> > > 申し込みをして在籍確認がなかったカードローンに不安なあなたへ

申し込みをして在籍確認がなかったカードローンに不安なあなたへ

キャッシングの申し込みをしたはずなのに、在籍確認の電話がなかった…そんなとき、「もしかして、落ちたのかな」「闇金だったのかな」、と不安になってしまうかもしれませんね。

そんなあなたに、在籍確認がないということの意味について、様々なケースをお伝えします。

在籍確認の意味と実際

カードローンにおいて、在籍確認とは、何でしょうか。それは、金融会社の側から見ると、そのお客様が確実に働いていて、安定的な収入を得ているのかどうか、という点を確認する、重要な審査です。

もし、お客様が、たとえば「大手企業で働いている」と嘘をついており、本当は働いていなかったとしたら、その金融会社は、貸したお金を返済してもらえず、倒産してしまうかもしれません。そんな倒産危機を避けるための、非常に重要な審査なのです。

このように、カードローン審査において、在籍確認は、非常に重要な要素となっていますから、在籍確認をまったくせずに審査に通す金融会社というのは、ほとんど存在しないでしょう。もしあったとしても、闇金融などで、怪しい雰囲気ですよね。

ただ、本当に在籍確認をしていないのか、はたまた、本当は在籍確認をしているのに、あなたが気づいていないだけなのか、ということでは、在籍確認が来ないということの意味についても、大きく違ってくる可能性があります。

もちろん、在籍確認が来ない=落ちた、であることは、どのようなケースでも、十分に考えられます。これから挙げていく別のケースに該当していたとしても、結果が届くまでは、落ちた可能性を否定できません。

ただ、闇金融かそうでないか、ということは、非常に高い精度で判別できますし、審査結果がわかるまでの無意味ながっかり感をなくすことは、できるかもしれません。

在籍確認電話がないと感じるケース

在籍確認電話がない、とあなたが思っている場合、以下のケースに当てはまっている可能性があります。

  • そもそも、電話で在籍確認をしない申し込みシステムである。
  • 在籍確認電話はしたが、あなたが気づかない間にこっそりかけている。
  • まだ電話がかかってきていないだけ。
  • 既に審査で落ちているので、わざわざ電話はかけてこない。
  • そもそも、在籍確認は行わない闇金融である。

下の2つは、あなたにとって、良いニュースではないでしょう。ですが、上3つの可能性が残っているうちは、落胆せずにお読みいただけると良いと思います。

そもそも、電話で在籍確認をしない申し込みシステムというのが、存在します。これは、特定の方法の完結型で申し込んだ場合に、可能性として、あります。もちろん、特定の会社の特定のシステムです。

在籍確認は重要なのに、なぜ電話をしないのかというと、書類で在籍確認を完了させているからです。そのために必要な書類としては、保険証や直近の給与明細、源泉徴収票などが挙げられます。

また、在籍確認電話にあなたが気づいていないというケースですが、こちらは無人契約機などの機械を利用して申し込んだ場合や、あなたが出勤していない時間帯に申し込んだ場合などにあり得ます。

要するに、電話はかかってきているのに、あなたがその場にいなかったために、応答できなかったというケースですね。

普通は会社などで「電話があった」と伝えてくるかと思いますが、電話を受けた方があなたに伝えていなかった場合には、電話を知らずに終わってしまう可能性もないわけではないでしょう。

あとは、あるとすれば、派遣会社に登録していて、派遣元に電話があった場合ですね。派遣社員の場合、在籍は派遣元になります。その場合、派遣元に電話がかかることになるため、あなたがいない間に審査が終わることも、よくあることでしょう。

在籍確認の電話をかけない金融会社

先ほど、在籍確認の電話をかけない金融会社と書きましたが、具体的に挙げてみましょう。

まず、有名どころで、モビットですね。ここは、Web完結型というお申し込み方法があり、その方法で申し込んだ場合に限り、在籍確認の電話をかけないことを明記しています。

Web完結もそうですが、日本の金融会社で、最初に在籍確認電話なしを宣言したのが、モビットですよね。おそらく、消費者金融のCMを流せる時間帯にテレビを見る方であれば、既にご存知かと思います。

もう1つ、セブン銀行のカードローンは、Web申し込みなら、最短10分で、在籍確認電話もありません。かけない、と明記している会社ですね。

単純に在籍確認をしてほしくないと伝えてしまった場合は、別の金融会社でも、十分にあり得ます。

モビットでは、Web完結以外にも、Faxで書類を送るだけ、という審査方法もありますが、他の金融会社でも、先に伝えておくと、電話をかけないで在籍確認をしてくれるところがあります。

たとえば、プロミス、アコム、そして銀行でも、三菱東京UFJ銀行、新生銀行レイクがあります。有名どころ以外であれば、私が把握していない金融会社もあるかもしれませんが、だいたい、このあたりが、在籍確認電話をかけない審査ができるということですね。ただ、そういった要望は申込完了後に相談しないと定かではありません。

ただ、不安になる種類の在確なしであれば、セブン銀行やモビット以外では、そう多くはないでしょう。

上に挙げたケース以外の場合

さて、上のケースに当てはまらなかった場合、不安になってしまうかもしれません。特に、有名どころで借りたわけではないから、闇金融かもしれない、という不安は、できれば解消しておきたいですね。

実は、闇金融かそうでないかという点については、見分け方が存在します。

闇金融を見分けるポイント

闇金融を見分けたい場合、まず、金融会社の電話番号を確認します。この時点で、携帯電話の番号しかなかったり、電話番号がわからなかったりするような場合、闇金融である可能性が非常に高いです。

ここで調べた電話番号を、登録貸金業者検索システムにかけます。これは、金融庁のサイトで、貸金業を営むということを、きちんと登録しているかどうかを調べることができます。

この登録貸金業者検索入力欄に、「電話番号」を入力します。名前ではありません。電話番号です。これで出てこなければ、闇金融である可能性が99%くらいになります。

残りの1%は、引っ越した直後で、まだ登録が訂正されていないというレアなケースです。ただ、実は過去にこれに近いケースが存在したので、絶対にないとは言いません。ちなみに、引っ越した業者さんは、引っ越した旨をホームページに記載するのが普通です。

そもそも、ホームページが存在しないとか、そういう場合は怪しいですね。

闇金融ではない場合

闇金融でない場合、単純に審査に落ちたか、まだ電話がかかってきていないだけ、という可能性があります。金融会社によっては、電話がかかってきても審査に落ちるケースもありますし、なかなか電話がかかってこなくて、かかってきたら通ったというケースもあります。

どんなに即日融資を謳っていても、特定の方法を取らないと、なかなか審査が終わらない金融会社というものも、存在します。中には、審査に落ちた場合は、電話もよこさない、というケースもあるのです。

銀行などでカードローンを申し込んだ場合、2週間以上経過しても、まったく反応がない場合には、こちらから電話をかけてみるのが、一番、確かです。ただ、このような電話をかけなければならない状況になっているということが、落ちている可能性が高いですが。

ちなみに、それぞれの金融会社のホームページや、口コミサイトなどに、だいたい、どこの金融会社でどんな方法で申し込むと、これくらい時間がかかる、的なことは書き込んであることが多いです。特に、大手の会社であれば、書いてありますね。

【参考ページはこちら】
審査が緩いカードローンに関するおすすめQ&A

新着記事
TOPICS