> > > 何故か知りたい!銀行カードローンの審査が通らない理由

何故か知りたい!銀行カードローンの審査が通らない理由

学生から社会人、OLや主婦層まで多種多様に渡ってお金を借りることは今や珍しくありません。昔は友人や親、親戚に「ちょっと財布の懐が寂しくてお金を貸してくれない?」なんてこともありました。

「給料が入ったら必ず返すから。」「いつでもいいよ、大した額じゃないから。」友人同士の場合だと最初はこんなやりとりですね。でも月日がたつと「あいつ、いまだにあの時貸した金返してくれないなぁ。」と貸した側は思うようになります。でも借りた側は忘れてしまいます。

でも貸した側は借りた側に対して「返してほしい。」ってなかなか切り出しにくいものです。でもいつまでも放置したままではいつまでも借りた側は返してはくれないでしょう。気が付いて返金してくれればもう安心ですけどね。

やはり口約束だけでは忘れがちなので、友人同士のお金の貸し借りは友情を壊す原因にもなりかねないので止めた方がいいでしょうね。

今回は何故?カードローン審査に通らない理由などについてお話ししていきます。

カードローン審査とは何か?

皆さんはカードローン審査ってどんなことをしているのかご存知ですか?過去にカードローンを利用されたことのある方ならお分かりになるかと思いますが、そもそもカードローンの審査はあなたの個人情報&過去の金融の利用実績などを調査しているのです。

新規にクレジットカード・キャッシング、消費者金融、銀行系での申込をするともうその時点からあなたの個人情報はある信用情報へと回されます。そこで審査を行っております。カードローン審査の特に重要を置いている項目とは一体何でしょうか?

  • あなたの年収
  • あなたの過去の金融利用実績全体
  • 現在何処かの金融で借り入れ中で延滞をしていないかどうか?
  • 借入をちゃんと済ませている→完済済みであるかどうかの有無

上記が特に審査に置いて重要視していることです。やはり融資するからにはあなたがちゃんと返済出来るのかどうか?を信用情報局では見ているのです。

他に何を見ている?

他にも信用情報局では審査にあたって以下の項目も調査しています。

  • あなたの家族構成
  • あなたの居住・連絡先・居住年数
  • あなたの勤務先と連絡先・勤務年数
  • 持ち家なのか賃貸or分譲マンション・賃貸アパート住まいなど

最早信用情報局ではあなたの情報の何もかもを常に調べていて、慎重に審査しているのです。いわば金融にお金を借りるのはあなたの方から「信用」を常に「売り」にしてるわけですから、個人情報を細かいところまで見られるのは当然のことと言えます。

分かりやすく言いますと、あなたと金融業者の間で「信用を売る」→「金融があなたの信用を買う」と言ったやりとりがこれから行われると言うことです。何だか売買契約用語みたいになってしまいましたが。

審査には厳しい・甘いの差がある

大手消費者金融では総量規制によって年収の3分の1までしか融資が出来なくなり、ある程度審査には厳しくなったと言えます。ですからどうしても急用でお金が必要となった場合、大手を選ぶか、それとも中堅消費者金融、銀行系にするかは個人の判断になります。

その点では銀行系では金利が低いのでお勧めと言えます。ですが審査は決して甘いとは言えません。

ですからお金を借りる際に考えておくのが自分に見合った返済方法と相応しい金融を探すのが必要です。皆さん、ちゃんとご自分の年収は把握してますか?借りる際は年収に合ったやり方でいくのが何よりベターですよ!

急な出費は大方仕方のないことですが、何処でもすぐに融資可能と言うわけではありません。融資を申し込む前に何処の金融が審査が厳しいか、甘いか?それを予めネットで情報源として調べておいた方がいいですよ。

カードローン審査通過出来ない!

