> > > 在籍確認後、不可!?カードローン審査に落ちないための情報

在籍確認後、不可!?カードローン審査に落ちないための情報

在籍確認後に審査に落ちることほど悔しいことはありません!そこまで行って?!ですよね。何が悪かったわけ?どうせ落とすのならどうして在籍確認したの?!と思う方は大勢いらっしゃると思います。

在籍確認までして、審査に落ちないためには『非の無い自分』にしておくことが大切です!それはいったいどういうことなのでしょう?在籍確認や審査についてまとめていますので是非ご覧ください。
(⇒在籍確認って何?主婦にも必要?

在籍確認を含むカードローン審査

カードローンを利用したりクレジットカードを作る時に必ず通るのが“審査”です。この時、非の無い自分でいるひとは、特に問題視することはありません。「カードローン」や「クレジットカード」を作る時、自分に必要かどうかだけで決定できます。

しかし、審査に落ちるかもしれない人は「審査に通るだろうか?」という疑問が付きまといます。この差は大いいと思いませんか?では、自分に非が無い状態とはどんな状態でしょうれは、住宅ローンや車のローン以外に使途自由の借入が無く、勤続年数も安定しており、保証人などにもなっていない人のことです。

カードローン審査とは

カードローン審査とは、申し込んだ会社がこの人は貸付けても返済してくれる人かどうかを確認するものです。どれくらい稼いでいるかで決まるものではありません。具体的な内容は以下をご覧ください。

  • 勤続年数
  • 勤務形態
  • 年収
  • 他社借入
  • 居住状況
  • 個人情報
  • 在籍確認
  • 信用情報等

※順不同

在籍確認とは

在籍確認とは、申込者が申請の企業へ勤務しているかどうかの確認です。実際に勤務先に電話をして確認するものです。

在籍確認例1

消費者金融からの在籍確認の場合
消費者金融「わたくし田中と申しますが、○○さんいらっしゃいますか?」
勤務先「○○ですね、少々お待ち下さい」
○○さん「はい、○○です。」
消費者金融「こちら消費者金融○○です。生年月日をお願いします。」
○○さん「昭和○○年○月○日です。」
消費者金融「ありがとうございました。」

田中の部分は消費者金融のオペレーターの個人名です。このように、消費者金融は会社名を名乗りません。消費者金融のオペレーターが個人名で電話をしてきてくれるので、勤務先に怪しまれることはないのです。

在籍確認例2

消費者金融「わたくし田中と申しますが、○○さんいらっしゃいますか?」
勤務先の人「○○はただ今席を空けております」
消費者金融「さようでございますか、では構いませんありがとうございました。」

この場合は、勤務先の方が「席を空けている」という情報をくれています。ということは、在籍しているが、今は席を空けているということになるので、これで在籍確認は完了です。

在籍確認例3

消費者金融「わたくし田中と申しますが、○○さんいらっしゃいますか?」
勤務先の人「○○という者は在籍しておりません。」
消費者金融「さようでございますか、では構いませんありがとうございました。」

こちらの場合は「在籍していない」ことがわかったので、申請者の申請通りの会社には印蒸していないということで審査落ちになります。

在籍確認が理由で審査落ち?

在籍確認が理由で審査落ちになる場合は、上記の申込者が申請した勤務先に勤務していなかった場合は必ず審査に落ちます。

その理由は、当然、ではどこで働いているの?という疑問もありますが、何より虚偽の申請をする人が融資を完済するとは思えないからです。人としての信用がないから審査に通らないというわけです。

ですから、勤務先に限らず、決して虚偽の申請はしないようにしましょう。勘違いや思い込みと虚偽とは全く違うのです。またそれを審査する側は見抜きますのでごまかすことはできません。

在籍確認が免除される場合

在籍確認が免除される場合は、最初から在籍確認をしないことが前提で必要書類を求めるモビットのようなカードローン会社か、消費者が在籍確認をして欲しくないとカードローン会社に相談を持ちかけた場合です。相談内容によっては希望に応じてくれる場合があります。その場合、身分証明証以外に求められる書類の提出が必要です。
(⇒モビットカードローンを利用したい方におすすめ

在籍確認に代わる書類提出が求められるので「免除」されることはありませんね。在籍確認に代わる確認がなされるということです。

審査に落ちないために

審査落ちは誰もが嫌なものです。カードローン会社もできれば審査委通って利用してもたいたいと考えています。ですから、審査に落ちないためには何をどうすればいいのかを考えると良いですね。

審査に落ちる人とは

審査落ちになる人とはどのような人なのでしょう。

職業 年齢 性別 他社での借入
無職か勤務会社が倒産寸前など 各会社の規定以外の年齢の場合 問わず 返済能力を超えている場合

当然総量規制に達している人は審査には通りませんが、総量規制の制限までまだ少し余裕があり、返済能力があると見込まれれば審査通過は夢ではありません。

総量規制とは

総量規制とはそもそも何なのでしょう。

貸金業者からの借入を対象としている2010年6月18日に施行された規制です。内容は、収入の3分の1までの借り入れを認めるもので、それ以上の貸し付けは貸し付けた会社が罰せられるようになっている、消費者を守る規制といってもいいでしょう。

