> > > 収入はあるが無職?それでもキャッシングは利用出来るか

収入はあるが無職?それでもキャッシングは利用出来るか

皆さんはカードローンを利用しようと思ったことがありますか?お給料日前の厳しい時など、近くのコンビニでさっと現金が引き出せるのはありがたいですよね。しかもカードローンというのは誰でも気軽に申し込みが出来るので、幅広い方々に利用されています。

しかし、誰もが利用出来るカードローンにも、唯一の申し込み条件があります。それは「安定した収入があること」です。どのカードローンでも、年齢制限の他にこの条件は必須です。返済能力が無い人には貸せませんから、これは当然の条件ですよね。

つまり、ちゃんと働いて一定の収入があることがカードローンのただひとつの利用条件なのです。では、普段生活出来るだけの収入はあるが無職といった場合はどうなのでしょう。安定した収入はあるが無職といった場合でもキャッシングは出来るのでしょうか。
(⇒カードローンを利用したい無職の方におすすめ記事

カードローンの申し込み条件

カードローンというのは、年齢制限の他にたったひとつだけ利用条件があります。それは「安定した収入があること」です。お金を貸したら返してもらわねばなりませんから、これは当然の条件ですよね。安定した収入がなければ、貸した側としてはキチンと返してもらえるかどうか不安です。

では実際には、どこまでが安定した収入とみなされるのでしょうか。まずは各大手カードローンの申し込み条件を見て考えてみましょう。次の表は年齢制限や安定した収入のあることが前提としたうえでの、収入に関する条件になります。

カードローン名 申し込み条件
モビット アルバイト・パート・自営業の方も申し込み可能
アイフル 「専業主婦」、「年金受給のみ」、「無職」の場合は仕事(パート・アルバイト可)が決まれば申し込み可能
プロミス アルバイト・パート・派遣社員でも現在仕事をしていれば主婦・学生でも申し込み可能
りそな銀行クイックカードローン パート・アルバイトの方も申し込み可能
(年収・勤続年数などの条件なし)
学生は利用不可
バンクイック パート・アルバイト・年金のみも申し込み可能
学生・主婦は限度額制限あり(学生は親権者の同意が必要)

この表からでは細かい点はわかりませんが、それでもだいたいのところは見えてきましたね。どのカードローンでもパートやアルバイトなど、また学生や主婦でも申し込み可能ですが、銀行のカードローンであるバンクイック以外は無職では申し込み出来ないようです。

安定した収入とは

カードローンの利用に大前提なのは「安定した収入」ですが、どうやらこれはパートやアルバイト、または派遣社員や契約社員、自営業の方などでも可能なようです。例えば主婦や学生でもアルバイトやパートをしていれば、ほとんどのカードローンで利用が可能なのです。
(⇒職業別に見る利用しやすいカードローン

これは自分が稼いで得た収入がある場合です。しかし収入というのは、こうした本人による収入だけではありません。たとえ本人が無職でも、安定した収入がある場合もあるのです。

では、そんな収入の種類の説明とそれぞれの例を挙げてみましょう。

本人の収入

まず本人の収入というのは説明不要ですよね。本人が仕事をして得た報酬による収入のことです。いわゆる毎月のお給料のことですね。これは社会的に最も安定した収入と認められるものです。

これがカードローンの場合、たとえ正社員として働いていなくても、パートやアルバイト、また派遣社員や契約社員などでも利用が可能なのです。つまり、仕事をしていて一定の収入があればオッケーであり、それさえあれば主婦や学生でも利用が可能です。

本人以外の収入

では次に、本人以外の収入についてご説明いたしましょう。最も分かりやすい例は専業主婦でしょう。本人が無職でも配偶者の安定した収入がありますよね。これが本人以外の収入となります。これは学生でも同じように、本人は無職でも親御さんの安定した収入があるわけです。

他には年金のみで生活している年金受給者も同様ですね。本人は無職でも、一定の収入を得て生活している場合です。

しかしカードローンでは、基本的にこうした本人以外の収入では安定した収入とはみなされないのがほとんどです。つまり無職では利用出来ないのです。

無職の定義とは

しかし、ひとくちに無職といっても、色々な場合がありますよね。正社員で働いていても病気や怪我などで休職中の場合や、転職のために就活中の場合、また次の仕事が始まるまでの間など、無職にも様々な状態が考えられます。

もちろん年金受給者や専業主婦など、また働けない事情がある場合や、働けるのに働く気が無い場合など、まったくの無職というパターンもあるでしょう。

では、そんな無職のパターンをおおまかに分類して書き出してみると、次のようになります。

  • 就活中である
  • 求職中である
  • 働く予定もない

こんな感じでしょうか。いわゆるこれらが無職ということになり、いわば無職の定義にあてはまる場合でしょう。カードローンでは、こうした条件にあてはまる場合、総量規制の対象外である銀行の一部を除いて、ほとんどの場合が利用出来ないといって良いのです。

しかし、就活中や求職中の場合、次に仕事を始めたら無職ではなくなるので、もちろんカードローンの利用も出来るようになります。そして働く予定のない方でも、本人以外の収入がある場合は、総量規制対象外の銀行カードローンなどでは利用出来る場合もあります。

また、数は少なくても、学生であればアルバイトをしていない無職の場合でも借り入れ可能な消費者金融(学生専用ローン)はあるでしょう。

無職でもキャッシングできるか

つまり、現在無職で、働く予定もない全くの無職でもキャッシング出来るカードローンというのは、総量規制対象外の銀行カードローンの一部、もしくは学生専用ローンだけです。では、その総量規制というのはいったいどんなものでしょうか。

総量規制とは

総量規制とは、貸金業法で定められた規則であり、貸金業者である消費者金融が対象になっています。ですから消費者金融には「貸金業者が個人に貸し付けをする場合、その人の年収の3分の1を超えることは出来ない」という規則があるのです。

これは借り過ぎによる多重債務などを防ぐための法律で、返済不能に陥り、債務整理を行う人が増えたことで2010年に作られた規則なのです。

そのため消費者金融では、年収のない人には貸し付けを行うことが出来ません。つまり、本人が働いて得た収入が無ければ利用出来ないのです。しかし、銀行はこの総量規制の対象外ですから、年収に関係なく貸し付けが出来るのです。

ですから銀行のカードローンの中には、本人が現在働いていなくても、収入はあるが無職という方でも、借り入れ可能な場合があるのです。

このように、収入があるが無職という場合は、消費者金融のカードローンでの借り入れは出来ませんが、銀行のカードローンでは借り入れが出来る場合があります。

もし消費者金融の中でも、無職でも借り入れオッケーというところがあるとすれば、それは闇金である可能性も高いので、くれぐれも注意が必要です。

簡単にお金を貸してくれる闇金では、高い利息を取られたり、キツイ取り立てに遭うといったこともあり、さらにお金に困る事態にもなりかねません。

収入があるが無職の場合、それでも貸してくれるという審査基準の緩い消費者金融は避けましょう。どうしても借りたいのであれば、自分の収入状態でも借り入れ可能な銀行のカードローンを選ぶと良いでしょう。

【参考ページはこちら】
求職中でもカードローンは利用できる?

新着記事
TOPICS