消費者金融や銀行系でキャッシングローンを利用するのはもう当然の時代となってきました。その中でカードローンを申し込んだが審査に通過出来なかった。何故なのか?自分では思い当たる節が無いと言われる方がいます。

審査に通過出来ないのはそれなりの理由があるからこそ出来なかったのです。その辺本当にご自分でお分かりになりませんか?一度あなたの頭の中で整理してみてください。

例えばこんな事例も審査落ち

同じ金融でも今は「クレジットカード」についてのお話をしましょう。クレジットカード新規作成の場合でも審査は当然あります。その中で一度もカードを利用したことのない人でも審査落ちすることがあるのです。これは意外だと思われる方が多いと思います。

現代は誰もが必ず1枚はクレジットカードを持っていますが、大勢の中には必ず「現金主義」がいます。常にカードを使うことを余り好きでなく、現金で支払いをしないと気が済まない人のことです。

実は私の両親はカードを持つことが嫌いで、「カードを持つことは借金をすることと同じだ。」と言う古い考えの人でした。父はすでに他界しておりますが、私が若いころに某クレジット会社に勤めてたことで色々言われました。

その頃はまだ消費者金融も件数的に少なくて、両親は消費者金融とクレジット会社を同じ系列のように思っていて、「そんな借金会社に勤めて何の得がある?」と言われる有様でした。私は別に気にもせず、毎日誇りを持ってクレジット会社の仕事に励んでましたけどね。

話しが少しそれてしまいましたが、昔の両親が話してたとおりクレジットカードを利用することは買い物でもカード会社に対して借金して買うのは今でも同じですからね。でも限度額範囲内なら大丈夫です。

話しが脱線して申し訳ありません。ではクレジットカードを1度も利用した人が無いのに何故審査通過出来ないのか簡単な理由をここで挙げて置きましょう。

  • 信用情報局には何もその人の記録が無い・真っ白
  • 過去の金融利用状況の把握のしようが無い
  • 延滞などの事故記録も無いので本当に返済出来るのかどうかの懸念
  • 有る程度年齢が高くなるほど審査は通りにくくなる傾向にある

などでしょうか。1度もカード利用が無いので調査が出来なく、審査のしようが無いので反対に「真っ白」でも敬遠されがちだと言われています。やはりカードでもキャッシング&ショッピングなどの過去の経歴が少しでも残っていれば審査の通過は出来るんですね。

延滞の繰り返しは絶対NG!!

今度は審査通過出来ない最大の原因と言われる延滞の繰り返しや返済能力が無いは絶対にダメです。他社での借り入れの返済が終わってないのにまた新たに別の金融にて申込をする。これは本当に審査には通過不可能です。

特に銀行系では多重借り入れは即お断りをしています。何故だかお分かりになりますか?いくら新規に別の大手の所でキャッシングローンを申し込んだとしても信用情報局にはあなたの他社での借り入れ情報がすでに回っているんです。ですから審査の対象外とされ、受付はしてもらえません。

どうしても審査通過するためには

カードローン審査をどうしても通過させるためには、現在返済中のものを完済させ、やたらに他に借りまくらないにつきます。何社も借りまくると自分で自分の首を絞めることになり、ますます自分自身を追い込む羽目になってしまうことを考えてほしいです。

審査落ちの理由が知りたい!

誰もが思うこの審査落ちの理由が知りたい・何故自分は審査に落ちたのか?が一番のポイントと言えますね。カードローンだけではありません。先ほど述べた一度もクレジットカードを利用したことのない人も審査落ちすることがあるということですね。

実は審査落ちすることをじかにお知らせすることはあっても、金融業者では詳しい理由は一切教えることは出来ません!別に自分のことだから審査に何故落ちたのか教えてもいいのでは!って言われる方が多いんですが、こればかりはどうしても不可能です。