総量規制対象外とは

消費者金融が貸金業法であるように、銀行にも銀行法という各々の適用法があり、この銀行法が適用される金融機関には総量規制はあてはまりません。つまり、収入に関係なく、返済能力があるとみられれば年収の3分の1を超えても融資が受けられるというものです。

総量規制は過去に借りすぎや貸付けすぎで社会が不均衡を起こしていたことに危惧し、国を挙げて消費者を守るという立場からできた規制です。お金は世の中の9割のものが購入できることから、依存に陥りやすくお金にまつわるトラブルが後を絶たないのはそのためです。

しかし、一番大切なものはお金では買えないということを私たちは知るべきなのです。総量規制は、別の角度からそれを教えてくれているともいえる規制だと思われます。

審査落ちにならない人

職業 年齢 性別 他社での借入
健全経営なら職業は問わず 各会社の規定以内の人 問わず 返済能力を超えていない場合

これら以外にも、信用情報が大きな意味をなすことは皆さんご存じのことと思います。個人信用情報に個人の不利な情報が残っていれば、それは事実ですから審査する側は冷静に判断せざるを得なくなるのです。

同じタイプに見えても…

表向き、同じようなタイプに見えても片方は審査通過、片方は審査落ちという結果があるのは、審査する側のさじ加減ではありません。その時こそ信用情報が紙一重の差を生みだすのです。たとえば、同じように真面目に生きてきた二人が別々の審査結果になるにはさまざまな理由が考えられます。

人が良いばかりに誰かの保証人になっていたりすると、審査落ちがより身近になります。保証人は表向き誰にもわからない事ですが、信用情報を確認すると一目瞭然です。そのような場合、同じ二人でも別々の結果が出るというわけです。

在籍確認までしたのに落ちる理由

在籍確認までしたのに審査に落ちるとはどういうことなのでしょうか?とはいっても、在籍確認をさまざまな確認事項のどこに入れるかはそれぞれの会社によって違います。ですから、すべてのカードローン会社を横一列に比較するわけにはいきません。

金融機関はそこまで考える?

たとえばこのままでは審査通過がギリギリだとします。その場合、最後に残されたのは在籍確認だけ。その時、その在籍確認の明確な回答で審査通過を決めようとするかもしれません。

電話口の人が「○○さんって人、いたっけ?いるの?ああいるんだ、あ、すみませんただ今席をはずしています」などという対応があったとすれば、岐路に立っている場合落ちる可能性もありますし、ギリギリ審査通過という可能性もあると思いませんか?

全部の情報を総合した結果

そういう意味では、在籍確認も含めての全ての情報を総合して審査通過か否かの判定が出るわけです。物事は全て総合して結論が出るようにカードローンの審査結果も決定的な非が無い限り、総合してみていかれるのです。

審査落ちを回避するために

それでは、消費者が一番知りたい審査落ちを回避するためにはどうすればいいのでしょうか。審査落ち回避の得策があるのでしょうか。これさえやっておけば絶対審査通過が獲得できるというものがあるのでしょうか。

そんなものはありません。唯一あるとすれば、莫大な年収で少額の借入がある人くらいです。しかし、そのような人は借り入れる理由がありませんから、現実にそんな人はいないのです。

望まれる消費者になる

審査落ちにならない一番の近道は、カードローン会社が望むような消費者になることです。それは、他社での借入が無く、勤続年数が長く、過去に未完済や破産をしたことが無く、誰の保証人にもなっていない事です。

もちろん、カードローン会社の規定の範囲内の条件下の話です。年齢が規定から外れていてはお話になりませんし、未成年ならなおのことです。

また、稀にあるトラブルですが、成人した子どもの免許証や保険証を使って同居している身内が自分の借金の保証人にしてしまうということです。このような場合身内に限ることではありません。同居している信頼していた友人等に利用されたという話は少ないことではありません。

そして、その事実が発覚しカードローン会社にそれを訴えたとしても、審査する側は「自己管理のできない人」としてみますから同情はされても審査が覆されることはありません。

一番の近道

ということからも、審査通過の一番の近道は、自分の居住まいを正し、他社での借入も総量規制の範囲内で滞納をせず、誠実な生活をし続けていることです。どんなに年収がよくても、滞納の常習者には貸付けてくれないのはお分かりですよね。

カードローン会社の方から、どうぞ借入に使ってくださいと言われるくらいの自分になることが一番の近道なのです。現在はネットで何でも簡単にできる世の中です。カードローンもインターネットが利用でいれば24時間利用可能、申込可能という会社が多数あります。

初めての申込で不安な方も安心の“お試し審査”などがあり、個人情報を入力しなくても融資可能なのか、融資額はどの程度か等々がわかるようになっています。中には個人情報も入力して、審査通過可能判定からそのまま本申込みに進めるところもあります。

一番の近道の中の最短距離を目指すなら、ネットでの利用がオススメです。まずはご自分の社会的ポジションの自己チェック。そしてお試し審査を利用してみてはいかがですか?案外在籍確認等なんてことないと思う方向に行くかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
電話以外の方法でも在籍確認は受けられるの?

新着記事
TOPICS