> > > 申し込みブラックは絶対避けたい!これで疑問や不安を解消!

申し込みブラックは絶対避けたい!これで疑問や不安を解消!

申し込みブラックってご存知ですか?ブラックという言葉の通り、審査に通らなくなるということには違いありません。

聞いただけで不安になる申し込みブラック。いったい何?どういう意味?全ての疑問と不安をここで解消していきましょう。

申し込みブラックとは、短期間に何社ものカードローンに申し込み、それがそれぞれの会社にわかるために、全部の会社から審査落ちの判定を出されることです。

複数同時に受けると何がダメ?

どうして複数社を同時、もしくは短期間に申込むと審査に落ちるのでしょうか?それは、冷静に考えるとわかります。まず、そんなにお金に困っているの?という疑問を持たれます。一社の審査に通ればそれでいいはずが、万が一落ちた時のために次の会社にも申込むという状況は、金融機関に疑問を持たれます。

さらに、そんなにいろんなところに申込むなら余所で借りて下さいという気持ちになると思いませんか?友人にお金を貸してくれと言われた時、自分しか頼る人がいないのと、たくさんの人に声をかけているとわかった時とでは、同じ断るにしても簡単に断れますよね。

複数申込む心理状態

カードローンを複数申込むにはいろいろな理由があります。一般的にはどのようなものなのでしょう。

  • 審査落ちが不安で複数申込んでしまった
  • 返済期日が迫っている借入があり、今日中に現金が必要だった
  • 何度か審査落ちを経験しているので保険のつもりだった
  • あまり深く考えていなかった

いかがでしょうか。自分の都合でみなさん複数社を申込んでいます。もちろん自分の都合でお金が必要なのですから当然なのですが、貸す側の気持ちを考えてみるとあまり良いことではないとお気づきですか。

複数申込む人の心理状態は「不安」です。借りられなかったときの不安、他者への返済ができなくなる不安、審査落ちした時の自分がいたたまれないという不安、否定されたくないという不安です。まずはカードローンを申し込む前に、冷静になることをお勧めします。

冷静になりやすいネット申込み

カードローンの申込時に冷静になるには、一人でWEBから申込むことです。文字を読み、申込みを考えていると本当に今必要なのか、今でなければならないのか等が考えられるようになります。一度にたくさんのカードローン会社の情報が得られるだけではなく、お試し審査も受けてみることができるのは安心への近道ではないでしょうか。

冷静に落ち着いて行こう

直感で動いて良いこともありますが、それがピタリとあたるのは稀です。特に、お金に関することは慎重に考えましょう。申し込みブラックは、冷静さを失っていたり、深く考えなかったがゆえに陥る落とし穴ともいえます。
(⇒ブラックでも借りられるカードローンはある?

<h3>複数社同時申し込みがわかる訳

金融機関はそれぞれ個人の『信用情報』を調べています。信用情報とは個人の金銭にまつわる歴史が詰まっている情報庫のようなものです。滞納や完済や未完済、破産宣告や任意整理、保証人、現在の借入等々の情報がわかるものです。

CIC JICC KSC
信販会社会社系 消費者金融系 銀行系

簡単に説明すると上記のようにそれぞれの金融機関が個人情報機関を利用しています。詳しくは金融機関が重複していたりすることもありますが、この主な三社が情報の交換をリアルタイムで行っているため、どこでどのような融資の申込みをしようと全ての金融機関がその事実を知っているということなのです。

さらに、情報によって補完年数が異なります。それぞれの保管期間はどのようになっているのでしょう。おおよその期間を下記でご確認ください。

情報の種類 主な項目 保有期間 申込み情報 照会日・商品名・契約予定額・支払い予定回数・照会会社名等 照会日より約6ヶ月 クレジット情報 残額・入金額・支払回数・契約終了日等 約5年間 利用記録 利用日・利用目的・利用会社名等 約6カ月間

一般的な保有期間は上記でお分かりかと思いますが、未完済で自己破産や債務整理などをした場合は5年~10年の情報保有がなされます。最長10年と考えて、10年間は次のカードローンやクレジットカードの申込みができないということです。

今回話題の申し込みブラックは約6カ月間の情報保有期間なので、1月に申し込みブラックになってしまったら、次に申し込みをして審査通過が獲得できる可能性は早くても半年後となってしまうのです。