只、ハッキリした理由は教えられませんが、銀行側ではやんわりと審査落ちした話しをすることがあります。

  • 他社での借入件数が多いのではないか?
  • 勤務年数が短い(半年経過していないなど)
  • 年収が少ない

私も某クレジット会社でショッピング&キャッシングの処理をしていて、「カードシヨウオコトワリ」に遭遇したことが何度も何度もありました!そのたびに電話側でカード会員のお客様が「何で何でカード使えないんだ?おかしいではないか!」と激怒されてきたのを覚えています。

カードを使えない理由&キャッシングを利用できない理由→最大の理由は限度額一杯になってしまった状態でした!これはあくまでクレジットカードの例です。

カードローン審査通過出来なかった人には本当に残念な話なんですが、何故落ちたのかは絶対に教えられません。どんなに聞かれても教えることは金融側では詳しくはお話し出来ません。ご了承願います。

他に考えられる審査落ちの原因

今までは他社での借り入れが審査落ちの最大の原因とお話ししてきましたが、他にもこういった形で審査落ちする場合もあるので是非覚えておいてください。

  • 収入面に置いて安定性が感じられない
  • 転職したばかりの時点でカードローンを申し込むと勤務年数が短い為審査落ちすることがある
  • 申し込んだ住所と支払い請求の住所の相違点
  • 連絡先が携帯のみで家の固定電話がない
  • 賃貸のアパート1人暮らしでフリーターは本当に返済能力があるのか懸念を抱く

こんなところでしょうか。審査を通過出来なかった方々。何か思い当たる節が見つかりましたか?連絡先が携帯のみでも審査が×になる可能性がありますから、家の固定電話があればちゃんと申請しましょう。

審査落ちして金融へクレームNG

カードローンを利用したいのに審査に通過出来なかったことで皆さんに絶対にしてはいけないことをこれからお話しします。金融機関に絶対にクレームの電話をしないことです。審査落ちしたお気持ちも分からなくは無いですが、理由は先ほどもお話ししたように規則で教えられないので、感情高ぶって電話をするのはお勧めしません。

私にも経験があります。キャッシングが利用停止されたことにより、その件ですごい剣幕でクレームの電話を受け付けたことがありました。カード会社も金融業者の仲間なので、信用管理部(私が当時所属していた部)の上の人たちは何度もクレーム電話してくる人をクレーマー扱いにしました。

所謂業務妨害事故顧客登録をしてもう二度とカード利用を出来ないように処理されてしまったということでした。

カードローン審査は銀行がしているわけではありません。某信用情報局にて融資可能かどうかの審査をしているのです。要は銀行はその橋渡しの役目をしていますので、クレーム電話をするのは筋違いです。その辺を分かって頂きたいものです。

私の今までの経験上から

私は金融系はクレジット会社勤務の経験しかありませんが、郵便局でも少し勤務したことがあります。郵便局ではコールセンターの仕事をメインにやっていました。短期の3カ月勤務ではありましたが、本当にいくらお客様とは言え、クレーマーって本当に多いのです。

郵便局でもカードローンは取り扱ってますが、たまたま審査落ちしたお客様から何度も嫌がらせの電話やオペレーターが全員女性だったこともあり、脅迫めいたことを1日に何度もしてきたので局長が業務妨害顧客登録をしてしまいました。

その後どうなったかは分かりませんが、審査落ちしたからと言って余りにもクレームを入れますと金融業者は「業務妨害顧客登録」をすることがあるってことです。ですからクレーム電話は絶対に止めてくださいね。

最後に銀行カードローンの審査通過出来なかったことについてはよくご自分の中で原因を探ってみてください。いくら銀行側に理由を聞いても企業秘密ですから漏らすことは出来ません。クレームを言っても埒はあきません。

※何故今回銀行カードローン審査通過出来なかったかは自分自身で分析をお願いします。調べていくうちに「ああ、こうだったのか!」と原因が見つかるかもしれません。

【参考ページはこちら】
審査が不安な人におすすめ!審査が甘いカードローン

新着記事
TOPICS