> > > 【カードローン審査】雇用契約書だけで在籍確認は取れるか?

【カードローン審査】雇用契約書だけで在籍確認は取れるか?

カードローンを利用したいと思ったときに、多くの方が「嫌だなー」と感じているらしいものが、在籍確認です。これは、会社などに電話がかかってきて、あなたが本当にそこに在籍しているのかどうかをチェックする審査です。

もちろん、在籍確認をする理由は、あなたもおわかりになると思います。存在しない会社、勤めていないのに嘘をついている不誠実な客、という要素は、金融会社側としては、怖いわけですね。ですから、そういった借り手を排除するために、在籍確認の電話をするのです。

でも、在籍していることを確認するためなら、書類だけでも良さそうな気がしますよね。たとえば、雇用契約書は、雇用されない場合、締結しないわけですから、在籍確認に利用できるのではないか、と思われるかもしれません。

実際は、どうなのでしょうか。

在籍確認は電話でしか取れないのか?

在籍確認は、電話をすると明記してある金融会社がとても多いですが、電話でしか取れない、あるいはデフォルトで電話がかかってくるということでしょうか。
(⇒在籍確認は電話以外の方法でもできる?

実際のところ、電話でしか在籍確認を取らない金融会社が、確かに、多く存在します。通常、銀行は電話での在籍確認が取れないと、貸しません。また、中小規模の消費者金融であったとしても、電話でしか在籍確認が取れないところがあります。

中には、電話による在籍確認こそが審査の中心であって、その電話に出るときの対応から、話し方から、すべてが審査対象であるとしている、老舗金融会社も存在するのです。

ただ、こうした事実がある一方で、電話での在籍確認を必須としていない金融会社も存在していることは事実です。たとえば、インターネットだけで申し込みからお借り入れまでできてしまう金融会社というものもありますし、電話はデフォルトであって、それ以外の方法が取れる金融会社もあります。

中には、銀行であっても、書類審査に応じてくれるというレアなところも存在しています。

ですから、在籍確認を電話以外の方法で取れるかどうかという点から言えば、その会社の方針次第ということになるのです。

在籍確認の電話なしで借りられる大手?

実際に在籍確認なしで借りるためには、具体的な金融会社の名称がわからないと、申し込めませんよね。そして、その金融会社が大手にもあるということですから、気になると思います。

銀行、消費者金融の順にお伝えします。

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行は、大手の銀行として、非常に有名ですし、街中に多数のATMが存在しますよね。あなたも、利用しているかもしれませんし、していなかったとしても、見かけたことくらいは、あるでしょう。

三菱東京UFJ銀行は、通常、電話で在籍確認をします。つまり、それがデフォルトなのですが、場合によっては、書類審査に応じてくれるケースがあります。

気を付けておきたいのは、申し込むと割とすぐに在籍確認の電話が来てしまうため、先にこちらから電話をかけて、在籍確認の方法を相談しておいたほうが良いという点です。ですが、そこで話をつけられれば、相手から電話がかかってこない在籍確認ができます。

三菱東京UFJ銀行の場合、審査を主に保証会社であるアコムが請け負っている面があり、銀行の中でも審査が緩いという噂があります。そうした意味で、この在籍確認についても、アコムと同じ方針を取っていると言えるのでしょう。

関連があるので、アコムの項目もお読みください。

アコム

名前が挙がったので、先にアコムについてご紹介します。アコムは、三菱東京UFJ銀行の保証会社でもあり、自らがお金を貸す消費者金融でもあります。もちろん、非常に有名な大手金融会社なので、あなたもご存じかと思います。

アコムも、三菱東京UFJと同じで、デフォルトは電話による在籍確認を行うことになっていますが、こちらから電話をかけて、交渉することができます。

アコムの場合、無人契約機で申し込むと、契約機を操作している間に、会社に電話がかかってきてしまうため、操作している間に在籍確認審査が終わっていた、という感じになることも多いようですが、どうしても気になる方は、事前に電話しておかないと、機械操作中に、電話が会社にかかってきてしまいます。

先の三菱東京UFJの場合もそうなのですが、必ず書類審査で確認が取れるわけではありません。指定された書類を提出することができない場合、電話確認になってしまいます。

モビット

おそらく、在籍確認の電話をしないという意味では、最も有名な金融会社がモビットです。ただ、すべてのお申し込み方法で在籍確認をしないということではなくて、一部のお申し込み方法に限り、在確を省くことができるという特徴がありますので、きちんと確認しておいてください。

モビットが在籍確認をしないお申し込み方法とは、「Web完結」という方法です。これは、インターネットで申し込みを済ませ、振込まですべてWebだけで手続きをする方法です。

携帯やスマホのカメラで書類を撮影して、メールで送信するなどの方法を取り、電話などの対応や、契約機を利用するといったことは、一切、ありません。

非常に便利で簡単ですが、すべてをWebで行うために不利になってしまうケースも存在すると思われますので、会社員や公務員ではない方は、書類審査だけでは通らない可能性があることを、認識しておいたほうが良いでしょう。

但し、会社員、公務員であっても、過去の履歴等に問題がある場合、借りられませんので、その点は、あらかじめご了承ください。

プロミス

プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)は、通常は在籍確認の電話をかけてくる金融会社ですが、個人宛にかかってきた電話で、電話が困るということを伝えると、案内をしてくれます。

三菱東京UFJ銀行で、同様の審査に対応していることが知られていないこともあるのかもしれませんが、消費者金融の中でも、少額借りる場合の金利をやや低めに設定しているプロミスは、人気の高いカードローンです。

レディースキャッシングもあるため、女性でも利用しやすい点も、魅力ですね。

使える書類とは?

書類で在籍確認をする場合に、使われる書類が気になると思います。一般的には、直近の給与明細や、保険証などが挙げられます。

しかし、ここで問題となっている雇用契約書については、利用できないと考えたほうが良いでしょう。

なぜなら、必要なのは、「今、勤めている」という情報であって、「過去に契約して勤めたことがある」という情報ではないからです。雇用契約書は、古いものである可能性もあり、以前の勤務先のものかもしれません。そのようなものを、在籍確認に使うことはできないのです。

また、社員証については、他の書類と合わせて利用するというケースはありますが、単独では用いられません。

収入証明などに用いられる書類など、現在の所属を明らかにできるという点で、やはり在籍証明書や、最新の給与明細などのほうが、確実であるということです。

一般的に、自営業であれば、在籍確認の電話はそれほど問題ではないでしょうから、会社員の方に向けて書かせていただいています。自営業者は個人名でかけてもらえば、お客様からの電話だと思ってもらえる可能性も高いですし、ご自身で電話に出られるケースも多いでしょうから。

カードローン審査における在籍確認

ここまで在籍確認についてだけ書いてきましたが、カードローン審査における在籍確認というのは、1つの審査にすぎません。他の審査で落ちてしまえば、どんなに在確だけ通ったとしても、やはり審査に落ちてしまうのです。

それでも、在籍確認が占める位置というのは、大きなもので、在籍確認が落ちるだけで、審査には通らないということが多々あるわけですから、やはり重要な審査に相違ありません。

電話で在籍確認をしないといっても、書類審査でしっかりと確認するというのは、それが重要な審査であることを、金融会社も理解しているからです。間違っても、嘘などつかないようにしてください。

ちなみに、在籍確認以外でも、過去の借金履歴の審査、無職無収入、電話がないなどの条件によっては、借りられないということを覚えておいてくださいね。

【参考ページはこちら】
在籍確認後に審査に落ちることってあるの?

新着記事
TOPICS