目線で、「この条件の人ならこの程度が限度だろう」と、決められていると思っていいでしょう。

なぜ限度額が10万円なの?

カードローンを申し込んだのに、「どういうこと?限度額が10万円だった!」という人、意外といるかもしれませんね。実は10万円という金額には、それなりの理由があります。いくつか考えられる理由をあげてみました。
  • カードローン初心者
  • 無職の専業主婦である
  • 年収が低かった
  • 金融事故の経験がある
  • 他社からの借入額が多い

カードローン初心者

お金が急に必要になって、はじめてカードローンを利用した人の中には「限度額が10万円だった!」なんて人、意外といます。「審査内容は完全にクリアできる条件なのに、限度額が低すぎない?」と、不思議に思っている人もいることでしょう。

実は、カードローン初心者の人の限度額が低いというのは、よくあることです。金融機関というのは、顧客との信頼関係を最も重要視するので、初めての人というのは、信頼していいのかどうか、正直まだわかりませんよね。

そのため、最初は低い限度額で様子を見ることにしている金融機関が多いようですね。借りたお金をきちんと約束した期限までに返済するかどうか、すなわち、約束を守れる人かどうかをまずはチェックしているわけです。

「信頼関係を築くことができれば、限度額をアップする」という金融機関が多いようです。信頼関係というのは、そんなにすぐわかるものではないので、最低でも半年程度は観察されていると思っていたほうがいいでしょうね。

すなわち、カードローンをはじめて利用したときの限度額が低いというのは、あまり気にすることはない、ということになります。信用情報が悪いというわけではなく、信頼できるかどうか試されている期間だと思ってください。

無職の専業主婦である

仕事をしていない専業主婦がカードローンを利用する場合、配偶者に安定した収入があることが条件になります。すなわち、配偶者の信用を元に、借入れができる仕組みだと思ってください。

本人は無職だけれど、いざとなったら安定収入のある配偶者がいるため、カードローンが利用できるわけです。ただし、本人に収入がないため、総量規制の対象である、消費者金融は利用できません。銀行カードローンのみになります。

銀行カードローンを利用することは可能ですが、そこはやはり無職なわけなので、限度額にもかなり制限がかかると思ってください。最高でも30万円~50万円程度の借入が精いっぱいといったところでしょう。

最高限度額自体も30万円~50万円と低いわけなので、そこに「はじめての利用」となると、限度額が10万円になったとしても、何ら不思議はありません。

年収が低かった

カードローンの利用で、「パート・アルバイトOK」としている金融機関が多いのは確かですが、あまりにも収入が低い場合は、限度額も低くなってしまうのは仕方ありませんよ。

例えば、アルバイトで年収30万円程度しか収入がない場合、消費者金融での限度額は10万円となってしまいます。消費者金融は総量規制の対象なので、年収の1/3が融資額の上限となります。10万円がめいっぱいの限度額ということですよね。

年収30万円というのは、あまりにも極端な例かもしれませんが、年収100万円程度だったとしても、限度額は10万円程度になったとしてもおかしくはありません。金融機関は、無理なく返済できる金額をたたき出しているのが、限度額ということになります。

金融事故の経験がある

「過去に金融事故があった人」というのも限度額が低く抑えられる原因となりうるでしょう。何度か返済が滞った人、毎回返済が遅れがちな人、などです。大企業に勤めていて、年収が良かったとしても、やはり警戒されてしまうでしょう。

勤務先も収入も問題ないから融資してもいいけれど、返済状況がすこぶる悪い・・こんな人に対して、金融機関はどう判断をくだすでしょうか。まずは少額融資で様子を見る、という手段にでるでしょうね。それが限度額10万円なのかもしれません。

まずは10万円程度の限度額にしておいて、きちんと返済するかどうかを試されている、ということになるでしょう。ここできちんと返済できれば問題ありませんが、返済できなければ、信頼できないというレッテルを押されるでしょう。

他社からの借入額が多い

他社からの借入額が多いのも、限度額が少ない理由のひとつとして挙げられます。あまりにも他社からの借入が多いと、通常は審査に通らない場合が多いのですが、「ちょっと様子を見てみよう」という判定になった場合かもしれません。

10万円の限度額に対して、「きちんと返済できればOK」「返済できなければNG」というように、金融機関側から試されているのかもしれません。「10万円を貸してみて判断しよう」ということになっているのかもしれません。

他社からの借入額がたくさんあり、新たなカードローンを申し込んで、限度額が10万円だった場合、完全には信頼してもらえていない、と思っておいたほうがいいでしょう。ここは正念場ですよ。信頼を勝ち取るためにきちんと返済をしないといけません。

安心して!限度額はあげられる

以上のように、理由は多々あれど、カードローンの申し込みをして、「限度額がたったの10万円だった!」と、悲観しなくても大丈夫ですよ。今現在は限度額が10万円かもしれないけれど、「限度額は上げてもらうことが可能!」なんですよ。

結局のところ、限度額が10万円だった人は、金融機関から「信頼できる人物なのかな?」と、試されている期間だと思ってください。金融機関側も決めかねているわけなので、「信頼できる人」と、わからせればいいわけです。

信頼してもらうには、ずばり!「遅れることなく返済をする」しかありません。ただし、信頼してもらうためには、1度や2度きちんと返済しただけでは厳しいでしょうね。最低でも半年程度は時間がかかると思っていたほうがいいでしょう。

信頼は1日にして成らず!です。

返済を滞りなくきちんとしていれば、金融機関側からおのずと「増額の案内」が届くはずです。この案内が届けば、信頼してもらえた証だと思っていいでしょう。金融機関としても信頼できる人には、どんどん借りてもらいたいわけですからね。

「増額の案内」がない場合は、こちらから「増額のお願い」をしてもいいかと思います。ただし、きちんと返済ができている人だけですよ。自分から増額のお願いをした場合は、再審査をおこなうところが多いということを覚えておきましょう。

限度額のナゾはわかりましたか

以上のように、「限度額が10万円!どういうこと?」と、不思議に思う人もいるかもしれませんが、それなりにきちんとした理由があるわけです。たいていの場合は、良くも悪くも「信頼不足」ということになります。

必ずしも、自分の属性が悪いから、限度額が低いわけではありませんよ。特にカードローン初心者の人は、あまりの限度額の低さに落胆する人が多いようですが、金融機関にとって自分は未知の人だから仕方ないと思っておきましょう。

慌てず、少しずつ信頼関係を築くことで、限度額はどんどん上昇していくものです。金融機関との信頼関係と限度額は比例していると言ってもいいでしょうね。

カードローンの限度額がどんどん上がっていくことで、金融機関から信頼されていることを確信できることでしょう。「借りたものはきちんと返す」これさえ守っていれば、おのずと信頼されていくものですよ。信頼されると嬉しくなるはずです。

金融機関との関係は、信頼あるものにしておきたいですよね。信頼関係を築くためには、借りる側の態度次第といってもいいでしょう。信頼関係があれば、いざというときに助けてくれるのは間違いありませんよ。

【参考ページはこちら】
限度額引き上げ希望!増額をする時のポイントとは

新着記事
TOPICS