> > > 求職中でもカードローンは借りられる?生活費が足りないあなたへ

求職中でもカードローンは借りられる?生活費が足りないあなたへ

求職中の方で、生活費が足りなくなったからカードローンを借りられないか、と考える方がいらっしゃるようです。確かに、求職中で仕事がないと、貯金を崩して生活することになりますし、お金を借りたいと思う気持ちも、わからないではないです。

ただ、お金を借りるということは、返済しなければならないということでもあります。お金を貸す側としても、お金を返してもらわなければ、商売になりません。

求職中の方でも、お金を借りられるのでしょうか。

カードローンを利用するための条件

カードローンというのは、銀行や消費者金融などで提供しているサービスで、一時的にお金が足りなくて困っている方に対して、お金を貸すサービスです。借りる消費者は、お金の利用料を支払う約束をして、お金を借りることができます。
(⇒審査が緩いカードローン会社を教えて!

但し、お金を借りたら、当然、返さなければならず、お金を貸す側としては、誰にでもポンポン貸すということではなくて、やはりお客様を選んで、この人は返済できそうだと判断して貸すわけです。

要するに、どんな人にでも貸してくれるということではないのです。当たり前ですよね。

そして、カードローン会社が求める条件は、「安定した収入があること」です。この条件は、絶対的なもので、どのような仕事、収入源であったとしても、とにかく収入が安定的に入ってくるという状況がなければいけません。

従って、求職中で収入が途絶えた状態の方は、カードローン会社で申し込みをしても、お金を借りられず、断られてしまうでしょう。

これは、カードローンに限らず、フリーローンなどでも同じです。たとえ一時的であったとしても、無収入でお借入はできないのが普通です。

但し、たとえ求職中であっても、何か別の収入源を持った状態で求職しているのであれば、この限りではありません。それは、不動産収入でも、何でも良いですが、安定しているということが重要です。

特殊ケース

基本的には借りられないですが、同じ無職で求職中であっても、専業主婦はここには該当しません。

専業主婦は、配偶者の収入があるということですが、この場合、その配偶者の収入から返済能力があると見なされ、少額ではありますが、借りられるという事実があります。

借りられるところは、主に銀行です。インターネットで専業主婦のキャッシングを検索してみますと、たくさんのキャッシング情報が出てきます。消費者金融などは普通、総量規制があるため、借りられません。借りられたとしても、単独での申込はできず、配偶者の許可が必要です。(こちらもご参考に→主婦でも借りられる審査の甘いカードローン情報

例外的に、一部の審査の甘い消費者金融で、配偶者の同意さえ得られれば借りられるところもあります。これは、配偶者を審査するため、実質的には、専業主婦本人が借りていても、その配偶者の借金と同義です。

ただ、大手ではこの方法で借りられるところはないようです。全体に、金利が高めな傾向があるので、ご注意ください。

利用できる別の借金

それでは、専業主婦以外で、求職中でお金がない場合、どうすれば良いでしょうか。

1つは、家族や親戚から借りる、という方法です。身近な方でないと、普通は、収入がない状態の方に、お金を貸してはくれないでしょう。ですが、親族であれば、必要なときは助け合う、ということも、あり得る話です。

あるいは、もし、あなたが何か財産を持っていて、それと引き換えにであったとしても、お金が欲しいということであれば、質屋などを利用する方法があります。但し、相応の価値のある財産を所持していなければ、この方法を使うことはできません。

お金が入ってくる当てがない、つまり、返済できるかどうかわからないという場合、愛のある関係、または担保のある状態以外で、お金を貸してくれるという人はいない、と考えてください。

返せないものは借りないマインドを

この方法なら、借金はできると言いましたが、返せないのに借りようと考えるのは、決して良いことではありません。返済できないなら、返します(借ります)という宣言は、本来、できないはずです。返す当てがあってこその、借金です。

返せないなら、初めから「もらう」という前提であるか、あるいは稼ぐか、いずれかです。もらうというのは、たとえば、生活保護であるとか、若い方であれば、家族や親戚からのお小遣いであるとか、そういう意味です。

もちろん、環境が許せば、という話にはなってしまいますが、嘘をついて借りるのは詐欺と同じですので、借りるなら、きちんと返済できる当てが必要です。

求職中の方が生活資金を手に入れる方法

求職中でお金を借りたいというのは、多くの場合、生活資金が不足しているから、ということですよね。求職中でお金が必要な場合、その資金調達の方法は、借りるだけではありません。

たとえば、一時的にアルバイトをしながら求職するという方法がありますよね。アルバイトは、別に毎日、フルタイムである必要はないわけです。求職しながら、働けばいいのです。

アルバイトでもなかなか雇われないような場合、そもそも、求職して面接で通ること自体が難しいでしょうから、ハローワークの職業訓練を受けるという方法や、派遣登録をして、身体を使った仕事をするという方法もあります。

どうしてもお金が必要な状況の場合、選んでいる余裕はないと思います。そんなときには、派遣などに登録してしまうと、簡単に仕事を得ることができますから、すぐにでもお金が欲しいという方は利用されると良いでしょう。

職業訓練は、ものによって、世帯主の場合、お金を受け取れるものがあります。そうした職業訓練を利用すると、いくらかの資金を得ることはできるでしょう。

他にも使える、こんな方法

求職中で無職だけれど、どうしてもお金が必要である場合、正直、あまり生活保護というのは、良い気分ではないですよね。ただ、派遣などをしたとしても、最初の月はお金が足りない、ということもあるでしょう。

財産もないし、どうすれば良いのか、となった場合に、派遣などの非正規雇用の状態をつくることさえできれば、借金は可能であるということを知っていると、違ってきますよね。

もちろん、派遣であっても、収入が安定する必要があるので、できるだけ定期的に働いていることが望ましいです。派遣は派遣でも、長期のお仕事、ありますよね。

銀行などでは、派遣やアルバイトは長期的、安定的であるということが前提になっているのが普通ですが、不安定なアルバイトであっても、消費者金融で借りられるケースがあります。というのも、消費者金融によっては、勤続年数の制限を設けていない場合があるからです。

とはいえ、その状態で借りるためには、できるだけ他の属性は良い状態にしておきたいところです。

他に重要視される属性について

特に派遣など、収入が不安定な場合に、他に重視される属性があります。たとえば、電話番号があるということは、大前提ですが、住所が一定であるということも、重要です。しょっちゅう、住所が変わっているような人は、お金を貸しても、夜逃げされる危険性が高いからです。

また、家族はできる限り同居のほうが良いです。但し、子どもではなく、働いている、成人した家族です。子どもは、場合によっては、マイナス評価になってしまいます。

もちろん、他社で借りているとか、以前に事故を起こしているといったことがあると、借りるのが非常に難しくなります。審査の甘い金融会社もありますが、誰にでも貸してくれるということではありません。

【参考ページはこちら】
カードローンは無職の人でも借りられる?

新着記事
TOPICS