これを見ると安易に複数社に申込みをするべきではないということがお分かりだと思います。冷静な判断が求められるのはそのためです。

それでも複数申込みたい方

申込んだ会社で審査通過は果たしたけれども、思うような限度額が得られなかったという場合、どうしても二社目で融資を受けざるを得ないという場合があります。そんな時は、必ず最低でも1~2週間の期間を開けて申込みをして下さい。

できれば、1ヶ月以上間をあけて二社目に申込む方が審査通過の確率は上がることは言うまでもありません。この場合も冷静に考えてみてくださいね。

このような時もネットでのお試し審査は役に立ちます。数秒で回答が出るお試し審査ですが、他社での借入も入力するようになっていますので、すべてを正直に入力し、融資可能かどうかを確認します。

どう考えても融資は無理という場合は、お試しの時点で「残念ながら…」というようなメッセージが出ます。その場合はあきらめた方が良いですね。

安心できない事

一社目の審査に通過したからといって、二社目、三社目の審査を受けて落ちても最悪1つはあるから大丈夫と思ってしまうのは危険です。なぜなら、審査に通過できた一社目が信用情報をチェックしてしまうと他社での申し込みがわかります。それを見て一社目が融資を中止にする可能性があるからです。

計画性があるように見せる

融資を獲得するには、計画性があるように見せることが大切です。そのためにはやはり申込みの時期を少しでもずらすことが重要ですね。一番注意すべきは「やみくもに申込むこと」です。無計画な印象を与えることは、返済についても無計画なのではないかと疑念を抱かれるからです。

のように見せる。より本物に!

とはいうものの、本物らしく見せるより、より本物になる方が自分も一番安心できますし安全です。カードローン会社は人を見る本物の目を持っています。ごまかしや付け焼刃の様子は見抜かれることが多いでしょう。

そして人は、ごまかそうとすると挙動不審になるものですし不安感が周りにも伝わります。常に堂々としていられるためにも本物の自分になりましょう!

一社借入で済む自分に

一社借入で事足りるに越したことはありません。社会的ポジションをより良いものにするためには、信頼が一番必要となります。自分は社会に信頼される生活をしているのだろうかと内省してみる時間があるといいですね。

自分を変える意味

社会に信頼される自分になる意味は、自分以外の相手は絶対変わらないからです。小手先の方法や策で何かが変わるとすれば、それは大して意味の無い事が変わるだけです。相手が相手がといっている間は人は成長もしません。

カードローン審査に通過する自分になるためではありますが、このチャンスに自分が変わるとはどういう事なのかを考えてみるのもいいかもしれません。このように自分について考えることは、冷静さを獲得することにもつながります。

とにかくブラックを避けよう

とにかく、ブラックだけは避けたいですね。どうしようもなくなりブラックになってしまったという方もいらっしゃるでしょう。その方にはその方の理由があると思います。いろんな苦労や辛いことがあると思います。しかし、まだブラックにはなっていないなら、最悪の状況を避ける努力が必要です。

現代のカードローン利用状況

カードローンは今や高齢者でも高収入世帯でも定期的に利用しています。その目的と世帯年収をみてみましょう。

カードローン利用目的

娯楽・交際費
生活費
車関係費
旅行費用
教育費
急な出来事対応費
他社への借入の返済等

世帯収入とカードローン利用状況

400万未満 2割強
400万円以上600万円未満 2割強
600万円以上800万円未満 2割強
800万円以上1,000万円未満 2割強
1,000万円以上 2割弱

収入や職業によってカードローン利用状況が異なるということは無いようです。どのような世帯の方もカードローンを便利に利用しているのが現代ということがわかりますね。特にインターネットが利用できる環境のある方は、特に便利に感じるのではないでしょうか。

ネットからのカードローン申込は、夜中でも申込可能な会社が多く、銀行カードローンでも24時間受付けが一般的になっています。

誰もの生活の一部になっているカードローンですから、一度ブラックになると再利用できるまでに待つ時間が必要となります。いざというとき即利用できるのがカードローンの良いところです。そのときにつまづくことが無いよう、日ごろからの自己管理が大切かもしれませんね。

【参考ページはこちら】
自分はブラックだと思う方向けのカードローン情報

新着記事
TOPICS