> > > 実は銀行系じゃない!新生銀行レイクの魅力教えます

実は銀行系じゃない!新生銀行レイクの魅力教えます

カードローンは銀行等の金融機関、信販会社、消費者金融など取り扱っているところは色々あります。そして、銀行系カードローンというのも存在していますね。銀行系カードローンは銀行の子会社、もしくは銀行と同じグループの消費者金融が取り扱っているものという事になります。

大手消費者金融も銀行系カードローンだったりするので、有名なカードローンは銀行系、というイメージを持つ人も少なくないようですね。新生銀行のレイクは、消費者金融の「レイク」という名前と「新生銀行」という名前から銀行系だと思われがちなのですが、銀行系カードローンではなく銀行のカードローンなんです。(こちらもご参考に→レイクのカードローンって審査が甘いの?

銀行系カードローンとは

銀行系カードローンとはそもそもどのようなカードローンなのかきちんと把握できているでしょうか。銀行系カードローンは、銀行が取り扱っているカードローンではありません。銀行の子会社、もしくは銀行と同グループの会社が取り扱っているカードローンのことを指しています。

あくまでも銀行「系」ですから、総量規制の対象となってしまうのです。契約は銀行と行うわけではなく、消費者金融と行う事になるのが基本ですね。銀行がバックについている、同グループであるということで利用者に安心感を与えることが出来るカードローンであると言えるでしょう。

なぜ銀行が消費者金融を子会社、もしくはグループ会社とするようになったのかについては、もちろん銀行にとってもメリットがあるためです。銀行側にとっての最大のメリットは、消費者金融の利用者を取り込むことが出来るという点でしょう。個人の借り入れと言えばどうしても消費者金融の方が歴史も長く、実績もあります。

ですが、大きくなってしまったこの需要を銀行がみすみす逃すわけにはいきませんよね。ですから、銀行も子会社として消費者金融を作ったり、消費者金融を買収してグループ化したりなど、利用者を取り込むようになったわけです。

銀行系カードローンとなった消費者金融にとってもメリットはあります。

  • 銀行ブランドがつく安心感で利用者を集めることが出来る
  • 資金調達の不安を軽減することが出来る

比較的低金利で、高額な融資も可能となるのは銀行系だからこそであると言えるでしょう。

銀行系カードローンは消費者金融のカードローンです
銀行の子会社、もしくは同グループのカードローンになることで
安心感があり低金利での利用が可能となっています

新生銀行レイクと消費者金融レイク

レイクは新生銀行のカードローンの名前なのですが、レイク=消費者金融というイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。それも無理はありません。レイクはもともと消費者金融として営業をしていました。それが、新生銀行の子会社である新生フィナンシャルに買収されたことで、新生銀行カードローンレイクとなったわけです。

カードローンを利用するにあたって保証会社の保証を受けることが必要になることがほとんどです。保証会社は返済できなくなった時に代位弁済をしてくれるところですから、カードローン会社のリスクを軽減してくれる役割を担っています。レイクを申し込むにあたっては新生フィナンシャルの保証を受けなければいけません。

レイクは元々消費者金融としても知名度があったため、現在でも消費者金融であるというイメージを持つ人がいるのでしょう。レイクは消費者金融ではなく新生銀行カードローンであるということは覚えておきましょう。

レイクの商品内容をご紹介

レイクの商品内容を簡単に紹介しましょう。

融資額 金利 利用対象者 必要書類
1~500万円 4.5~18.0% 満20~70歳
(但し日本国内に居住していること)
運転免許証もしくは健康保険証
契約額に応じて収入証明書

レイクは銀行のカードローンですから総量規制対象外となっています。つまり、新生銀行がOKを出せばどの収入の人でも500万円の限度額が設定できる可能性はあるわけです。

また、レイクは急いでいるときも即日融資が可能となっています。その際、新生銀行の口座が必要というわけではなく、他行でも本人名義の金融機関口座があればOKなんですね。

返済日を忘れないように、メールで通知するサービスを行っていますからとても便利なんです。

レイクの最大の魅力はココ!

