> > > モビットで急ぎ借入れするには審査時間を知っておこう!

モビットで急ぎ借入れするには審査時間を知っておこう!

カードローンというのは、申込み方法は簡単に知る事ができる反面、審査時間や回答時間は大々的に告知をされていないため、どうなっているのか解らないようになっています。

では、大手消費者金融のモビットを例にして、審査と回答に関する曜日や時間帯の違いを見ていきましょう。

曜日と時間帯の区分

まず、申込みをする曜日と時間によって、審査の回答に要する時間も変わってくることを理解しましょう。モビットの場合、下の表のように区分けをする事ができます。

曜日 時間 回答までの時間
平日 9時~19時(または21時) 最短30分で審査回答
曜日問わず 19時(または21時)以降 翌日以降の審査回答
土日祝日 9時~19時(または21時) 審査の進捗状況次第

この3区分とプラスアルファの部分も踏まえて、順番に話を進めていきましょう。

平日9時~21時は即日回答も可能

まずは最もオーソドックスな「平日のデイタイムに申込んだ場合」です。具体的な時間としては、朝9時から夜7時まで、あるいは夜9時までとなります。

最短30分で審査回答も可能

多くの会社が営業しているこの時間帯は、在籍確認の電話審査もスムーズに行われることも含めて、最短で30分という短時間での審査回答を得ることも可能になっています。

ただし、週明けや連休前後などで申込みが多くなると、審査にもそれなりの順番待ちが発生します。あくまで「最短で30分」なので、数時間かかる事もあるという余裕は見ておくべきです。

急ぎならネットと電話のフル活用

急ぎの融資を希望する場合、ネットで基本事項を入力して申込みをし、その後コールセンターに急ぎであることを伝えると、モビットはその希望に合わせた配慮をしてくれるのが特徴です。

ただし、審査は通常と同じ内容で行われるので、在籍確認が取れなかったなどの理由で希望に沿えない可能性があることも理解しておきましょう。コールセンターの営業時間は夜9時までですが、この時間まであなたの会社が営業しているかが問題となるでしょう。

基本的な目安として、モビットの公式サイトでは、平日の夜7時までを即日回答可能と案内していますので、この点も審査時間のポイントとしておさえておきたいですね。

即日振込は14:50がリミット

即日で可決の回答をもらえ、振込みで融資を希望する場合、14:50までに振込手続きを完了させることが求められます。これはモビットがどうこうというのではなく、各金融機関の振込締め切り時間の関係なので、振込融資は特にスピードを重視しましょう。

21時以降はどうなるの?

次の区分は、曜日や祝日を問わず、21時(夜9時)以降に申込んだ場合です。こちらはとてもシンプルに考えることができます。それは、「翌日以降の審査と回答になる」という1つの答えしかないからです。

どんなに通信手段が発達しても、審査は人間の作業によって行なわれます。モビットだけでなく殆どのカードローンも夜間は審査を行っていません。しかし、翌日以降に少しでも順番を早めるためのインターネット申込みは有効ですよ。

土日祝日の審査はどうなるの?

では、土日祝日はどうなのでしょう?ネットだけでなく、コールセンターも自動契約機も営業はしています。時間帯も平日と同じ9時から21時まで(自動契約機は設置場所によって営業時間が異なっています)。

審査が進むなら即日回答も可能

そして、モビットは審査さえスムーズに進めば、土日祝日でも審査と回答をしてもらうことができるようになっています。つまり、在籍確認の審査も平日同様に終わらせることができれば、曜日に関係なく即日審査回答を受けることも不可能ではないんです。

お勤め先の事務所なり担当部署なりが、土日でも電話対応してくれる職場であれば、という条件がつきますから、それが不可能な方は翌日以降に審査が持ち越されるのは仕方がないでしょう。これはモビット側ではなく、申込む側に問題があるという事なのですから。

振込融資は銀行の翌営業日になる

土日祝日の場合、金融機関が休業日になっているので、即日振込での融資は困難になります。金融機関の翌営業日まで待たなければいけなくなるのは仕方のない事です。

自動契約機の仕組み

モビットの自動契約機は他社とは異なる仕組みになっていますので、この点もご紹介しておきましょう。

とりあえずカード発行が先

面白い事に、モビットの自動契約機は簡易審査の後、すぐにカードが発行されます。時間は約5分。他社の自動契約機は本審査の後カードが発行されるので、30分~小1時間ほどの時間がかかりますが、モビットは本審査前にカードを発行しちゃうんですね。

手にしたカードは、本審査の可決が出れば利用可能になります。なので、急ぎが希望で近くにモビットの自動契約機がある方は、振込融資よりもカードを先にゲットしておく方が手っ取り早いんです。

審査通過後のカード受け取りも

もちろん、他社と同じく審査通過後のカード受け取り手続きとして自動契約機を利用する事も可能です。モビットのカード受け取り方法は、この自動契約機か郵送かの2択になっていますから、近くに契約機がある方はこちらを選択すると時間が大幅に短縮できます。

在確を省略する「WEB完結」

審査の過程で時間的な足かせとなる「職場への在籍確認」ですが、モビットが全国初として行なった「WEB完結」なら、在籍確認の電話を省略し、よりスピーディーな審査を行ってもらう事ができます。

「WEB完結」申込みを選べる条件

とても便利なシステムである「WEB完結」ですが、利用にはいくつかの条件が設けられています。下のチェック項目全てを満たしていなければいけないので、その内容を確認してみましょう。

  • 三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の普通預金口座を持っている
  • 上の口座を返済用口座として利用する
  • 社会保険や共済組合保険などの保険証で、勤務先を証明できる
  • 保険証とは別に、免許証やパスポートで身分証明ができる

この条件をクリアできる方は、是非「WEB完結」での申し込みも検討してみてください。電話なし、郵送書類もなしの全てをWEB上で済ませるカードローンですから、利用価値は高いですよ。

「WEB完結」はカードレス取引

もうひとつ、「WEB完結」の特徴を挙げておかなければいけないのですが、それは「カードローンだけどカードは発行されない」という点です。返済は口座振替が条件になっているとお伝えしましたが、借り入れも口座振込でのキャッシングになります。

モビット公式サイト内の会員専用「Myモビ」にアクセスをし、そこから手続きを行ないます。インターネットバンキングを使いこなしている人にとっては何も難しい事ではありませんから、カードが無いからと言って不便さを感じることもないでしょう。

急ぎの融資を左右するものは?

以上、モビットにおける曜日別・時間帯別の審査時間と、自動契約機や「WEB完結」のサービスについてお話してきました。

平日だけでなく、土日祝日でも条件さえ揃えば即日で審査を行ってもらえることが大きな特徴ですが、その条件はモビットではなく、申込者であるあなたのお勤め先の営業時間であるということも理解できたでしょうか。
(⇒審査基準が緩いカードローンを教えて!

自分の側の環境を整える事も大事

相手方の営業時間や審査回答時間をリサーチして、その時間帯に合わせた申込みをする事は非常に重要な事ですが、それと同じかそれ以上に、自分の側の審査受け入れ体制も整えておくことも大切であるというのが結論です。

こちらが「何だよ、審査に何時間もかかるじゃないか」と思うように、相手(モビット)も「何だよ、在籍確認さえ取れないのに急ぐって言われても困るんだよ」と思うでしょう。

それなりの希望をするからには、それなりの準備を整えること。これは最低限やっておかなければいけない事ですね。

【参考ページはこちら】
モビットカードローンの審査は厳しいの?

新着記事
TOPICS