レイクの最大の魅力、それは新規契約者だけが利用できる2つの無利息期間でしょう。

  • いくらでも30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

いずれも契約翌日からの日数カウントとなりますので、無利息期間の恩恵を最大限活用するとすれば、契約できたらすぐに借り入れをすることが必要となります。契約だけして利用はまだ必要ないから、と1度も借り入れしないまま時間が経過してしまえば無利息期間を利用することが出来る期間を過ぎてしまうのです。

30日間の無利息期間というのは、借り入れ金額がいくらでも30日間は利息が発生しないというものです。この期間内で完済できれば借り入れした元金のみの返済で済むわけです。30日が経過した後は、通常利息の適用が行われます。

180日間の無利息期間というのは、無利息となる期間こそ長くなっていますが適用となるのが5万円までという上限設定が行われています。しかし、これは5万円までしか借り入れ出来ないというわけではなく、10万円借り入れした場合は5万円が180日間無利息、あとの5万円は通常利息が適用されるという事になるのです。

どちらがお得に利用できるのかについては、借り入れ金額と返済期間によって異なります。自分はどちらのすれば良いのか、迷うようであればレイクのウェブサイトで無利息期間のシミュレーションをしてみると良いでしょう。

1%でも低い金利のカードローンを探していれば
無利息期間があるレイクもオススメです
2つの無利息期間から選べるというのも魅力でしょう

ATMの利用手数料もチェック!

レイクを利用するにあたって避けて通ることが出来ないのがATMの利用です。もちろん、口座への直接振り込みでの融資、自動引き落としでの返済、金融機関窓口からの振り込みをすればATMを利用することは無いかもしれません。ですが、多くの人はカードを発行してもらってATMからの借り入れ、そして返済・繰り上げ返済を行っている事でしょう。

利用する頻度が多くなればなるほど、ATMの利用手数料が負担となってきます。レイクはATMを利用するときに手数料がかかるのかどうかは把握しておくべきなのです。

レイクのATM手数料はどうなっているのかですが、実はレイクATM、コンビニ等の提携ATMの利用手数料はゼロ円となっています。何度利用しても、いつ利用しても手数料をかけずに利用できるわけです。これもレイクの魅力と言えるでしょう。

そして、新生銀行の口座を持っていてレイクを利用しているということであれば、他行への振込手数料を月に5回までゼロ円とするサービスを利用することが可能です。新生銀行のインターネットバンキングを利用することが条件となっていますが、何かを購入した等の支払いを他行宛てで行う事もあるでしょう。その手数料がゼロ円というのは嬉しいですよね。

このサービスが気になるようであれば、一度問い合わせてみると良いでしょう。

消費者金融もメリットがある!?

カードローンを利用するにあたって消費者金融より銀行の方が安心、銀行系の方が安心、そう考える人も多いため消費者金融の検討は二の次になってしまう傾向があるのは事実です。ですが、消費者金融を利用することのメリットというのはあります。そのメリットを知った上で検討してみるのも良いでしょう。

  • 審査が甘い
  • スピーディーな審査、融資が可能
  • 総量規制があるので借りすぎない

最大のメリットを挙げるとすれば審査が甘いという点でしょう。これは銀行に比べると審査が甘いという事になります。他社借入がある、過去に延滞経験がある、そういう場合でも利用できる可能性があるのは消費者金融の方なのです。

銀行のカードローンは審査や融資実行まで時間がかかるケースもありますが、消費者金融は即日融資が可能となっているところも多くあります。その分、融資してもらう事が出来る金額は少なくなってしまうかもしれませんが、スピーディーな融資が行われれば助かる、そういう人も少なくはないですよね。

借り入れ限度額としては総量規制があるため年収の3分の1以上借りることは出来ません。ですが、逆に言えば収入による制限があることで借りすぎを防ぐことも出来るわけです。自分の返済能力に見合った借り入れをすることが出来ると考えれば、消費者金融の利用も十分メリットがあると言えるかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
レイクのカードローンが突然使えなくなった!

新着記事
TOPICS